院内勉強会: 2007年10月アーカイブ

9月末に、研修医の先生が大学に帰ってから、院長が心に暖めていた企画がスタートしました。
と、言うほどの事でもないのですが、10月に入ったら、米田先生の矯正歯科のトレーニングをしたいと考えていたのです。途中、急遽助っ人として活躍する事になり、ちょっとスタートが遅れたのですが、流石は、院長。一旦やると言った事は、やります。

今日、突然、朝から、スタート。
まずは、タイポドントの準備です。

矯正治療に必要な、ブラケットポジションの練習から。

歯のどこに、どのような傾きで、ブラケットをつけるべきかのトレーニングです。
タイポドントのメラニン歯に、ポジショニングゲージで印をつけ、ブラケットの位置を決めて行きます。
最初はワックスで仮止めして院長のチェックを受けてから、接着剤でとりつけます。
私が、ヤフオクでゲットしたタイポドントが役に立って、うれしい限りです。

DSC01880.jpg

ポジショニングゲージとは、歯の先端からの距離を測る道具です。
DSC01881.jpgこれです。

DSC01882.jpg横から見ると、こんな感じ。

これで、こうやって
DSC01884.jpg
一本ずつ、正しい位置のチェックをしていく気の長い作業です。
けれど、これを口の中で短時間で行なうためには、このようなトレーニングがかかせません。

歯の治療は、すべて、ハンドメードのオーダーメード。その人一人だけのための特注です。

だいたい並べ終わったところで、院長のチェックとレクチャーが入ります。
DSC01888.jpgDSC01889.jpg

それから、言われた事を書き留めつつ、自分で再チェック。
DSC01891.jpg

午後は、今週診断予定のセファログラム・レントゲン写真のトレースと、コンピューター分析の見学。
夜は、診療終了後、トレースした症例の治療計画のディスカッションを院長と行ないます。

なかなかハードな一日ではないでしょうか?

このアーカイブについて

このページには、2007年10月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2007年8月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2007年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja