院内勉強会: 2007年2月アーカイブ

来週は、いよいよCHP フォローアップコース第三回。

発表に備えて、今日は院長や他のスタッフにお願いして診療終了後、発表を流してきいてもらいました。
途中、緊張したり、話したい事が行ったり来たりして、いろいろあって、大体22分。
本番では、上手く話せてきっと早口になって、20分。いい感じで話せるはずです。きっと。たぶん。


それからピザを食べながら、皆に感想を聞かせてもらったり、質問を受けたり。
これまで、フォローアップのコースで、私たちが学んで来た事、考えた事、トライしている事を少し知ってもらえたかと思います。

そこで、院長から、鋭い質問が!
「で、どこが変わったの?」
う。あんまり変わってないの。頑張ってるんですけどね。
そこが、これからの課題ってことで、よろしくお願いします。

今日の、というか、もう昨日の、実習の課題は
「側方弁移動術」と「GTR法」でした。
ブタの下顎を使っての実習は難しいものですが、それでも人間の小さな口の中で行なうのに比べれば、遥かに簡単な事です。

およそ3時間に及ぶ深夜の実習は、参加される先生方も教える院長も大変ですが、皆、明日の診療技術向上のために頑張ってくれています。きっと、研修医の先生、勤務医の先生、二人とも技術の向上と自信が得られた事でしょう。

今回の写真です。
070131.jpg
二人とも真剣ですね。

このアーカイブについて

このページには、2007年2月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2007年1月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2007年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja