院内勉強会: 2005年12月アーカイブ

2005年の診療もあと二日となりました。
こんな年の瀬にと思われるかもしれませんが、今日は旭川・林歯科の院内勉強会、今年二回目の歯周外科実習です。

今日は有茎被弁側方移動術、フラップオペ、歯肉移植術の実習をを6-0という細い糸を使い歯周形成外科のような手法で行ないました。通常使用している4-0に比べ2段階細い糸です。実習に使うブタ下顎は冷凍保存しているのですが、室温が低かったためか今回は解凍が十分ではなく、少し難儀しました。
051227.jpgご覧のように、準備は結構大変です。

研修医の先生は今日が二回目の実習でしたが、前回に比べ明らかな上達が見られ頼もしい事でした。

年末も近いこの時期、診療後の夜9時過ぎから勉強会をやっている先生方の熱意はすばらしいと思います。







12/20は夜間診療終了後、9:00過ぎから、研修医の先生と今年第一回の歯周外科勉強会を行いました。3回程度のステップで豚の下顎を使った実習を行ないます。石井先生、木村先生は二人で時間を合わせて別の日に行なうとの事です。

今日は層雲峡に来ています。到着から3時間は勉強会。各部門の今年の報告と来年の目標、DVDによる学習1時間40分、最後は院長から林歯科の現状・これからの展望・来年の目標の話。皆、ちょっと疲れたところで終了しました。

051210_1.jpg 051210_2.jpg

それからようやく、お楽しみの宴会へ!

このアーカイブについて

このページには、2005年12月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2005年11月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2006年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja