新医院建設: 2010年10月アーカイブ

時々、昼休みにステーキビクトリアでランチを食べて、新医院の建築現場の見学に行きます。
その度、少しずつ前に進んでいるのが楽しみです。

DSC01801.jpgのサムネール画像
今週の目玉?は、この不思議な窓です。

二階のメンテナンスブースと職員使用スペースの間をつなぐ渡り廊下にある、謎のドアと窓です。





アップで見ると。


DSC01800.jpg
まるで、石造りのように見えますが、そのような加工だそうです。

その後、周りの壁ができて、現在こんな感じになりました。
DSC01855.jpg




それから、これは、「仮暮らしのアリエッティ」を見て思いついた飾りです。

DSC01810.jpg
木枠に象眼されているのは吹きガラスです。一つずつこのために作ってもらいました。
建物のどこに使われているのか、探してみてください。






設計士の伊達さんが、模型の写真を撮って送ってくれました。
この前、天気のいい日にとった現場の写真に模型を置いてみました。
完成はこんな感じになるのでしょうか。

10月末には、外枠が外れて中の工事になるようなので、もうすぐこの外観が見られるはずです。楽しみです!

DSC01713.jpg

下の写真は、GoogleMapのストリートビューのキャプチャです。

alamoana.jpg
半年前まで、この写真のように以前のアラモアナ書店の建物がここにありました。
末広に開業して以来長い間お世話になった本屋さんなので、何か不思議な感慨があります。

18日 月曜日の昼食の時間に、久しぶりに現場を見に行きました。

DSC01794.jpg
日曜日に設計士の伊達さんにお会いしたとき、
「だいぶ進みましたよ」と
おっしゃっていたので楽しみにしていました。

建物の外壁や、壁の内装もスタートしていて、
建物らしくなっていました。

左の写真が一階の受付部分
下左の写真が二階の第一会議室
下右の写真が外壁です。

外壁は「ハウルの動く城」をイメージしました。



DSC01789.jpg
DSC01795.jpg












寒い中、たくさんの方に作業に励んでいただいていてありがたいことと思いました。
新しい林歯科医院の細部の様子がはっきりわかるようになってきました。

21年前林歯科を建てたときからおつきあいしている設計士の伊達さんと院長が二人でこだわってこだわって、作っているビルです。

天井にも、壁にも、こだわりの曲線が広がって、
作ってくださっている業者さんにはかなりご苦労いただいているようです。

101012.jpg
そんなわけで、移転開業を一ヶ月のばして、お正月の休み明けといたしました。

12月は、スタッフの研修やミーティングの期間をとり、
周辺の皆さんに中を見ていただいて
ゆっくりスタートいたします。

工事中、ご迷惑をおかけしている方には申し訳ない事ですが、
もうしばらく、お待ちください。
来年1月の林歯科医院の末広1−7(アラモアナ跡地)への移転のための準備も着々と進んで行きます。

これまで、私が全て対応していた電話帳の広告の準備も事務長がやってくれるようになり、ずいぶん楽になりました。これまでは自分でデザインしていましたが、今回は医院建設の設計段階から関与してくださっているデザイナーの堀さんにロゴマークと地図のデザインもお願いいたしました。

こちらが林歯科の新しいロゴマークです。すみっこに21年前の新規開業時に設計士の伊達さんが設計図から作ってくれたDENDENDENTALロゴマークも残してもらいました。
院長のイメージする杜の中の歯科医院を表すようなイラスト、文字を作ってもらい、とても満足な出来上がりです。

林歯科電話帳広告01.gif
移転後は、これまでに比べて分かりやすい立地になりますので、地図もシンプルなデザインですね。

林歯科電話帳広告02.gif

林歯科の移転に際し、現在受付で販売している歯ブラシを一箇所のコーナーにおいて、歯ブラシを始めとする清掃具の選び方と使用方法のアドバイスを行う事にしました。

デンタルブティック構想です。

木曜日に現場を見に行ったらだいぶできていたので、写真を撮ってきました。
DSC01694.jpg

以前、こんなイメージでと言うイラストを作ったのですが、今回写真を撮ったので、それに合わせて作り直してみました。

dentalbutique6.jpg


ちょっと夢が膨らみすぎているかもしれません。

DSC00510.jpg

ストーブは、
現在の林歯科の二階にある鋳物のストーブ

左の写真のものを移動させる予定です。

木曜日。10月8日。

DSC01713.jpg
10月からやってきた研修医のT先生に、新林歯科医院の建築現場を見てもらおうと出かけました。もう一人の研修医のE先生も一緒です。

抜けるような青空。
秋晴れです。






まず、建築現場に入れてもらい、建築会社の方からヘルメットをお借りしてから建物の中に入ります。写真は3人が、建築現場を見ているところです。

DSC01703.jpg
久しぶりに現場に来ると、ずいぶん進んでいるのがわかりました。

DSC01702.jpgDSC01695.jpg












上の写真、左が小児歯科ブースの子供専用待合室、右が2階通路部分です。
ここまで来ると、だいぶイメージが分かりやすくなってきました。

見学の後、4人で昼食をとり、二人の今後の目標等を聞いてきました。


林歯科医院が、お体の事情のため通院困難な方を対象に平成10年に訪問診療を開始してから12年がすぎました。林歯科の取り組みが、周辺に知られるにつれて、本院への車いすでの通院も増えてきました。昨日もお二人の方が車いすで通っていらっしゃいました。

このような方にご利用いただきやすいように、数年前に林歯科の玄関部分からリフトを使って車いすに乗ったまま入れる設備を作りました。しかし、なんと申しても20数年前に建てた施設ですから、車いすで移動するのにはいろいろ不便があります。

そこで、今回の移転では、段差のない設計の採用、基本的に土足で移動できる構造、車いす用のトイレ、車いすのまま入れる診療ブースなど、私たちの及ぶ範囲ではありますが、ユニバーサルデザインに基づいた医院建築に取り組む事にいたしました。

一番入り口に近い、一番広い個室が、ユニバーサルブースです。

hayashidental_1f.jpg車いすの方が利用しやすい設備は、きっと多くの方にとって安全な設備だと思います。
安心して通える便利な歯科医院の完成まであと2ヶ月。

楽しみにしてお待ちください。

このアーカイブについて

このページには、2010年10月以降に書かれたブログ記事のうち新医院建設カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは新医院建設: 2010年9月です。

次のアーカイブは新医院建設: 2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja