院内勉強会: 2006年12月アーカイブ

去年の小樽での北海道臨床懇話会で、帯広つがやす歯科の発表を聞いてから、林歯科のスタッフは口腔内写真撮影技術の向上に努力してきました。

今年は7月の懇話会で、同じ発表を聞いてから技術向上に取組んだ苫小牧のアップル小児・矯正歯科のスタッフの「写真コンテスト」という手法を聞いて、それでは、私たちも!と言う事になりました。

矯正チーフのMさんと矯正班のメンバー2名、チーフのKさん、がルールを決めて、Kさんをモデルに口腔内写真を撮影、タイムと写真の正確さを点数で評価して順位付けをしてくれました。
厳正な診査の結果は、今年の忘年会の前の半期に一度の研修会で発表されました。

結果、今年のベストフォトグラファーは、Tさんに決定!
院長が、「コレ!!」と選んだ賞品の『えびちゃんのデジカメ』を持ってにっこり笑顔で記念撮影です。

061216-1.jpg

この1年半で、林歯科スタッフの写真撮影の技術レベルはものすごく高くなりました。何より、スタッフによる上手下手のばらつきが少なくなり、誰に頼んでも大丈夫という状態に達しています。そのことが、患者さんへの説明内容の充実につながっています。
素晴らしい事だと思います。

12.9〜10は層雲峡温泉へ一泊で研修旅行兼忘年会に行ってきました。診療を二日休診して、業務として行ないますので原則常勤は全員参加です。

12時半にホテルの迎えのバスに乗って、旭川・林歯科前を出発。研修医の先生も参加です。
約1時間後、層雲峡に到着し、早めに用意して頂いた部屋に荷物を置いて、研修用の部屋に集合し、半期に一度の研修会を開始しました。

まず、今年後半の一大イベントであった口腔内写真撮影技術コンテストの結果発表が、チーフと矯正部門チーフの2名から行なわれました。撮影モデル1名を決め、同じ条件で全スタッフが口腔内写真撮影を行い、写真をプリントアウトして提出し、撮影時間と技術を評価対象としたものです。
各人に寸評を添えてプリントアウトした用紙を返却し、最後に3位、2位、1位の発表です。
一位には豪華賞品、富士フィルムのFinePixを用意しました。みんながだいすきなエビちゃんのカメラ、淡いピンクです。これで、ますますカメラの腕に磨きをかけてくださいね!

が、残念ながら一位入賞者が都合により欠席。折角用意した賞品なので、包装を開けて皆に見てもらいました。

前半は今年一年の診療データの分析と、各部門の今年工夫した事、良かった事、困った事、他の部門の人間にお願いしたい事などを話し合うミーティング。これを30分くらいの簡単な報告会と考えていたのですが、結構議論白熱して2時間近くかかってしまいました。

その他に、ビデオの勉強会と、来年の目標を各人に立ててもらうワークを考えていたのですが、急遽予定変更して45分間のビデオ学習を行ないました。新しくした私のノートパソコンと前から使っているプロジェクターの接続がうまくいかず、なんと小さな12型の画面を見ながらの勉強会になってしまいました。残念でした。

研修会終了後、1時間ほど休んで宴会場で忘年会。

カニ料理メインの北海道の温泉らしいお食事に舌鼓を打ちながら、ゲストのY先生のご挨拶をうかがい、途中それぞれが用意したクリスマスプレゼントの交換(くじ)、そして今年も余興を行ない表彰式をして終わりました。

今年は二次会は行なわず各部屋でそれぞれおしゃべりをしたりして楽しみました。
中には朝まで起きて楽しんで朝食と朝風呂の後一眠りした人もいたようです。

今朝は9:50にロビーに集合して写真を撮ってバスに乗り、11:00林歯科前で解散となりました。

旅行の手配、会場のセッティング、当日の司会と頑張ってくれた受付スタッフの皆さん、ありがとうございました。

このアーカイブについて

このページには、2006年12月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2006年9月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2007年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja