院内勉強会の最近のブログ記事

6月11日(土曜日)は、9時から17時まで丸1日かけての勉強会でした。

午前中は毎年恒例、研修医自身の咬合状態を、レントゲンや顎運動解析装置キャディアックス等の各種測定機器で分析し、正常な咬合状態に導く治療方法を、各人10分程度にまとめ発表です。

CIMG9582.JPG
CIMG9583.JPG














CIMG9584.JPG
このパワーポイントを作成するのはなかなか大変で、前日も理事長にチェックとアドバイスをもらい、直前まで手直しをして臨んでいました。
3月の研修終了発表は、この経験が大いに生きて、すばらしい発表となっています。

もう2題の発表の内のひとつ、7月16日17日の両日に函館で行われる、北海道予防歯科臨床懇話会で医院発表の予演です。
毎年、医院の取り組みを15分程度プレゼンテーションし、参加各医院でモチベーションを高めています。
内容的には、まだ7割程度の進捗です。
最終発表までに手直しが続きます。

CIMG9586.JPG
午後からは各担当に分かれ、在庫管理や矯正・ホワイトニングのトレーニングを行い、有効に1日の研修としました。

CIMG9594.JPG
CIMG9595.JPG














開始直後のアイスブレークでは、「この仕事に就いたキッカケは?」と題し、隣の人を紹介するのですが、佐々木先生のキッカケが、発表者の話術も加わりバカ受けで、本人のデザートリクエスト品、「ガリガリ君とシュークリーム」が渡されました。

CIMG9592.JPG
勉強会も予定通り終了し、街に繰り出し新人歓迎会です。

CIMG9607.JPG
CIMG9608.JPG














しっかり働き、しっかり遊ぶ。
そんな林歯科の1日でした。

毎年2~3回、研修医を対象に院内勉強会で歯周外科のトレーニングを行っています。

前回に引き続き宮田先生がトレーナーとなり、長谷川先生・小口先生も参加してトレーニング第2弾が行われました。
当院研修医の高橋先生と坂田先生も、楽しみにしていたようです。
高橋先生と北海道医療大学を同期で卒業し、旭川医大と旭川日赤病院のどちらも歯科口腔外科で研修中のお二人も、一緒に参加されました。
佐々木先生は診療があったため、終了後の合流です

午前は、10時からの座学で始まりです。

CIMG8932.JPG
午後は1時から5時までたっぷり実習。
1回目の基礎の復習と、歯根が露出した歯肉を移植し、知覚過敏等を改善する術式を加えたメニューでした。
先ずは宮田先生のデモをしっかり見て、手順の確認です。

CIMG8943.JPG
写真上でもさすが長谷川先生、余裕の笑顔。

さあ、各自ブタの下顎骨を使った実習の開始です。

CIMG8949.JPG
CIMG8955.JPG














CIMG8941.JPG
CIMG8948.JPG














ここで診療が終わった佐々木先生も加わりました。

CIMG8966.JPG
今回も順調な出来栄えとのこと、宮田先生も準備の甲斐があったことでしょう。

さあ、終了後は慰労会へ街に繰り出しましょうか!。
理事長の「金一封」で足りなかった分は、長谷川先生と宮田先生が補填してくれたそうです。
持つべきは先輩ですねぇ。
たっぷり楽しんで次回の症例に生かしましょう!!。

みなさん、お疲れさまでした。

8月10日(月曜日)の診療終了後、スタッフと研修医の坂田先生も加わり、計9名で春美先生を講師とし、MFT(口腔筋機能療法)の勉強会が行われました。
主に、小児歯科や矯正治療に応用されます。

CIMG8369.JPG
画像は鏡を見ながら、舌癖改善の方法を習っているところです。

歯並びや咬み合わせの形成には、遺伝だけでなく幼少期の生活習慣や癖なども大きな影響を及ぼしています。
口のまわりの筋肉が弱くバランスが悪いと、不正咬合を引き起こすことがあるのです。

このトレーニングで、舌の筋肉を強化したり、くちびるや口のまわりに筋肉をつけ、正しい飲み込み方をマスターしていくことにより、口腔機能の改善効果が期待できるのです。
この療法は自身のやる気や、年少者の場合、家族の励ましや協力も必要です。

歯を削ったり詰め物を入れるだけでなく、さまざまなケースに対応できるよう、普段からトレーニングは欠かせません。

毎年新人研修の一環として、歯科器材メーカー株式会社松風札幌営業所様の全面的なバックアップの下、院内テック(一般的には仮歯)作製セミナーを行っています。

本年は6月9日(火曜日)の午後より、同社営業の酒井様・歯科技工士の政氏様にお越しいただきトレーニングをお願いしました。

CIMG8275.JPG
今回は研修医2名・歯科衛生士1名・歯科助手4名・歯科技工士1名の参加です。

製品紹介の後、作製手順をデモしていただき、各自実習開始。

CIMG8281.JPG
CIMG8283.JPG














研修医の2名は、臨床でこの手の術式は行っているので、難なくクリア。
患者さんのチェアサイドで作製するので、1歯10分以下でできるようにしばらくは毎日模型でトレーニングを積みデビューとなります。

CIMG8284.JPG

3時間のセミナーのために、札幌から器材一式の持参、貴重な時間を割いていただき、本当にありがとうございました。
宮田家勉強会と銘打った、定例のDr勉強会が5月30日(土曜日)に行われました。

今回は火曜日の勉強会に参加されている水野先生と北海道医療大学歯学部在学中のお嬢さんも見学され、研修医も含め10名を越えるDrがトレーニングに参加しました。

土曜日が休日のDrは、14:30に集合し宮田先生が講師となり、ブタの顎骨を使い切開や縫合といった歯周外科の実習から行いました。

勤務医の佐々木先生は、研修医の時から4回目となり、しっかり手順を踏んで、明らかな進歩と宮田から褒められたそうですよ。

研修医の2人は、初めての実習に戸惑いながらも興味深々、熱心に取り組んでいました。

IMG_1151.jpg
IMG_1174.JPG













診療が終了し16時からの2講目は、理事長が矯正で用いられるアブソアンカー植立を教授しました。
この実習では、製品の供給元である松風さんよりミニインプラントを提供していただき、感謝しています。

IMG_1155.JPG
IMG_1177.JPG














このように院内で講師を立て勉強会を行えるのも、普段から各Drが日本各地のセミナーに出て研鑽しているからなのです。

勉強会が終わった後は、お腹もペコペコ。
今回は理事長が、医院近くの「ラム舎」さんにみんなで行こうと誘い、ジンギスカンの食べ放題。

IMG_1180.JPG
北海道では定番のジンギスカンも、神奈川出身の研修医、坂田先生は初体験だったそうです。
「ビールにピッタリ」と、お気に入りに追加ですね。

「林歯科は、オンもオフも充実です」とは、研修医の高橋先生談です。
4月25日(土曜日)の午後、診療を休診とし定例の院内勉強会を行いました。

1講目は理事長が、「林歯科のブランディング」と題し、今後医院をどのように構築して行くかについて説明がありました。
どの企業でも、CI(コーポレートアイデンティティー)はとても重要で、理事長に始まり全職員が理念を統一していなければ到達できません。
ただ、一朝一夕では周知は困難。
今後も職員を6班に分け、何度もリーダーミーティングを行い浸透させていきます。

CIMG8166.JPG
2講目は、前日受付輪読会で練り上げた「受付改善報告」を受付チーフが発表し、みんなから意見をもらいました。
これを元に再度セクションミーティングをし、林歯科の顔を作り上げます。

CIMG8168.JPG
3講目は、北大矯正科大学院から非常勤で診療にきていただいている先生に、矯正治療の講義をお願いしました。
CIMG8169.JPG
4講目は新人研修の意味合いが強い、実習形式のトレーニング。

CIMG8170.JPG
CIMG8171.JPG













5時のクロージング後も、自主的に先輩に教えを請う新人たちに、パワーを感じた勉強会でした。

3月から始まった「待ち時間革命」を題材とした輪読会。
4回目最終回が4月23日(木曜日)診療終了後に行われました。

先ずはペコペコのおなかにエネルギーチャージ。
今晩は宅配釜飯が用意されました。

DSC07358.JPG
さあ、最終回の開始。

DSC07360-horz.jpg
第1回目から出た意見を総括し、25日(土曜日)午後から行われる院内勉強会で、受付改善報告を行い、スタッフに批評をもらいます。
医院の顔として、患者さんに信頼されるセクションとなれるよう、質の高い受付を目指します。

みなさんも、お気づきの点がございましたら、遠慮なくお申し付けください。

「宮田家勉強会」と銘打った定例の矯正勉強会、1月は31日(土曜日)の診療終了後、2時間びっしり実技トレーニングを行いました。

DSC00680.JPG

今月はリンガルアーチ(舌側弧線装置)と呼ばれる、奥歯を土台に使う矯正装置のワイヤー屈曲とろう着実習。
5名のDrに理事長と非常勤で診療いただいている北大大学院矯正学講座に在籍している正満先生が講師役。

DSC00682-horz-vert.jpg
まずは座学で基本事項の復習をし、各々屈曲開始です。
研修医の佐々木先生と松村先生は、研修の一環でたくさん作製しているので、少しは余裕があったのでしょうか?・・・。

DSC00688-horz-vert.jpg
矯正線はなかなか硬く、扱いが慣れていないと厄介な代物で、私はとても苦手な技工のひとつでした。
そのうち指にワイヤーを刺し、模型が・・・。
こんなことは何回もありましたねぇ。

DSC00690-horz-vert.jpg
この指先は、小口先生でしょうか?。
キレイに曲がっているじゃありませんか。

土曜日休日のDrも、短い時間とはいえこうしてトレーニングを重ね、診療の幅を広げているのでした。
12月13日(土曜日)は、午後から休診して院内勉強会を行いました。
内容も全てチーフ級の衛生士が立案、指導役もこなしたっぷり4時間、職種ごと多岐にわたるトレーニングが組まれました。

CIMG7819-horz.jpg
このように自分たちで考え、勉強会を行えるところがスゴイところだと思っています。
これは開業以来、院長が脈々と積み重ねてきた教育システムの下に成り立っています。
こうして17時、予定時間いっぱいの勉強会は濃密な内容で終了し、お楽しみの大忘年会に繰り出しました。
こちらの様子は別日に・・。

CIMG7822-horz-vert.jpg
次の勉強会予定は3月。
研修医終了プレゼンテーションの準備、そろそろとりかかる時期にきました。
月に1回、宮田家勉強会と銘打った矯正勉強会も今回で8回目、今月は11月15日(土曜日)診療終了後に行いました。

CIMG7690-horz.jpg
いつものように院長が講師を努め、非常勤で診療いただいている北海道大学歯学部矯正科の田幡先生にもお手伝いいただき、火曜日のドクター勉強会に参加されている水野先生と北海道医療大学歯学部在学中のお嬢さん、松本先生と当院から4名の歯科医師が参加して実技も交えたプログラムです。

IMG_0249-horz.jpg
内容はMTMという部分矯正で、動かす歯を1本~数本に限定して矯正治療を行う術式を学びました。

MTMは短期間で施術することができ、補綴治療やインプラント治療を行う際に、歯の位置や傾斜などの歯並びの一部を事前に修正する場合や、隙間があいている前歯を移動させる、傾いている歯をまっすぐに修正する場合に有効な治療法です。

IMG_0244-horz-vert.jpg
第1回目の勉強会より内容も濃密になり、1時間30分程度の時間もアッという間ですと研修医の佐々木先生が話してくれました。
勤務医も研修医も、せっかく林歯科を選んできてくれたのですから、院長の30年の臨床テクニックをしっかり学んでもらえたら準備の甲斐もありますね。

IMG_0259-horz.jpg
タイトルにもなっている宮田先生ご一家も勢ぞろいで、今回の勉強会も有用な時間を共有し終了しました。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは講習会開催です。

次のカテゴリは院内改革です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年6月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja