メイン

2008年05月08日

今日のいい話08.05.08

今週のいい話は、ゴールデンウィーク中のお話が多く、皆が楽しい休日を過ごした様子がうかがわれました。

道東の湖巡りをしたスタッフは、オンネトーの不思議な青?緑?の水の色に感激して帰ってきました。
道東は、携帯の電波が届かないところもあるそうです。事故に遭ったりしたら危険ですね。
無事に帰ってきてくれて、良かったです。

道南に向かったスタッフは、道の駅で、京極の名水を飲んできて、とてもおいしかったとの事。
たくさんの人が、タンクを両手に下げてならんでいたそうです。

連休中に札幌真駒内でのコブクロのコンサートに出かけた人もいました。
新しい曲が何曲か演奏され、中に北海道を題材にした曲があってとてもよかった!と。

上川の実家から、帯広郊外の十勝川温泉に日帰りで出かけた強者もいます。
モール温泉でお肌はすべすべだったのですが、帰りの三国峠で雨が雪に変わり、大変怖い思いをしながら、時速30キロの安全運転で帰ってきたそうです。

ゴールデンウィークの北海道の峠は、まだ凍結する事があるので、峠越えをする予定があるときは、タイヤをどうするか悩むものです。


皆の充実した休みの話を聞くにつけ、少しは外に出ればよかったかな?と思う私でした。

今日のいい話08.05.08

今週のいい話は、ゴールデンウィーク中のお話が多く、皆が楽しい休日を過ごした様子がうかがわれました。


道東の湖巡りをしたスタッフは、オンネトーの不思議な青?緑?の水の色に感激して帰ってきました。道東は、携帯の電波が届かないところもあるそうです。事故に遭ったりしたら危険ですね。無事に帰ってきてくれて、良かったです。

道南に向かったスタッフは、道の駅で、京極の名水を飲んできて、とてもおいしかったとの事。たくさんの人が、タンクを両手に下げてならんでいたそうです。

連休中に札幌真駒内でのコブクロのコンサートに出かけた人もいました。新しい曲が何曲か演奏され、中に北海道を題材にした曲があってとてもよかった!と。

上川の実家から、帯広郊外の十勝川温泉に日帰りで出かけた強者もいます。モール温泉でお肌はすべすべだったのですが、帰りの三国峠で雨が雪に変わり、大変怖い思いをしながら、時速30キロの安全運転で帰ってきたそうです。

ゴールデンウィークの北海道の峠は、まだ凍結する事があるので、峠越えをする予定があるときは、タイヤをどうするか悩むものです。


皆の充実した休みの話を聞くにつけ、少しは外に出ればよかったかな?と思う私でした。

今日のいい話08.05.08

今週のいい話は、ゴールデンウィーク中のお話が多く、皆が楽しい休日を過ごした様子がうかがわれました。


道東の湖巡りをしたスタッフは、オンネトーの不思議な青?緑?の水の色に感激して帰ってきました。道東は、携帯の電波が届かないところもあるそうです。事故に遭ったりしたら危険ですね。無事に帰ってきてくれて、良かったです。

道南に向かったスタッフは、道の駅で、京極の名水を飲んできて、とてもおいしかったとの事。たくさんの人が、タンクを両手に下げてならんでいたそうです。

連休中に札幌真駒内でのコブクロのコンサートに出かけた人もいました。新しい曲が何曲か演奏され、中に北海道を題材にした曲があってとてもよかった!と。

上川の実家から、帯広郊外の十勝川温泉に日帰りで出かけた強者もいます。モール温泉でお肌はすべすべだったのですが、帰りの三国峠で雨が雪に変わり、大変怖い思いをしながら、時速30キロの安全運転で帰ってきたそうです。

ゴールデンウィークの北海道の峠は、まだ凍結する事があるので、峠越えをする予定があるときは、タイヤをどうするか悩むものです。


皆の充実した休みの話を聞くにつけ、少しは外に出ればよかったかな?と思う私でした。

2008年05月07日

連休明け?

旭川市・林歯科医院は、昨日から休み明けで診療していたのですが、いつも通ってきている方、インターネットなどで調べる方でないと、「6日は振替休日で休診だろう」と思われているようです。

そういうわけで、休み明けの昨日より、今日の方がなんだか忙しい一日でした。
といっても、昨日も今日も、昼休みに診療がくいこんで、急いで近くのコンビニにお弁当を買いに走ったのですが。

先月のアンケートを確認したところ、全く初めて林歯科医院に来院される方の1/7は、「インターネットで林歯科の事を知った」という事です。どのサイトで知ったかまでは調べていないのですが、調べてくる方は結構遠くから来院される事もあります。

昨日も、「ネットで調べて」と急患の患者さんが上富良野から来院されました。

「自分に合った歯医者さんを探したい」という方のお役に立てるような情報をお伝えしていきたいと思っています。

2008年05月05日

Movable Type 4 へようこそ!

今年のゴールデンウィークは、ホームページのリニューアルに明け暮れて
もう、朝になってしまいました。

サーバーを移転し
ホームページをリニューアルし
Movable Type を4.1にバージョンアップ

という計画だったのですが、
どうにも、
「Movable Type 4 へようこそ!」とは行かず、
足踏み状態です。

080505.gif
こんな感じ。
もうやだーーーっっっ

もうこのまま、3.2のこのブログでやっていこうかと思ったり…

というわけで、
ホームページはだいぶリニューアルして、旧サーバーでホームページとブログを公開中です。
http://dendendental.com
のリニューアルもぜひご覧下さい。

2008年05月03日

小さな歓迎会

5月2日、もう一人の研修医のO先生が札幌からやってきました。
ゴールデンウィーク直前とあって、本当の臨床研修は、6日月曜日から。

とりあえず、顔合わせをかねて、院長、私、米田先生、金城先生、二人の研修医の6人で近くに夜食?を食べに出かけました。

見学と研修開始の挨拶にいらしたので、O先生にお会いするのは3回目。金城先生とW先生とは、初対面でしたが、すぐ打ち解けて、楽しい食事会になりました。
O先生にとって、金城先生は大学の先輩、W先生は同じ帯広出身の高校の同窓生にあたり、それぞれ共通の知人も多い様子でした。
DSC02864.jpg<DSC02863.jpgDSC02866.jpg

2008年05月02日

明日からお休み

明日から、滅多に休まない旭川市林歯科医院の診療室部門も、三日間のお休みを頂きます。
といっても、いつもの事ながらレセプト事務部門は、大忙しの時期です。

ご迷惑をおかけしますが、休診時の対応は
→こちらへどうぞ

4月に、金城先生と新卒衛生士のHさんの二名が加わって、それぞれ、もうずっと前から林歯科にいてくれたかのように、なじんでしまいました。
先月までいなかったのが不思議なくらいです。

4月中旬に、北大からW先生が臨床研修にやってきました。
模型や抜去歯牙を使った実習と、臨床での研修との二つを行ってきましたが、当初に予定した4月のカリキュラムをなんなく終了する事ができました。よくがんばっています。
がんばりすぎて、折角の休みの前に風邪をひいてしまったようで、心配です。

今日、5月2日、医療大の研修医のO先生が旭川に引っ越してきました。
旭川は遠いので、研修に来る先生方は、皆、大変です。
彼女は、一人で車に荷物を積んでやってきました。
幸い、とてもいいお天気でした。暑いくらいだったかもしれません。

今日の夜は、私たち二人、米田先生、金城先生と研修医2名で、ささやかな研修スタートの歓迎会を行う予定です。早く打ち解けて、お互い支え合えるような研修仲間になれるといいと期待しています。

では、行ってきます。

2008年04月30日

久々の休診日 昭和の日

今日は、林歯科の久しぶりのお休みでした。

院長が休む休診日としては、3/21以来です。

今日の院長は、5月からくる研修医のための宿舎のチェックに出かけ、帰ってきてからは、自分の部屋の片付けをしていました。宿舎は業者さんを頼んで、少しだけ内装の手直しと、お掃除をしてもらい、随分きれいになったそうです。

途中、医院によったら、レセプト事務のスタッフ二名が出勤して、書類仕事をしてくれていたそうです。いつも、期限に間に合うようにレセプト提出ができるのは、この二人のおかげです。今月は、二年に一度の保険制度の改定に当たり、私たちも、受付スタッフも、右往左往しています。その不手際も、二人がカバーしてくれています。

いつもありがとう!

私はと言えば、先週から湿疹に悩まされて熟睡できないため体調が優れず、一日休んで過ごしていました。なんだかつまらないお休みでした。昼休みすぎて、なんだか目が冴えて眠れません。困っています。

2008年04月28日

今月の米田先生'08.04

米田先生が林歯科にやってきて、1年が過ぎました。
歯科医師としては、3年目に入ります。

今年から、後輩もできて、指導する立場になっていかなければなりません。
責任重大です。

そんな米田先生に加わった新しい仕事が「これ」!

DSC02788.jpg

カルテのチェックです。
苦手?のデスクワークですが、毎日しっかりやってくれています。

金城先生の診療中のカルテ記入もチェックしてくれています。
頼もしいですね。

2008年04月27日

ホームページリニューアル作業中(2)

土日いっぱいかかって、ようやくなんとかテンプレートのデザインが完成しました。

080427.jpg

完成までどのくらいかかるか??
見当もつきません。
でも、がんばります。

2008年04月26日

ホームページリニューアル作業中

今日は、仕事のお休みの日
とあって、いろいろしないといけない予定があります。

ゴールデンウィークの3連休に、ホームページを作り替えたいと思って
準備中で、今日の予定は、全体のデザインの決定でした。

ところが、新しく導入したソフトが使いこなせなくて、いらいら。
あの本をひろげ、こっちの本を探し、、、
ようやくさっき、なんとかレイアウトが完成しました。

080426.jpg

これをもう少し作り込んでテンプレートにして、来週末は家にこもって
大幅に作り替えの予定です。

今夜も、もう少し頑張ります。

2008年04月24日

今月の金城先生'08.04

去年、研修医として林歯科で研修を受けた金城先生が、4月16日、勤務医として帰ってきました。

今月の課題は、虫歯治療の基本テクニックの再確認と、矯正歯科治療の担当患者さんの配当です。
現在は、診療半分、研修半分で進めています。

基本テクニックの確認は、研修の時と同じ模型の形成を1週間で行ってもらいました。
模型を写真に撮ってA4に拡大プリントしたものを見ながら、院長の細かいチェックが入ります。
DSC02833.jpgDSC02841.jpg


矯正患者さんの治療は、診断、治療方針、装置の選択・制作を、ワンステップワンステップ、院長の確認と指導を受けながら行っています。「まず、自分で考える事が大切」と言う院長の方針で、最初から指示をする事はしていないようです。
現在、最初に入る上顎の拡大装置の制作に入りました。
DSC02837.jpg

一方では、研修医の先生には先輩としてのアドバイスも行います。DSC02838.jpg


来月は、訪問診療の研修を行い、一人で訪問診療を行うために必要な技術の取得を目指します。
忙しいけれど充実した毎日になるように、私たちもフォローしていきます。

2008年04月23日

今年の歯科検診スタート

今年も春が来て、歯科検診のシーズンがスタートしました。
旭川市・林歯科医院は、市内の二つの小学校と一つの中学校の校医になっていますので、そちらの検診に出かけます。その他に、ここ数年は、ある施設にも頼まれて出かけていますが、今年は未定です。

昔の歯科検診は虫歯のチェックだけでしたが、今は、歯垢、歯茎の状態、歯並び、噛み合わせ、顎関節の状態も確認し、要観察、要受診のお知らせが届きます。

今日は、歯科検診第一弾として、小学校へ出かけました。
研修医のW先生、衛生士のKさんと3人です。
まず、Kさんに検査結果のメモをとってもらい、途中でW先生と筆記を交代しながら行いました。
最後の一クラスは、検診をしているところを後ろから見学してもらいました。

行き帰りの車中で、検診の意義や、今の小学生のお口の中の特徴などを話してきました。
虫歯は昔に比べて、ぐーっと少なくなっていますが、それでも何人かは「急いで歯医者さんに行ってね」という子がいます。
歯並びは、顎が小さくて並ばない子が増えたような気がしますが、矯正をしている子も増えました。

あと二回の検診にも研修医の先生に同行・見学をしてもらう予定です。

2008年04月22日

ニューカレドニアの思い出

先週5日間、林歯科の慰安旅行でニューカレドニアに行ってきて色々思ったがあったので、書き留めておこうと思います。

ニューカレドニアは、南半球の小さな島国です。人口は約21万人。詳しくはニューカレドニア観光局のホームページ
旭川が36万人ほどなので、人口も少ないですね。

首都ヌメアも小さな街でした。

一番最初に「あれ?」と思ったのは、信号機が少ない事です。
ヌメア市内は結構車が多いのですが、ほとんど信号機がありません。どうしているのか?
横断歩道に人がいると、車がちゃんと停まってくれるんですよ!!
びっくり。

東南アジアに行くと、同じような状態で、人も車もお互いが停まらずどんどん渡っていくのにびっくりしましたが、こっちもびっくりです。

バスやタクシーに乗っていて気が付きましたが、普通はスピードを出しているのに、横断歩道に近づくとスピードを落としていました。横断歩道の部分が少し高くなって、段差にしているのは工夫でしょう。


次は、コミュニケーション。
言葉は、フランス語。英語はほとんどの人が私と変わらない片言レベルですが、なんとか理解しよう伝えようと一生懸命聴いてくれるのがすごい。しかも、冗談を言おうとする!

バスの中で言葉が通じないのに、身振りで空いている席に座るように勧めてくれたのには感激しました。どこに行ってもフレンドリーで暖かい人ばかりです。


それからエコ。
スーパーではレジ袋はくれませんから、皆、袋持参。無い人は100Fのエコバックみたいのを買います。


最後に、、
ホテルのエレベーターに「閉める」のボタンがありませんでした。


なんだか、自分がせわしなくで、ぎすぎすしているなあと思って帰ってきました。いい国でした、ニューカレドニア。

2008年04月20日

Dreamweaver勉強中

今、旭川市・林歯科のホームページをリニューアルしようと思って、いろいろ考えています。

今年の春、コンピューターと画像関連のソフトを新しくしました。
これまでのソフトが、次のバージョンアップからアップグレード対象外になると言うのも一つの理由です。
今までバラバラに買っていたadobeのソフトをAdobe Creative Suite 3 Web Premiumというものに買い替えました。

すると、4年ほど前に購入したGoliveの後継シリーズは既になくなり、Dreamweaverという違うソフトがホームページの編集ソフトとして入っています。使いなれたソフトと違うとなるともう一度勉強し直さなければなりません。

アマゾンや近くの書店で説明用の本を2冊ほど買ってみたのですが、どうもなじみが悪く、昨日札幌の書店で新しくもう一冊本を買いました。大きな書店でたくさんの本の中から自分に合いそうなものを探したので、今度はなんとか勉強できそうです。


これです。

15章あるうちの今6章まで終わったので、今週の金曜くらいまでにこの本を終えて、次はホームページのデザインに入りたいと思っています。

目標は、5/5リニューアル!
今年のゴールデンウィークは、ホームページ更新にかかり切りになる予定です。

2008年04月12日

明日からニューカレドニア

明日、4月13日から、今年の慰安旅行第一班7名がニューカレドニアに向かいます。

集合は、朝9:45、旭川駅。
千歳空港→羽田→成田 で、明後日の朝やっとニューカレドニアに着きます。

帰りは、16日の水曜日の夜出発し、どういうわけか関空経由で千歳に昼ごろ帰ってきます。

結構ハードなスケジュールです。

みんな楽しみにしてくれているようで、昨日今日は、診療の合間にいろんな話に花が咲きました。
今日勤務のスタッフのうち、2名を除いてニューカレドニア行きだったので、診療室は「るんるん」だったそうです。

次の週は、後半6名が出かけます。

院長は?
なんと、その間留守番舞台を指揮しています。がんばります!!

2008年04月09日

お土産をもらいました

大学時代の友人から、関西旅行のお土産をもらいました。

診療が終わった直後だったので、残っていたスタッフにもお裾分け。
鳴門金時をつかったお菓子です。

帰宅後早速いただきました。おいしいお菓子でした。

今回の旅行で、徳島に住む学生時代の友人二名と会う事ができたと、楽しい土産話を聞かせてもらいました。

来週は、慰安旅行なので、何かすてきなお土産を探してきましょう。

2008年04月04日

2階の模様替え(1)

現在、旭川市林歯科医院は、2階部分の診療体系の見直しを行っています。
これまで5室の個室のうち1〜4号室をメインテナンスに、5号室をME検査室にしていたのですが、5号室の機材が多くなったため、これを1号室に移す事にしました。

これにともなって2〜4号室が歯周疾患メンテナンス、4〜5号室が通常診療と予約によって振り分けていきます。

こちらの写真が、機材の異動後の1号室です。

room-no1.jpg
DSC02733.jpgDSC02734.jpg

春の選抜・甲子園決勝戦

昔々、阪神ファンだった頃、ペナントレースの行方を見守り、春夏の休みには高校野球を診て過ごしたものでした。それが、20数年前、阪神が優勝した次のシーズン、まるでつきものが落ちたように野球に興味がなくなってしまっていたのです。

それから幾星霜。

なんと、今年は、春の甲子園の勝ち負けをここ1週間ばかり見守っていました。
なぜか?

それは、金城先生と3月末に見学に来たS君の母校が甲子園に出ていたから!
沖縄尚学です。

今日の決勝戦はちょうど昼休みにかかっていたので、テレビでも見ていましたが、パワーのある野球ではなく、機敏な走りでなんとランニングホームランまで出る始末。びっくりしました。
あっという間に9点差で午後の診療に入ったのですが、そのまま優勝が決まっていました

金城先生おめでとう!
母校が甲子園の優勝校だなんて、すごい!!
でも、9年前にも優勝していたんですね。知りませんでした。

今回の甲子園観戦でびっくりしたのが、ネットで情報配信がされていた事。

ピクチャ 3.png

一球ごとにコースや、ストライクボールなどの流れが画像で表示されるんですね。
そして、結構かわいい。
ボールを出したピッチャーや、ストライクを見逃したバッターの絵に汗が書いてあるのもgood!

2008年04月03日

学校検診の講習会

昨日の夜は、診療の後、旭川歯科医師会の会館で学校歯科医の研修が行われました。
今年度の学校検診についての注意事項の伝達です。

今年度から、歯科医師会の障害研修制度が「ICチップ内蔵カード」を使う事になったのですが、開始二日後の昨日、既にカードリーダーが設置されていました。

受付に置かれたノートパソコンにつながれたプレート状のカードリーダーに、自分のカードを載せるだけ。
私はいつも研修カードを忘れていってしまうのですが、これならお財布に入れておけばいいので、今年度からの研修受講履歴がいきなり充実してしまうかもしれません。

学校検診の後の歯科受診は、再診からのスタートですが、
・検診から1ヶ月以内である事
・自分が学校医となっている学校の生徒が対象である事
を確認しました。
受付にもきちんと伝えておきたいと思います。

林歯科医院は、旭川市立の陵雲小学校、春光小学校、広陵中学校の校医になっていますので、ご承知置き下さい。

2008年04月02日

後期高齢者だなんて情けない呼び方…

「今後の保険料は年金から引き去るらしいけど、どうなる事やら。
 後期高齢者など情けない呼び方されて、長生きしたくない世の中です」

これは、実家の母から来た手紙です。

父が亡くなってから、我が家の被扶養者として健康保険に入っていたのですが、今回の後期高齢者医療制度の執行で無効になった保険証を送ってきたときに同封されていたものです。

間もなく80になる母から「情けない、長生きしたくない」と言われる辛さ。

この気持ちを行政にも分かってもらいたい。
情けないのは、私です。

2008年04月01日

保険点数改訂初日の現場は大混乱

毎日の診療に欠かす事ができない保険診療の知識。
それが、二年に一度は大きく変更されます。
理解し、覚え、使えるようになるまで大体いつも2ヶ月くらい。その間に、何度も質疑応答や、連絡が行き交い、講習会が行われます。

先月の終わりに二回講習を受け、様々な資料を受け取り、29日土曜日に聞いた用紙を取り寄せるべく、受付スタッフが月曜日に「道歯企画」に連絡してくれましたが、何回かけても話し中でした。最後にファックスで送りましたが、受注してもらえたかどうか、いつ届くのか、全く不明な状態で今朝を迎えました。

とりあえず、説明のときにもらったひな形をコピーして今日は使用していますが、現場は大混乱。
カルテを書く私たちも、カルテ入力、会計をしている受付も軽いパニックで、説明の紙を片手に相談しながら診療しています。午前中診療して分からなかったところを、昼食をとりながら再確認。

おそらく少し流れがよくなるのに2週間くらいはかかるでしょう。

なんといっても4/14までに届けですれば4/1に遡って適用すると言われた「施設基準」の条件の「所定の研修」とは何かという連絡が来ていないのですから、向こう側も大混乱と言っていい野かも知れませんね。

2008年03月29日

2008年保険点数改訂の講習会

先週土曜日の午後は保団連、今日は歯科医師会の講習会。
保険診療報酬の点数が改訂された説明を聞きにいってきました。

大きく変わったのは、各疾患ごとの指導料が概ね一括化された事。そのために高くなったものもあれば、低くなったものもありました。

2年前の06改訂で大幅に変更されたもので復活していたものがちらほら。
この復活させ方が、なんというか、全く無くしておいて、復活させたけど前よりは低い。でも0から復活するとすごく増えたように錯覚させられてしまうという情けなさ。

今回、大笑いしたのが、前歯の仮の冠。
型を取ってからの間の仮の冠の点数は今まで設定がなかったのが、なんと

300円も!


すごいですね!
しかも、そのぶん、できあがった冠の医療費が300円よりは少ないけれど限りなく近く下げてあると言うわざとらしさ。何か、お役所らしいギャグなのでしょうか。

そうそう。
私が歯科医師になって、もうすぐ25年、この間で初めて乳歯の抜歯の点数が10点=100円あがりました。
120点の10点増で、8%強のアップ。この25年間で、消費税が導入され、3%から5%に上がりましたが、その間一度も上がらずに来たのに、今回はなんと8%も。
全体では、1%にも満たない増加ですから、大増加というべきなんでしょうね。

2008年03月28日

学生さんの見学

今日は、朝から医療大の今年6年生に進学する方の見学を受けました。
4月から勤務する金城先生の同郷の後輩で、高校も大学も同じとの事。
二人の母校は、今年の春の甲子園に出場していると言う事です。すごい!応援しないと。

若い人といろいろ話をするのは楽しい事です。国家試験の事、大学の生活、将来の抱負など聞かせてもらいました。
金城先生の話を聞いて、林歯科の研修カリキュラムに関心を持ってくれたとの事で、うれしく思いました。

DSC02769.jpg
午前中は金城先生と一緒に、午後からは一人で見学をされました。
林歯科の診療室の設備、診療内容、研修カリキュラムの詳細について説明を聞いてもらいました。

旭川市・林歯科医院は、研修希望の方、歯学部の学生さんの見学を随時お受けしています。
ご希望の方は、こちらからご連絡下さい。
→研修施設見学申し込み

2008年03月22日

「おしゃぶり訴訟」 和解に

「おしゃぶり訴訟」とは、
横浜の女児(2008年現在7歳)が3歳4ヶ月までドイツ製コンビ社販売のおしゃぶりを一日12〜15時間継続使用した結果、咬合・機能に不具合が生じたとして、女児と母親がコンビ社を相手どって行っていた訴訟です。

昨日判決が出て、mixiでは、親の使用のさせ方がおかしいと言う意見が大半であり、それには私も同意します。
しかし、使用状況がもっと短い人でも、期間が長くなれば歯並びに対する影響は出てきます。

判決についての記事を引用します。

読売新聞から
おしゃぶりの悪影響で提訴、母子とベビー用品メーカーが和解

 

歯のかみ合わせが悪くなったのは、おしゃぶりを長時間使用したためだとして、横浜市内の女児(7)と母親が、おしゃぶりを販売したベビー用品メーカー「コンビ」(東京都台東区)に治療費など約900万円の支払いを求めた訴訟は21日、東京地裁で和解が成立した。

 原告代理人によると、おしゃぶりが子どもの歯やあごに与える影響について、同社が専門家と連携して調査研究に努めることなどが和解条件に盛り込まれた。

 訴状などによると、女児は同社が販売したおしゃぶりを1日10時間以上、約3年8か月間使用。歯並びやかみ合わせが悪くなり、主治医から「おしゃぶりが原因」と指摘された。
(2008年3月21日22時12分 読売新聞)

スポニチアネックスから
「おしゃぶり」訴訟が和解

 おしゃぶりを長期間使い続け、かみ合わせが悪くなったなどとして、横浜市の7歳の女児と母親が製造物責任法などに基づき、販売元の大手ベビー用品会社コンビ(東京)に約900万円の損害賠償を求めた訴訟は21日、東京地裁(菅野雅之裁判長)で和解した。

 原告側代理人によると和解条項には「安全性の高い製品提供ができるよう、改良や適切な表示、情報提供の実現に向け真摯な努力の継続を確約する」ことなどが盛り込まれた。金銭の支払いも含まれたとみられる。

 訴状によると、おしゃぶりはドイツのメーカーが開発しコンビが輸入。女児は生後2カ月ごろから1歳まで1日約15時間使用。その後も3歳10カ月で歯科医に止められるまで就寝中に使い、かみ合わせの悪さやあごの変形、舌足らずの発音などの症状が残った。

 原告側は「訴訟も一つの契機となり、おしゃぶりの長期間使用が歯並びなどに悪影響を与えることが知られ、母子手帳にも記載された。コンビも注意喚起の表示をするようになり成果があった」としている。
[ 2008年03月21日 20:00 速報記事 ]


小児歯科学会での研究発表について
「おしゃぶりの歯並びへの影響」小児歯科学会誌から
に記載していますが、「2歳6か月の時点で、すでにおしゃぶりをやめている人は、余り歯ならびに影響が残っていないけれど、継続使用中の人は、全く使った事のない人に比べて『開咬』=『明らかに歯が咬まないかみ合わせ』に育っている。」という研究結果が出ています。

また、社団法人小児科医会のページにも、小児歯科学会のページにも、
「小児科と小児歯科の保健検討委員会」の見解として次のような記載があります

おしゃぶりについての考え方

平成17年1月12日
                        小児科と小児歯科の保健検討委員会

はじめに
 最近「おしゃぶりは舌や顎の発達を助けて鼻呼吸を促す」という宣伝文句やフォルダーを付けたファッション性が受けてか、乳幼児におしゃぶりを与えている親が多い。また乳児が泣いたときに泣き止ます手段としておしゃぶりを使用している母親をよく見かける。小児歯科医は指しゃぶりほどではないが、おしゃぶりを長期に使用すると乳歯の噛み合わせに悪影響を与えると考えている。子どもを育てる母親からみると便利な育児用品でもある。親子のふれあいが大切な乳幼児期に口を塞いでおいてよいのだろうかという疑問もある。


後略

全文はこちらのPDFで→
おしゃぶり、指しゃぶりの使用年齢と歯並びへの影響への調査データもあります。

小児歯科医療の現場でも、イオンのような大型スーパーでも、おしゃぶりを使用している3歳近い子供には出会います。私が気にしているからプライベートでも目につくのかもしれませんが。

患者さんのお母さんに「こういう影響があって、コンビが裁判をされているんですよ」と伝えると全くご存じない事も多いのです。

この裁判が契機となって、
・母子手帳におしゃぶりの歯並びに対する影響が明記された
・おしゃぶりの使用上の注意に、歯並びに対する影響が明記された

このことは評価していい事だと思います。

2008年03月21日

2008年3月の研修生活(3)送別会

今年度後期の臨床研修は、一昨日で終了しました。
昨日、祭日の夜で閑散とした旭川市の3・6街で、私たちと米田先生で、T先生を送る小さな送別会を行いました。

まずは、乾杯。
DSC02715.jpg

一度札幌に戻って大学の研修終了式に出席した後、就職先に移動する予定のT先生。
今日は、引っ越しの準備をすませて、午後はテレビで日本ハムの開幕戦を見ながら、極楽昼ビールを堪能したとの事。緊張の続いた研修生活を終えてほっとした表情です。

研修期間の様々な思い出を語り、これからの研修医にしてあげてほしいと思った事を教えてもらい、楽しい時間はあっという間にすぎました。

DSC02720.jpg

二軒目は、院長のごひいきフォークジャンボリーに移動して、マスターのライブです。
若い人を送る歌をという難しいリクエストに頭をひねりながら、いろんな歌を歌ってくれました。


今日は、T先生のお引っ越しの日。
明日からきっと寂しくなりますね。

2008年03月18日

沖縄土産紅いもタルト

先週、有休を使って沖縄旅行をしてきたスタッフが、お土産にくれました。

080318.jpg

美味しいです。紅芋タルト。

今月は、3月末できれてしまう有給の消化のため、皆、いれかわり立ち代わりお休みしています。
お休みの間は、誰かが長い時間勤務してカバーしてくれています。
スタッフの人数が増え、実力がついたからできるようになった事だと思います。

今回沖縄に行ってきたのは受付のチーフですが、若いスタッフが実力をつけてくれたので安心して休めるようになったようです。

来月は、新人として新卒の衛生士さんと研修を終えたばかりの歯科医が、林歯科のスタッフに加わります。
また、実力をつけて頑張ってほしいと思います。

2008年03月16日

すっきりつかうoffice2008

私はもう10年以上、Macユーザーです。
仕事場ではwindowsも使いますし、自分用のノートにmicrosoft officeは入れてはいます。

が、どっか嫌い。

例えば、今回、新しいMacBook Proを買って、office2008をインストールしたら、、、
勝手にWord,Execel, Powerpoint, Entourage ,Messenger ,Project GalleryのアイコンがDockに。
続けていれたAdobeのソフトはそんなことしないよ…

正直、こういうところが、「う ざ い」。

今日、「Project Gallery」残しておいたらいい!という意見を見て
すぐ、これだけ残して削除しました。

すっきりっっ!!!

2008年03月15日

こんなものがあるなんて:脳内blogメーカー

2008年03月15日



新しい手帳を買いました。

みなさん、どうですか?

でも、微妙にパンク?

という気が、しないでもないですが。。

とりあえず仕事の能率が上がればそれでいいかな、と。

ではまた〜

goo×うそこメーカー

2008年03月13日

いつもあるとは限らない

今日は、たまたま、大人の歯の数がそろっていないお子さんが二人続けて来院されました。

一人は以前から通院中で前から分かっていた方。
もう一人は永久歯の生える位置がずれて乳歯が抜けずに来院され、
歯の数を確認するためにレントゲンをとったら永久歯が1本足りなかった方です。

いみじくもお母様が
「そういう人がいると聞いた事はあるけれど、うちの子がそうとは思っても見なかった」
とおっしゃいましたが、誰もが乳歯はちゃんと生え変わるものと考えています。

けれど、普通の方が思っているより、永久歯の数が少ない方、多い方はたくさんいらっしゃいます。
本人も気づかずに大人になって、すこし隙間のある歯並びになっていたり、乳歯がずーっと残っていたり、
そういう事もあるものなのです。


永久歯がないときどうするべきか?悩むところです。

 他の歯の生え変わりのとき一緒に抜けて、そのままスペースが閉じてしまい、
 ちょっとバランスがわるいけどそのまま。
 年齢が高くなってから抜けてしまい、隙間をブリッジやインプラントで補う。
 早くに乳歯を抜いて、矯正して閉じてしまう。
 とりあえず、何もせずに、持つところまで持たせる。

1本、2本であればいろいろ方法は考えられますが、多数の歯がない事もあります。
どこまで持つかわからなくても、「せめて乳歯が残っていてくれたら」と思った事もあります。

「どうせ抜けるから」と思わずに乳歯も大切にしてください。

2008年03月12日

今日のいい話08.03.12

旭川・林歯科の朝礼で、皆が話してくれるちょっといい話から、今日は、患者さんにいただいたプレゼントのお話。

その方は、もうずーっと前から、何かあると林歯科に来院して下さる方です。
今も、定期的に歯石のチェック、清掃に来院されます。

担当の歯科衛生士は、その方の趣味が絵を描く事と聞いていたそうですが、
先日、なんと、
「絵画」
をプレゼントされてしまいました!

それは、美しい風景画だったそうです。
実際に見たダム湖の光景をイメージして描かれたものとのことでした。

趣味とおっしゃっていましたが、札幌で個展を開いたり、絵を販売されたりなさっているそうで、単なる趣味の域を出たものだったのです。

頂いた絵は、まず、スタッフの上川のご両親に見てもらってから、本人の部屋に飾る予定だそうです。
私たちもうれしくなりました。

2008年03月09日

土曜日は札幌へ

土曜日、昼前に家を出てJRの旭川駅へ向かいました。
旭川駅は、パークアンドトレインというシステムで駅前の指定駐車場にとめてJRの特急に乗ると駐車料金が安くなります。指定席を使うと一泊の使用で600円。お得です。

さて、まず出かけたのは、イラストレーターというソフトの体験レッスン…のはずだったのですが、スクールのシステムの説明がほとんどで、ソフトはほとんどさわれませんでした。残念。
受講者を集めるためのカウンセリングのようなものだったのですね。

コースで学ぶと内容は充実していますが、なかなかのお値段。転職の予定もないし雇用保険に入っていないから補助もないし、うーん、考えてしまいます。今までのように本を読んで独学にしようかなあ。

次は4時から6時まで、保険医会の主催の講習会に参加しました。
小児歯科の臨床に関する「大学では教えない話」をということで、結構楽しく聞いてきました。
基本に戻り、いろいろ診療内容を再チェックしてみようと思います。

夜は久しぶりに実家に帰って母と娘と三人で夕ご飯をいただき、本を読んでごろごろ。
幸せなお休みの一日でした。

2008年03月07日

今年の慰安旅行は!

なんとニューカレドニア!!
しかも、たまたま見たフリーペーパー:ライナーの広告を見て決定。

ちなみに去年は韓国!

080307.jpg
炎上する前の、輝く南大門です。クリックしてご覧下さい


さて,話がそれましたが、その日、郵便受けに入っていたフリーペーパーを読んでいた
院長が、「あれ?これ安いよ?いいんじゃない?」と言って、皆に希望をとったところ
いきなり希望者12名。

+私の13人で、二班で行く事を決定してしまいました。
広告を見てから10日たらずで決定です。

いいのかな??

不参加者には再度プランをねって、いつもの秋の時期に何かイベントを行いたいと思っています。

しかし、安い事には理由がありそうな「阪急トラピックス」。
いつもの旅行社にはおまかせだったいろんな事を、自分でやらないといけない様子。

宅急便でどどーんと届いた資料を13人分仕分けして配って記入の方法の確認するだけで
一苦労でした。

皆は青い海、青い空の写真にうっとり。ダイビング好きはネットで調べて既に手配中のようです。
私も楽しんでこようと思います。

ナゼダス調査隊〜追い込まれた歯科医

友達に、こんな動画を教えてもらいました。
YouTubeに掲載されている歯科医院の現状です。


ナゼダス調査隊 ~追い込まれた歯科医~#1


ナゼダス調査隊 ~追い込まれた歯科医~#2

厳しいですね。
家でもう一回見てみようと思います。

2008年03月06日

院長 福岡から帰る

2008年、1月、2月の福岡でのニューロマスキュラー講習会での院長の写真が、講師の池田正人先生の池田歯科医院の「池田歯科blog」に掲載されていました。

池田先生のご快諾を得て、林歯科のblogにも掲載させていただきます。

中央で、座っているのが院長、オーソシスの調整をしてもらっているところです。
周囲で参加者の先生方が、ビデオ撮影を行っていますね。
seminer1



先日は、熊本の高松尚史先生(浜坂歯科)から
080306-2.jpg

この本をご送付いただきました。
「ニューロマスキュラーコンセプトの基礎と臨床」
もっと勉強したいと思っていましたが、旭川市では入手できない貴重な書籍で、大変ありがたい事です。

池田先生、高松先生ありがとうございました。

2008年03月05日

大学院進学おめでとう!

2007年度の前半、林歯科で研修された北大の研修医S先生が、北大の大学院に進まれる事がわかりました。

日曜日、研修施設の説明会で来年度の研修医の先生方とお会いし、ふと思い立って、前半の研修医の二人にメールを出してみました。
すると、S先生からのお返事で、自分のなりたい歯科医師としての道が見つかった、大学院へ行きますというお返事が返ってきました。

研修に来ていた頃、先生はこのまま臨床の場に出るのか、大学院に進むのか悩んでいたようでした。
私たちは、自分がどんな歯科医師になりたいか、よく考えてご覧と言っていたものです。

歯科医師としての最初の半年を過ごした林歯科医院で「治療の手段は補綴のみではなく多様な可能性があることを学んだ」と言ってくれたのが、とてもうれしい事でした。今朝の朝礼でみんなに伝えたいと思います。

200803030703000.jpg
写真は朝の北大構内です。(08.3.3京王プラザより撮影)

2008年03月04日

新車だ!

米田先生が、旭川市林歯科医院にやってきて、最初の冬が終わろうとしています。

雪が降り始めた頃、先生の愛車が寒冷地仕様ではないことが分かりました。
学生時代のお友達が、都会ではディーゼル規制にひっかかってしまうので、
持って帰られなかったサーフです。

札幌と旭川の冬の違い。
それはズバリ朝の気温です。
夏には問題なかった車のエンジンがかからない朝がやってきました。

そして、私が札幌に出かけた、ある日曜日の午後。
車好きの院長につれられて、あちこちのディーラーを回っていた先生は
運命の車に出会ってしまいました。

080304.jpg
これです。生まれて初めての新車。
7人乗りのオデッセイ。(一人暮らしなのに…。うちは、最大5人乗りなのに…)
きっと夏には京都のご家族が乗りにきてくれる事でしょう。

お友達に譲ってもらった車を手離してしまったのが、心残りのようですが、
サーフは人気車種です。
どこか暖かい土地で、次のオーナーとドライブを楽しんでいてくれることでしょう。

2008年03月01日

3月の雪の土曜日

今日は、私の予約の患者さんのいない日ですが、診療以外の仕事があるので、昼から診療室にやってきました。
外に出てみると、思ったより雪が多く、吹雪いていました。気温は0℃前後。べたべたした雪で、窓についてしまいます。車から医院までの間に、服がぬれてしまいました。そう。北海道人としては、雪の日には傘をささない習慣ですから。

仕事は、医院で使う様々な印刷物のプリント。

ホワイトニングキット用の入れ物に貼るシール。
キッズクラブの会員証と、がちゃがちゃエントリーカード。
保険外診療の説明用シート。
初診パックの封緘用シール。

080301-1.jpg 080301-2.jpg 080301-3.jpg 080301-4.jpg 080301-5.jpg

いろんなものが、オリジナルの手作りです。

今回、初診パックにいつも使っている丸いシールが売り切れで、他の会社(elecom)の四角いシールを買ってきましたが、これが大失敗!
愛用のA-oneのシールは、無料のラベルプリント用ソフト「ラベル屋さんHOME」がWIN MACの両方に対応して配布されているのですが、ELECOMはWINだけ。
MAC愛用の方、ELECOMのシールは買ってはいけません。
シールの外袋に配布ソフトの事をもう少し詳しく書いていてくれればいいのにと、残念に思いました。

結局、画像用のソフトで用紙のサイズに合わせてA4一枚にぎっしり並べたものを作ってプリントしましたが、修正するときにまた並べ直しかと思うとちょっとうんざりです。

2008年02月28日

吹雪の木曜日

今日の旭川は、朝から吹雪いてはやみを繰り返す不安定な天気でした。

通勤のとき、左車線を走っていたら、右側から急に追い越しをかけられました。前方10メートル、ようやく見えるような状態で、ちょうど右前方を走っていた車も車線変更したところでした。
ぶつかる!?と減速しました。幸い事故にはなりませんでしたが、こんな天気のときの追い越しやあおるような運転はやめてほしいものです。

午後から、院長が往診に出かけましたが、今日は予約数が少なかったので、研修医の先生はお留守番で米田先生と一緒に診療にしました。ところが、午後も突然吹雪いて、その時間のキャンセルがあいつぎました。

この時期の吹雪は、暖かいぼたん雪で、大変視界がわるくなります。
林歯科は、車で通院される方が多いので、大事を取られたのだと思います。
事故のないよう、無理をせず、安全運転で通院をなさってください。

2008年02月27日

今日のいい話08.02.27

旭川市・林歯科の朝礼は、
連絡事項の確認、当日の予約状況と診療内容の確認、最後に毎日3人ちょっといい話をしてもらいます。
だいたい1〜2週間に一度は当たります。

今日のいい話は、研修医のT先生にも話してもらいました。
旭川でできた友達?の話です。

先生が、林歯科で研修を開始して、もうすぐ3ヶ月になります。
毎日、宿舎の技工所の2階から歩いて通勤しているのですが、林歯科の近くの家に犬がいて、最初は通るたびに吠えられていたそうです。

この犬をうちのスタッフは勝手に「ハナクロ」と呼んでいるそうですが、番犬として頑張っている犬な訳です。

ところが、二ヶ月をすぎたころから、ハナクロは、先生に向かって吠えなくなったそうです。
『お?なんか、覚えてもらったみたい?』
先生とハナクロの間にかすかな友情が芽生えました。

2,3日前の朝、先生が出勤してくると、玄関の前にハナクロが見えませんでした。
おや?と思って見ていると、勢い良くチェーンを引きずる音がしてハナクロが飛び出してきました。こちらを見ながら元気よく「Wa…」と吠えかけると、何か急に気まずそうな顔をして途中でやめ、先生が通り過ぎると家の方に戻っていくじゃらんじゃらんという小さな音がしていたそうです。

こうして、近所の犬にも覚えてもらい、スタッフとも気心が知れ、林歯科の診療にもなじんできた頃、そろそろ研修が終わってしまいます。
ちょっと寂しいですね。

2008年02月26日

今月の米田先生

旭川市林歯科の勤務医になってそろそろ1年になる米田先生。
春には、一年後輩ができるので、院長に「負けるな!」とハッパをかけられています。

さて、今日は、米田先生の日常を追ってみましょう。
DSC02578.jpg
訪問診療に出かける頻度も増え、診療の合間を縫って、往診事務担当のHさんとブリーフィング。患者さんの配当、予約の取り方、施設などとの連携についてよく相談します。訪問診療は、事務処理量も多く、カルテの記載事項も多いので、大変です。

DSC02471.jpg
診療室では、米田先生の担当の患者さんも増えています。院長が往診に行く木曜日の午後は、成人の患者さんは米田先生の担当です。先月と今月の二回の福岡行きでは、しっかり留守番役を果たしてくれました。

DSC02579.jpg
時には、院長のアシスタントをしながら、診療内容を見学します。
そうそう。髪型が少し変わったのですがわかるでしょうか。

今週は、土日に続けて出勤してもらったので、明日は久しぶりの休日です。
ゆっくり休んでください。

2008年02月25日

院長 再び福岡へ行く(3)

週末、北海道が猛吹雪に見舞われ、空も陸も交通がストップし、北大の入試の延期が決まった頃、旭川市・林歯科の院長は、福岡市で講習を受けていました。

土曜日、吹雪の前に千歳を出発する事ができたからです。

講習では、被験者をつとめ、オーソシスを作ってもらい、深く勉強する事ができたようです。
一日目の講習の後では、一次会、二次会、最後の三次会は屋台のラーメン屋さんでいろいろ食べてきたそうです。なんと福岡にも雪が降っていて、結構寒かったそうです。少人数の講習会で、3日目になると、打ち解けて話もでき、疑問に思っていた事も確かめる事ができたと喜んでいました。
充実した講習会に参加できたのも、スタッフ皆のフォローのおかげです。

そして、日曜の午後、4時。

講習が終わって空港に向かう頃には、院長にも北海道の交通の状況が伝わっていたようです。
羽田空港に着くと、千歳行きの便は、運休ではないものの大幅に遅れていました。
院長の乗る便も、結局1時間半遅れで9時過ぎに出発しました。この時点で、もう、札幌ー旭川の最終便に間に合わない事が分かりましたので、急いで札幌駅からできるだけ近いホテルをと、手配しました。
既に千歳空港周辺のホテルは満室でした。

そして、札幌までたどり着いたのは12時頃。
なんとか、千歳空港発、最終の一つ前のJRに乗れたのです。

今朝のJRも少し遅れて到着し、始業の時間の10分前にようやく診療室に届きました。
やっぱり福岡は遠い!そして、冬の北海道の交通はいつどうなるかわかりません!

2008年02月24日

北大入試 延期 天候の影響で

院長の帰りの飛行機が遅れそうなので、いろいろ調べているうちに
北海道新聞のヘッドラインニュースで、北大入試の延期の記事を見つけました。

北大が入試1日延期 交通混乱、他大学も影響(02/24 20:09)

 北大は24日、大荒れの天候による交通ダイヤ混乱のため、25日に予定していた前期日程の入学試験を26日に延期すると発表した。このほか道内では、試験開始時間の繰り下げを決めた大学も相次いだ。

 北大によると、全12学部で計約5600人が受験を予定しているが、問い合わせが相次ぎ「受験生が万全の態勢で試験に臨めない」と判断。「日程延期は記憶にない」(入試課)という。受験生からの問い合わせ先は入試課、電話011(706)7484。

おやおや、と北大のサイトを見てみると、
080224-2.jpg
お知らせとして

(2008/02/24) 受験日が25日から26日に移動したことにともない、宿泊や航空券の手配が必要になった方へ 2月24日掲載

(2008/02/24) 2月25日(月)の北海道大学入学試験は,雪害による交通機関の混乱のため,2月26日(火)に延期します。なお,試験時間及び試験会場は当初予定どおりです。引き続きホームページに情報を掲載しますので,ご注意願います。

と書いてありました。大学生協を通じてチケット手配をした人は、宿泊・チケットの再手配を生協が一手に引き受けてくれる様子。母校のホスピタリティの向上?に目を見張りました。

思えば、私と院長の大学受験の年も、受験の前日に大雪になり、多くの道外出身者が、飛行機や列車の遅れにくたくたになって札幌に到着しました。試験がどうなるかも直前までわからなかったものです。結局は、当日午後開始、函館でも実施となりました。道外出身者は、皆、入試にたどり着くまでのドラマを持っていて、語り合ったものです。私は、その日は仏滅だからと言う父の反対を押し切って前々日に札幌に着いていたので、実はドラマのない到着です。院長は、飛行機が飛ばずに、JRと連絡船!を乗り継いでたどり着いたドラマ組です。

後から、札幌出身の友人が「正直、もっと降れと思った」と言ったときはちょっとむっとしましたね。

何年に一度か、こういう事があるのですが、受験生の皆さんには、めげずに実力を出し切ってほしいと思います。
がんばれ!

院長 再び福岡へ行く(2)

昨日の土曜日は、米田先生とスタッフ一同の力で、旭川市・林歯科医院は通常通りの診療を行う事ができました。
こうして、院長が出張できる体制を整える事ができて、皆に感謝しています。ありがとう。

院長も無事福岡に到着し、今回は開始前に簡単な昼食ーローソンのサンドイッチをとることができたようです。
講習会では、被験者になって実際の治療を体験することができ、学ぶ事が多かったと喜んでいました。
夜、懇親会の前に、診療室の状況確認と、報告の電話が来ました。

前回、博多ラーメンが食べたいとタクシーに乗って出かけたというので、今回は、福岡の友人たちにお勧めの
ラーメン店を教えてもらい、プリントアウトして渡したのですが、行く事ができたでしょうか?

今日も、診療室はいつもどおりに運営しています。
院長もきっと朝からハードな勉強中でしょう。

しかし、その裏で、実は札幌は昨日の午後から吹雪になり飛行機の欠航が続いていたのです。
現在もこのように、
080224.jpg
遅延が続いています。

さて、院長は無事に今日中に旭川に戻る事ができるのか??
この時期の出張はいつもはらはらどきどきです。

2008年02月23日

院長 再び福岡へ行く(1)

今日、明日の二日間、再び福岡市での講習会に参加するため、院長が福岡に向かいました。
   院長 福岡へ行く(1)(2)(3)

前回のニューロマスキュラーの講習会の後半です。

前回は、前日の金曜日、札幌に泊まってバスで千歳空港に向かったのですが、
高速速度規制50KMのためぎりぎりに空港到着になってしまったので、
今回は、なんと!
千歳空港内のホテル、三井アーバンホテル新千歳空港に前泊して出発です。

が!
当日になって、札幌から千歳空港行きの最終便が、バスJRともに21時台である事が発覚。
それには、林歯科を19:30には出ないといけない。無理…。
ということで、JR北海道のホームページを検索して、よーく考えて
21:00旭川発で札幌まで行き、札幌から普通列車で千歳駅、千歳駅からはタクシーとプランを変更しました。

夜、8時半、診療の目処がついたところで後を米田先生に任せて旭川駅へ。
それから約3時間かかって日付が変わる頃、ホテルに到着の連絡が入りました。
ここまでつけば、空港のチェックインカウンターまで数分。
今朝は、少しはゆっくり眠れたようです。

遠いです。福岡。
今回も強行軍で行ってきます。

今日、明日の二日間は、米田先生の診療日になります。

2008年02月21日

今日も忙しい旭川市・林歯科の夜

「患者さんが少なくなっている歯医者さんが多い」などという話を聞く事もありますが、今日も林歯科は大忙し。夕方、院長が往診から帰ってくると、

7台のユニットが全て埋まり、研修医を含めて3名の歯科医師が診療中。
DSC02573.jpgDSC02574.jpg

なのに急患を含めてカルテが6枚待っています。もぉおおお、どうしましょう!!
DSC02570.jpg

そんな中でもカメラを向けると、
DSC02571.jpg
余裕の笑顔。これが林歯科の底力。

院長DSC02575_1.jpgの方針
「困っている人を断る訳にはいかないでしょ?」
の元、私たちにできるかぎり、患者さんにお待ちいただける限り、
急患をお受けしている林歯科の予約制は、申し訳ないけれどこんな状態です。

DSC02572.jpg
一番前と一番後ろの赤いクリップボードは、新患の急患のマーク。ちなみに予約新患は青いボードで見分けています。その間に4枚の予約診療の方のカルテ。予約制なので、急患の方にはお待ちいただく事をご了承いただいていますが、待ち時間が長くなると、予約の方の前に入ってもらいます。そのために、来院時刻をクリップボートに付箋で貼ってあります。痛みがある方は、先に問診だけでも行い、我慢できないようなら鎮痛剤を飲んで待ってもらう事もあります。

それでも、待っている急患の方はとても辛いでしょう。
お待たせしている私たちもとても辛いです。
急患をお受けしたために、待ち時間ができてしまう予約の方にも申し訳ない事です。

けれど、林歯科医院は、院長の方針で、できる限り急患をお受けする事にしています。
そのかわり、急患の方のお待ち時間のお約束はいたしません。
ごめんなさい。

保健所の立入検査

二階に新たにレントゲン室を作ったので、保健所に届け出をし、認可が下りました。

080220.jpg

一昨日、火曜日、保健所の方が二人で来院され、提出した図面との付け合わせを行い、晴れて書面をいただきました。早く額を買ってきて飾らないと。

これで、ユニット12台、レントゲン室2室、春からは常勤歯科医師4名の体制になります。
結構、大型歯科医院といっていいかなと自負しています。

2008年02月20日

拓羅磨館(タクラマカン)の台所

今日は、少し診療が早く終わったので、研修医のT先生と食事をしに出かけました。

場所は拓羅磨館の台所

tel0166-53-1199
住所 旭川市末広一条3-3-3
営業時間 月~金 18:00~03:00(L.O.02:00) 土 17:00~03:00(L.O.02:00) 日・祝 17:00~24:00(L.O.23:00)

無国籍料理の居酒屋で、ものすごい種類の創作料理があり、それぞれとてもおいしいので、私たちのお気に入りのお店です。私はコロナビール、T先生は生ジョッキ、そしてアルコールをあまり飲まなくなった院長は、ドライバー役としてウーロン茶で、乾杯。これまでの研修の話、これからの進路、地域医療のあるべき姿について熱く?語り合ったりしてみました。

2008年02月19日

風邪と急患

月曜日から、次々スタッフが風邪に倒れています。
今日は3名欠勤、1名出勤したけれど朝礼までで早退。朝から大変な状態でした。

なんとか、遅番で出てくれる人にお願いして一日通しをしてもらったりしましたが、こんな日に限ってと言いましょうか、とても急患の多い日でした。一時期は、待ち時間が一時間半を超え、待合室の椅子も足りなくなり、スリッパまで不足してしまいました。もうどうしたらいいやら。

そんな一日も、皆のがんばりで、なんとか定時に終了する事ができました。
終業後も、明日の欠勤時に備えて、シフトの見直しを話し合ってくれていました。
みんな、本当にお疲れさまでした。そしてありがとう。

2008年02月14日

吹雪の日の訪問診療

旭川市は、昨日から吹雪が続いています。
一日降り続き、かなりの降雪量です。夜の間も降っていたようです。
今日も大雪。今朝、医院に到着してすぐ雪かきをしましたが、
昼休みには、階段が見えなくなっていました。
DSC02542.jpg
もちろん、写真を撮ってすぐ、雪かきです!

こんな天気の日にも、朝から遅刻せず集まってくれるスタッフの皆、
そして、もちろん、キャンセルせずに来院してくださる患者さんたちに
感謝の気持ちで、一杯です。

北海道生まれとはいえ、4〜18才まで九州で育った私には、信じられない程です。
学校が休校になったり、集団下校になったりしているのに。
皆、雪が降ると言う事が生活の中で当たり前になっているんですよね。
九州では1センチ積もったら大喜び、5センチも積もったら交通マヒ状態でした。

さて、今日は木曜日。
午後から院長の訪問診療の日です。
小さな往診用の軽自動車に乗って出かけます。
細い道は、きっとたくさん雪が積もっているでしょう。
途中で埋まったりせず、無事に帰ってきてください。

2008年02月12日

お休み前後の急患ラッシュ

医療機関は、休日の前後に混み合うものです。

旭川市・林歯科医院も例外ではありません。

先週の土曜日は、午前中が混み合い、皆、昼食をとる時間がほとんどありませんでした。
今日も、待っている患者さんの数がプレッシャーとなってのしかかってくるようでした。
受付にも、たくさんの電話や、待合室で痛い歯を押さえる方からの視線のプレッシャーが。

夜、9時を過ぎ、一階診療室は、ようやく最後の一人の患者さんとなりました。
林歯科の長い一日も終わります。

今日も一日、皆様もお疲れさまでした。
そして、何か変だな??と思ったときは、できるだけ長期のお休みの前に歯科医院を
受診なさってくださいね。

どうやって歯医者さんを捜していますか?

今月の経理事務が少し目処がたったので、先月の新患アンケートに目を通していました。
毎月、アンケートのコピーをまとめてはあるのですが、なかなか詳細には目を通していません。
こうして調べるのも久しぶりです。

経営者として興味があるのは、
『なぜ、この人はうちの歯科医院を選んでくれたのだろう?どうやって知ったのかな??』
ということです。

重複回答可なので、もちろん中には、
「人に勧められて、近いけど、一応インターネットでもチェックして」
という方もいらっしゃいますが、ざっと眺めたところ、
・近いという理由にチェックを入れている人が一番多くて3割強。
・それから、家族、友人などから勧められてという人が全体の1/4くらい。
・来院前にインターネットを見ている人が約16%。
こんな結果が出ました。

一昨年調べたときはネットで調べている方が1割くらいだったと思います。
『随分増えたなあ』という印象です。

インターネットでチェックしている人を見ると、0歳から50代まで各年代まんべんなく
いらっしゃるようです。小さなお子さんは、ご家族がチェックされているので
しょうが、年齢を超えたインターネットの普及を感じます。

これからは、何かする前に、『とりあえずネットも見ておこうかな』という時代なのでしょう。
旭川市・林歯科も、ご覧になる方にとって、必要な情報が見やすい、わかりやすい
そんなホームページになるよう頑張らなければと思いました。

2008年02月11日

café dendendental 完成

待合室café化作戦実行中の旭川林歯科医院。
今日の久しぶりの休日、私と院長は、旭川市内のいろんなお店を回って
雑貨を買って回りました。

そして、辺りも暗くなって、café dendendental 完成!
DSC02513.jpgDSC02515.jpg
DSC02526.jpg

待合室のマッサージチェアのそばに、コーヒーカップ用の小さなサイドテーブルも置きました。
DSC02519.jpgDSC02525.jpg

お仕事の後、夜の林歯科にご来院の方を、小さなcaféの赤いテーブルがお待ちしています。
DSC02539.jpgDSC02540.jpg

2008年02月10日

日曜日の面接

旭川市・林歯科医院では、今年の春、卒業の歯科衛生士さんの募集をしています。
現在、お二人から申し込みをいただき、2/10、17にそれぞれ面接の予定です。

今日の面接の方は、先日見学の申し出をいただき、半日林歯科の診療を見学された方でした。
歯科のいろいろな分野に関心があるので、林歯科を志望されたという事です。

米田先生も面接官として参加予定でしたが、風邪のため診療終了後すぐ帰ってもらい、院長が一人で面接を行いました。来週は米田先生にも参加してもらいましょう。

2008年02月09日

禁煙大作戦(3)

禁煙大作戦の最後の仕上?
として、

この、赤いテーブルを購入しました。

旭川でこのメーカーDULTONを扱っていた大型書店のアラモアナさんが閉店して
どうしようかと思ったのですが、直接メーカーホームページから問い合わせをし
直販店から購入、送付していただきました。

早速、組み立てて…
  でも、なーんか、部品と部品を合わせても、穴の位置がずれている??
  そこで、ふと。90°回してみたら、なんとぴったり。
  これは!合わせた状態で穴をあけているね!?
  だって、4つの穴の位置がどう見ても正方形じゃないもの!

  …日本製じゃないよね??

とはいえ、完成の状態は、かわいーっ

こんな喫茶コーナーが完成しました。
080209.jpg

2008年01月31日

ワカサギ釣り

北海道の冬の楽しみに、氷上でのワカサギ釣りがあります。
私は行った事がありませんが、氷が厚く張ったところに、特殊な道具で穴をあけて
釣りをするそうです。寒いけど、楽しいそうですね。

林歯科のスタッフも、お友達と、家族と、出かけているようです。

そこで、こっそりと、㊙情報を。

今年は
岩尾内ダム湖は不漁、朱鞠内湖は豊漁とのことです。
旭川からワカサギ釣りにお出かけの予定の方、いいですか、朱鞠内湖ですよ!
噂では、氷に穴をあける道具、アイスドリル?も貸していただけるとか??

2008年01月29日

謎の実験中

院長が、福岡で講習会を受講してきてから、いろいろな事を考えている様子です。

今日は、米田先生に何事かをささやいていました。

そして始まったのがこの実験です。
DSC02486.jpg
顎の模型に、何かをつけて、何が始まるやら…

さて、続報が出せますでしょうか??

おだんご!

DSC02488.jpg

スタッフが二人、有給を使って四国に旅行してきました。
おみやげは、このおだんご。
皆、院長の「あんこ」大好きをよく知っています。お土産と言えば、お団子、おまんじゅう、どらやきなど。
また、朝のミーティングでのお土産話も楽しみですね。

二人の有給のあいだをフォローしてくれた、スタッフの皆、ありがとう!

難抜歯

難しい抜歯というものがあります。
あまり難しいときは、旭川市林歯科医院では、大きな病院の口腔外科に依頼をしています。
局所の条件で難しいということもあれば、全身状態が原因で難しいということもあります。
けれども、埋伏の親知らずであっても多くのケースは、林歯科で行っています。

今日は、米田先生が担当していた患者さんの親知らずの抜歯でしたが、根が先端で湾曲しているために抜けなくなってしまい、途中で院長が交代しました。頭の部分を少しずつ落として、湾曲のカーブにそって歯を回転させながら抜いていきます。

このようなケースは、研修医の先生にも見学してもらっています。
DSC02489.jpg

DSC02490.jpg

終了後は、三人でディスカッション。
一つ一つの症例から、多くのものを学ぶことができるはずです。

2008年01月28日

院長 福岡へ行く(3)

0:25 札幌からの最終のスーパーカムイが旭川駅に着きました。

午後4時に講習会が終わってから半日がかりで、院長が帰ってきました。旭川駅前は最終便で着くお客さん待ちのタクシーでいっぱいでした。夕方からの吹雪が晴れて、道のあちこちに除雪車が走っています。

さて、ニューロマスキュラーの講習会はとても刺激的だったようです。
参加者6名。うち2名は衛生士さん!すごい。
二人一組で理論と実践のトレーニング。講師の先生のほかにもう一人インストラクターの先生がついている充実の講習会だったようです。
院長は、実技のモニターになって、講師の先生に自分の噛み合わせをとってもらうなどを体験してきました。

写真は、福岡のモリタ営業所と、実習で使ったコンピューターです。
P1000002.jpgP1000001.jpg

2008年01月26日

院長 福岡へ行く(2)

旭川から福岡は遠い!

さて、昨日の夜11:00に札幌に到着した院長は、今朝はバスターミナルを6:40にでるバスで千歳空港へ。しかし、なんと言うことでしょう。高速が50Km制限。大変だ!
バスの中で運転手さんが、「**分の東京行きの方」とチェックし、カウンターに一番近いところで先におろしてくださり、降りると地上の係員の方が待っていてチェックインから飛行機までの案内まで、全て誘導してくださった由。そして滑り込みセーフ。

乗り継ぎ時間もぎりぎりなので、到着前に福岡行きのチェックを受けて案内されて、飛行機へ。
ここまで、交通機関の方のスマートな連携で無事福岡空港到着。

が!!
乗ったタクシーの運転手さんが、、、
地図を渡してここに行ってほしいと言っているのに、わからない…会社に連絡してもなかなかわからない…
結果、会場には開始10分前にようやく到着。

来月は、せめてバスだけでも一本早いものにしようと決めました。


こうしてようやくたどり着いた「ニューロマスキュラー」の講習会場。
講習は、参加者6名。実習がメインの講習会です。
詳しいお話は、帰ってきてからということですが、知り合いの知り合いのような方も参加されているようです。
いろいろ知りたいことがあって、たくさん質問をしている様子です。

終了後は懇親会、そして、夜の町に折角だから食べたい福岡のラーメンを求めて出かけていく予定だそうです。
博多駅の近くでおいしいラーメン屋さんを探している頃でしょうか。
来月は、あらかじめ調べて出発かな?

写真は屋台のラーメン屋さん。
P1000003.jpg

2008年01月25日

院長 福岡へ行く(1)

年に一度は、新しいテーマを持って勉強したい!
そんな院長の願いに応えられるシステムを作りたい。

今年は今月1.26~27、来月2.23〜24の二日間ずつ、計4日の講習を受講することになりました。
去年の講習受講のときには、一日は診療、一日は休診という体制をとりましたが、今年は違います。
米田先生が、休みの土曜日も出勤して、休診なしで院長を送り出すことができるようになりました。
私も、お留守番として出勤の予定です。

さて、今回のテーマは「ニューロマスキュラー
なんと会場は、福岡市!

旭川から福岡市の遠いこと。びっくりです。
交通機関が不便なので、はっきりいって韓国のソウルより大変です。
旭川空港から直行便のソウル、便利です。

明日のお昼からの講習会に参加するために、今日の夜は札幌どまり。
明日は早朝の飛行機に乗って、千歳ー羽田ー福岡コースです。
これで、ようやく間に合います。
日曜日は、終了後同じコースを戻って、JR旭川駅到着予定は日曜深夜。
ハードスケジュールです。

でも、きっと来年は、もう一日くらい休みを取って参加できるような体制になるはずです。
がんばりましょう!

2008年01月24日

このごろ顎が痛い患者さん、多くない?

「このごろ顎が痛い患者さん、多くない?」「やっぱり?私もそう思ってた」
そんな会話をしたのが、昨日です。

何年か前から、院長が噛み合わせが全身に与える影響について勉強を始め、去年の春に出かけた講習で、林歯科の診療は「噛み合わせに重点を置く治療」に向けて、しっかり舵をとりなおしました。患者さんの診査の際にも、今まで以上に噛み合わせ、顎の動き、姿勢、様々な不調の有無を確認するようになりました。
噛み合わせの意義についてお話をする機会も増えてきました。
院内にも、様々な資料をそろえてご覧いただけるようにしています。

もちろん、このブログでも、歯並び、噛み合わせ、顎の動き、顎関節症と言ったお話をする機会が増えました。

すると、どういう訳か、「顎が痛い」という症状を訴えて来院される方が増えてきたような気がします。
それは、いつも通院されている方からのご紹介のこともあります。
ホームページをご覧になってということもあります。

もしかすると、今までなんだかわからない不調があり、どこに相談していいのかわからなかった方が、旭川市林歯科医院を見つけてくださったのかもしれません。

昨日は、随分遠くから、「近くではこういうことが相談できるところが無くて」と来院された方がいらっしゃいました。もしかすると、相談すれば答えていただける歯科医院がお近くにあっても、見つけられなかったのかもしれませんね。そう思うと、こうして情報を発信していることが、患者さんのお役に立てる方法の一つであると改めて思われます。

今年は、年始から体調が優れず、blogが休みがちになっていたのですが、なんとか頑張って続けていこう!という気持ちになりました。

木曜日の往診のお留守番

毎週木曜日の午後は、院長の訪問診療の日です。

不在の間は、私と米田先生で診療を行っています。
私は小児歯科を担当していますので、一般歯科の担当は米田先生です。
米田先生が、去年の春、4月中旬に着任され、5月下旬位から担当してもらっています。

症例として難しい方などは、次回の予約は院長のいる日にとってもらうことになるのですが、現在は、ほとんどの患者さんは次回も木曜午後の予約になっています。
最初は、少し少なめの予約人数だったのですが、今は、ほかの曜日とほとんど変わらない人数のご予約となっています。

今日も、予約が混んでいて忙しい午後でした。
DSC02472.jpgDSC02471.jpgDSC02469.jpgDSC02474.jpg
写真は、診療をし、お話をし、また診療をして、カルテを書いてと大忙しの米田先生です。

急患の方が二人入り、ちょっと困ったなあと思ったところに、予定より早く院長が戻ったため、ちょっとほっとしてしまいました。やっぱり院長の存在感は大きいです!

2008年01月20日

懐かしい便り

すっかり郵便より電子メールが普及してきて、風情がないと思われる方も多いようですが、1月になってから2回も、思いがけず懐かしい便りが、林歯科のホームページ経由のメールで届きました。

一つは、院長の高校時代の同期生から、もう一つは院長が北海道大学歯学部に入学した一年目に住んでいた下宿のお嬢さんからでした。

もう4、5年前になるでしょうか。
旭川市林歯科医院が、道内の放送局の情報番組に取り上げられたことがあります。
当時珍しかった訪問診療の話題です。

下宿の方は、そのときの放送もご覧いただいたそうで、院長の活躍!を懐かしく見ていただいたとのことです。

院長が住んでいた時分の下宿の建物、
道路拡張後の建て直した今の建物、
お元気そうな下宿のご主人、奥様の最近のご様子、
数枚の写真を添付してくださいました。

こんなことがあると、ホームページが懐かしい便りを届けてくれたようで、うれしくなります。

2008年01月19日

2008年の「今年の目標!」

今年は、院内での年賀状交換はなしにして、代わりに今年の目標をそれぞれ書きましょう!ということにしました。

今、旭川市林歯科医院のスタッフ専用廊下には、はがき大の様々な色のカードが貼られています。

DSC02440.jpg

DSC02441.jpg
〜ができるようになりたい!
もっと患者さんの気持ちをわかってあげられるように!
無駄な時間をなくして患者さんの苦痛をやわらげたい!
勉強してきた知識を生かして患者さんの満足度の高めたい!
そんな皆の目標があふれています。

年に2回の院内勉強会で、目標の達成度、達成方法を考えながら今年の一年を送りたいと思います。
私の目標ですか?それは、また今度。

2008年01月10日

2008年1月の林歯科医院はここが違う!

今月の「ここが違う!」が完成しました。
この頃、月末〜月初めのカルテチェック、請求書整理などの事務処理が多くなり、「ここが違う」を出すのを忘れてしまう事が何回もありました。今年の目標として、毎月きちんと発行したいと思います。

今月の話題は、
・毎年行なうクリスマスプレゼント(去年はシクラメン)
・林歯科オリジナルエコバッグ誕生
院長インタビューは
・この頃仕事で嬉しかった事
です。

よかったらお読みください。→*click*
200801kokogatigau.gif

2008年01月09日

旭川市林歯科医院のエコバッグ

最近人気のエコバッグ。
色んなお店で販売されていますね。
なんでもブランドものは、行列になったり、ネットオークションで取引されたりしているとか。

そこで、林歯科医院でも!
なんとオリジナルエコバッグを作成してしまいました。

DSC02432.jpg

院長発案、デザイン監修の、黒いエコバッグ。かっこいい!と自画自賛中です。

このバッグは限定1000枚で作成してもらいました。
2月から、医院でのアンケートにご協力いただいた方にプレゼントする予定で、現在鋭意準備中です。
今しばらくお待ちください。

2008年01月04日

年末年始家族旅行@台湾

年末年始のお休みは、台湾に行ってきました。
2006年の慰安旅行で行ってきた台湾、大好きになりまして、ツアーで回ったため物足りなかった博物館などをしっかり見てくるのを楽しみにしていました。

JTBルックのツアー?だったのですが、
到着した空港からホテルへの送迎が、バスではなくトヨタのレクサスでびっくり。
さらに、ドライバーさんが、説明の封筒を手渡して荷物を降ろすとそのまま行ってしまって2度びっくり。
道理で道中一言も話さなかったはず?もしかして日本語話せない?
しばらくぽかんとしましたが、そのまま夫と二人、さらにフロントスタッフのお嬢さんと会わせて三人、片言の英語でやり取りしてチェックイン。

翌日は、故宮博物館を午前中堪能したのに、昼から風邪と腹痛でダウンして一人でホテルでお休み、お留守番。
楽しみにしていたカウントダウンの花火はすごく混むということで、安全にホテルのテレビで鑑賞。

ちょっと復活して三日目は、市内でぶらぶら。ミニチュアドールハウスの博物館や台北101に行ったり、おかゆ屋さんに行ったり。夜は龍山寺にお参りして夜店の広がる夜市で足もみとスッポンスープ(途中でリタイア)を体験。
DSC02297.jpgDSC02325.jpgDSC02333.jpgDSC02341.jpg

完全復活した四日目は、楽しみにしていた九分(ニンベンに分)へ。
台湾の鉄道に乗ったのですが、なんと窓口の人が教えてくれたのではない列車に乗ってしまって、おりる予定の瑞芳という駅を遠く遠く通り越して東海岸の見知らぬ駅まで1時間近くノンストップで運ばれ、そこからUターン。
また片言の英語で、搭乗員のお嬢さん、駅員さん、車掌さんにお世話になりまくり。
みんな優しい人でした。
DSC02352.jpg←間違って乗ったなぞの遠くへ行く列車
DSC02354.jpg←見知らぬ駅

早起きして7時から朝食、8時過ぎには駅に着いたのに、目的地に到着したのは11時くらい。
長い電車の旅になり、娘に「『世界の車窓から』みたいだね」となぐさめられたりして。とほほ。


九分では散策をしたり色んなものを食べたり、茶芸店でのんびり休んだり。ゆっくりした時間を過ごしました。
DSC02378.jpgDSC02390.jpg

帰って、夜は、24時間やっていると言う有名な本屋さんに行って、また街を散策。

最終日は早朝6時半集合。
今度の送迎車は、なんとベンツ。
やっぱり運転手さんは、ほとんど話しませんが、今度は覚悟ができていました。
EVA航空のカウンター近くで車を降り、EVAの地上スタッフの人にお話を聞いて手続きをし、なんなくチェックイン。

9時半出発まで空港内でお土産を買ったり、簡単な朝食をとったりして過ごしました。
空港待合室ではレーザーの勉強会でご一緒のH先生ご夫妻とばったり。びっくりしました。
帰ってきた千歳の空港では、ちらっと恩師のN先生をお見かけしました。
人気なのかな?台湾。

2007年12月25日

旭川市林歯科医院のメリークリスマス

今年も、クリスマスがやってきました!

林歯科医院のクリスマスと言えば、これ!
DSC02250.jpg

この、大量の段ボール箱の中にあるのは!

DSC02253.jpgDSC02252.jpgDSC02251.jpg
シクラメンの鉢植え、こんなにたくさんです!

もうずーっと、林歯科医院では、12月の24.25日に来院される方に、シクラメンの鉢植えをプレゼントしています。
2005年の「クリスマスプレゼント第二弾」
    「うれしい贈り物」

2006年の「林歯科からあなたへのクリスマスプレゼント」

DSC02256.jpgDSC02257.jpg

いつも、大好評!みなさんにびっくり、喜ばれる素敵なクリスマスプレゼントです。

2007年12月23日

コンピューターの故障

先々週の土曜日に故障したコンピューター。
日曜日にサポートに連絡して、いろいろ試したけれどだめで
月曜、再度連絡し、バックアップできていなかったデータを、古いiBookとFireWireでつないでなんとか拾い上げ
火曜日修理に。

木曜日、工場到着の連絡が来て、すぐ、部品取り寄せ中になり、
土、日、月は三連休なのかなあ。

小さな、モバイルのパソコンは立ち上がりが遅いし
古いiBookは容量いっぱいだし、
色々不自由です。

ブログを書く気力がないまま、1週間経過中。

2007年12月15日

2007年 林歯科の年末勉強会

今年の忘年会のプラン中、スタッフから
「今年は旭川でやりませんか?」という提案がありました。
林歯科のスタッフの中には、非常勤スタッフを始め常勤スタッフにも家庭のある人がたくさんいます。
泊まりで忘年会は楽しいけれど、参加できない人がいるのがさびしいということです。

では、今年は、旭川で。
第一部は土曜午後を休診にして、常勤は絶対参加、非常勤の方もできれば参加してくださいと言う事で
勉強会を。
第二部は、旭川の繁華街に場所を移して忘年会を。

さて、2時から近くの地区センターに会場を借り、皆で移動して勉強会開始です。
今年のテーマは、ホワイトニング、それから7月の発表を皆で見る事、さらにPOSシステムに基づいた
患者指導記録の記載方法についての3点です。

まずは、昨日誕生日だったスタッフに、ケーキの贈呈式。
DSC02153.jpg

勉強会第一弾は、
先週のホワイトニングコーディネーター講座を受講した二人のスタッフから、ホワイトニングに
ついて学んだ事、ホワイトエッセンスの体験に付いてなど20分程のプレゼンテーションが
行なわれました。

DSC02162.jpg

事前に、ホワイトニングについての疑問点を皆に書き出してもらってからスタート。
DSC02158.jpg
終了後に、質疑応答を行ないました。

続けて、帯広での予防歯科臨床懇話会の様子をプロジェクターで見ようと思ったのですが、
なんと!コンピューターが故障してみられなくなってしまいました。
  今、まさにシステムの再インストール中で古いコンピューターを駆使しているところです。
  これでだめなら修理だーー!

急遽小さなポータブルDVDプレーヤーを医院に取りに戻って皆で近寄って鑑賞。
その後の感想を語り合う時間がなくなってしまいました。

最後に、外部の講師をお招きして、
POSに基づく「SOAPで書いてみよう!歯科衛生士の業務記録」というテーマで
話をしてもらいました。

患者さんの指導記録を
S:Subject 主訴
O:Object 観察結果
A:Assessment 感想
P:Plan 処置、治療計画
の4つに分けて書いて行く方法を例題等をときながら学びました。

全体で3時間ほどしか時間がとれず、忙しい勉強会になりましたが、充実した時間になりました。

最後に、短時間でホワイトニング講習会の内容をまとめてくれたスタッフの努力を讃えて
頑張ったで賞の表彰式です。
DSC02175.jpg

2007年12月13日

役所へgo!

今日は、旭川保健所に書類を出すため、午前中早めに終わって医院を出発しました。

旭川市の外気温は、お昼で0℃。一番道が滑る温度です。どの車もそろそろ走っています。
市庁舎の駐車場で車を降りると、滑り止め付きのブーツでも、道はつるつる。おそるおそる歩いて目当ての第2庁舎へ。

これかな?と思って入った建物は、なんど第3庁舎分室と言う違う建物で、出ばなをくじかれる気持ちです。

建物の中に入ってどうも違うと思って、出会った職員の人に尋ねて保健所の入っている隣の建物に向かいました。

受付と書いたテーブルには小さなクリスマスツリーが。おお、なんか役所らしからぬいい感じ。
応対してくれた人も親切です。
いけるか??

しかし、その後は、駄目だしの嵐。
これを直すのにどのくらいかかるやら。そして、次に診療の合間を縫って役所に出かけられるのは何時になるのやら。
とほほな気持ちで、つるつる路面を医院に戻ってきました。

2007年12月12日

午後の矯正治療

最近、平日の午後の予約は、こんな感じです。

DSC02128.jpg
<12/11の予約>

DSC02139_1.jpg
<12/12の予約>

緑色のラインマーカーを引いてあるのが矯正治療中の患者さんです。

この頃は、午後の患者さんの半分くらいが、矯正治療。
その残りの半分ぐらいが小児歯科。
ほとんど、小児・矯正歯科と化す旭川市林歯科医院です。

林歯科は、一般診療をメインに行なう歯科医院ですが、治療内容のレベルでも、矯正治療の患者さんの数を考えても、矯正専門医にひけはとらないつもりです。

「もう、矯正専門で保険外にしちゃおうかなあ、保険医療に未来はないみたいだし!」とつぶやいている院長ですが、これからも頑張りましょう!

2007年12月10日

噂の!東京マガジン 歯科医は富裕か・急増倒産と自殺 

あちこちのblog、歯科関係のメーリングリストで、話題騒然の
「噂の!東京マガジン」 歯科医療の現場を取材した昨日放送の番組です。

都合のため、見る事ができず、録画も忘れていたのですが、YouTubeのアドレスがわかりましたので
掲載しておきます。

歯科医療に携わる人であれば、誰もが共感する内容だと思います。
ここまで、現状を正しく報道してもらった事は、無かったように思います。
今、そこにあった普通の歯医者さんが、明日にはないかも知れない。
そんな状態に今の日本はあるのですが、ほとんどの人がその事には気が付いていません。
それで本当にいいのでしょうか?

H19.12.9噂の!東京マガジン 歯科医は富裕か・急増倒産と自殺 1/5
http://jp.youtube.com/watch?v=Evg-6UpPz_w

H19.12.9噂の!東京マガジン 歯科医は富裕か・急増倒産と自殺 2/5
http://jp.youtube.com/watch?v=9ocBcGnfmSU

H19.12.9噂の!東京マガジン 歯科医は富裕か・急増倒産と自殺 3/5
http://jp.youtube.com/watch?v=Be-ZSLxOeUo

H19.12.9噂の!東京マガジン 歯科医は富裕か・急増倒産と自殺 4/5
http://jp.youtube.com/watch?v=HyIvS3-0jrI

H19.12.9噂の!東京マガジン 歯科医は富裕か・急増倒産と自殺 5/5
http://jp.youtube.com/watch?v=GQDswdk3Iqc

2007年12月07日

旭川市・林歯科医院のホワイトクリスマス

昨日、院長がメリークリスマスのイルミネーションを出してきて、飾りました。
DSC02122.jpg


DSC02125.jpg

今年の、クリスマスのデコレーションはこれで完成です。

DSC02124.jpg

すっかりホワイトクリスマスですね。

2007年12月06日

初めての往診へ

今日は、2007年の歯科医師臨床研修が始まって、4日目。
T先生は、午後から訪問診療の見学に出てもらいました。

林歯科の訪問診療は、現在3名の常勤医が分担で行なっています。もう一人非常勤の先生に、治療終了後のチェックにも回ってもらっています。

今回は、院長が担当している患者さんの治療の見学です。
訪問診療の現場では、一人一人の患者さんの状態が違います。それに合わせた、現場の判断が必要となります。
今日の患者さんは、なかなか口を開けてくださらない方でした。
入院中の方なので、担当の看護婦さんにも協力してもらって、なんとか一瞬の隙を縫って型取りを行なってきました。

この雪道の中、訪問診療に出かけるのには時間がかかります。
けれども、往復の車の中で院長と話をする事も、いろんな体験になってくれればと思います。

2007年12月02日

北海道医療大学の研修委員会へ

札幌のサテライトキャンパスで行なわれる委員会に参加してきました。

サテライトキャンパスは、北海道庁の前の日本生命ビルの中に入っています。立派なビルですが、エレベーターの使い分けがあって、初めて出かけたときはビルの中で迷子になりました。今はもう大丈夫。

委員会では、様々な報告事項、審議が行なわれました。

私たちは、以前から、研修を希望される方に林歯科医院の事をある程度知ってから来てもらいたい、また研修医がどのような人であるかを知りたいと思っていました。今回の委員会で、他の協力型研修施設の先生方も同じように思っていらっしゃるのがわかりました。

来年は、今年より1か月早く施設の紹介を行ない、見学を受け入れてから、協力型のマッチングを行なう事になるようで、大学側も毎年様々な工夫をしている事が感じられました。

歯科医師臨床研修は、本年度が二年目で、まだ試行錯誤している事も多いようにも思われますが、年々充実した制度になってくれるといいと思います。私たちも、そのように努力して行きたいものです。

2007年11月26日

柿!

先日、これ!

DSC02104.jpg

段ボールに入って、大きなオレンジの固まりが多量に!

これは、
DSC02102.jpg

柿!
すごい!大きい!!

これは、米田先生の京都のご実家から届いたものです。
スタッフの皆さんでと、たくさん送って頂き、皆大感激です。

滅多にないようなおいしい柿でした。
わざわざありがとうございました!

土曜日のご予約

先日、メールで一か月後の土曜日のご予約を希望される方からご連絡が入りました。

すぐ予約状況を確認しましたが、既にご希望の時間は埋まっていました。
現在、ご本人と電話連絡による予約調整を計っているところです。

実は、旭川市林歯科医院の土・日診療は、当初、矯正診療のために行なっていました。
現在はスタッフの能力が高くなり、平日午後も矯正診療を行なっていますが、開院当初は全ての器材を矯正使用に整えて、集中的にほぼ矯正専門という状態で診療していました。

今でも、土曜日の患者さんの約8割は矯正治療のために通院される方です。
日曜日は、半分以下になっています。

矯正治療の患者さんは1〜3か月おきに来院されるため、次回の予約もだいぶ先まで埋まってしまいます。
今回ご連絡をいただいた時、既に4週間前を切ったところでしたので、当日の予約が空いているのはお昼休み前の12時と終了前の4時に、それぞれ二枠ずつ、4名分のみとなっていました。

土日に開いているので通院したいと言うご希望も多いので、辛いところですが、お急ぎの方の予約を取るのは難しい事もあります。
このへんは、ずっと悩みの種です。

2007年11月22日

吹雪の日

今日も旭川は吹雪。
ダウンジャケットを出して、雪用のキルティングの長靴:決してブーツとは呼ばない を車に積んで出勤です。

旭川市・林歯科医院の玄関も雪に埋もれていました。
朝、到着して、まず院長と二人で雪かきからスタート。
出勤して来た米田先生が、「手伝いましょうか?」と暖かい声をかけてくれましたが、さすがに半袖の白衣の人に手伝ってもらう訳には行きません。

午後、吹雪が強くなるとキャンセルの連絡が続出。特に小さなお子さんの予約は壊滅状態に。
たしかに、この状態では家から出て、子供さんを車に乗せるだけでも大変でしょう。

午後から往診に出かけた院長は、吹雪の道の渋滞に悩まされ、夕方戻ると、また雪に埋もれていた玄関を掘り出しました。ちょうど、テレビで見る砂漠の遺跡の発掘のようです。

夜は夜とて、診療を先に上がった私が玄関前の雪かき。
一日で玄関脇に大きな雪の山が出来ました。

明日は折角のお休み。
温泉にでも出かけたいと思っていましたが、このような雪では遠出は避けたいところです。

2007年11月19日

あたりくじ

私の仕事の一つに、カルテのチェックがあります。

毎日、治療の後のカルテに公的な書類として不備が無いかチェックをいれ、
必要な連絡事項を付箋で付けて行きます。
その時愛用しているのが、100円ショップのダイソーの蛍光の付箋です。
(ポストイットは、3Mの登録商標!)

さて、今日も今日とて、カルテのチェックをしていると、
その付箋の中から、

DSC02097.jpg

なんとあたりくじが!

他にも外れくじが入っていました!

だれ!
いたずらしたのは!?

2007年11月18日

サンタクロースの受難と復活

さて、先週の始めに、医院の玄関にかざったサンタさん。

DSC02094.jpg

よくみると、
DSC02095.jpg

おお、顔にこんな傷が。

一体彼に何が?

実は、飾って間もないうちに、ちょっとしたアクシデントで、ばらばらに壊れてしまったのです。
弁償したいと申し出て頂いたのですが、高価なものではありませんし、ご辞退致しました。
でも、やっぱり切ない。

すると、院長が、「なんとか治せないかな?」

見てください。
左が購入した去年、右は、復活後の今年のサンタさんです。

CIMG1638_1.jpgDSC02092.jpg

よくみると、ところどころ色が違います。
ばらばらになったのを接着剤で付けて、足りないところは即時重合レジンという歯科用材料で埋め、色を塗って治してくれたのは、スタッフのMさん!
すごい!

彼女の愛と技術で、見事サンタさんは復活して、今年も旭川市・林歯科医院の玄関で、雪の中、来院される皆様をお待ち致しております。

2007年11月16日

朝、仕事に行こうとしたら、雪でした

昨日、クリスマスに向けて、サンタさんやツリーを出した写真を撮りました。
このサンタさんにはじつは辛い過去があるのですが、その話はまた今度。

071114.jpg

ちょっと雪が無くて物足りないかなあ、なんて思って…

今朝起きたら、雪でした。

帰り道の国道で、おそらくスリップによる接触事故の現場の横を通りました。
0℃。道がつるつるです。

いつものつもりでブレーキを踏むと、車の挙動がいつもどおりではありません。
どきどき。普通に曲がったつもりが、外に膨らんでしまいます。
これから4月まで、毎日、車のスリップと戦う日々です。

冬が来ました。

2007年11月13日

マニュアルの功罪

今、ちょっと心の中で、引っ掛かっている事があって。
それは、どこまでがマニュアルに沿って対応すべきかと言う事。

旭川市・林歯科医院は、ほとんど明文化したマニュアルが無い歯科医院です。
これまで、マニュアルに沿った経営について講習会で学んだり、
ISOのことを調べたりした事もあります。

が、何より、院長の性格に合わない。

彼は、硬直化した、いわゆるお役所仕事が大嫌いなのです。
自分たちが作ったものであってもマニュアルに縛られるのはまっぴらごめん。
そうでなくても、同じ水準の対応はできるはずだ、
その場で、相手との関係で、なすべき事を決めて行くべきだと考えているようです。
考えていると言うより、感じているというか。

それでも、成文化しなくても、この時にはこうすると言う申し合わせ事項はたくさんあります。
それが、もしかすると、自分たちの振る舞いを拘束していないか。
その申し合わせ自体がうまく動いていないときもあるかも知れない。
少し悩んでいます。

また、一度、あるシチュエーションに合わせて決めた事が、見直されずにそのまま続けてしまう事もあり、
そういうつもりではなかったのでは?
今は、状況が違うのでは??
と思う事もあります。

そんな時、朝、このエントリーのタイトルを見て、自分が考えていることを言い当てられたような気がします。
マニュアル化されていない部分への対応にこそサービス強化の本質がある
思わず、読み込んでしまいました。

もう少し、何か考えて行こうと思います。

2007年11月11日

日曜日の診療

今日は院長が不在につき、米田先生が診療を担当しました。
私も出勤しましたが、診療のメインは、米田先生。

一緒に診療して思いましたが、この半年の間に、すっかり成長し、一人での診療が可能になっています。
安心してみていられます。

まだ複雑なケースについては、事前、事後に院長の診断を聞く必要はありますが、治療方針が決まっている方の治療に付いては、まもなく一人だけで医院を任せられるようになるのではないかと思います。

来年は、院長が福岡出張を二回予定しています。
もしかすると、私も一緒に福岡に行けるかも!??

2007年11月07日

2008年のカレンダー

毎年大人気のカレンダー。
配布開始から、受診された方お一人につき一枚まで。
用意した枚数が無くなってしまったら配布終了です。

今年は、この4枚。
DSC02057.jpg

必ずしも、『お、これかわいい』と思ったのから無くなるとは限らないのが不思議なところです。
一番人気は、見本用に窓に貼ったのまでもらわれて行ってしまいます。

2007年11月03日

結婚式へ

今日は、スタッフの結婚式。

しかも、併設する技工所の技工士さんと、林歯科の衛生士さんとの結婚式でした。

071103.jpg

院長は当然、私も祝辞をと言われ、

もう、数ヶ月前に言われていた訳ですが、、、

今朝、朝から二人で、就職から今日までのエピソードを書き出し、
プリントして、赤を入れて
祝辞の原稿を作りました。

エピソードが重ならないようにと話し合ったのですが、
結局は、二人のエピソードを院長が
贈る言葉を私が、
と分けてお話ししました。

華やかな結婚式で、スタッフも大勢盛装で参加してくれました。

DSC01902.jpgDSC01903.jpgDSC01925.jpg


同期で林歯科医院に入社し、これまで友情から愛情を育み
今日から家族としてまた新たなスタートを切った二人に
幸せな毎日が続きますように。

2007年11月02日

そろそろ冬です 

今年も、もう11月。

今日の金曜日で、4週間の歯科学院の臨床実習が終了し、来週からはまた違うメンバーがやってきます。
朝礼の時に一言づつ感想と挨拶をしてもらいました。
その時、「受付に、ほっかいろ(R)が置いてあってびっくりしました」と。

そうです。
今年も、そんな季節になっていました。

朝礼の後、受付をのぞいてみるとカウンターの上に、小さな籠に入れて使い捨てカイロがおいてあります。
071102.jpg

院長に、「カイロを置くように言ったの?」と聞いてみましたが、受付スタッフが自ら置いてくれたものでした。
いつも、患者さんのために気遣いをしていてくれてありがとう!


2007年11月01日

米田先生の帰還

先週の金曜日で、米田先生の助っ人ライフが終了しました。

過分なお礼もいただいたようで、有り難い事ですが、よその医院の診療に触れた事が大きな財産だと思います。
また、何より
『米田先生の応援が大変助かりました。ありがとうございます。
 米田先生には患者さんとスタッフのファンが増えたようですよ。 』
と言ってもらったのが、とてもうれしかったです。

大過なく応援診療を終える事が出来て、私たちもほっと一息です。
それから、ごっつお便ありがとうございました。有り難く院長と二人で頂戴致します。

2007年10月30日

矯正歯科のトレーニング スタート

9月末に、研修医の先生が大学に帰ってから、院長が心に暖めていた企画がスタートしました。
と、言うほどの事でもないのですが、10月に入ったら、米田先生の矯正歯科のトレーニングをしたいと考えていたのです。途中、急遽助っ人として活躍する事になり、ちょっとスタートが遅れたのですが、流石は、院長。一旦やると言った事は、やります。

今日、突然、朝から、スタート。
まずは、タイポドントの準備です。

矯正治療に必要な、ブラケットポジションの練習から。

歯のどこに、どのような傾きで、ブラケットをつけるべきかのトレーニングです。
タイポドントのメラニン歯に、ポジショニングゲージで印をつけ、ブラケットの位置を決めて行きます。
最初はワックスで仮止めして院長のチェックを受けてから、接着剤でとりつけます。
私が、ヤフオクでゲットしたタイポドントが役に立って、うれしい限りです。

DSC01880.jpg

ポジショニングゲージとは、歯の先端からの距離を測る道具です。
DSC01881.jpgこれです。

DSC01882.jpg横から見ると、こんな感じ。

これで、こうやって
DSC01884.jpg
一本ずつ、正しい位置のチェックをしていく気の長い作業です。
けれど、これを口の中で短時間で行なうためには、このようなトレーニングがかかせません。

歯の治療は、すべて、ハンドメードのオーダーメード。その人一人だけのための特注です。

だいたい並べ終わったところで、院長のチェックとレクチャーが入ります。
DSC01888.jpgDSC01889.jpg

それから、言われた事を書き留めつつ、自分で再チェック。
DSC01891.jpg

午後は、今週診断予定のセファログラム・レントゲン写真のトレースと、コンピューター分析の見学。
夜は、診療終了後、トレースした症例の治療計画のディスカッションを院長と行ないます。

なかなかハードな一日ではないでしょうか?

え?もうクリスマス?

ちょっとフライングですが、11月からの旭川市・林歯科医院の入り口はこんな感じです。

昼は地味ですが

DSC01875.jpg

夜は、ほら、こんなに、賑やかです。今年の新しいイルミネーションです。
DSC01877.jpgDSC01878.jpg

雪のシーズンにはまだしばらくありますが、(というかあって欲しいのですが)きっと雪に映える楽しいクリスマスイルミネーションになると思います。

2007年10月25日

WEB2.0的中古車探し カーセンサーVSガリバー

今、中古車を一台探しています。
希望の車種が決まったのですが、それほど中古車市場に多くて旭川にすぐ見つかるとは限らない車種なので、中古車雑誌も見ていますが、まずネットで検索してみました。

すると、ネットの中古車サイトで大手なのはカーセンサーとガリバーであることがわかりました。
ご存知かと思いますが、カーセンサーはリクルート系の中古車雑誌がベース、ガリバーは中古車業者のネットワークみたいな感じです。
知名度は同じくらいでしょうか。

そこで、ホームページを見てみると、実は、ユーザビリティーが全然違います。

圧倒的にカーセンサーが上です。
流石はリクルート。

条件を決めて検索すると、検索した項目の履歴が20件、詳細を見た車が20件、自動的にプールされ、問い合わせをした履歴も自動保存されます。
業者への問い合せメール、業者からの返答はカーセンサーを通して行なわれます。

一方のガリバーはと言えば、ホームページのどこを見れば中古車の在庫が見られるのかからして分かりにくい。
掲載台数もすごくすくない。

希望の条件をメールすると、千葉の本社の担当者から

電話で!!!


連絡が来て
その地区の担当セールスマンが

ノートパソコンを持って


説明に来てくれると言うシステム。
『ホームページには載せていない在庫がたくさんあるんですよ』
とのことです。

結局、ガリバーさんは車業界のヒトで、発想そのものがWEB1.0なんでしょうね。
ネットで車を探すタイプの人間って言うものがわかってないのかなあ。

2007年10月23日

またせない券 その後

思った以上に治療に時間がかかってしまった時、急患来院の方が続いてしまった時、
次の予約の方をお待たせしてしまう事があります。
あってはならないことで、大変申し訳なく思っています。

以前、待ち時間が長くなり、「用事があるから」と帰られた方がいたため、
このような券を用意致しました。

がんばって作ったのですが、できれば登場しないで欲しいものです。

昨日、このカードが登場してしまいました。
DSC01873.jpg

大変申し訳ない事でした。
今回は、お待たせせず診療致しましたが、今後とも気をつけて参ります。

2007年10月22日

親ばか?

先々週から、米田先生が、友人の医院の助っ人にうかがっています。

そこのスタッフの方が
「患者さんの評判いいですよ」
「うちに来ませんか?」
「でも林先生が離しませんよね」
と言ってくださったそうです。

おお!
ちょっとうれしい!
親ばかのようなこそばゆい気持ち。そして、お役に立ててなによりです!

もちろん、手離しませんとも。

2007年10月19日

歯医者さんはやっぱりこわい?

現在、旭川市・林歯科医院には、旭川歯科学院から2名の臨床実習生が来ています。
今週で前半2週間が終了し、今週の感想のレポートが提出されました。

その中に、なるほど、と思う事があったので、記録しておきたいと思います。

今週は2階でのメインテナンスの様子を見学・体験させて頂き、とても勉強になりました。 2階での診療は患者さんがとてもリラックスしていて、どんな患者さんでも治療に恐怖があると言う事がよくわかり、安心できる空間を作る事がすごく大切なのだなと感じました。 一対一の治療で、患者さんも気兼ねなく衛生士さんに質問できたり、指導を受けたりしている様子を見て、患者さんが理解しているようで理解していない事がたくさんある事がわかり、丁寧にわかりやすく説明する事も衛生士として大切な事だと思いました。

林歯科医院では、歯を削らない治療、歯周疾患のメインテナンスは、個室の診療室を2階に用意して行なっています。原則として、衛生士担当制をとっており、指導、歯石とりは、衛生士が患者さんと一対一で行なっています。

また、室内も、歯科医院らしくないリラックスできる空間を目指して、院長が設計士さんと工夫したインテリアとなっています。

CIMG0214.jpg

このような空間と人間関係によって、よりリラックスした治療を行なえるようにと思ってきました。

実習にきた衛生士学校の学生さんが、

 『どんな患者さんでも治療に恐怖がある』けれど、ここではリラックスしている。
 気兼ねの無い関係だから質問できて、『理解しているようで理解していない事がたくさんある』ことがわかる。

そういう体験をし、感想を持ってくれた事が、とてもうれしいと思います。

2007年10月17日

ヤフオクでタイポオドント!ゲット!

年に一回くらいヤフオクにチャレンジするんですが、
今年は夏頃からタイポドントを探しておりました。

しかし!連戦連敗!!
っていうか、一回入札すると忘れちゃったりして、ダメダメでした。
が、ついに、今回ゲット!

今日届きました。

DSC01846.jpg

これで、研修医2名が来ても、勤務医も一緒にタイポができます。
やったー。

住宅街のキジ

朝、出勤途中で発見。旭川市春光台の住宅街、よそのお庭に入り込む雉の一族?計7羽を発見。
大きいのが3羽、一回り小さいのが4羽。
DSC01842.jpgDSC01845.jpg

しかし、なぜ逃げない?
そして、ここってもしかして、すっごい田舎???

2007年10月16日

旭川の北大同窓会

旭川に住んでいる北大の同窓生の集まりがありますと言うアナウンスが先日ファックスで届きました。

毎年届くのですが、他の学部には知り合いもいないから、と、今まで出席した事が無かったのですが、今回はふと出て見ようと思って行ってきました。

結局、同じ学部の人としか話をせずに帰って来てしまったのですが、最後に「都ぞ弥生」を歌ってきました。
何年ぶりかな?
たぶん、二年前の同期会で、Y先生の教授就任を祝ったときが最後だと思います。
歌詞をちゃんと覚えていないので、ごまかしごまかし歌ってきました。
結構、いい歌詞なんですけどね。

誕生日おめでとう!@2007-3

さて、今日はついに院長の誕生日です。

51歳


になりました。
あら、びっくり。

米田先生がプレゼントに、院長の好きなあんこたっぷり和菓子をくれました。
ありがとう!うれしい!!
DSC01838.jpgDSC01840.jpg

それから、春からの研修医2名から、おめでとうメールが届きました。
うーん。
こういうことがあると、研修を受け入れてよかったなと思います。

今年の研修はもう終わったと思っていたのですが、もしかすると12月からまた研修医の先生が見えるかもしれませんが、今度もいい研修になるようにがんばります。

2007年10月14日

誕生日おめでとう!@2007-2

米田先生は、ケーキは苦手だったようで、スタッフの皆にお願いしたらしいです。
というわけで、3時少しまえ、診療が終わってから、誕生祝いもかねて回転寿しへ。

DSC01837.jpg

ここは、旭川市大町のちょいす
人気のお店です。
いつも、中にはいるのに順番待ちです。
今日も、昼御飯時でも、夕食のころでもないのに、名簿に名前を書いて待つ事しばし。
やっと、ボックス席に案内されました。
DSC01835.jpgDSC01836.jpg

「回転寿しの上座?は回転するお寿司が来るのが見えるところだよ」と言って、この席に座ってもらい、3人でいい勢いで食べてきました。
今日もおいしかったです。

誕生日おめでとう!ありがとう!元気です!@2007

林歯科は、10月生まれの人が多い!

特に、この週末は、12、13、14と三日連続誕生日!
そして、一日おいて16日は、院長の誕生日。なんと51歳!びっくり。思えば遠くに来たものです。

そしてそして、知らない人がほとんどになってしまい、自分でも正確には覚えていませんでしたが、
平成元年の今日、10月14日が、林歯科医院に最初の患者さんがやって来た日でした。
ずっと、15日だと思っていました…。


一昨日のOさんの誕生日を、

『ごめんなさい!』


ついに忘れてしまいました。
昨日の米田先生の誕生日、は、ちょうどお休みでした。
今日のUさんは明日まで有給。

ということで、今日の朝礼には二つのケーキとカードを用意。

DSC01830.jpg

米田先生は、あまいものはちょっとーーーっと戸惑っていました。


DSC01834_1.jpg

そして、予告編もありましたが、なんとか間に合って私から院長への誕生プレゼントが到着。

おお、似合うじゃない?
DSC01833.jpgDSC01832.jpg

と思うのは私と娘くらいかもしれませんけど。

友有り、遠方から会いに行く

先週の土曜日の夜、院長は長年の友人に会いに出かけました。

30年前、大学に入った時に知り合ったY先生。
今は、母校の第一補綴の教授です。

今年の前半、旭川市・林歯科医院に研修に来ていたS先生は、Y教授の講座の所属でした。9月に研修が終わった事もあって、報告をかねて会いたいと連絡をして、時間を取ってもらいました。

林歯科で、臨床研修医を受け入れる事を決めた原動力の一つが、2年前のY先生の言葉でした。

教授就任を祝って同期生が集まった同期会の帰り道、地下鉄の駅で、彼は
「大学に入って、たくさんの先生方にお世話になった。
 今、教える立場として、これから歯科医師になろうとする人たちの第一歩に立ち会える事、そのようなチャンスを与えられた事を光栄に思う」
ということを言っていました。

それを聞いて、院長は、自分の医院でも、歯科医師として第一歩を踏み出す人の、その一歩に立ち会いたいと思いました。

今回、彼はは
「もっと開業医の先生は、歯科の学生、研修医が、夢を持てるような話を語って欲しい。そうでないと歯科の世界に良い人材が集まって来ないよ」
と言っていたそうです。

私たちも、辛い事が無い訳ではありませんし、歯科を巡る状況は厳しい面も多いのですが、彼の言葉を胸に、若い人に希望を与えるような研修を行ないたいと思います。

こちらからの希望としては、大学を卒業し研修医になる時に、学生ではなく社会人になったと言う心構えをもう少し持ってもらえるように指導して欲しいと言う事を伝えました。

患者さんはもちろん、歯科医院のスタッフは、臨床研修のためにいるわけではありません。
研修医の皆さんには、そのことに感謝をしながら研修を行なって欲しいと願っています。

2007年10月13日

米田先生の冒険

先日、知人の医院で急に人手が足りなくなったと言う事を知りました。

うちにとっても、ずっとは難しいけれど、週に何日か米田先生に行ってもらうことは可能ではないかという事になり、本人に話をしました。

えええ〜〜〜っと少々ためらう彼を強力プッシュして、押し出してしまいました。
今日は一日、初めての医院での診療です。
白衣と上靴、そして愛用の抜歯鉗子一つを滅菌袋に入れて出かけて行きました。
明日は休みですが、明後日は戻って来て話を聞かせてもらえると思います。

エマージェンシーの出張は、あと2週間ほど頼まれています。
きっと、貴重な体験になる事でしょう。

そうだ、はがきを出そう

インターネットで、ケータイで、メールの時代だからこそ、はがきを出そう!というような本を読みました。

それっていいかも。

別にお客様に出すのではないのですが、ついつい不義理になりがちが筆無精な自分をなんとかしようと、本に書いてあるように、まずはすぐに使える絵はがきを用意しました。

071013.jpg


これで、筆無精解消なるか?

2007年10月11日

2007年の研修の思い出〜あなたに会えて本当に良かった

先週の日曜日、10月7日、院長は、札幌での筒井塾咬合療法研究会北海道支部総会を、2007年前半の二人の研修医とともに受けてきました。

その時、お土産に、と言って、院長の発案で用意したのがこれです。

DSC01828.jpg

二人のそれぞれの研修生活の写真を、7分弱のフォトムービーにしたものです。
BGMは、オフコースの「言葉にできない」。
S先生の送別会で、フォークジャンボリーのマスターに歌ってもらった曲です。
DVDに焼いてプレゼントしました。

二人の、歯科医師としての人生の最初の数ヶ月を共に過ごした日々の、楽しかった事・辛かった事を、人生のどこかで思い出してもらえたら、と思います。
その事が、何かの支えになりますように。

2007年10月09日

どうしても欲しくて

土曜日のセミナーで帯広の若い先生がしていたパラサイト・アイウェアの眼鏡。
すごく気になる。

家に帰ってから、『もしかして』と、ネットで調べてみると、やっぱりありました。
サングラス。

うーん。どうしよう。でもやっぱり欲しい。
で、楽天で頼んでしまったのが、これ。

まねっこしました。ごめんなさい。
これ、来週火曜日の院長の誕生プレゼントの予定です。
到着まで1週間から10日。
さて、間に合うでしょうか?

2007年10月08日

ほぉら 晴れただろ?

朝、9時過ぎ、札幌からの電車から降りての開口一番。
「ほら、晴れたでしょう!?」

実は、今日は診療室の不要品を整理して、ゴミ捨て場に持って行ってもらう予定でした。
ところが、今朝、大きな雨の音、風の音で目が覚めた私は、「これは無理だろう」と思い
札幌に泊まっている院長に電話したのです。

「業者さんに断った方がいいんじゃない?」

が、院長の返事は、「大丈夫だと思う」
一体どんな根拠が???

しかし、彼が旭川に着く頃、雨はやんで、段々いい天気に。
朝10:00から昼2:30過ぎまでの様々なものを仕分け整理し、やはり捨て難いものもあったりして、なんとか終わりました。

それから、ちょっと寄り道をして家に帰り、捨てきれなかったものを家に運び終わって一息ついた夕方、
「お、また雨だぞ」

うそ… 信じられない。

2007年10月02日

これ、何だと思いますか?

今日、こんな写真を撮ってみました。
何でしょう?
ちょっと、博物館か美術館みたいではありませんか?

DSC01810.jpgDSC01811.jpgDSC01809.jpg

実は、これは、旭川市・林歯科医院の2階の壁です。

最初の二つは、先日、韓国に慰安旅行に行った時買い求めたレプリカ骨董品、最後のは、家族で行ったタイ旅行で娘と夫が選んで来た化石が入った石を彫ってある器です。

韓国旅行中に、お店のインテリアを見て
「うちも壁に飾り棚を付けておけば良かったね」と言ったところ、
帰国2週間でこんな風に改装してしまいました。

DSC01816.jpg

DSC01827.jpg


実は、ちょっと別の件で2階の改装中だったのです。
こちらも間もなく完成しますので、できたらまた写真をアップしたいと思います。


2007年09月30日

寂しい日曜日

一昨日の送別会、昨日のお引っ越しが終わって、今日の日曜日、久々に米田先生と院長の二人だけの診療でした。
ここ半年、いつもいたS先生がいないと、なんだか寂しい気持ちでした。

でも、また来週、実は日曜日に会う予定があるのです。

S先生とK先生の研修期間中、時々読んでもらい、診療の中でも説明して来た「包括的歯科臨床」の筒井照子先生が札幌にいらっしゃるので、是非にと思い、二人も誘って参加する事にしました。
院長、米田先生と4人で参加して研鑽してきます。
と言う訳で、来週の日曜日は私が一人での診療になります。

「筒井塾咬合療法研究会 北海道支部総会」
全身の中での顎咬合
〜下顎位・歯列・咬合面形態・下顎運動を再考する〜

北九州市開業 筒井照子

最初は札幌のヨシダを会場にする予定だったのですが、参加者数が増えてしんきんけんぽ会館に変更になりました。

大学に戻った二人の研修生活の話を聞くのも楽しみです!

次は、また、しんきんけんぽ会館(札幌市北区北9条西3丁目 TEL 011-737-6741)での

モリタセミナー

「患者さんから喜ばれる総義歯製作方法の提案」


千葉県開業 村岡 秀明 先生

に、米田先生と3人で参加してもらいます。

林歯科での研修の仕上げのつもりで頑張ってください!

2007年09月25日

雷雨

大きな音で目が覚めると、雷雨でした。

雷の音と、雨の音?雹が降るような大きな音です。
旭川は、このような、夕立のような雨になる事は少ないので、びっくりしました。
以前、大雨で停電したときの事を思い出しました。

朝、普段通り医院に向かいましたが、もしかするとキャンセルが多いかもと心配していました。
けれども、お一人ご都合が悪かっただけで、午前中の患者さんは皆さん来院されました。有り難い事です。
中には、いたづら盛りの小さな男の子を二人検診に連れて見えた方も。お天気の日でも大変でしょうが、こんな大雨では、車に乗せたりおろしたりするだけでも大事でしょう。
お疲れさまでした。

2007年09月24日

振替休日ですが

林歯科は、振替休日は休まないので、今日は普通に診療です。

世の中が三連休なのでもしかしたらキャンセルが多いかなと思ったのですが、そんな事も無く、普通に予約通りの患者さんが来院されて一日が終わりました。

と思ったら、明日までの事務仕事を終えていない事に今気が付きました。これから持ち帰り残業と早出かな。とほほ。

2007年09月23日

墓参り

今日は医院は診療していましたが、私は休日で墓参りに行ってきました。

実家の墓で、空知地方にあります。現在の家からは高速経由で1時間程度。親不孝な事ですが年に3回、命日とお盆と秋の彼岸に行くだけです。高速でもJRでも、近くを通過する時には、父にすまんと謝ります。

いつものように、札幌から来る母を駅で迎えて、寺へ向かいました。彼岸あって、墓地も寺も、たくさんの人が参っていました。帰りは北果楼によって土産を買い、併設のカフェで昼食をとって、久しぶりに二人でおしゃべりをして、駅まで母を送って、また旭川に戻ってきました。

ちょうど日曜の診療が終わる頃に医院に到着して皆に北果楼のシュークリームを届ける事ができました。
今日がお休みの人のために、少しクッキーも買って来ています。

医院に着くと、友人から段ボールに二箱もじゃがいもが届いていました。ありがたくスタッフと分け合います。特に独身一人暮らしのスタッフには喜んでもらえました。ありがとう!

2007年09月20日

普通の日々

ソウルから戻って、三日目。診療再開二日目。
あっという間に週末です。

4日間休んだためか、急患の方が多く待ち時間が長くなっています。
ご迷惑をかけて申し訳ない事です。

今日は久しぶりに米田先生に会いました。慰安旅行不参加だった米田先生は、大雪山のふもとの温泉に一人で行って和んで来たそうです。

お土産のリクエストが「置物」だったので、二人でだいぶ悩んだ末に院長が小さな「鐘」の置物を選びました。なんかお寺にある鐘楼みたいな感じで、鐘をつくといい音です。
うーん。喜んでくれたけれど、よかったのかなあ。

お土産は定番のノリ、ゆず茶、小さな韓国風のポーチからはじまって、ちょっと珍しい漆器のワインボトルホルダー、アジアの観光地にありがちな扇子、骨董のレプリカ、謎の風鈴(でも音はいい)などなど、色んなものを買ってきました。

旅行の写真を編集して音楽付きのdvdにしたものを、昨日から何回も皆と見ています。

2007年09月11日

引っ越し力

日曜日の模様替えで、ソファを医院から出したり、Dr.ルームで余っていたキッチンテーブルを出したり、往診センターからDr.ルームにソファーベッドを運んだり、と狭い入り口、曲がった廊下でたいへん苦労しました。

私たち二人に米田先生、研修医のS先生の4名でおこないましたが、ここで実力を発揮してくれたのが米田先生です。

学生時代、引っ越し屋さんのアルバイトをした事があるという彼が、「こっちに回しましょう」「立てた方がいいですね」「あ、これは大丈夫、行けます」と指揮をとってくれました。

自分たちだけではちょっと無理かな?と思っていた作業も、思ったより短時間で終える事が出来ました。

ありがとう!

模様替え

医院の業務の中で、事務処理系のものが年々歳々増えて行きます。

カルテ、カルテに添付する書類、患者さんに渡す書類とその控え。
各種文書を毎日毎日、チェックする事務量だけでもうんざりします。

医院の中で事務処理をするスペースが足りなくなり、少し模様替えをしました。
これまで、古いソファーと昔いたスタッフが家から持って来てくれたソファーテーブルがあったのを外に出し、そこにキッチンテーブルと椅子を何個かおきました。

今まで程くつろげませんが、皆がいろいろな書類書きをするのには便利になったと思います。

2007年09月07日

台風直撃か?

めずらしく、台風がまっすぐ北海道に向っています。予報を見ると、明日の午前中に北海道を縦断して行くようです。

私はテレビの天気予報は余り見ません。

必要があるときは、ネットでyahoo!の天気予報を見ます。旅行のときは、目的地の天気の様子を1週間くらい前から毎日チェック。よその国の情報も分かるので便利です。そのときの気候に合わせた準備もできます。

blogのパーツとして貼ってあるlivedoorのを見る事もあります。

台風のときは、なんといっても気象庁の台風情報。どこより一番早い!正確!(当たり前か) でもちょっと分かりにくいところあり。

テレビだと、天気予報の時間まで待っていないといけないのがいやなんですよね。
せっかちなもので、知りたい時すぐ!じゃないと。
ネットがあってよかった!

2007年09月06日

少し寂しい?

医療大の研修医のK先生が帰ってから、最初の1週間。

少し静かです。

昨日は、米田先生の休みの日だったのでなおさら。
若い人がいると、賑やかでいいですね。

研修を受け入れるのは大変ですが、こういういい事があるので続けて行けるのでしょう。

2007年09月05日

ソウルへ行こう

今年は慰安旅行でソウルへ行きます。
なんと、旭川空港から直行便がでるんですよ!すごい!!
残念な事に空港の駐車場が有料化されてしまったけど、一体いくらなのかなあ。調べておかないと。

旅行に行くときはまず情報収集。「予習野郎」で「小心者」の私には欠かせません。
今回は、エンジンのかかりが遅くて先週くらいからようやくネットをチェックし始めました。が、なんとなく満足できない。

やっぱりここは本でしょう!とアマゾンで検索。
なんか、歯止めが利かなくなって、アマゾンから3冊、マーケットプレイスで4冊。

お値打ちソウル
無敵のソウル
ソウルの達人
超便利!2泊3日ツアー必携 持ってけ!ソウルグルメガイド
ハッピーハッピーソウル
イラスト徹底ガイドらくらくソウルの旅
韓国ソウルとっておきの現地ナマ情報

これだけ情報と活字を浴びれば流石の私も満足できるでしょう。

2007年09月03日

ラビスタ大雪山

昨日、診療後に旭岳温泉に向いました。

新しく出来たホテル、ラビスタ大雪山のフロントで聞くと、空き室がありましたので部屋を取りました。
お風呂、夕食、またお風呂。朝起きてまたお風呂、それから朝食。
今家に帰って来て、これから仕事です。

ホテルのスタッフは、少しなれない様子もありましたが、なかなか雰囲気のよいホテルでした。
露天風呂からは大雪山の針葉樹が見え、デッキに流木のオブジェ。
山岳リゾートというコンセプトだそうです。

お部屋には、自分でひいて飲んでくださいと、コーヒー豆、ミル、コーヒーを淹れる道具一式が用意されています。豆は、旭川の有名店、ライフのものでした。
部屋の隅に数冊の本が置いてあり、一冊はグリム童話でした。
エアコンはついていませんが、9月になって、旭岳温泉はもう少し肌寒いくらいでした。

夜中の12時前後の短い時間、ロビーの隅に夜食用の小さなラーメン屋さんがオープンしていました。
大浴場を出たところに、「ご自由にどうぞ」とバーアイスがケースに入っておいてありました。朝はその上にヤクルト。

小さな工夫が随所にあって面白いホテルです。

朝から忙しいけれど、少しお休み気分でした。

2007年08月29日

昼ご飯問題勃発

私たちの昼食は、基本的に外食、あるときは出前、またはほか弁やセブンイレブンのお弁当です。

現在、その昼食生活にあるかげりが…
というと大げさですが、

今年の春近くに「末広食堂」というチェーンの定食屋さんが出来ました。お値段、内容もよかったので時々利用していました。ところが、先週の月曜日、突然「閉店」のお知らせが張り出されていました。
びっくり。

と、帰り道、なんと最寄りのお弁当屋さんが「解体」されているではありませんか!?
え〜〜〜??

もしかして、二つが競合して共倒れ??そんな言葉が頭によぎりました。

一方セブンイレブンは、セブンミールズとかいう日替わりお弁当や食材の宅配または店鋪受け取りサービスを北海道でも開始したようです。登録して一度お弁当を食べてみましたが、なかなか良いお味でした。管理栄養士さんが作ったプログラムで、毎日の食事のバランスをよくしてあるようです。
宅配してもらうとちょっと高くなってしまいますが、忙しい人、外出が難しい人には、有り難いサービスかもしれません。

食事の内容が偏りがちな私たちも導入を検討中です。

2007年08月28日

カメラ目線

K先生は、とてもカンがいい。

研修の写真はできるだけ自然な状態で、治療中の場合は患者さんの顔が入らないように、遠くからズームで取っています。言うならば、隠し撮りです。

ところが、撮ってから画像を見ると、K先生がこちらを見ている事が多いのです。
私が構えてからシャッターを切るまでの数秒間に、「なんか見られている?」と思うのでしょうか、顔を上げてこちらを見ているのです。

DSC01458.jpg

後から見ると、「カメラ目線」の写真がたくさん!これではポーズをとってもらったようではありませんか!


とは言え、一点に集中しながらも、周囲に神経が拡がっているのは、診療をする上で大切な事です。
今、治療している術野、患者さんの顔の表情、体の緊張の度合い、チームを組んでいるスタッフの動き、さらに診療室全体まで、意識しなくても感じている事。

きっと、彼はそういうセンスがあるので、視野の隅でカメラを構えている気配に気づいてしまうのでしょう。
しかたないかな。

2007年08月26日

日曜日の薔薇

今日は『私は』お休みです。朝仕事に行く院長を見送ります。
*医院はもちろん日曜診療*

DSC01444.jpgDSC01442.jpg

昨日は、あいファミリー歯科のスタッフの皆さんから、花束をいただきました。
滅多に無い事が続いて、とてもうれしい!

あいファミリー歯科のホームページ
は、実は私が管理しています。
そのお礼にと言う事でしょうか。
「患者さんから分かりやすいとほめていただいています」とスタッフの方におっしゃっていただき光栄です。
ホームページから来院される方も増えて来ているとの事でした。

花束は、家に置くよりたくさんの方の目に留まるように、出勤する院長に持って行ってもらいました。
今日の午後はDVDを見る勉強会の予定です。

2007年08月25日

開院20周年おめでとう:あいファミリー歯科

夜、あいファミリー歯科の水野先生のお招きでグランドホテルでの開院20周年記念パーティへ。参加者は、水野先生ご夫妻、スタッフの皆さん、以前勤務されていた先生、全ての技工をお願いしている技工士さん、歯科材料店の担当者の方。それから私たち二人です。

DSC01437.jpg

あいファミリー歯科のスタッフで一番長く勤めている人は18年。なんと高校生の終わりにアルバイトに来てそのまま就職されたそうです。

おいしい食事の後、スタッフの皆さんからスピーチが行なわれ、その感動に涙しました。

とても素晴らしいパーティでした。

2007年08月23日

夜の勉強会そして誕生パーティー

今日は、8月5日に米田先生が東京の講習会で勉強して来た内容を伝えてもらうための勉強会です。
米田先生東京へ行く
米田先生東京から帰る


夜9時過ぎ、診療が終わってからDr.ルームに移動し、S先生の着替えが終わるのを皆で待ちながら、ケーキにろうそくを立てて火をつけ、
DSC01308.jpg

電気を消して息をひそめます。

  ドアを開けて戸惑うS先生。
  そこで皆の拍手とおめでとうの声。

そう、今日は彼女の誕生日でした。
おめでとう!

DSC01312.jpgDSC01311.jpg

切り分けたケーキをそれぞれ食べながら、米田先生が用意したコピーを元に、講習会の説明を聞きます。
外科手術をスムーズに行なうためのポイントは、しっかり効いた麻酔!これにつきるということでした。

後半は、ここしばらくの研修についての疑問点の整理、矯正についての説明を行ない、1時間半ほどで今日の勉強会を終了しました。

夏の思いで 感動編

今朝の朝礼で聞いた、ちょっと感動のお話。

スタッフの一人が家族3人で士別市の花火大会:士別天塩川まつり納涼花火大会に行ってきたそうです。

打ち上げ花火は大変高価なもので、大抵の花火大会にはスポンサーがついていますよね。
打ち上げの前にスポンサー名が入る事もあります。

ところが!士別市の花火はちょっと違う!!

なんと市民がスポンサーになっているのだそうです。

時はお盆の8.14。市民がスポンサーになって故人をしのんで花火をあげるのです。
打ち上げ前に、故人に送るメッセージのナレーション
「お父さん、天国で見ていてくれますか?」
などが入って、それから花火の打ち上げが行なわれます。

今回初めてこの花火大会を見に行ったスタッフ夫妻は、感激して泣きながら見ていたそうです。
帰り道で、自分が先に行ったらあの花火を上げて欲しいと、ご主人に頼まれてしまったという話でした。
私も、もし自分が先立ったら、お線香より花火を上げて欲しいかも。

2007年08月22日

夏の思いで 定番編

夏の思い出の定番と言えば、花火、すいか、肝試し、というのは古すぎるでしょうか?

まずは、花火。
帯広の有名な花火大会が毎年8月13日に開催されるのですが、お盆休みの後に既に3名の人からとってもすごい!との話が聞かれました。それぞれ別々に出かけていたのです。大人気ですね。

次はすいか。
お盆休み明けにとても暑い日が続いて、仕事帰りにスーパーでスイカを買おうと思ったのですが、残念ながら、カットのものは売り切れ。すいか丸一個はとても冷蔵庫に入らないのであきらめました。
残念。


当麻から通って来ているスタッフは、お友達から当麻名物でんすけスイカをもらって、すごーーーく美味しかったそうでうらやましい限りです。

最後は肝試し。
伊達の時代村では、お盆の期間だけ肝試しをやっているそうで、お薦めだそうです。

来年の夏は、帯広の花火か伊達時代村の肝試しにチャレンジしたいものです。

真夜中の焼き肉

今日は、診療終了後、どういうわけか焼き肉屋さんへ行く事になってしまいました。
私たち、米田先生、そして研修医の先生方。
お店は、私たちのごひいき、大阪屋末広店です。

お店に着くとなぜかテーブルの上にたくさんの団扇がありました。
振り返ると、ドアが開いていて、のれんが風にゆれています。

そうです。これは、七輪の火をおこすのではなく、焼き肉を食べながら涼を取るためのものだったのです。

夜10時。
少し涼しくなっていましたが、まだまだ8月。目の前に七輪。
みんなで焼き肉を食べ、ウーロン茶、ビールをそれぞれ飲みながら、ウチワをぱたぱた。

ちかごろ、寄る年波には勝てない私たちは、帰りにコンビニでそれぞれ液キャベとソルマックを購入。
若い人のペースに巻き込まれた後は、年相応のケアが必要ですね。

2007年08月17日

夏の思いで 利尻編

朝礼のgood&newで、皆が夏休みの話をしてくれています。

帯広の花火、留萌の海、知床から折角ここまで来たからと根室、納沙布岬まで足を延ばした話、夜中にペルセウス座流星群が見える場所を探して当麻まで行った話。楽しかった話をたくさん聞きました。

私たちは、二人で利尻島へ行ってきました。
しっかりウニを堪能してきました。
DSC00928.jpgDSC00931.jpg

車を稚内の港近くに預けてフェリーで島に渡り、翌日一日レンタカーで島を回って、さらに次の日に戻ってきました。残念ながら、滞在中かんじんの利尻富士は雲に隠れていて、帰る日の朝、初めて山頂が見えました。
DSC01026.jpgDSC01089.jpg

帰り道は、利尻島の見える道を走ってきました。

島には、熊が泳いで渡って来たと言う言い伝え?があるそうで、島にいたときはまさかと思いましたが、帰り道の海沿いの道から見ると、なるほど、泳いで行けると思う熊がいても不思議ではないくらい近くに見えます。

利尻島の鴛泊フェリーターミナルにあったTレンタカーのカウンターのお嬢さんは、きびきび親切に働いていて、とても気持ちのいい人でした。借りる時、前に並んでいる人が、5時間でポイントを押さえて回る方法を教えてもらっているのを聞いて、感心しました。

残念ながら、私たちを担当してくれた男の人は「地図を頂けますか?」と聞いてから、初めて地図を渡してくれました。

返却の際も、店内に入って「返却に来ました」と声をかけると、カウンターから真っ先に立ち上がって鍵を受け取ると、道沿いに駐車した車まで走って行ってチェック。後ろからあせってついてきた私を振り返って「大丈夫ですよ、ありがとうございました」と、さわやかに。
素敵でした。

国籍不明居酒屋 拓羅磨館の台所

今日は診療が終わってから、研修医の先生二人と一緒にごはんを食べに行ってきました。

国籍不明居酒屋 拓羅磨館の台所
医院の近くにある居酒屋さんです。
運転手はノンアルコールカクテルで。ノンアルコールカクテルの種類が多いのもいいところです。

みんなで謎の国籍不明料理を食べながら、二時間ほど歓談しました。
どうしても歯医者さんの話になってしまいました…。

最後の〆に頼んでみた、一日5個限定のプリンもなかなか美味しそうでした。
070816.jpg

2007年08月14日

プレゼント ありがとう

昨日は私の誕生日でした。

昨日、娘からおめでとうメールと電話をもらいました。
ありがとう!

今朝は、勤務医の米田先生と研修医の皆から「花瓶」を頂きました。
そして、午後から、お花も届けてもらいました。
ありがとう!

080814.jpg070814-2.jpg


そして、
夜、
夫からカードとケーキを。200708142234000.jpg
ありがとう!!!


2007年08月06日

米田先生 東京から帰る

土曜日、羽田に到着して京急に乗って品川へ行くはずが、冗談抜きに反対方向に乗ってしまい、深夜のチェックイン。帰りの日曜日は、乗った飛行機が千歳空港の上でゆるーく旋回して遅れて到着し、旭川到着も深夜。
とてもハードな研修旅行だったそうです。

もちろん、東京で観光する時間も無し。
乗り物ーホテルー乗り物ー会場ー乗り物ー空港
こんな感じでしょうか?

講習会は、抜歯の話から義歯の話に膨らみすぎて、聞きたいところがカットされそうになって焦ったそうです。
今日の診療後に、院長、研修医二名に講習会の内容について簡単に説明してくれました。

初めてのパッピンス

先日テレビで世界のかき氷特集で見た「パッピンス」。
韓国のかき氷です。

今日の昼食は林歯科の近くの韓国居酒屋「韓国村」旭川店へ。
すると、「パッピンス」がメニューに載っているじゃありませんか!
今年の慰安旅行は韓国を予定している私たちとしては、まず試してみなければ。
結構美味しそうだし、まずは頼んでみました。

0707_01.jpg

写真で見るとかわいらしかったけれど、出て来たのは、ラーメンどんぶりくらいの器にたっぷりのかき氷がシロップに浮いたもの。
ひゃー。

二つ頼まなくってよかったです。

2007年08月04日

米田先生 東京へ行く

『東京ってはじめて行くんですよ、道に迷って帰って来れなかったらどうしよう?』
『月曜日までに戻って来られなかったらごめんなさい』

image_natu.jpg

と、冗談を言いながら、今日から米田先生は東京へ。

東京、昭和女子大の会場で

「抜歯が特にになる8つの習慣」

原田 幸三 先生 カワラダ歯科・口腔外科 院長/平成歯塾 塾長
川原田 美千代 先生 ケイケイデンタルサービス 代表取締役
諏  訪 裕  彦 先生 諏訪歯科医院 院長
川原田 幸  司 先生 カワラダ歯科・口腔外科

の講習を受けるためです。

内容は

 さて口腔外科歴40年の演者が『抜歯が好きになり、得意科目になる極意』をズバリ一言で言えば『絶対に奏効する麻酔法を正確にマスターする』ことにつきます。
 外科の基本は、麻酔にあり!局所麻酔を確実に効かせられれば、オペは必ず楽しく好きになります。
 当セミナーでは、スライドのみでなく実際に演者のデモンストレーションにより、麻酔の手技をビデオカメラで写しながら、正しいテクニックを覚えていただきます。


さらにステップアップしても帰って来てくれるのが楽しみです。
帰って来たら、研修医の先生にも伝えてもらう予定です。

2007年08月02日

今日は往診へ

毎週木曜日の午後、院長が訪問診療を行なっています。

施設に入っている方、入院中の方、グループホーム、家庭で介護を受けている方、様々な方が通院が困難なため、訪問診療で歯の治療を受けています。訪問診療を受けるための必要条件は年々厳しくなっています。おそらく、財源の問題でしょう。
老老介護の現場の話を伺うと、身体的に訪問診療を受ける要件を満たしていなくても、医院までやってくるのがどれほど大変な事であるか、わかります。
ご夫婦で、なんとか医院までたどり着く姿を拝見すると、申し訳ない気持ちです。

今日の午後、急患で久しぶりに来院された方がいらっしゃいました。
院長担当希望と言う事で、レントゲン写真の撮影と口腔内診査を済ませ、院長が戻るまで待合室でお待ち頂きました。突然いらしたのでしかたがなかったのですが、初診のお電話の際、このようなご希望もたしかめなければと改めて思いました。

2007年08月01日

8月に入りました

月初めは事務処理のお仕事がとても忙しい時期です。が、今朝起きたら風邪をひいていました。

最初、少し喉が痛いと思っていたら、診療室に着いた頃からくしゃみと鼻水、そして頭痛。
そのまま昼休みはダウンしていました。
診療の最後の患者さんがキャンセルになったので、皆には悪いのですが早引けして来てこれから休みます。
途中のセブンイレブンで、すぐ食べられるのどごしの良いものと、ポカリスェットをゲットしてきました。

明日は元気になって、事務仕事もがんばらなければ。

2007年07月31日

院長blog更新

院長のblogの不定期・忘れた頃更新を行ないました。

同じ内容で、「そうだ院長先生に聞いてみよう」のNo2も作成しました。

inthou_interview.gif

待合室においていますので、どうぞご覧下さい。
院長の、これまで考えて来た事、今取組んでいる事がお分かり頂けるかと存じます。

2007年07月30日

工夫して学ぶ

朝、出勤すると、こんなものがありました。

DSC00787_1.jpg

研修医のK先生が、タイポドントの経過を撮影する時に使ったものでした。
写真を撮る時、どちらのものか分かるように名前をつけてと言ったのですが、それに加えて現在使用しているワイヤーの種類などをメモしていました。

治療方針の決定とそれによってどのような結果が生じたかを常にフィードバックして行く事は、臨床医にとって大切な事です。自分でそのように工夫している事が素晴らしいと思います。

タイポドントのトレーニングは、現在ここまできました。
ステップ毎にワイヤーセット時と、お湯につけて歯が動いた後の写真を撮って、経過を追いながら行なっています。

DSC00787.jpgDSC00788.jpgDSC00789.jpg

2007年07月26日

夕暮れの林歯科医院

レーザーの機械の写真を撮ろうと2階に上がったところ、ちょうど日中の患者さんが終わり、夜間診療のスタート前の誰も予約の入っていない時間帯でした。
夕暮れの診療室もなかなかいい雰囲気だと思って写真を撮ってみました。
いかがでしょう。

DSC00734.jpg DSC00737-2.jpg

2007年07月22日

かたくりの郷で「健康祭り」

数年前から、訪問診療、訪問口腔ケアでおつきあいのある道北勤医協「かたくりの郷」さんで、今年も「健康祭り」が行なわれました。

DVC00007_M.jpg DVC00004_M.jpg

毎年いろんな趣向を企画して、一つテントを出していただいて参加していますが、今年もケア班のスタッフと研修医2名で参加しました。今年の企画は、アンケート調査+プレゼント、子供向けにじゃんけんくじ、そして研修医2名の入れ歯のお手入れについてのアトラクション?です。
とてもよい天気で、日中最高気温が30℃まで上がったようです。
私も今年は撮影広報部?として11:00現地入り、発表終了まで小一時間外で過ごしましたが、UVケアを怠ったため既に悲惨な状態です。

 →去年の光景
 →一昨年の光景

企画制作研修医2名の「入れ歯のお手入れ」の話は、スタッフにも大好評。ビデオにとっていますので、医院でまた見てみたいと思います。作ってくれた説明用の入れ歯もとてもよくできていて、これから口腔ケアの説明をする時にも使えるのではないかと思います。

写真は、二人が準備をしているところと、発表しているところです。
DVC00006_M.jpg DVC00011_M.jpg

研修医の先生方、口腔ケア班のみなさん、お疲れさまでした。

2007年07月19日

入れ歯を作る時に

今日は、ちょっと辛い事がありまして…


さて、旭川市・林歯科医院では、入れ歯を作る時に2回に分けて型取りをします。

最初の回は、よく見られるピンク色の海草の成分から作られた「アルジネート」というものを使って型取りをします。次の回までに技工所さんに頼んで、その人個人の口の形に合わせた「個人トレー」という型取りの道具を作ってもらい、もう一度精密な型取りをします。

中には、この一回目のアルジネートの型取りを使って入れ歯を作る歯科医院もあります。
それがいけないということではありません。

しかも、2回に分けて型取りをしても、『保険診療では一回分の型取りの料金しか請求できません!』。
が、林歯科医院では、もう一度型取りをします。
これは、開院以来18年間、信念を持って続けている事です。

なぜか?

それは、この方法で作る方がずっとフィットのよい外れにくい入れ歯が作れるからです。

けれども、そのためには、患者さんの協力が必要です。
長時間に渡り、個人トレーに熱可塑性のあるペリコンパウンドという粘土のようなものをつけて、口の動きに合わせてトレーの形を作り上げて行きます。
最後に精密な型取りができるシリコンを流して粘膜面の型をとり、それを元に技工所さんに模型を作ってもらい入れ歯の作成に入って行きます。

  時間がかかるため、疲れてしまう方もいらっしゃいます。

このシリコンで型を取る時には、フィットが良すぎて、すぐに外せないときがあるほどです。
そのくらいフィットが良くないと、ご飯を食べる時に外れて来ない入れ歯はつくれません。

  なかには型がすぐ外れない事にいらだってしまう方もいらっしゃいます。


今日は、ちょっと辛い事がありまして、というのは、つまり、こういう型の取り方では『作ってもらわなくていい、他に行く』『吸い付きすぎて痛い!」と、言われてしまったと言う事です。
いろいろご説明したのですが、ご納得頂けず残念でした。

次の歯医者さんで、ご自身の納得のいく治療が受けられますように、祈っております。

2007年07月15日

いきなりサクランボ狩り

本州・四国・九州は大雨とのことでしたが、今日の旭川は申し訳ないほどの快晴でした。

日曜日診療を3時前に終えて、いきなりサクランボ狩りへ出発です。
もしかしたら迷惑だったかもしれない研修医のS先生も誘って神居古潭小・中学校裏の水澤果樹園へ。
今、一番美味しいのは佐藤錦!

DVC00065.jpg DVC00063.jpg DVC00064.jpg

おいしー!甘い!
お腹いっぱい食べてきました。

帰りに神居古潭に寄り、古い駅舎の横を通って蒸気機関車を見たり古いトンネルの入り口をのぞいたりして帰ってきました。古潭でキャンプをしている人がいてびっくりしました。泳いでいたし。
怖くないのかなー。心霊スポットのはずなんですけど。まあ、外国の人だから気にしないかな。

林歯科医院の場所


これはスクロールできる地図サービス、ALPSLABです。
地図をクリックすると、ALPSLABにとびます。


地図のALPSが作ったもので、サイドバーに表示したり、地図のポイントにトラックバックを送ったり、拡大縮小の3段階を組み合わせた小さな地図帳を作ったりできるようです。

実は、地図が大好きなので、ちょっといろいろ試してみようと思っています。

2007年07月11日

気になる口元

毎日、歯科医療の現場にいる人間に取っては、ヒトの口元はついつい目がいくところ。
歯が汚い人、特に異性に対する評価は厳しいです。
皆、朝、昼、就寝前、多い人は夕食後にも、3〜4回は徹底的に磨きます。

歯科衛生士はもちろん、歯科助手も受付スタッフも、勤務してしばらくすると同じ行動パターンになっていきます。

さて、彼女たちのモチベーションをキープしているのは何か?

それは、歯を大切にしない事が人生にどんな影響を与えるかを毎日見ている事でしょう。
虫歯がなくても30〜40歳くらいの歯を磨かない男性の口の中が、どのような変化をしていくかを熟知している彼女たちが、夜歯を磨く習慣のない異性を恋愛対象に持つ事は「ありえない」んですよねえ。

虫歯を治していない人なんて、絶対つきあえない。ありえないし! セールスマンで前歯に虫歯あったら最悪、気になって気になって、話の内容わからない〜〜。 夜寝る前に歯を磨かないっ?うわ〜〜〜っ

というのが、うちのスタッフの雑談です。

歯を清掃し虫歯や歯槽膿漏を防ぐ方法は、物理的に除去する方法だけでも歯ブラシ以外にも、ウォーターピック系の水の力を使うものや、音波・超音波を使うものもあります。細菌学的なコントロールを行なう3DSというものやデンタルリンス。虫歯対策としては歯質を強化するフッ素の応用。
いろいろな方法はありますが、バイオフィルムである歯垢=プラークを、除去するのはなかなか大変な事です。強い薬品を口の中で使うのは難しいですしね。

もっと簡単にプラークコントロールできれば、お互い幸せなんですけどね。

2007年07月10日

研修医のいない火曜日

あれ?
なんかちょっと寂しい??

おかしいなあ。

今日は、研修医2名は、札幌で保険医としての講習を受けています。
昨日夜旭川を出て、明日の朝にはまた戻っていないといけないので、結構ハードスケジュールです。

いつもは、2名の研修医の指導に明け暮れている私たちとしては、ちょっとお休みな感じだったのですが、なんと、なんだか寂しいではありませんか。

困ったなあ。
秋に二人とも帰っちゃったら寂しくなってしまうじゃありませんか。

2007年07月03日

イチゴ狩り

今日は、イチゴ狩りへ。

朝9:30出勤、夜9:30まで診療室にいる私たちが、どうやって平日イチゴ狩りに行く事ができるのか?
それは「早起き」。
イチゴ狩りは朝8時にはスタートしているのです。

6月上旬から、比布町のホームページをチェック。
先々週、もう暖かくなったからと、ホームページでチェックした農園に電話したところまだスタートしていませんでしたが、7月に入り「日曜日には豊作であった」との情報をゲットし、満を持して比布へ。

少し嫌がっていたかもしれない、研修医の二人にも
「7:40集合ね!」と言って、むりやり?一緒に。

メールで娘に
「研修医の先生と一緒にイチゴ狩りに行くんだよ」
と言ったら

「良い人とただのお節介なおじさんおばさんとの境界線を良く見極めて研修医の人に接してくださいね。」と厳しい返事をもらう…。

でも、楽しそうだったからオーケーじゃない?美味しかったしね。
DSC00481.jpg DSC00486.jpg DSC00487.jpg DSC00491.jpg


2007年07月01日

札幌での同門会へ

30日土曜日は、私が大学を出てから3年間所属した北海道大学小児歯科学講座同門会「新翔会」の会合でした。

同門会の総会、教授の八若先生のご講演、そして懇親会、二次会まで参加しました。

講演は、小児の咬合誘導について。
咬合誘導というのは、矯正に至らないように歯並びを誘導する事から、小児期の簡単な矯正までを含みます。
北大小児歯科の症例を交えて様々な治療方法、診断について学びました。

懇親会、二次会では昔からの友人との談笑を楽しんできました。
こういう機会にもっと新しい知人を増やしたいと思ってはいるのですが、年に一回会うか会わないかの友人との話についつい夢中になってしまいます。

2007年06月28日

人間ドック

年一回、院長と二人で人間ドックへ行きます。

今年も、3か月前から予約して、今日行ってきました。

と言う訳で、診療は勤務医の米田先生が朝から昼まで一人で頑張ってくれました。
ありがとう。

おかげさまで、ちょっと血液が油っぽいけど、大した事もなく終わってきました。

朝、早起きしているからちょっと疲れてきましたが、午後の部、2時半から仕事中です。
夜は、米田先生主催の矯正勉強会。もうひと頑張りしましょう。

2007年06月24日

忙しかった週末

土日は札幌へ。

土曜日は、北日本レーザー歯学研究会に参加し、夏期セミナーを受講。
講師は、ALD-J チーフインストラクター 永井歯科診療室院長の永井茂之先生。
『レーザー治療のトレンド』と題して、Nd-YAGレーザーはもとより、炭酸ガス、半導体、Er-YAGとそれぞれの特色を生かした治療方法、各国においての使われ方等、広い範囲でお話しをお聞かせいただきました。

それぞれのレーザーの特徴をしっかり把握し、臨床における使い分けを行なう事の大切さを学びました。
また、毎回の治療の際のレーザーのパラメーターの記録も怠ってはならないとのことも。


日曜日は、北海道医療大学の歯科医師臨床研修管理委員会に参加。
研修を希望する人にどのように協力施設を知ってもらうかについても話し合いが行なわれ、研修協力施設の先生方が、自分の医院を良く理解して研修に来てほしいと思っている事を感じました。

私も、やはり、「林歯科医院ってこういう歯科医院なんだ」「ここで研修したい」と思う方に来てもらいたいと思っています。
blogに研修内容を書いているのも、そのためなんですけど、伝わるかな?

2007年06月22日

今日の米田先生

ご家族の方が遠く京都の地で楽しみにしていらっしゃると言う事で、今日は、この頃の米田先生の生活を写真入りでお送りします。米田先生は、去年の前半、旭川・林歯科で研修を受け、この4月から勤務医として帰ってきてくれました。

診療中
DSC00340.jpg DSC00433.jpg

今年の研修医の相談相手になったり、診療のチェックをしたり。いい先輩としてすっかり慕われています。

DSC00445.jpg SANY0017.jpg

院長と、治療内容について相談

DSC00422.jpg DSC00441.jpg

来週からは、米田先生の提案で、研修医二名と矯正のフォースシステムの抄読会を開始します。
一冊の本を一緒に読みながら、疑問点を院長に聞くと言うスタイルだそうです。
楽しみですね。

頑張っていますので、ご家族のみなさん、どうぞご安心ください。

今年の歯科検診終了

今年の歯科検診は、6/20が最終日でした。

最後は、旭川市愛育センターみどり学園。研修医二名と私の合計三名で行ってきました。

070621-2.jpg

いつもは白衣で出かけるのですが、今回、ふと思い立って、医院の講習会などのイベントで使用するポロシャツを出して来てみました。これなら、少しは怖くないかな?

週に一回研修医の先生方とミーティングを行なっているのですが、今回は検診終了後昼食をとり、場所を変えてお茶を飲みながら行ないました。たまには気分が変わっていいですね。
ミーティングでは、研修の進度の確認、私からのコメント、院長や勤務医、スタッフからの要望・注意事項の伝達を行ない、それぞれの現在課題にしている事を聞いたり、困っている事はないか、生活の状態のチェック、研修に必要な器材、書籍などで欲しいものはないか、などなど、色んな事を話し合います。

6月から、それぞれローテーションになりましたので、来週から二人別々に個別のカウンセリングのような形で行なおうと思っています。

2007年06月21日

早朝の旭川市・林歯科

今年の改装後、玄関の周りを少しずつガーデニング?しています。

花を一つ飾ると、また一つと増えていってしまいました。

DSC00352.jpg
clinic5.jpg

先日、あいファミリー歯科の見学に行くとき、久しぶりに朝早く医院に到着し、よい天気だったので、何枚か写真を撮りました。
林歯科医院の前の道は、

左を見ると、住宅街に続き
clinic2.jpg

右をみると、次第に農業地帯になって行きます。
clinic1.jpg
今は、市街化されつつあるところです。


本当に目立たない、住宅街の真ん中にあります。
「よく、見つけて来てくださってありがとう」と思う事があります。

2007年06月17日

6月の日曜日の午後に

旭川市嵐山 イタリアレストラン・ゴローソで、早い夕ご飯を食べてきました。
070617.jpg


今日は、6月の旭川らしいさわやかなお天気。

日曜の診療が2時半に終わった後、3時頃から1時間ほどDVDで勉強。

昼食を食べていない事もあり、途中で切り上げて、後半はまた今度。

私たち二人に勤務医の米田先生、研修医のS先生の4人で嵐山までドライブ。
遅い昼食または早い夕ご飯をと思ったのですが、到着した4時半頃、まだお店は開いていませんでした。

しかたがありません。
向かいのウッドクラフト・ブラウンボックスへ向いましょう。
面白いもの、かわいいもの、旭川のウッドクラフトがいっぱいです。

ここで、つい、受付に置く老眼鏡用の置き場所?をゲットしてしまいました。

5時の開店まで、お店の周りの白樺の木立の下をぶらぶらして時間をつぶしたり、30円で売られている謎のクワガタをチェックしたりしているうちに、お店がオープン。
パスタ二種、ピザ二種に、サラダ、デザートを食べながら、貸し切り状態でちょっとしたミーティングをして帰ってきました。

ゆっくり1時間半かけてのお食事。たまにはのんびりもよいものです。

2007年06月15日

2007年6月の旭川歯科学院の臨床実習 終了

今日で、5月から臨床実習に来ていた歯科衛生士学校の学生さんの4週間の実習が終わりました。
また、来週始めには新しい実習生がやってきます。

最後の日に4週間の感想を書いたレポートをチェックするのですが、ちょっとうれしい言葉があったので、書き留めておきます。
「スタッフの皆さんが優しく教えてくださったので、とても支えになりました」
「スタッフのみなさんのように、いつでも笑顔で優しく、患者さんを気遣えるような衛生士になれるよう、これからさらに勉強していきたいと思います」

きっと、この言葉が、疲れたとき、辛い事があった時の、旭川市・林歯科のスタッフの心の支えになってくれる事でしょう。

初診パックのシール・キッズクラブエントリーカード

受付から、「初診パックの封筒を閉じるシールとキッズクラブのがちゃがちゃエントリーカード」が無くなりましたとの連絡が入りました。

そのままプリントに入ってもいいのですが、やっぱり新しいものにリニューアルしたい気持ち。

今回は、こんなシールにしてみました。
初診パックのシールは、こんなふうに
shosin.gif

こちらが、新しいキッズクラブ・がちゃがちゃエントリーカードです。
gatyagatya1.gif gatyagatya2.gif

2007年06月07日

2007年の学校検診

今日は、近くの小学校の学校検診の日でした。

旭川市・林歯科医院が、今年頼まれている歯科検診は、小学校2校、中学校1校と、施設が一カ所。
学校関係の検診は今日で終了です。

今日の検診には、3年目のスタッフが一人と今年の研修医の先生二名が参加してくれました。研修医の先生のうち一人は、11時から予約の患者さんがいたため、宿舎から自転車で直接小学校へやって来て、間に合うように先に医院に戻りました。
自転車に乗れるように、白いシャツを着て長白衣持参でやってきました。
準備万端。

学校検診に行く度に思うのですが、印象として、虫歯は減っています。
ほとんどの人が、小さな虫歯の段階で治療を受けています。
が、一部分、クラスに一人か二人位の頻度で、全く虫歯を治していない人とか、大きな虫歯が何カ所かある人とか、がいます。

これは、どうしたらいい問題なのか。
公衆衛生ではなく、個々の家庭のバリエーションの問題なのではないかと思うのですが、難しい事です。

もう一つが、歯並びの問題です。
歯並びの不正が増えているような気がします。
一方では、小学生から矯正を開始している人の数も増えているようです。
矯正装置にカラフルなゴムを堂々と使っている子もいて、矯正に関する認識は変わって来ているのを感じます。

終了後、そのようなことを、学校の先生方、一緒に検診をした先生ともお話をして帰ってきました。

2007年06月06日

コンピュータがいっぱいだ

一年半前に買った、PowerBook100GBのハードディスクがもういっぱい。

勉強会用のスライド作りをしているけれど、画像をたくさん入れたら、もう身動きが取れない。
どっか削除しないと…

疲れてApple Storeをつい見てしまう。

いいなあ、IntelMac、カスタマイズで200GB。

…宝くじあたったら買おう。

2007年05月29日

夜の林歯科医院(旭川)

夜、遅い時間に来院される方のために、今年のリニューアルで玄関前を少し明るくしました。

玄関ドアの外の天井に灯りを埋め込んだので、玄関周辺がぐっと明るくなったと思います。

DSC00247.jpgDSC00248.jpg

2007年05月25日

行列のできる歯科医院3

友人の「あいファミリー歯科」水野先生が、デンタルダイヤモンド社の「行列のできる歯科医院3」に取り上げられるそうです。
今日のblogに書いてありました。

この行列のできる歯科医院シリーズの1、2は、うちにもあります。
現在も、アマゾンで購入可能です。

水野先生と、私たち夫婦は大学の同級生なのですが、昔から本当にお世話になってきました。
今は、同じ旭川市内で開業しているので、いろいろ一緒に勉強したりする間柄です。

その水野先生が、今まで読んで来た本のシリーズに登場するとは、感無量です。
デンタルダイヤモンドのサイトには、まだ新刊として掲載されていませんが、入手次第サインしてもらわないとと心に決めました。

2007年05月21日

はしかの流行

はしかが流行していると言うニュースは知っていました。
が、うちの子は、2歳前から保育園通いで、予防接種の前にしっかり罹患しましたので、『問題なし』と思っていたら、突然のメールが。

「研修医が、麻疹ワクチン未接種の場合があるので、本人に確認し、
 行なっていない場合は、予防接種を勧めるように」
との事。
うちにも関係あったのか!

そこで、早速二人に確認を。
「はしかにかかった事ある?」「…わかりません」
「予防接種、受けた?」「…わかりません」
そうだよねー。そんな小さい頃の事、覚えてる訳ないよねー。
「お母さんに聞いて、受けてなかったら、予防接種受けた方がいいよ」
二人の目が泳いでいる。嫌なのかな、予防接種?痛そうだしね…

と言う訳で、朝礼でスタッフにも同じ連絡を。
しかし、自分の子供の予防接種の有無を知っているお母さんスタッフはいても、
自分の免疫が分かる若者は皆無。

若い方は、母子手帳を確認、家の人の話を聞いて、自己判断してくださいね。
予防接種をしていても10年くらいで免疫が無くなる事もあるらしいです。

2007年05月17日

!ユニット治療椅子が動かない!

夕方の診療室が混んでいる時に、突然椅子が動かなくなってしまいました。
ががが、と言って、いつも同じところで止まってしまいます。

ユニットが不調になる前に、その椅子で治療を受けた方が立ち上がった後、床に1円玉が一枚落ちていました。

「落ちてますよ」「あ、どうも」
その時はそれで終わったのですが…

この修理を依頼すると、札幌から出張してもらうだけでも、出張費が10000円がかかります。
とりあえず、診療が終わってから、ユニットを分解してみました。

すると、ユニットの中にまず1円玉が一枚。

ユニットのベアリングの部分の奥の方にライトを当てて見てみると、最初はくらいところで分からなかったのですが、なんと10円玉が挟まっています。ピンセットで取り出してみると2枚の10円硬貨が機械油にまみれて、しかも歪んで挟まっていたのです。
はずした10円玉は、傷だらけで、ゆがんでいました。
DSC00181.jpg

きっと、ポケットの小銭が落ちて椅子の隙間から機械内部に入ってしまったのでしょう。

10円玉を外して試運転すると、スムーズに椅子が動きました!
よかった!
これで、明日も大丈夫。

2007年05月14日

院長の新ユニフォーム

新しいユニフォームが到着したのですが、いかがでしょう?
inthyo-new.jpg

スタッフの反応は?
「もっとえりを立ててみたらどうでしょう」
「シャツはだめです!」
「いや、後ろだけ立てた方が」
「ぷぷぷ(声を出さずに笑っている)」
などなど。

まあ、今日から、気分一新して新しいユニフォームです。

2007年05月08日

今日は学校検診

朝9時から学校検診、ということで、8時半に私、スタッフのTさん、そして研修医のS先生の三人で医院に集合。いつもより1時間早いので、皆少し眠い。今日の検診に行く小学校は住宅街の中でちょっと細い道に面しているので、曲がり角を通り過ぎないように気をつけながら向かいます。

検診結果をTさんとS先生に交代で書き取ってもらいながら約2時間半。2学年分の検診を終えてお茶を頂き、検診結果について、養護の先生、他の校医の先生と話をして戻りました。虫歯は随分少なくなりましたが、歯並びの悪い子が多くなっているように思う事、下の前歯の歯並びが悪いと歯の裏側に歯石がついている事がある事、などお話しして帰ってきました。

検診は、いつもと違う体勢で行なうので、終了後はいつもどこかしら関節が痛くなります。また、検診結果をずっと声で伝えるので、喉が嗄れてしまいます。

今年は、6月に後2校、施設を一カ所検診に行きます。

2007年05月01日

とても忙しいGW

すごく混んでいる。
どういうわけか、休み前は急患の方が多い。
どこの歯医者さんもそうではないでしょうか?なぜでしょう?

休みの後、ならわかります。休み中、痛くなった人が待っていたのでは、と。

お話を聞いてみると、2週間前とか、1か月前とか、からずーーーっと気になっていたらしいと分かります。

で、なぜ今日?突然に?

そう。

もちろん、今までなんとなく気になっていたけれど、長い休みの間に

『とんでもなく痛くなったりしたら困るから』


分かります、その気持ち。

というわけで、休みの前は、こんな感じです。

2007年04月30日

ビリーズブートキャンプ (Billy's Bootcamp)

深夜のコマーシャルやネットの盛り上がりに、旭川林歯科のスタッフの中でも話題騒然のDVDがこれ。

ビリーズブートキャンプ (Billy's Bootcamp)!


ええ、ついうっかり買いました
スタッフの中にも二人買ったものがおります。
このところの朝のミーティングのGood&Newでも、話題です。
昨日で三日目が過ぎました。

テレビで見るとちょっとコミカルな動き。あれがこんなにつらいなんて。
汗だくで50分以上も動き続けるなんて何年ぶりでしょう。
一昨日、昨日と筋肉痛で辛いのなんの。
座ったら立ちたくない、立ったらもう座りたくないくらい、腿が痛い。

こんなに体中に使ってない筋肉があったなんて。
全身筋肉痛です。

それでも今朝は、「おお!?」少し痛みがやわらいで、体が軽い感じでは?

今日もいかついビリーに励まされて、ブートキャンプ、なんとか続けたいと思います。

もどった!

やっと、コンピューターが帰ってきました!

やっと、と言っても後から数えてみると、わずか5日間なのですが、コンピュータが無い期間の長い事。まるで、体と言うか脳の一部をどこかに置いて来てしまったかのような頼りなさです。
コンピュータに頼り過ぎですね。

戻って来たコンピュータを開いてメールチェックすると、3日前にY先生が、「明日の新人歓迎会の場所を聞いてくるのを忘れました、教えてください」とメールを送って来ていました。無視した訳ではありません。ごめんね。

しかし、わずかな期間に、コンピュータでやらないといけない仕事がしっかりたまっています。
ゴールデンウィークのお出かけまであと二日。間に合うか、私?

2007年04月27日

あせった!そして 

愛用のパワーブックのキーボードが壊れて、結局「ピックアンドデリバリー」というシステムで、運送屋さんに取りに来てもらって、修理に出しました。

それから、三日。

結構不便です。

コンピューターが戻ったらしないといけないことリストを、手帳に書き出しているのですが、その量に既にちょっとうんざり。早く帰ってきてー。

しかし、、キートップ一個はがれたらこんなことになるなんて。
つらい時代だなあ。

いろんなものの修理が、遠くの専門の工場じゃないとできなかったり、一体として交換になったり。
修理するより買い換えたほうが安かったり。
とほほ。

2007年04月14日

あせった!その後

PowerBookG412のキーボードのキーがぽーんとはずれて、
あせって、戻して、よかった〜〜っと思ったのもつかの間、
何かの拍子にぽろんとずれてしまうようになりました。

<PowerBookのキーの故障のために検索してたどり着いた方へ>
*アップルのサポートページの『キートップの交換』へどうぞ。

明るいところで、外れたキー(キートップ)の裏側をよーーーく見ると。
キーの裏側の小さな爪、長さ1ミリ弱が一本ふらふら動くではありませんか!
これか!!(おそらくスナップと言う部分)

で、そのまましばらくだましだまし打っていましたが、これはやっぱり不便。
取説と、APPLECARE PROTECTION PLANの箱を引っ張りだして、電話しないと
と箱を開いたら

なんと!

AppleStoreから届いたまま、登録してないじゃん!やば!!!

でも、サポートのお姉さんのフォローで事なきを得てなんとか修理をしてもらえそうな雰囲気。

それにしても、

Appleを選んでから10年以上経ちましたが、サポートの電話はすぐつながるし、
お姉さんの説明や、待たせる時の時間の説明も適確だし、すごくサポートのレベルは高くなったな
と感心しました。

昔々、最初にサポートにかけた時はつながらないし、出たお兄さんが関西なまりがきついしで
すっかり消耗したものでした。
(関西の人、ごめんなさい。)

2007年04月11日

あせった!

一年半愛用中のPowerBookのキーボードのBのキーがぽろっととれた!
なんで???

超パニック!
明るいスタンドの下で目を凝らしてキーボードの構造をチェック。えーい、試しだ。

ぐ、と押したらぱちっと言って戻ったよー、良かった〜〜〜。

こういうのってAppleCare Protection Planの対象になるのかな??

今日は札幌から

友人の先生が、休日を利用して、林歯科を見に来てくれました。

あいファミリー歯科の水野先生のところを見学して、その帰りによっていってくれたのですが、昼食を一緒に食べて、いろいろ話をしました。

先生は、間もなく診療室を移転して拡大する予定です。
きっといろんな歯科医院を見学して、プランを練っているのでしょう。

なにか、林歯科からも参考になる事が見つかればなによりです。

2007年04月03日

今日のびっくり

今日は、昼休みに突然今月から勤務を開始するY先生が訪ねて来て、びっくりしました。

3月一杯で北大での研修を終え、今は転居の準備中です。
正式には4月16日勤務開始です。

今年の4月は、Y先生と新しい受付スタッフと、北大からの研修医のS先生の、3名の新メンバーとスタートします。

月末には新人歓迎の懇親会を予定しています。

いつも、春は少しうきうきしますが、今年も新しい気持ちでスタートしたいと思います。

2007年03月31日

今日は休みでしたが

朝から美容院へ行って、買い出しに行って、帰って来たのが午後1:00。

午後2時に家を出て、医院によって院長と一緒に歯科医師会の講習会へ。

終了して5時。少し買い物をして6時から8時半まで会合に出席。

院長に迎えに来てもらって、イオンのスタバでコーヒーを飲んで、ビレッジバンガードでサブダの飛び出す絵本

を買って家に帰って来たら11:00。

結構忙しい一日でした。

2007年03月29日

おっと! 大変。見ないフリ。

どうしよう。
とても言えない。

CIMG1706.jpg

でも、とりあえず記念写真を。
おかげで、疲れが取れたような気持ちです。

人間、そんなこともありますよね。
お帰りの時には気が付かれるでしょうか?

ところで、残りの半分ずつはどうなってるのかな???

2007年03月28日

うれしい知らせ 国家試験と研修終了

今日、仕事の後、買い物をして家に戻ると、北大からメールが来ていました。

本年度の研修医全員が研修を終了したとの連絡で、ほっとしました。
うちで研修した2名も、4月から一人前の歯科医師としてのスタートを切ります。
一人は横浜へ、もう一人は、旭川市・林歯科医院での勤務開始です。

そして、もう一通。

4月から研修開始予定の方から、国家試験合格のお知らせでした。
よかった!

3人とも良い春を迎えて、おめでとう!

そして、北大は現役国家試験受験者全員合格とのことです。
大学に残っている同期の先生方のほっとする顔が見えるようです。
年々合格基準の厳しくなる中、先生方も学生さんたちもよくがんばられたものです。
卒業生の一人として誇りに思います。

2007年03月11日

院長 旭川へ帰る

二日間のお休みを頂いた院長の研修旅行も終了間際。
夕方7時前、羽田空港から電話が入り、間もなく飛行機に搭乗予定である事、旭川着が12事前後になるとの事でした。乗り継ぎがうまくいけば11時半、うまくいかなければ12時半。いずれにせよ、強行軍です。

電話の声が元気そうだったので、きっと充実した研修旅行だったのでしょう。何よりです。

二日間の院長不在を支えてくれた勤務医の先生、留守を預かってくれたスタッフの皆、インプラントの急患対応のため休日出勤をしてくれたチーフ、ありがとうございました。

そして、ご迷惑をおかけした患者さんには、本当に申し訳なく存じます。
学んで来た事は、きっと、皆様に還元できるように努力を重ねてまいります。

続きを読む "院長 旭川へ帰る" »

2007年03月10日

院長 群馬に行く

さて、今日、明日、院長が不在のため、旭川市・林歯科医院の診療は常勤の歯科医師が一人で行なっています。
そのため、矯正歯科のご予約はお受けせず、急患対応だけとなっております。
通常より予約患者数も少なめと致しております。

また、待ち時間が長くなる事が予測されますので、新規の急患の方は歯科医師会の急患対応をお薦めする場合もございます。あしからず、ご了承ください。

2007年03月08日

旭川歯科学院 1年生見学実習

今日から、歯科学院の一年生の実習が始まりました。
今日、明日は二年生二名と一緒です。
二年生はナースキャップ、一年生は、なんというのでしょう?ふんわりした丸い帽子をかぶっています。

今朝の朝礼では、ちょっといい話に、実習の思い出を語ってもらいました。
40代、30代、20代、それぞれの実習に行ったところ、アルバイトをしたところの思い出ですが、忘れてしまっている事も多いようです。懐かしい話も色々出て来て楽しい朝礼でした。

なんだか若い人があふれるようで、賑やかな診療風景になりました。


そのうそ、ホント?

昨日、思わず、笑いをこらえられなかった事…。

しばらくぶりに来院された患者さん、義歯をいれていないことに気づいて、

院長「〜さんに、普段は入れ歯使ってるか、聞いてみてね」



Aさん「先生、いつもは使ってて、ちょっと前まで入れていたけど、来るとき忘れて来てしまったそうです」

うううう、苦しい…


奥歯の小さな入れ歯は、面倒がって使わなくなってしまう方がいますが、反対側の歯に負担がかかって歯周炎が進んだり、咬み合うはずの歯がのびてきてしまったり、トラブルの原因になりますので、なんとかお使いいただきたいものです。
使いにくい時には、相談してくださいね。

2007年03月03日

今日は、札幌へ

今日は、札幌市川沿の「すずき歯科クリニック」へ。

院長の鈴木先生は、ホワイトニングに取組まれている事で有名ですが、昨年のCHPの勉強会でお知り合いになりいろいろ教えて頂いてきました。

林歯科医院でも、これからもっとしっかりしたホワイトニングのシステムを作りたいと思った時、まず、「鈴木歯科クリニック」を見学しなければと思いました。

幸い、無理なお願いを気持ちよく受け入れて頂き、忙しい中スタッフの皆さんも、私の様々な質問に気持ちよく答えてくださいました。

さすが、鈴木先生自慢のチーム。笑顔が絶えません。患者さんの笑い声が診療室に響いています。

うーん。すごい。

2007年02月17日

子宮がん検診のお知らせ

もういい年なので、人間ドックとがん検診は年一回受けるようにしています。

先日、かかりつけの産婦人科から、前回の検診から1年になりますよというご連絡をもらいました。
そういえば、去年はたしか1月に受信しています。

さて、連絡しようかと思ってお手紙を見ると、レターペーパーには電話番号が無く、さっき捨てた封筒をチェックしなければなりませんでした。そういえば、お休みの日はいつだったでしょうか?木曜日の午後が手術日で、外来休診だったような気がしますが、はっきり覚えていません。

ちゃんと御連絡するためには、診療カードをチェックしなければならないようです。
 …ちょっとめんどうくさい…


でも、もしかしたら、うちの各種ご連絡も、電話をお受けしている時間などがもれているかもしれません。
少なくとも、封筒には書いていませんでした。

これから再チェックして、いつお電話をお受けできるか、一目で分かるようにしたいと思います。

ちなみに!


フリーダイヤル(上川管内・携帯不可)0120-167755
通常番号           0166-57-6655
電話受付時間
 平日 10:00~20:00
 土曜 10:00~16:30
 日曜 10:00~13:00
 祝祭日 休診日

で、御連絡ください!!

2007年02月09日

NHK プロフェッショナル

NHKの昨日のプロフェッショナルに、大学の同級生のお兄さんが出る
と言うメールが来たので家に帰ってみました。
あいファミリー歯科の水野先生はビデオで見る予定のようです。

http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/070208/index.html
第40回〜コンピューター研究者・石井裕〜
「MITの教授は常に競争にさらされている。実績があっても大きな成果を生み出し続けなければ、
 生き残れない熾烈(しれつ)な現場だ。
 その中で石井が最も重視しているのは、研究のオリジナリティ。
 既にある研究の改良や性能の改善は、決して行わない。
 誰もやっていない新しい研究を目指し、石井は挑戦を続ける。」


この人です↓
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=000789

友人も、私たち同期のトップで卒業した優秀な人なのですが、お兄さんが
いつの間にかMITの教授になったときいた時は、びっくりしました。
それまで、小説かニュースの中でしか聞いた事のない名前でしたからね、
マサチューセッツ工科大学。

面白かったので、見てない方は、再放送を是非!
>再放送は2月14日(水)午後5:15(BS2)、15日(木)午前1:10(総合)です
>2月12日(月)午後4:05(総合)の再放送は特別番組のため休止いたします

2007年02月04日

明日から君は

明日から、旭川歯科学院の2年目の生徒さんの臨床実習が開始します。

2年前の入学生から、3年制に移行した歯科学院では、去年が2年生最後の卒業式でした。今年は卒業生のいない年です。今年の学生さんたちは、2月から1か月の臨床実習を行ない、その後3年生の5月末から11月末までの臨床実習を行なう予定です。

昨年は、臨床実習受け入れはありませんでしたので、一昨年の資料をあたり、明日お渡しできるように簡単な手直しを済ませました。

全く初めて、歯医者さんの内部の人間として診療室に立つのは、とても緊張する事です。また、見学はほとんど立っていますので、体力的にも大変ハードです。一日の終わりには、くたくたになってしまうでしょう。

でも、ここを乗り切らなければ!

旭川市・林歯科には、大ベテランから新卒まで、たくさんの歯科衛生士が勤務しています。きっと学生さんが「こんな衛生士になりたい!」と思うスタッフがいるはずです。出会いに期待していらしてください。

2007年02月03日

「産む機械」はもう頑張れない

なぜ、「産む機械」は「生産」をしなくなってしまったのか?

神戸女子大教授「内田樹の研究室」
夢の少子化対策」から引用してみます。

出生率の推移について、わかっていることは二つある。 (1) 女性識字率と出生率は関係がある。 (2) 教育費と出生率は関係がある。 この二点である。 女性識字率が向上し、女性の学歴が高くなると、どこの国も出生率が落ちる。出産育児は女性のキャリア形成を妨げるから、少子化・晩婚化が進む。 当たり前である。 教育費が高いと出生率は下がる。 これも理屈は簡単である。

なるほど。

柳沢大臣は、『一人一人の女性に頑張ってもらうしかない』との趣旨でご発言されたようですが、女性は「もうがんばれない」と言っているわけです。
私が、政治家に求めるのは、「がんばれ」と励ましてくれる事ではなく、「どうすれば頑張れるようになるか」考え、それを制度化してくれる事。

そこで、先のblogではその効果が期待できる制度として、フランスの出生率増加と、韓国の出生率低下の状態から、

フランスはヨーロッパでは例外的に出生率が回復した国である(1994年に1.68まで落ち込んだ出生率は2006年には2.01にまで回復した)が、理由は労働法制が整備され、子育てへの行政の支援がなされたせいである(出産手当、育児手当、ベビーシッターや保育士を傭うときの補助金などなど)保育園はすべて無料。 そればかりか大学もほぼすべてが国立で、年間の学費はわずか2万円。 逆に、韓国の出生率は2000年から2004年にかけて、1.47、1.30、1.17、1.19、1.16と急坂を転げ落ちるように低下しているが、韓国の学校教育費の私的負担は堂々の世界一である。 この二つがとりあえず知られている少子化についての統計的事実である。

出産した女性の優遇と、教育費の負担を減らすことを提案しています。

となると、行政にできることは二つしかない。 フランスの成功例と韓国の失敗例から帰納できる政策は、「子供を産んだ女性をものすごく優遇すること」と「学校教育費を思い切り下げること」の二つである。


なるほど、なるほど。

私が娘を保育園に預けていた頃、その費用にはびっくりしたものです。
無料にしてくれとは言いませんが、確定申告の際に、必要経費として申告させてほしいものだと思いましたね。
だって、この経費無しには仕事ができないんですもの。

いつのころからか、東大に合格する家庭の平均年収の高さが当然として報道されるようになりました。
公教育だけでは、高い学力を担保する事は出来ないと言うのは、親としての共通認識になっています。

子供に「人並み」の事を、と望む時、自分たち夫婦の経済力から、持つ事ができる子供の数が決まってきます。
言葉尻はどうでもいい。
個人の頑張りでは、国全体の出生率を変える事はできません。

今の若い人、これから親になる人の価値観から乖離した老人に、出生率を左右する方法を考える事は難しいのでしょうか?

2007年02月02日

拾う神あり!

今日、半べその顔でスタッフの一人が出勤してきました。

家を出たときちゃんと持っていた携帯電話、職場についたらどういう訳か見つからなくなってしまったそうです。
バッグの中にも、クルマの中にも見つからない。

どうしよう。

とりあえず、皆の助言で色々連絡して…

なんと、夕方、交番に届いたとのご連絡をいただきました!
どなたか存じませんが、親切な方、どうもありがとうございました。
旭川の街を見直してしまいました。

2007年01月30日

NHK プロフェッショナル

木曜夜10:00から放送の、「プロフェッショナル」。
その分野の「プロ」が、仕事について語る番組です。

先日の漫画家、浦沢直樹さんの回は、その仕事に対する厳しさ、集中力、技術に圧倒されました。
どの回も、今までしらなかった様々な仕事のプロの姿に感動させられます。

その番組に!
なんと、友人のお兄さんが出演されると言うのですから、びっくりです。
彼女は大学の同級生で、札幌で小児歯科を開業しているのですが、お兄さんは北大卒業後、お勤めを経て今はなんとMITの教授。すごいなーとは思っていましたが、「プロフェッショナル」に出演とは。

2/8(木) 忘れずに見なければ!
http://www.nhk.or.jp/professional/schedule/index.html

2007年01月29日

初めての雪道運転@鉄腕DASH

昨日、夜テレビをつけると、なんと旭川空港が映っているではありませんか。

なんでしょう?

鉄腕ダッシュという番組でした。


暖かい雪の無い国の出身者に雪道での運転講習を受けてもらうと言う企画で、助手席にはTOKIOのメンバーが乗っていました。

アクセルを踏みすぎて空回りしたり、カーブでハンドルを切りすぎて雪山に乗り上げそうになったり。
あるある。

しかし、テレビで見る旭川の雪の多い事。道の狭さ。そして人家の少なさ。
街の方にはもっと広い道もあるし、家がたくさんあるところもあるんですよー。

でも、こんな道で運転している私、偉いなあ。まあ、半分以上は車の実力ですけど。
偉いぞ、ハリヤー。

2007年01月28日

歯医者の腕時計

25日にこのエントリーを読んでから、丸一日悩んで、ついに買ってしまったのが、、これです。

img10013236838.jpg

いやあ、かわいいですね。
ぐらっと来ましたよ。

これは、AKTEOという会社の腕時計だそうです。
いろんなテーマで腕時計を作っている会社で、他にもかわいいものがいっぱいでした。

あなたもぜひ!

2007年01月25日

患者さんの絵はがき

今日、請求書とか事務連絡とかDMとかの無味乾燥な郵便物の束の中に、かわいらしい絵はがきが入っていました。

林歯科**衛生士様

衛生士個人宛に、患者さんからとどいた絵はがきでした。

この前のメインテナンス後の変化を知らせ、これからも宜しくお願いしますと言う事です。歯科衛生士担当制で定期的なメンテナンスを希望される方のフォローを行なうようになってから数年。こうして、担当衛生士の名前を覚えてお手紙を下さる方、お土産を持って来院される方、様々な形で担当者との交流が見られるようになってきました。

林歯科医院に通うのではなく、担当衛生士の**に歯石を取ってもらったり、歯ブラシの仕方のアドバイスを受けたりしたいというような関係です。

こうして届く手紙がきっとスタッフの心の支えになると思います。お手紙ありがとうございました!

2007年01月23日

リハビリ期間の問題

去年の春の保険改訂の内容で、リハビリ期間の制限が出てくると聞いた時、こんな事になるのではとは思っていましたが、自分の身にせまると切実です。

年明けに、院長の母が大腿骨頭骨折をし、先週手術を受けました。2日後には車いすの使用を開始したと聞いた時、もしかして、最終ゴールを車いすに設定しているのではないかと不安を感じたのですが…

術後8日の今日には、もうリハビリに入って、1,2週間やってよくならないようなら「車いす」と。

ずいぶん早い見切りになっているようです。
若い人のように早く歩けるようになるはずはないと思うのですが、病院でのリハビリは、目処が立たなければさくっとおしまい。そういう事になっているようです。

その後、もし、リハビリを希望するとしたら、きっと保険外でやってくれるところを探すのでしょう。
なんだか不安ですね。

2007年01月22日

88歯チャンネル

88歯チャンネルと言うサイトからメールが来ました。

ここは、私の世代ならだれでもしっている元中日の田尾選手、先頃は楽天の監督もされていた方の息子さんで、歯科医師の田尾耕太郎さん(株式会社 ファンクション・ティ 取締役)が運営されているサイトです。

ここで、新しく歯科カウンセリングというシステムを始めるので、参加しませんかと言うご案内です。まだ仮のスタートのようですが、こちらのページです。

自分が困っている事にチェックを入れると簡易診断と関連情報の提示が行なわれ、その治療を得意としている歯科医院を検索できると言うシステムのようです。面白いと思ったので、旭川・林歯科も登録してみました。
友達にも勧めてみようかと思っています。

mixiに日記を書くために

さて、mixiに入って、早速日記を書いてみました。

が、こちらのメインの歯科としての日記の他にもう一つ日記を書くのはちょっと大変。

mixiには外部の日記とリンクをする機能もあるのですが、全くこちらと同じにするのもなんか違う気がする。

さてどうしましょう??


で、困ったときは、google。
movable type + mixi で、ひいてみたら、こんな記事にヒットしました。
MovableTypeの記事をmixi日記にお手軽コピーするプラグイン mixiSync

MTで書いた日記を、簡単にmixiに投稿するためのプラグインです。これをMTと言う、いつもこのblogを書いているソフトに入れて、使ってみたら、思ったよりずっと簡単でした。
こちらでは、歯科としてのお知らせとか、歯科が取組んでいる事をメインに、私のプライベートな事もちょっと書いているのですが、プライベートな事はmixiにも書いて行こうと思っています。

だぶって読まれた方には、ごめんなさい。

2007年01月21日

mixiって何だろう?

すっかり乗り遅れたmixi、一体なんだろう??とずっと思っていましたが、暮れに娘が必要に迫られて始めると言うので、「誘って!!」と言って始めて見ました。

mixiの面白さは、なんでしょう、一つの事からリンクがつながって行く面白さと言ってもいいかもしれません。
それは、ネットで調べ物をして脱線して行くときの面白さ、ネットサーフィンの面白さと似ています。
違うのは、特別なアクセス解析をしなくても自分のページを誰かが見たのがすぐわかり、その人もページを持っている事。

「足あと」というアクセスの履歴を見ると、知らない人が自分を見ているのがわかる。
なんで、この人は私の事を見つけたのかな?と見に行くと、間に共通の知り合いがいたり、一つのテーマで話し合っている「コミュニティ」というものがあるのですが、そのコミュニティが共通している事がわかるったりするわけです。
「なるほど!この人と私にはこういう共通点があるのか!」

で、その人が参加している「コミュニティ」が表示されているので、同じような別のコミュニティを見つける事になって、どんな人が参加しているのかなと見に行くと、その人も見に来て、という感じでリンクが伸びて行きます。

なかなか面白いものなので、はやっているのもなるほどです。

2007年01月20日

年賀状の整理

今年の年賀状では、なんと2等賞!があたりました。
開業17年目、毎年300枚からのお年賀状を頂くなかで、初めての快挙です。
同期の加藤先生@札幌市 どうもありがとう!

さて、ついに、今日から年賀状の住所チェックを始めました。
ここ数年、住所変更のチェックが甘かったため、今年は年賀状がたくさん帰って来てしまいました。
うう、大変だ。でもがんばらなくては。
他にもいろいろ事務仕事があるのですが、頑張ります。

真夜中の石焼き芋の副作用

やはり…
朝起きたら芋たれが、じゃなくて胃もたれが。
夜中の1時過ぎに焼き芋を食べて、2時過ぎに寝るのは、今の私には危険すぎる行為でした。

腹も身のうち、腹八分目っていうことですね。
夕食抜きで備えていたのですが…。

2007年01月19日

旭川・林歯科のスパイ大作戦

「先生、大変です、H歯科はもうスライドの準備まで来てるらしいですよ」
「大丈夫、S先生のところはまだ3人で会ってないって。私たち毎日会ってるじゃない」
「今日、K歯科のスタッフとコーチングするから探りを入れてみますっ」

って、スパイ活動せずに、早くCHPの課題の発表準備に取組まないとまずいです。
週末は、がんばります!

真夜中の石焼き芋

旭川市の中心部には「3・6街」と呼ばれる繁華街があります。飲食店が多い夜の街です。
冬になると、ここに、石焼き芋の屋台が出てきます。

石焼き芋は、高い!
けれど、家庭ではなかなかあの味が出ない!

数日前,昔からの友人のblogで「朝市」の石焼き芋の話を読んでから、もう、ずーっと石焼き芋が食べたくてしょうがなかったのですが、今日は、院長の無名塾の日です。

もう、太ってもいい。
夜中でも、石焼き芋がどうしても食べたい!

今日のお土産は、屋台の石焼き芋!

幸せです。
もちろん、食べたら歯を磨いて寝ます。

2007年01月18日

コーチングレッスン

今日は、CHPのフォローアップコースのコーチングレッスンでした。
二人一組でパートナーになって、コーチングを行なうのですが、これがなかなか難しくてすぐ雑談に流れてしまいます。

他の歯科医院のスタッフや、先生と、それぞれお話ししてみたのは、コーチングの技術としてはあまり向上しなかったものの、得難い体験でした。こんなにあまり良く知らない人にいろんなことを話したのは始めてだったかもしれません。


2007年01月14日

男山酒造 「今朝の酒」

旭川の蔵元、男山の蔵元限定販売「今朝の酒」を昨晩いただきました。
飲みやすくてもアルコール度数22%、調子に乗って少し飲み過ぎてしまいました。

このお酒は、絞り立て発酵の途中の炭酸ガスが残っているもので、ちょっとぴりぴりした不思議な感じがします。その日によって味が違うので、買う度に少しずつ違うお酒のようです。

説明を読むと、

今朝ノ酒(生原酒)
 このお酒はその日しぼったばかりの原酒をそのまま瓶詰めいたしました。
今朝ノ酒独特の風味をお楽しみいただくためには一週間以内にお飲みくださるようお薦め致します。
その後も通常の生酒としてご賞味いただけます。
    男山酒造り資料館

とあります。

瓶にはラベルに直にマジックでその日の日付が入っています。
070114_163846_M.jpg

そして裏側には
070114_164034_M.jpg
こんな注意書きが。

冬季限定販売、蔵元限定。日本酒好きで冬に旭川にいらした方にはお薦めです!


ルタオのケーキ

お年始にと、ルタオのケーキを送っていただきました。
こっそりありがとう。
うれしい!!

ルタオって、「小樽」を反対から読んだものだったのですね。ずーーーーっと気づきませんでした。去年の秋、小樽に行ったときに夫に言われて始めて気が付きました。遅すぎる??

ルタオのチーズケーキも、とっても美味しいです。
小樽のお土産に、北海道からのお取り寄せにもぜひ。

2007年01月13日

気配り 目配り

今日の、診療の終わる頃でした。

院長が、終了した患者さんに、冠を作るのに使った模型をお見せして説明をしていました。
患者さんはとても関心を持って模型をご覧になり、手に取ったりもされていました。

スタッフが3人、終了後の片付けのためもあってそばに待っていました。
ちょうどカルテの整理をしていた私もそばを通りかかりましたので、患者さんが帰られる時ご挨拶をしようかと思い待っていました。

ふと、スタッフの内二人がその場を離れました。
「話が長くなりそうだからかな??」

その時、院長が「模型をお持ちになりますか?」と患者さんに尋ねました。
すると、一人残っていたスタッフが、「今、入れるものをご用意しています」

なんと、院長が患者さんに模型をお渡しするかもしれないと言う事を察して、模型を入れる袋を用意しに行ってくれたのです。

うーん。どうして分かったんでしょう??すごいですね。びっくりしました。

2007年01月07日

旭川空港お見送り

今日は、旭川空港まで家族のお見送り。

お見送りの後の楽しみは、、空港土産!

実は、旭川空港売店は市内には置いていないものも含め、北海道土産が一カ所で揃う素晴らしい場所なのです。
今日はオコッペプリンのカスタードにホワイトと、パリ16区カマンベールチーズケーキマルセイバターサンド@六花亭を購入して持ち帰りました。

なんと遠方の方のお取り寄せには、「北海道お土産探検隊」というお取り寄せのページがあることを発見しました。結構いろんなものが手に入りますね。ぜひどうぞ。

2007年01月06日

怒濤の年始スタート

3日までのお休みの後、昨日、今日ととても忙しい診療でした。

予約の方の他に、急患の方が相次いで、どうしよう〜!と言う状態。
それでもなんとか二日間がすぎて、明日の土曜日くらいにはいつものリズムが戻ってくるでしょうか?

そんな中で、とてもいい事がひとつ。
アキレス腱を切ってお休みしていたスタッフが、1/4から復帰しました。
お帰りなさい。また頑張りましょう。

2007年01月03日

年賀状

昔からの友人、学生時代の恩師、林歯科の現スタッフ、退職したスタッフ、それからたくさんの業者さんたちからも年賀状を頂きました。

なかでも、ちょっと笑ってしまったのが、近くのトンカツ屋さんからの年賀状でした!
うわーーうち、そんなに頻繁に出前とってましたか?とってましたね。そうでした。
今年もどうぞ宜しくお願いします!

2006年12月29日

年内のお仕事が終わりました!

先ほど、午後一時で2006年の診療が終了しました。

お掃除も、早くからいろいろ工夫してくれていたので、2時過ぎには終了しています。
あと、お昼御飯を済ませて、三々五々、解散して行きます。
忙しい一年でしたが、今年ももう終わりです。

終礼で、うれしい連絡がありました。

アキレス腱を切って長くお休みしていた非常勤勤務の歯科衛生士のIさんが、1月4日の仕事始めから復帰してくれると、電話が入ったそうです。

学生時代、バトミントン部にいたIさんは、若いスタッフたちとバトミントンをしに行ってアキレス腱を切ってしまいました。お休みの間、シフトを変えて皆がフォローしながら、Iさんの復帰を待っていてくれました。

来年は、春から明るい気持ちでスタートできそうです。

2006年12月25日

年賀状作り

だいたい毎年300枚くらいの年賀状を作ります。

ほとんどの人が歯科の関係者で、ほんの少し、親戚と高校までの友達など歯医者に関係ない人です。
大学からこちら知り合う人、一緒に仕事をした人、歯科に関係ない人と出会うのは大変!滅多に無い事!!

表の図案を考えて、3種類くらい作って、名簿のチェックをして、枚数を決めて、表の印刷、宛名の印刷。プリンターを見張って。さて今日中に終わるでしょうか。インクは足りるかなあ。一種類、買い置きの無いのがあるんだけど。

これを、院長の分と、自分の分に分けて、後は、自分の分だけ必死で表に一言書き込んで、郵便局に持って行って。後は、、、知らんぷり。

2006年12月23日

小さな忘年会とうれしい電話

22日の夜は、診療後の後片付けをスタッフに頼んで、勤務医の先生、研修医の先生と小さな忘年会へ。

場所は、林歯科と同じ末広にある国籍不明居酒屋 拓羅磨館の台所。不思議な料理がたくさんある、不思議な居酒屋さん。お薦めです。

ここは、美味しいノンアルコールのカクテルがたくさんあるので、飲まない人も大丈夫。
若い人のペースに合わせて少し暴飲暴食してしまって、今朝は胃もたれでした。もう若くはありませんね。
忘年会に向かう車中で、携帯電話に伝言メモがあるのに気が付きました。

なんと、高校の同級生からの電話でした。
高校3年のときのクラスメートが4人で飲んでいるので、遠い旭川にいる私の事を思い出して、九州から電話してくれたと言うのです。大感激!

居酒屋の前から折り返し電話して、一人一人電話を変わって話をしました。25年ぶりくらい?に声を聞いた人もいてとても懐かしい気持ちでした。ずっと音信不通だった一人と、福岡の駅でばったり再会したのを記念して、声を掛け合って集まったそうです。
皆だ若々しくて、元気で、すごくうれしかった。
居酒屋の外はちょっと寒かったけど、懐かしい気持ちで一杯になりました。

何よりのクリスマスプレゼントでした。

手を握るとストレス解消!?

数日前ニュースサイトで発見した記事ですが、女性のストレス、「夫の手を握る事で解消」とあります。

なんと、

幸せな結婚をしている女性が、ストレスを感じた際に夫の手を握ると、ストレスが即座に解消されることが、脳のスキャンではっきりと示されるという。

のだそうです。

幸せな結婚!!!
とすると、ストレスを与えて夫の手を握らせても、即座に解消したことが脳のスキャンででなかったら、『幸せな結婚』をしていないってことでしょうか。あら、大変。

ところで、その時、夫の脳のスキャンはどうなっているのでしょう?
もしかして、ストレスを感じていたりして…。

手をつないだときに両方のストレスが解消されていたらいいですね。

2006年12月20日

大失敗

今日の大失敗。

旭川・林歯科医院では、毎年、年賀状の季節の前に私がスタッフ全員の住所録の整理をしなおしして、受付スタッフがコピーして皆に配っています。
現在のスタッフの他、ここ数年の退職者の住所録も一緒にコピーするのですが、、、、

なんと、去年からの退職者の整理をしていたら、現スタッフの名前を退職者の方にいれてしまっていたのです!!!

大失敗。
Mちゃん、ごめんなさい。

2006年12月19日

クワガタの育て方

昨日、診療が終わった患者さんに、突然「先生伺いたい事があるのですが…」と切り出された院長、当然診療についてのご質問と思いきや、「クワガタの育て方についてなんですけど!」と。

ちょうどシフトの関係で勤務に入っていたUさんに来てもらい、簡単に説明をしてもらいました。

林歯科のクワガタの幼虫は、Uさんの旦那さんが大切に育てているものです。
かわいがってくれるお子さんにと、お分けいただき、前回、今回とたくさんのお宅に里親になってもらっています。

説明を聞いた患者さんは、ぜひと一匹の幼虫を連れて帰られました。

大切に育てて、来年、りっぱなクワガタになりますように!

クワガタの詳しい情報は→こちらをクリックしてください。

2006年12月17日

クリスマスプレゼント

今年で結婚20年、娘も大きくなって、家族へのクリスマスプレゼントがすっかり手抜きになっていましたが、ふと思い立って今年はネットでいろいろ探してみました。

娘には、小さい頃から欲しがっていたMoMA:ニューヨーク近代美術館のアンブレラ

雨の日に傘の中に青空。素敵です。

院長には、大好きだったあの車、今年手離したあの車の1/43モデルをコレクションに追加。
色は違うけど、かっこいいかな?

ところで、なんで1/43なんていう中途半端な数?と思ったら、

初期のミニカーは、鉄道模型のジオラマの小道具として作られるようになった。そのため、その大きさは鉄道模型の縮尺に準じており、鉄道模型の「Oゲージ(レール幅32mm)」規格に合わせて作ったものの縮尺が現在の「1/43」スケール。「HOゲージ(レール幅16mm)」なら半分の「1/87」となる。観賞用に供される大型商品には1/18、1/20、1/24といったスケールのものもある。

ということだそうです。
本当は、2/87なんですねえ。

2006年12月16日

2006年のベストフォトグラファー@旭川・林歯科

去年の小樽での北海道臨床懇話会で、帯広つがやす歯科の発表を聞いてから、林歯科のスタッフは口腔内写真撮影技術の向上に努力してきました。

今年は7月の懇話会で、同じ発表を聞いてから技術向上に取組んだ苫小牧のアップル小児・矯正歯科のスタッフの「写真コンテスト」という手法を聞いて、それでは、私たちも!と言う事になりました。

矯正チーフのMさんと矯正班のメンバー2名、チーフのKさん、がルールを決めて、Kさんをモデルに口腔内写真を撮影、タイムと写真の正確さを点数で評価して順位付けをしてくれました。
厳正な診査の結果は、今年の忘年会の前の半期に一度の研修会で発表されました。

結果、今年のベストフォトグラファーは、Tさんに決定!
院長が、「コレ!!」と選んだ賞品の『えびちゃんのデジカメ』を持ってにっこり笑顔で記念撮影です。

061216-1.jpg

この1年半で、林歯科スタッフの写真撮影の技術レベルはものすごく高くなりました。何より、スタッフによる上手下手のばらつきが少なくなり、誰に頼んでも大丈夫という状態に達しています。そのことが、患者さんへの説明内容の充実につながっています。
素晴らしい事だと思います。

忘年会のDVD

今年も忘年会を無事終了し、忘年会のDVDを作成しました。

2006bounenkai.gif

DVDを作るのはちょっと大変なのですが、このDVDを見るのを、参加できなかったパートのスタッフ、退職したスタッフが楽しみにしていると聞いて、できるだけ早く編集して用意するようにしています。
今年も、院長の余興を見て、大笑いしてください!!

あ、どこに行ったかわからなくならないようにしてくださいね!


blogのお休み

この1週間、まったくblogが書けませんでした。

実は、温泉一泊旅行から帰った日曜日の夜から体調を崩し、月曜朝は何とか出勤したのですが、午後から早退。月曜日はお休みを取りました。もちろん、この2日分の予約の方には他の日に移動してもらったので、回復後の診療は忙しい、月・火の二日で行なうはずだった事務仕事は後ろにずれ込み、しかもどんどん増えて行く。

しかし、昨日の昼ご飯を食べている時、私は復活を実感しました。
お腹が空いている。ご飯がおいしい。どこも痛くない。食べていて安心感がある。
こんな当たり前の事が有り難いのだから、たまには体調を崩すのも悪くないかもしれません。
QOLってこういうことだったのねー!

というわけで、今日は、たまった洗濯物でたぶん一日終わるでしょう。

2006年12月08日

サンタクロースがやってきた2

今朝、始業前にこっそり待合室でサンタさんの写真撮影。

061208_093944_M.jpg

と思ったら、もうすでに朝一番の患者さんがいらしていました。
ちょっと恥ずかしい。
まだ、30分あったのですが、待合室のマッサージチェアでのんびりお待ちいただいているようでした。

マッサージチェアは、好評のようです。

2006年12月07日

運命の友

今朝のいい話、Good&Newから。

産後復帰して4か月の受付司令塔・「ボス」ことRちゃん。
休みの日に1歳*ヶ月のお嬢さんのためにお気に入りのお店にバーゲンセールへ。
すると、そのお店に同じくらいのお子さんのお母さんがいらっしゃいました。
洋服を眺めるうちに、二人はいろいろ話を始めました。

いろいろ話してみると、なんと
お子さんの月齢が一緒!
お母さん同士の年齢も一緒!
これってもしかして運命?
すっかり意気投合して話が弾むうちに、職場の話に。

「林歯科って言う歯医者に勤めてるの」とRちゃんがいうと、そのお母さんが
「えぇ〜〜!もしかしてMちゃんのお友達のSさん!?」
なんと、彼女は、昔林歯科に勤めていて、Rちゃんの仲良しだったMさんの歯科学院時代の親友だったのです。

二人はその場で帯広にいるMさんに電話をして、ここで運命の友達の輪ができあがったのだそうです。
うーん。素晴らしい。

サンタクロースがやってきた!

今年も旭川・林歯科にサンタクロースがやってきました。

大きくふくらませたサンタの人形は、小さな患者さんの人気者です。ふくらませるのは一大事。そして夏の間しまっておいたところから出してくるのはもっと一大事です。今年も受付スタッフのNさんがやってくれました!
ありがとう!

最初は外に置いたのですが、風で飛ばされそうになったりするので、今は待合室に立っていてくれます。
写真はまた明日。

2006年12月06日

研修会の準備 ありがとう

12月9日・10日は、医院をお休みして層雲峡温泉まで研修・慰安旅行に出かけます。

到着後、まず3時間の研修会。
今年の診療内容についての報告会。
ビデオ学習。
ワーク。

それからいったん解散して、夜は宴会。
余興をしたり、部屋で二次会をしたり。

今日は、その準備に入りました。
各部署から報告の書類が届き、今日明日でスライドに整理します。
これは私のお仕事。
当日は、各担当者から発表を5分ずつくらいしてもらう予定。

その他、バスの中や部屋で飲んだり食べたりする色んなものの用意も必要です。
これは、今日、早番のスタッフが終業後に買い出しに行って来てくれました。

みんな、忙しい中、いろんな準備をしてくれてありがとう!

2006年12月05日

旭川の寒い冬で暖房危機一髪

外は一面の銀世界、毎日寒さがつのる旭川で、昨日林歯科医院に一大事が。
ライフラインの要であるボイラー室でトラブル発生。

電気、水、そしてセントラルヒーティングで不凍液を回している暖房が、壊滅状態。どうする!林歯科!!

なんと夜9:00すぎにトラブルが分かってから連絡をした設備屋さんが、夜遅く診療が終わった後いらしてくださり1時までかかって全部解決してくださいました。本当に有り難い事でした。

そして、今朝。何事も無かったように通常通り診療を開始しました。
まるで、うそのようです。

このまま、トラブル無しに経過しますように!!

2006年11月30日

旭川・林歯科の小さな雪だるま

朝、少し雪が降っていました。
医院につくと、玄関の掲示板の前においた小さなクリスマスツリーに、ちょうど飾りの綿をおいたように本物の雪が乗っていました。ふと思いついて、小さな雪だるまを作って、その横に置いてみました。

061130.jpg

患者さんに「雪だるま見た」「うん」「あれ、先生が作ったんだよー」「ふーん」
もっと、感動して!

素手で作ったので、この大きさが限界。でもちょうどいいかわいい大きさかな?
子供はどうして手袋がぬれて冷たくなっても、雪で遊べるのかなあ。

2006年11月29日

お孫さんのパワー

今朝のちょっといい話 good&new から
今日は、旦那さんがお子さんのためにすっごく上手なバイクの絵を描いてくれた話、禁煙6か月腹筋100回のヘルシーライフの話、そしてKさんのメンテナンス患者さんの話。

Kさんの患者さんは、メンテナンスに2年間に渡って来院されている方。もうお孫さんのいる方です。
最初の1年は担当DHのKさんがいろいろアプローチしても、なかなかきれいに磨いて頂けなかったそうです。それが、ある日突然とってもきれいになって、彼女はびっくり。私の力?それとも今日だけたまたま???

その理由が一年後のこのごろ、ようやく分かったそうです。

なんと、歯ブラシ嫌いの小さなお孫さんのために、朝晩一緒に洗面所に並んで歯ブラシをされていたと言う事。自分で磨くのも、仕上げ磨きもきらいなお孫さんが、その患者さんと一緒だと磨くと言う事で、それからずっと一日も欠かさずに一緒に磨いているのです。

患者さんの心を動かしたのは、お孫さんへの愛情でした。
私たち、歯科医療を担う者の力は小さいけれど、愛は偉大です!

ETCカード

今度買った車は、ETCの機械がついていたのですが、これがエンジンをかけると「カードが入っていません」と一々教えてくれるのです。ちょっとうるさい…。

音を上げた院長が「ETCカード、作ろうよ」というので、カード会社に連絡して送ってもらいました。

ところが…
なんと、
カードを入れると「カードを確認してください」「カードの番号は****です」
車を停めようとすると「カードを入れたままです」
みたいなことをまた一々教えてくれるようになりました。
とても親切な機械です。
ありがた迷惑。

きっと、音声を切る方法があるのでしょうが、調べる気力がわきません。どうしよう、これ。

2006年11月24日

休みが終わって急患の嵐の旭川・林歯科

昨日は久しぶりにのんびり勉強をしたりラーメン村山頭火のラーメンを食べに行ったりして過ごしました。

が、明けて今日は大忙し。

朝、車でいつもの時間に家を出て、もうずっと前から続いているように錯覚する白い圧雪の道を職場へ。到着するといつもなら業者さんの車が停まっているところに既に患者さんの車が数台。

どきどき。

朝礼で、毎日受付から予約状況について一言報告があるのですが、「急患の連絡が入っているのでそのつもりで」のアナウンスです。いつもはインプラントのオペとか時間のかかる矯正患者さんの治療とかにつかう個室の診療室を、朝からスタンバイしてスタートします。

いつもは、昼休みに昼食をとりに外に出るのですが、院長から「なんか食べるもの買って来て」の助けを求める声が上がって急いでセブンイレブンでお弁当の買い出しです。

午後から私が見る小児歯科の患者さんもたくさんやってきて、一時期は6台しか椅子が無いのに後ろに6枚カルテが待っている状態になって、胃がきゅーっとなりそうになりました。手があいたら待合室に駆けていって、待っている患者さんのお母さんに先にお話を伺っておいたり、診療内容によって早く終わりそうな方を先に入って頂いたり、お待たせしている時間ができるだけ短くなるような工夫をします。

それでもなんとか夜の10時前には診療室を後にすることができました。
ようやく、ほっと一息です。

2006年11月23日

折角のお休みですが、勉強会

今日は、勤労感謝の日で、お休みを頂きました。

さて、休みなんですからゆっくりすればいいのですが、いつの間にかたまってしまった講習ビデオ。これをなんとかしなければなりません。院長と二人だけだと、休んでしまうので、大学の同期のあいファミリー歯科の水野先生に声をかけて3人で午後からビデオ(本当はDVDですが)の鑑賞勉強会をしました。

2時間のビデオを2本、今回は予防歯科を行なう歯科医院についてのものでしたが、前後にいろいろ話をしながら学びました。また、時々このような勉強の機会を持ちたいと思っています。

2006年11月20日

夜の旭川・林歯科:クリスマスバージョン2006

今年もちょっとずつクリスマス向けにイルミネーションの充実を。
まずは、入り口のお花がこんな風にかわりました。

061120-5.jpg

ろうそくをつけたいけど、子供が触ったら?もし火事になったら??と悩んでいたところにろうそく風LEDを発見!
やったー。
ちょっとだけゆらゆらしていて、かわいらしいです。

そろそろクリスマスの準備を

さて、街の飾りがすっかりクリスマスになったこのごろ、林歯科もそろそろクリスマスモードに入ります。

診療室の前、受付のカウンター、あちこちでクリスマスの飾りがお待ち致しています。
061120-1.jpg061120-2.jpg061120-3.jpg

2006年11月10日

業務連絡:バトミントン部広報

なんと、バトミントン部は、こんどの日曜日も活動を行うと言う事で、もしかしたらバックヤードに掲示が行なわれるかもしれません。参加希望のスタッフは、部長?までご連絡の事。
よかったら院長も誘ってやってください。

2006年11月09日

たとえば、この歯一本が

たとえば、この歯一本がちょっとこっちへ動いたら、すごくかみ合わせがよくなるとか、前歯の隙間がくっついたらもっとcoolになるんんじゃないかとか。

そんな悩みをお持ちの方のご相談にのるように、現在新しい「ちょっとだけ歯並びを治す」矯正治療の診療システムを作っています。もちろん、それが可能な歯並びの方と、難しい方とがいらっしゃいます。その判断は、お口の状態を見ながらご相談して、院長が下します。

わかりやすくて、「もしかしたらずっと気になっていた事が簡単に治るかも?」と思って頂けるようなパンフレットも準備中です。

2006年11月06日

バトミントン部?

昨日の日曜日は2時半くらいに診療が終わった後カルテ整理を6時くらいまでやっていました。

診療終了後、みんなが車をおいたままどこかへ行ってしまったので、今朝のミーティングにどっかに遊びに行ったのと聞いてみました。

すると「あ、それは、バトミントン部ですね」
え、何それ?林歯科にいつの間に部活が??

昨日は終了後4人のスタッフが、ジャージとバドミントンセットを持って市の体育館に行ってきたそうです。中学時代にバドミントン部にいたと言うスタッフもいて、シャラポワかと思うようなプレー?とかけ声!を披露して来たそうです。今日はそんなわけで、あちこちで筋肉痛に苦しむ人たちが。

なんだか、楽しそうです。

2006年11月05日

運転免許の更新

今日、院長が運転免許の更新に行ってきました。

旭川・林歯科の休診日は祝祭日だけなのですが、残念ながら運転免許の試験場も同じ日に休みです。いろいろな予定を組み合わせて、ようやく今日の午後免許の更新に行く時間を確保できました。午前10:00から12:30まで診療をし、常勤の橋本先生にバトンタッチをして13:00に試験場に行って更新手続き、14:00から講習を受けると言う体とスケジュール。

こうして、なんとか診療を休まずに免許更新が出来たのも、常勤の先生が来てくれたからだと思います。有り難い事です。ただ、院長に見てほしいと言う希望でご来院頂いている方には、申し訳なく存じます。

さて、免許の更新と言えば、誰でも気になるのがあの「写真」でしょう。あ、と言う間もなく、もちろん顔を作る間もなくとられてしまい、最長5年間おつきあいする免許証の写真。院長に「見せて」と言ったら、「いや」と一言返ってきました。今度の免許の写真は今一つだった様子です。

もし、写真をもう少し時間をかけて満足いくまで取り直してくれるサービスがあったら、更新料を余分に払ってもいいと言う人も多いかもしれませんね。

2006年10月27日

岩本賢一さんのこと

もう10数年前の事、ある方に留学中の息子さんの歯の痛みのことでご相談を受けました。

その息子さんが、現在日本ハムでヒルマン監督の通訳をされている岩本さんです。当時は、スポーツトレーナーを目指して一人で渡米されて間もない頃だったようです。新庄選手が大リーグにいた頃の通訳兼トレーナーもされていたはずです。

最近、いろいろな記事で拝見すると、野球少年時代に膝の軟骨の病気で野球を断念し、中学高校と野球部のマネージャーをして、その後、裏方として野球をする道を選ばれたと言う事です。

今日の朝礼で、日本ハムの優勝をひとしきり話題にした後、古くからいるスタッフが、「日ハムの優勝もうれしいけど、岩本さんがテレビに写っているのを見ると、がんばっているんだなと、うれしい。」と言っていました。岩本さんの姿を、私たち旭川・林歯科のスタッフはいつも陰ながら応援し、自分たちの励みにもしています。

渡米前にアルバイトをしていた市内のクレージースパイスというカレー屋さんには、岩本さんの関連グッズが満載です。『このお店の人たちも、きっといつも応援しているんだな』と行く度に思っています。

華やかなスポットライトを浴びるスターだけではなく、裏方で頑張っている人にも応援の声を!

日本ハム優勝!

北海道に移って来てわずかの間に北海道のチームになった日本ハム!おめでとう、日本シリーズ優勝!!

今日の後半チームは、まず、待合室のいつもはつけていないテレビをつけるところからスタート。そわそわ落ち着かない気持ちです。

午前から勤務のパートスタッフの一人が、家族三人で札幌ドームに行くと言うのは、数日前から聞いていましたが、そのチケットが今日!なんてラッキーなんでしょう。みんな、うらやましい気持ち。

診療が終わって9時過ぎ。皆帰りません。急いで片付けて、待合室のテレビの前に陣取って、優勝の瞬間を待ち構える9回裏。私たちは帰ろうとして車のテレビを付けたら、ちょうどワンナウト。思わず、そのまま車を動かさずに優勝の瞬間までじっと見守りました。そして、9時半ちょっと前!優勝決定の瞬間。

ありがとう、日ハム。うれしかった。

ところで、ここ数日、夜の終了が早かったのは、日本シリーズの影響でしょうか?

2006年10月16日

誕生日おめでとう!ありがとう!元気です。

今日は旭川・林歯科医院の院長の誕生日。なんと50才です。まあ、びっくり。

今朝、東京の娘から「今日はお父さんの誕生日だね。おめでとうって伝えて。もしかして50歳になる?見えないなぁ〜(笑)ま、これからも見えないお父さんでいてください。」という暖かいメールが届きました。私に似ず、本当に優しい娘でありがたい事です。

2007-stuff.gif

朝礼で、土曜日に**才になったUさんの誕生日を祝い、院長の誕生日をアナウンスし、みんなにおめでとうを言ってもらい、古参のスタッフ、院長が大学院時代に旭川にバイトに来ていた頃から知っているSさんには「まだ48才くらいにしか見えませんよ!」という微妙な励ましの言葉をもらいました。優しいスタッフに囲まれて本当に幸せ者です。

昼休みには、北大に戻った2006年の前半の研修医の先生からまでお祝いの電話をもらってしまいました。
ありがたい。

さらに、ANAと富士通から誕生日おめでとうメールが来ていました。
おめでたい。

それから、旭川・林歯科も、今月は誕生月。17周年を迎えました。
院長も(年の割には)若くて元気、林歯科医院も、若いスタッフにあふれて元気に、今日も頑張りましょう。

2006年10月14日

CHPの懇親会

明日は、CHPベーシックコースのフォローアップの第二回目。

今夜は7時半から懇親会でした。
ところが!週の初めに引いた風邪がなかなか治りません。病院に行って、薬は飲んでいますが今ひとつ。
残念ながら一次会の途中で早退して、明日は『午前八時半開始』のコースに備えます。

鼻水→熱→鼻づまりときて、今は咳。
眠っていて咳き込んで起きてしまうのが辛いです。
では、おやすみなさい。

2006年10月13日

白い息

すっかり旭川は寒くなりました。

診療が終わってからGEOに出かけたのですが、駐車場で車から降りるともう息が白くなっていました。
実は、旭川市・林歯科医院では、しばらく前から診療室には暖房を入れています。

まだ10月ですが、そろそろ年の終わりの様々な準備に入る時期になりました。

年賀状の準備、職員住所録のチェック、忘年会の手配等。
年々、こういう準備を始める時期が前倒しになって、なんだか一年が短くなったような気がします。

今年の忘年会の手配では、どうも去年より温泉ホテルの料金が少し上がったような様子です。景気がよくなっているせいか、はたまた旭山動物園効果か、台湾、韓国からの観光旅行客増加のためか。地域経済には良い事かもしれませんが、うーん、困った。

2006年10月10日

小樽と鼻かぜ

昨日の体育の日は台風一過の秋晴れとなり、小樽で休日を過ごしてきました。

二人で小樽に行くのは、考えてみると20年ぶりくらいかもしれません。いつも家族と一緒でした。
のんびり歩く小樽の街は、ずいぶん観光地化されてこぎれいになり、古い建物がホテルやSHOPに生かされていて感心しました。その中に、昔からの普通の家や商店があるのも風情があっていい感じです。私が大学を出た頃は、ぽつんと北一ガラスの3号館が立っていた周辺です。

小樽の街で、喫茶店の屋外のテーブルに座ってコーヒーを頂いてきました。喫茶店というのは、最近少なくなったような気がします。このお店は可否茶館という札幌のお店の支店でした。大学に入った頃、同級生の札幌出身者に教えてもらって、時々の贅沢にここのコーヒーを飲みに行ったり豆を買ったりしました。そのころ、貧乏学生にはちょっと高いお値段でした。

散歩をして、お店を冷やかして、お茶をして、小さな買い物をして、ゆっくり楽しんで帰って来たのですが、今朝起きたらすっかり鼻風邪をひいていました。もう少し暖かくして歩いて、帰ってからしっかりうがいをしておけば良かったかも。
熱のでない、鼻風邪だけの状態でティッシュが手離せないのは、なんだかおまぬけなかんじです。

2006年10月08日

雨の日曜日

関東で大雨をもたらした低気圧が北上して来て、この3連休の天気はあまりよくないようです。今朝は雨です。

こういう天気の悪い日の日曜診療は、キャンセルが多くなる一方で、急患も多くなることがあります。明日が休診と言う事も有り、お待ち時間がかかってしまうかもしれません。あしからず、ご了承ください。

2006年10月07日

自転車でGO!

旭川市・林歯科医院は、自家用車がないと大変不便な土地にあります。最寄りのバス停に停まる旭川駅へのバスは一時間に1,2本程度。ほとんどの方が、クルマに乗って来院されます。スタッフもそうです。
一番近いスーパーまで、歩いて約15分。最寄りのコンビニまで5分弱。

10月から研修にいらした北大の先生が、車の免許はあるけれど運転はほとんどしないと聞いて、私たちは少し心配していました。田舎ですし、移動の手段がないとプライベートな時間がつまらないのではないか、不便ではないか、と。

ところが、昨日朝礼で、最近楽しかった事を話してもらったところ、仕事が終わってから自転車で周辺を走っていると言うのです。昨日は永山というところにあるPosfulまで、その前はどんどん走って行って「ここはどこかな」と思ったら旭川駅前だったとか。ちなみに林歯科から旭川駅まで車で20分はかかります。

びっくりしましたけれど、なんだか若々しくて楽しそうでうれしくなりました。

2006年10月06日

バイオポリティクス

バイオポリティクス—人体を管理するとはどういうことか中央公論新社・新書という本を読んでいます。
どんな本かと言うと

出版社/著者からの内容紹介
人の命はいつはじまるのか−−この問いがアメリカで大統領選挙の争点となり、ヨーロッパで法制化が急がれる原因となっているのはなぜか。臓器移植や人体商品の売買が南北問題を激化させ、韓国で起きた科学史上稀に見るスキャンダルも、そうした動きの一例として位置づけられる。今や生命倫理は政治問題となったのだ。生命を巡る急速な技術革新と人類の共通感情とのあいだにあるギャップを埋めるために必要な視座を提示する。

生命倫理に関する本です。

この本は、台湾からの帰りの飛行機で読んだ新聞の書評欄で面白そうだと思い、アマゾンに注文しました。

注文してから驚いた事が二つ。

一つは、アマゾンの紹介ページの「合わせて買いたい本」「この商品を買った人はこんな商品を買っています」に、一緒に買おうと思った本が載っていた事です。

それは「若者殺しの時代」・堀井憲一郎 講談社・新書です。
どうして私が買おうと思った本がここに?何の関連も無い分野なのに…

実は、この2冊の本は、同じ書評欄に、同じ人が「本のソムリエ」として選んで書評を書いていたものなのです。
うーん、どうせなら書評欄のすみっこにamazonのアドレスをQRコードで入れてくれたららくちんなのになあ。
って、それは癒着し過ぎでしょうか?

もう一つびっくりした事は、この本の到着を待っている間に起きた宇和島市の病院の臓器移植に関するスキャンダルです。この問題は、臓器売買に関するトラブルを発端として、その病院の社会保険請求の是非を巡る問題

「腎臓売買」病院に診療報酬返還請求へ

 腎臓移植の臓器売買事件の舞台になった宇和島徳洲会病院(愛媛県宇和島市)で行われた手術の多くが、診療報酬請求の要件を欠いていた疑いが強まったとして、愛媛社会保険事務局は4日、返還請求の方向で調査に入ることを決めた。

 腎移植を含む24分野の手術を健康保険で行うには、病院で手術を受けるすべての患者に文書による説明が必要だが、同病院は生体腎移植手術で口頭の説明しかやっていなかった。調査で確認されれば、返還額は手術料だけで数千万円にのぼるうえ、腎臓以外も含めた多くの手術が保険でできなくなり、病院経営に大きな影響が出そうだ。

さらに医師が以前に勤務していた病院での倫理委員会のあり方と大きく波紋が広がっています。

移植学会、臓器売買事件で執刀医の手術歴調査

 愛媛県宇和島市の臓器売買事件を受け、日本移植学会は5日、生体腎移植を行った宇和島徳洲会病院の医師がこれまで実施していた移植手術について調査することを決めた。臓器提供者や意思確認方法などを調べる。学会の倫理指針の順守状況も近く全国調査する。

 同日、学会内に特別委員会を設置、倫理指針の見直しを検討したうえで、学会員に倫理指針の順守の徹底を求める方針。

生命に関する倫理について、もう少し深く考える契機にしたいと思い、この週末はこの本を読んで過ごすつもりです。

2006年09月23日

台湾の思いで:九ふん

060923.jpg
台湾での思い出を、朝の朝礼で皆に話してもらっていますが、とてもよかったと話題に出るのが、この九ふん(人ベンに分)です。

映画「千と千尋の神隠し」の中でイメージに使われたのが、この古い町の風景です。この眺め、たくさんのお店の見た事もない食べ物のおいしかった事、皆も楽しんでくれたようです。

私たちは滞在時間が短かったので、また行ってみたいと言う気持ちをもって帰ってきました。台湾はとてもいい国でした。

2006年09月22日

士林夜市 運命の赤い糸

ここしばらく、朝のミーティングでスタッフに、旅行で楽しかった事を語ってもらっています。

今日のお話から。

士林夜市というのは、台湾の観光夜市でも最大規模の有名なものです。私たちは夫婦二人で向かいましたが、MRTも士林に向かう人で混み合っており、降りた駅のトイレには外まで行列が。駅の外はまさにお祭りのような人ごみ。
他の人の後について、ぶつからないよう一歩一歩進むしかありません。立ち止まって商品を眺めたり買ったりするのも難しいくらい。


そんな人ごみの中、旭川・林歯科のスタッフは数名ずつに分かれて、特に何の約束するのでもなく夜市に向かったのです。

そして、彼らが、余り人も通らないような路地を歩いていくと、向こうからオーイと呼ぶ人がいる。それはなんと、院長だった!?と言う事です。もちろんその道に入り込んで此所はどこにつながっているんだろうと思っていた私たち二人もびっくりしました。だって、旭川のこの小さな町の繁華街でも出会わないのに。

そこですれ違った二グループはまた夜市の人ごみの中にまぎれて行ったのですが、なんと再び食べ物の屋台村でも巡り会ってしまいました。

なぜ?
これは、スタッフと私たちは運命の赤い糸につながれているのではないか!?というお話。
そうかー。運命の赤い糸だったのね。

2006年09月21日

台湾のタクシー

台湾のタクシーは、メータータクシーで、初乗り料金も安くて安心と聞いていました。私たちの乗ったタクシーは運転もごく普通だったので、言われた通りだったと思っていたのですが、なんと!

スタッフが3人で乗ったタクシーは、すっごいハードな運転で、最初は怖くてキャーキャー言っていたのが、最後にはなんだかおかしくなって大声で笑ってしまったそうです。すると、ドライバーまで一緒になって笑い出してしまい、最後に、good driving!と言って降りて来たそうです。

うーん、一体どんな運転だったのでしょう?


旅行から戻って二日目、昨日から診療を再開して、朝の朝礼で楽しかった思い出を皆に話してもらっています。
今日は、このドライバーの話と、玉=翡翠の市場に圧倒された事、古い金鉱の町:九ふんでの楽しい体験等を聞かせてもらいました。
さて、明日はどんなエピソードが聞けるでしょうか?

2006年09月20日

9月の寒い夜

暑いところから帰って来たためか、昨日から寒さがこたえます。

旭川は、夏は暑く冬は寒い、日中の温度差も大きいと言う、昔習った「盆地」の紀行そのままです。8月は30℃を超えた気候がこれからどんどんn寒くなって行きます。

正直に言えば、そろそろ夜は暖房を入れたい。

でも、なんとか10月まではと我慢する日々です。

2006年09月18日

旭川・林歯科医院の食べまくる台湾慰安旅行終了

総勢17名での台湾旅行。今日、夕方6時半に旭川に戻ってきました。

台湾に行くのは私たち二人を含め、全員初めて。初日は到着してチェックインが終わるともう9時。それから台風の後の小雨の中近くの夜市へ。今まで見た事のない食べ物の数々に皆興奮です。

翌日は一日市内観光。有名なお寺や、建物を見て、お昼は名物の小龍包。午後から、故宮博物館へ。お約束の免税店、土産物屋、漢方薬のお店も、もちろんセット。夕方ホテルに戻って、また雨の中MRTに乗って士林観光夜市へ。
夜市は、思った以上の混雑で、お祭りのよう。毎日がこんなお祭りみたいなのでしょうか?びっくり。いろんな屋台のものを食べて夕ご飯代わりにしました。

三日目は、スタッフは朝からバスを借り切って13名は九ふんへ。二人はMRTで動物園へ。で、私たちは朝ご飯を近くの豆しょう店でいただき、玉=翡翠の市場、ドールハウス等を集めた小さな博物館、出先で昼食をとってホテルに戻ってから半日ツアーで九ふんへ。結論から言うとツアーはやはり土産店等がついてくるので、バスチャーターの方がお薦めです。行きたいところで滞在を長くした方がよかったなあ。

九ふんは、古い金鉱の町が閉山後に観光地化したところで、大変おもしろかったのですが、4歳で生まれ育った美唄の炭坑閉山と九州への転居を体験し、石炭産業の衰退を感じながら成長し、長らく鉱山に勤めた父の亡くなった年に三池炭坑の閉山を見た私としては、閉山後の場所はちょっと苦手です。

台北に戻って夜のご飯を何にするか、二人で長らく話し合った結果、おかゆの専門店へ。何店か並んでいるお店を外から覗いて人気のありそうなお店に入ってみました。とても美味しかったのに、おかずを頼みすぎて残してしまったのが心残りでした。

今朝は、早朝のモーニングコールで起きて7時にホテルを出て10時の便で帰ってくると言う駆け足の実質二日間滞在旅行でした。

朝は早起き、夜は夜更かしと皆はりきって遊んできましたので、明日からはまたはりきって働きたいと思います。休み中ご迷惑をかけた方には、申し訳ない事でしたが、これからも宜しくお願いします。

2006年09月15日

朝寝坊の喜び

いつもは、診療開始の2時間前に起きる私たちですが、今日の旭川駅集合は11:45。院長にとってはお盆以来1か月ぶりの休日。

いつも起きる時間に一度は目が覚めましたが、だいたい1時間半くらいは朝寝坊しました。
のんびりシャワーを浴びて、ゆっくりテレビを見ながら朝ご飯を食べて、支度をして。でもまだ30分くらい時間があります。
幸せです。

見ていたテレビは、知るを楽しむ選 歴史に好奇心ー拝見武士の家計簿ー第4回

▽維新後、海軍省に職を得た成之の年収は今の感覚で3600万円。官員になれなかった親戚の年収は150万円ほどである。家計簿から新しい時代の「勝ち組」の姿を描く。
詳細
幕末の動乱は猪山家の三代目、成之に運命の激変をもたらす。京都に駐留する加賀藩兵の炊き出しを行っていた成之の手際が長州軍の司令、大村益次郎の目にとまり、ヘッドハンティングをうけたのである。維新後、海軍省に職を得た成之の年収は今の感覚で3600万円。一方、官員になれなかった親せきの年収は150万円ほどである。家計簿から新しい時代の「勝ち組」の姿を描く。

こんな面白い番組を作るのに、私たちの受信料が使われるなら、おーけー。すごいぞ、NHK。
でも、平日の10時にこれを流しているとは、日本人侮りがたし。っていうか誰が見ているんでしょう。

2006年09月14日

こんにちは、赤ちゃん!おめでとう、Tさん。

夕方から出勤して来た遅番のスタッフが口々に、教えてくれました。

歯科学院の学生時代にアルバイトに来てから、第一子出産直前まで、旭川・林歯科のスタッフとして私たちを支えてくれたTさんに、二人目の赤ちゃん誕生です。女のお子さんとの事、おめでとう!
上のお子さんもそうでしたが、きっと、お母さんそっくりの美人さんでしょう。

しっかりものの彼女は出産後も一時期パートでお仕事をしていたようですが、ちょうど2歳違いの赤ちゃんが生まれてまたしばらくのお休みに入るようです。
また、お仕事に復帰を考えるときには、林歯科にも声をかけてくださいね。

ご参考までに、赤ちゃんの歯ブラシ、についてのページです。花王の宣伝ページですが、情報は充実していますので、お薦めします。

2006年09月13日

台湾の「玉」

今日も、林歯科の朝礼では、楽しかった事、良かった事を3人に話してもらいました。

まもなく台湾旅行という事で、旅行の楽しみな事も話してもらったのですが、台湾にはアジア最大級の「玉」の市場があって、そこへ行きたいと言う人がいました。

実は、私もそこへは「絶対行こう!」と思っていました。だって、土日しかやっていなくて、土日に行くんですよ。これは行くしかないでしょう。目当てはもちろん「翡翠」。大抵だまされちゃうらしいですけど、と彼女は言っていたけれど、それもまた旅の楽しみの一つでしょう。

2006年09月12日

ハバネロ栽培

今年の春から、東急ハンズで買って来た「ハバネロ栽培キット」で、ハバネロの栽培にチャレンジしていました。

収穫の秋には、ハバネロを使ってペパロンチーヌあたりをと思っていましたが、いつになっても花を咲かせず、今や旭川はすっかりすっかり朝晩冷え込む季節に。ハバネロはただただ上にのびていくのみ。

060912_085932_M.jpg
ひょろひょろのびて元気のないハバネロの鉢植えに、これはおかしいとようやく調べてみました。


がーん。なんと、こういう風に育つもののようです!
で、うちのようになるのは、「日光不足」。直射日光にあてないといけなかったようです。
元々熱帯の植物を、旭川で育てるのは無理だったのでしょうか?

うーん。これから朝外に出してでかけるとすると、夕方の冷え込みが心配だなあ。

2006年09月10日

結婚式へ

昨日は、技工所に勤務する女性スタッフの結婚式でした。

場所は、旭川市の上川神社のすぐ近く、神楽岡
セントポール教会


私たち夫婦はお隣のクラブセントポールwestでの披露宴に参加しました。

専門学校の学生時代にアルバイトとしてやって来てから、もう7,8年?初めてあったときには、学生さんだった彼女は、美しい花嫁さんになっていました。

以前に林歯科に勤務していた彼女と仲のよかったスタッフも招かれていて、久しぶりの再開でした。元気そうな顔を見て、ちょっと安心しました。

1月のスタッフの結婚式もそうでしたが、このごろの披露宴はイベントとしてプロデュースされているので、面白いなと思いました。

キャンドルサービスは、二人が小さなキャンドルをそれぞれ持って各テーブルに回り、列席している人も一人に一つキャンドルを持って待っています。二人が、列席者のキャンドルに灯をともし、その火を隣の席の人のキャンドルに回して行き、一人に一つの灯りのともったキャンドルを持って、新郎新婦と一緒にキャンドルの火を吹き消すとか。

皆に書いてもらった10年後の二人へのメッセージをガラスのカプセルに入れてメモリアルキャンドルに入れて10年間たつと出てくるようにするとか。

お色直しで中座するときに、ホールの白いケーキと果物、ホイップクリームを各テーブルに配って、二人が戻ってくるまでにデコレーションしてもらい、一番素敵だと二人が思ったテーブルにプレゼントをあげたり。

面白かったです。

ちなみに、デコレーションケーキは、うちのテーブルの技工士さんが作ったのがベスト!と思ったのですが、残念ながら一位にはなれませんでした。がっかり。

060909_194533_M.jpg 060909_194554_M.jpg
左は技工班作成、右は診療室班作成です。

2006年09月07日

小龍包に故宮博物館

慰安旅行の日程がしっかり決まって、今日は旅行会社の人が説明に来てくれました。
もう、皆、気分は台湾状態です。

突然欲しくなってアマゾンのマーケットプレイスで注文した本も、2冊到着しました。

実質2日間の滞在で、1日は市内観光と故宮博物館がプランに入っています。行きたいと思っていた小龍包の有名店もプランの中に入っていて満足。お腹を壊すのではないかと心配していたかき氷も、その心配はないと解って一安心。マンゴーかき氷、楽しみです。

その他に行きたいところ、「玉」の市場とか、漢方薬で煮込んだ鍋とかのことをいろいろ調べて、益々盛り上がってきました。

2006年09月06日

正しい歯磨き

「正しい歯磨き」でgoogleと、ただ今28,900 件中2位。
いい歯磨きなんて簡単だ」というエントリーです。

ネットサーフィンというか、なんとなくリンクをたどって思いがけない情報にたどりついてしまう事があります。
この「みたいもん」のブロクにもそうやってたどりつきました。

このblogを書いている方が、3年前に歯科医院で習った歯ブラシの方法ですが、その先生のアプローチの仕方はなかなかのものです。この方は、その説明に心を打たれ?その通りに歯ブラシを行なったところ、長年の悩みだった口内炎ができなくなったという事です。

わたしは歯並びがひどいので、よく口の中を噛むのですが、昔はそれが原因で口内炎になると思っていたんです。 いちばん最近かかった歯医者でその話をしたところ、こんこんと説教されました。

「それは違う。口が口内炎になりにくい状態であれば、噛んだぐらいでは口内炎にならない。口が口内炎になりやすい状態だから口内炎になんかなるのだ。それはブラッシングが悪いのだ!」

中略

ということで、女医さんからブラッシングを徹底的に修正されました。

・慣れるまでは1日20分
・1週間やると、20分磨いた後の感覚がわかる様になるので、それ以降は10分程度でいい
・1日3回3分のブラッシングなんてなんの意味もない
・10分やる必要があるが、1日1回でいい
・1日はさぼってもよし、ただし次の日いつもより注意

反省すると素直なので、1週間20分やりました。20分ってすげえ長いのですが、まず痛み始めていた奥歯の痛みが止まりました。そして1ヶ月後、気づくとあれほどよくできていた口内炎ができなくなっていました。それ以来、どんなに寝不足でもどんなにタバコ吸いすぎても、口の中を思いっきり噛んでも口内炎が一切できなくなりました。


歯科関係者の方には、なかなか勉強になる話だと思いました。

* 1日1回10分 * 1日はさぼってもいい
このシンプルさが、こころをゲットしたんですね。

日頃、いろんな情報を伝えたいと言葉が多くなりすぎるきらいのある私としては、心に留めておかなければならないことです。たくさん話しているうちに、きっと聞いている患者さんには何が大切か、何から始めたらいいのかわからなくなってしまうのかもしれませんね。

わかりやすく!シンプルに!

2006年09月05日

音楽を聴ける歯ブラシ

ITmediaオルタナティブ・ブログipodのライバルは歯ブラシというエントリーのタイトルを見つけて、びっくりして読みに行きました。

なんと、本当に音楽を聴ける電動歯ブラシを開発している会社があるそうです。


digg経由。玩具メーカーのHasbroでは、歯→顎→耳へと「骨伝導」させることで、歯磨きで音楽を聴くことができる「歯ブラシ」をクリスマスまでに投入するそうです。価格は7ポンド。Tooth Tunesだそうです。

 周りにはいわゆる電動歯ブラシの音しか聴こえないらしい。ちょっとびっくりですね。

歯ブラシを作っている会社かと思ったら、玩具メーカーなのですね。ちょっとクリスマスプレゼントに欲しいかも、と思ってしまいました。

最初は、他のものを作ろうと思っていたのを最終的に歯ブラシにしたそうで、開発には6年間もかかっているそうです。

この記事によれば、この技術は開発に6年を要しており、ロリポップキャンディー、ペン、スプーン、フォークといったデバイスへの利用を検討した結果、歯ブラシにすることに落ち着いたそうです。

音楽を聴くものとして歯ブラシを選んだと言う事は、結構長い時間歯ブラシを使うということが前提だと思います。最低3分間くらい?一曲聞き終わるくらいまではがんばって歯ブラシしてみましょう!ということかな?

2006年09月04日

忙しい気持ちの9月の月初め

夏休みが終わり、8月も終わって、9月になって涼しくなったなーと思ったのですが、なんだかやることがいっぱいで気ぜわしい気持ちです。

まずは、月初めにいつも行なう事務仕事。レセプト関連。請求書のチェック。振込。

今週末は、併設の技工所のスタッフの結婚式!

来週は、なんと台湾慰安旅行。そしてそれまでに情報収集活動にネットを駆け巡り、書店に出没。

慰安旅行から戻ったら、すぐに給与振込の準備。

給与振込の後は月末の事務仕事。

あらー。今月もあっという間に終わりそうです。
この頃ちょっと気疲れしているかも。

2006年08月20日

高校野球(2)

私の育った福岡県の代表校は残念ながら敗退してしまいましたが、今日の準決勝は、北海道代表コマトマこと駒澤大学付属苫小牧高等学校が出るということで、久しぶりにしっかりテレビで観戦しました。

結果は、ご存知かと思いますが、決勝進出!がんばっていますね、コマトマ。

歳を取ったせいか、若い人が一生懸命何かに取組んでいるのをみるだけで、なんだか胸が熱くなってしまいます。明日は所用でたぶんテレビ観戦はできませんが、楽しみです。

2006年08月17日

足裏すごい

すごい!足裏!びっくり。

旭川市林歯科医院に、足裏マッサージのpure-threpyの出張が始まって三週目。ついに私も足裏マッサージの体験をしました。

スタートして数分後、あれれっというお腹のはり。そして終了後!あらまあ〜。
私の老廃物、さようなら、です。

決して便秘もしておりませんでしたし、その後お腹を下したような痛みもありませんでしたが、、お腹が、、、くるるる〜〜って。

先に体験していたスタッフに聞いてみると、なんだかそういう体験がある様子です。続けていったら、もしかしてデトックスでアンチエイジングライフへ??

2006年08月15日

高校野球

高校野球に関心が無くなって久しい。

旭川の高校が出ていても、翌日まで気が付かない。

しかし、今日は違う。

高校の同窓生が、同窓会の掲示板に書いていたのだが、第三試合に登場する福岡の高校のエースピッチャーは、なんと私たちと同じ小中学校の卒業生。住まいは、書き込んだ彼も私も住んでいた小川開アパート。今はなき三井三池炭坑の40年前新築で光り輝いていた社宅です。

がんばれ!

というわけで、今日は高校野球の結果が久しぶりに気になります。

2006年08月09日

北海道旭川市市役所の苦情対応(2)

私の住んでいる旭川市役所が、苦情のメールを放置するはずがない!これはきっとメールサーバーの不具合でメールが届いていないに違いない!

そう思った私は、早速確認メールに前回のメール内容を添えて、届いているかどうかを問い合わせてみました。

すると、約一時間後。

8月7日月曜日に確かにメールを受け取っており、現在協議中というお返事が届きました。

届いてたの!?

まあ、届いているならいると返事くらい頂きたいものですが、今回は「ご理解いただきたい」との文言もありましたので、理解を示しておきましょう。

北海道旭川市市役所の苦情対応(1)

さて、8月7日のエントリーに書いた通り、旭川市役所に職員対応に関する苦情のメールをお送りしてみました。

ところが

旭川市役所からは苦情メールに関する返事が来ない


それどころか

メール受領の通知さえない

うーん。
昨今、少し大きな組織にメールで連絡すると、
1)まずオートで受領通知が来る
2)続けて、質問内容等に対する返事が来る
こういう流れなんですけどね。

小さな組織でも対応窓口がしっかりしていれば
1)まず手動で対応窓口がメールを受領し、担当部署に回している事をメール連絡
2)担当部署から返答メール
こうなりますね。

IT化が行なわれていない組織だと、まず最初の受領メールそのものが届きません。


というわけで、旭川市役所は
※ホームページに解りやすく苦情窓口が設置されていない
※自動返信メールが設置されていない
※メールを受け取った担当者がすぐ受領メールを出す体制にない
というIT化状況であることがわかりました。

人手が足りない場合はauto confirm mailを設置した方がいいのではないでしょうか?

2006年08月08日

芸能人の歯並び

最近の芸能人やモデルさんは、出て来たときから歯並びが良くて真っ白なのが普通の時代かと思いきや。まだまだ、とのお話。

はいしゃさんNETの「芸能人の歯列矯正」というエントリーに、

今日本で人気な沢尻えりかさんは左からの映像はものすごく歯が一本無い感じに見えますね。若くて可愛いから今はいいと思いますが、もし、これから人気になっていったらある時歯並び変わってると思います。

と書いてあります。

最近、ろくにテレビを見ない私としては、はて?と思いながらも顔が浮かびません。

早速googleでイメージ検索してみつけたのが→こちら
さらに拡大すると、こう

半分きれいに並んで、6本分のスペースに5本がならんで一本すっかり引っ込んでいる状態。もう20歳かー。うーんうーーーん。

2006年08月07日

旧態依然役所仕事苦情申上

さて、「それって恫喝!?」とびっくりしただけでは気持ちがおさまりません。旭川市役所のホームページから苦情のメールを出そうと思ったら、苦情窓口が連絡先リストにありません。

まず、そこから問合せです。

金曜日の夕方メールをして、今朝10時過ぎに返事が返って来て、書いて整理した苦情とお願いを先ほどメールしました。

ここに、本心を記しておきますが、私たちが怒っている理由は二つ。
一つは、業者に対しては上の立場から何を言ってもいいと思っているのではないか?
もう一つは、業者間で話し合って決めろ、決まらないなら上川支庁に回すという対応。もしかして自分で対応して案件を処理しようと言う気持ちが無いのではないか?

私たちは、旭川市民です。決して少なくはない住民税を払っています。
その住民税によって運営される市役所には、弱いものは叩き、仕事は手を抜き、上の官庁の権威も借りて来て振りかざす、どうもそんな職員が雇用されているようなのです。

民間であれば、どうでしょう?
私たちが出したような苦情メールがとどいたとします。よい経営がなされている組織であれば、対象個人に対する対策と、組織全体に関する見直しが行なわれる事でしょう。

メールには、「対応策の提示をお願いします」と申し上げました。
どのようなお答えが頂けるのか、楽しみです。そのお答えで、組織としての旭川市役所の状態が垣間見える事でしょう。ちょっと言っておきました程度だったら大笑いですね。

夏休みと言えばスイカと花火とジンギスカンだろう!

北海道で夏のバーベキューと言えば、ジンギスカンパーティーですよ。
当然ですね!?

勉強会を4時に終了して、6時から、友人の歯科医師家族と、研修医の米田先生、新しく見えた橋本先生をお招きして、歯科の駐車場でジンギスカンパーティースタート。北海道生活の長い米田先生は2回目くらい、橋本先生はこの前私たちとお店で食べたのが初めてだったジンギスカン。今回は、昔ながらの北海道スタイルのジンギス汗鍋でタレつきラムをいためつつ野菜も食べて、最後にうどんをいれちゃうタイプです。

ジンギスカン肉、やさい、なべ、紙皿にはし、コンロに炭をしのはらジンギスカンさんが届けてくれて、コンロの炭まで起こしてくれるといういたれりつくせり。翌日コンロを回収に来てくれます。

P1010012_2.jpg
夕暮れから焼き始めて、水野先生が焼き方をコーチしてくれた正しいジンギスカン、飯ごうのご飯、子供たちが作ってくれたカレー、おみやげのビール、子供たちは特別にジュース!
花火をして、打ち上げ花火もやって、最後はやっぱりおみやげのスイカをデザートに頂く夏のイベントフルコース。堪能しました。

P1010013_1.jpg
とうきびだって焼いちゃいます。とうもろこしね。

水野先生、お土産のビールに、スイカ、ごちそうさまでした。
八重樫先生、これで、ゆかちゃんが、絵日記に書いてくれたら完璧です!

2006年08月06日

ナルニアの歯並び…

今日は、「ナルニア国物語 ライオンと魔女」のDVDを見ました。

私は、むかーーし、市立図書館の児童書コーナーのナルニアにはまった過去を持っているので、期待と不安とで一杯になりながら、DVDをセットしました。元々が、児童書なのだから子供向けかもしれませんが、世界観もストーリーも私の記憶にあるナルニアの世界が広がっていて、まずは満足。

ただ、ちょっと気になったのは、主役の4人の子供たちの歯並び。ディズニー映画にしては、ちょっと歯並び悪くないですか?末っ子のルーシーは、生え変わりの時期でこういう前歯の間に隙間のある歯並びの時を経て、きれいにならぶこともあるのですが、他の子も、少し気になる感じ。

これって、物語の舞台になった時代が矯正が普及する前だからとか、場所がイギリスだからとか、そういう配慮なんでしょうか?

変な事が気になっちゃって、自分が悲しい。

2006年08月04日

それって恫喝?

わたしが若い頃には、お役所というところはなべて敷居が高いというか、対応の悪い場所でした。

「お役所仕事」といえば、高いところからものを言い、自分は動かず、なおざりな仕事をしている様子を表現した言葉でした。

昨今は、「行政はサービス業」というような表現もされるようになり、少しは、「公僕」、公に使える立場としての振る舞いを表現する傾向が見られるようになりましたが、まだまだ、末端のやや年齢の高い男性等には、社会に求められている「公僕」「サービス業」の振る舞いを理解していない人が多いなと思う事があります。

今日は、とあることで、私たちが二人で多額の住民税を納める旭川市役所のとある部門のSさんという方に電話する機会がありましたが、久しぶりに上に書いたような事をしみじみ感じました。

最後には「こっちはでるとこにでたってかまわないんだ」って、それって市民に言う言葉ですか?社会ではそういう表現を「恫喝」と呼んでいるようですよ。

というわけで、現在経緯を整理して、苦情の書類を作成中です。

2006年08月03日

皆、見てる?

今朝のミーティング。
このごろのGood and Newで、復活してくれた受付元チーフ、林歯科の「司令塔」にして「ボス」ことRちゃんからのお話。

「帯広に行ってしまったSさんから、メールで、『ホームページに載ってるよ!でもなんで後ろ姿?』と。急いでみたら、私の後ろ姿が、載っているでは****」
いやー、ごめんなさい。

でも、遠くに行っても、お母さんになっても、あっちでもこっちでも、元スタッフがうちのblogを読んで懐かしく思ってくれているのかなとちょっとうれしく思いました。

皆、近くに来たら遊びによってくださいね。狭くて、今は、ちょっと暑いけど。

2006年08月02日

北海道予防歯科臨床懇話会のホームページ

昨日、今日と北海道予防歯科臨床懇話会のホームページを作っています。

060801.gif

今回、林歯科が開催をお手伝いした際の内容と、これからの予定、会員のホームページなどを掲載しています。
普通の方が、北海道内で、定期的に歯科医院で虫歯や歯周病のチェックを受けたいと思ったときに、きっとお役に立つホームページになると思います。

また、私たちと一緒に勉強したいと思われた歯科関係者の方への広報的な役割も果たして行きたいと思います。

2006年07月31日

愛別の飛行場

旭川市に隣接する愛別町に、飛行場があります。

愛別飛行場

昨日のエントリーにコメントをつけてくださったjetblueさんのお勤め先だそうです。

ホームページを拝見して知ったのですが、様々な遊覧飛行のコースがあるようです。

A セスナ機体験コース  13分搭乗  5,700円 B 大雪山パノラマコース 30分搭乗 13,200円 C 大雪山ワイドコース   45分搭乗 19,800円 D 大雪山・十勝岳コース 60分搭乗 26,400円 E 美瑛丘陵コース     35分搭乗 15,400円 F 旭川一望コース     25分搭乗 11,000円 G オプションプランコース        440円×分 (お好みのコース・時間を設定できます。)

いつも仰ぎ見る大雪山を上から見たらどんな感じでしょうね?ちょっと気になります。層雲峡の滝の上がどうなってるかもわかるのかな。

2006年07月28日

旭川・林歯科のボス 復活

普通、歯科医院のボス、って院長ではありませんか?そうですよね?

うちは違います。

旭川市・林歯科の「ボス」はこの人。
060728.jpg
受付の「司令塔」です。「ボス」というあだ名をつけたのは、とある若いスタッフですが、よく見ているなーと笑ってしまいました。

彼女が出産のため、昨年夏に林歯科を退職してから一年。待ちに待った復活です。受付スタッフは、彼女が復帰すると聞いて、ここ一年見た事が無いような安心の笑みを浮かべていました。

どんな用事も彼女に頼んでおけば大丈夫。あっという間に采配が振られ、連絡が取られ、行動が起こっています。細部のチェックも怠りありません。この、采配を振る能力が、彼女のすごいところ。仕事を決して一人で抱え込まず、できる人に上手に割り振りして行きます。チームの動きに常に目を配り掌握する。生まれついての「ボス」です。

二十歳で林歯科にやって来たときから退職するまで**年間、彼女はずっと林歯科の司令塔でした。

毎月の予定、年に一度の予定も、彼女の方から「今年はどうしますか?〜さんに連絡を取っておきますか?」と言ってくれます。私たちも、彼女にまかせれば大丈夫と思っています。

もちろん、他の受付スタッフも、彼女がいない間に頑張って大きく成長してくれました。
きっと、帰って来た彼女もうれしい驚きでしょう。

2006年07月25日

ヒット商品

ちょっと理由があって、今年のヒット商品を調べています。

懸賞サイトを眺めたり、口コミサイトを調べたりしてみましたが、なんだか今年は「これだ!」というヒット商品が見当たりません。強いて言えば、 NINTENDO DS-Liteでしょうか。去年は、もう絶対これ!と思う者があったのですが。

さて、帰りに本屋さんによって、ちょっともう少し調べてみる事にしましょうか。

2006年07月22日

久しぶりの北海道大学

研修委員会と来年度研修医との面談を終えて北大病院管理等から外へ出ました。

現在、北海道大学歯学部の診療施設は、歯学部付属病院ではなく北大病院の一部となっており、北大病院から連絡通路が渡されています。

060722-2.jpg

一抹の寂しさを感じながら、駅前のホテルにチェックインすると部屋のまどから北大構内が見えました。

060722-1.jpg

札幌の街の中にひときわ緑の濃いむかしながらの北大の広い敷地に心がゆったりして行きます。
明日は、旭川から早朝2名のスタッフが札幌に出て来て、10時からの講習会に3人で参加します。
しっかり勉強してきましょう。

2006年07月14日

予防歯科懇話会の準備

予防歯科懇話会の正式名称は「北海道予防歯科臨床懇話会」。この「臨床」という言葉を入れなければなりません。ここに設立を提言された、帯広の「つがやす歯科」の栂安秀樹先生の思いが込められています。

さて、様々な準備、連絡、忘れていた事のフォローなどに明け暮れた今日の一日。最後に、講師の先生のお迎えを頼んだスタッフが緊張した顔でやってきて、到着便と時間、ルートの確認をして行きました。「もしかして、走ってみるつもり?」と尋ねると笑って誤魔化していましたが、真面目な彼女の事、明日はルートを試しに走ってみるつもりかもしれません。

思いつく用意はほぼ終わり、明日は医院の片付けをして、明後日は懇話会のメンバーの見学を受ける予定です。
「技工室も見てもらうよ」と言ったら、だめです!と怒られてしまいました。なんででしょう?

まだ、準備の行き届かないところもあって、参加させる方に語迷惑を掛けるのではと不安ですが、がんばります!

2006年07月13日

何は無くとも、近くの友

昨日の12時過ぎまでの勉強会の後、あいファミリー歯科の水野先生は6時前には起きてblogを書き、6時半から朝の勉強会に参加されたようです。

さて、実は、私はこのホームページの運営の他に、水野先生のサイトの立ち上げとフォローを行なっているのですが、メールのチェックもお手伝いしています。たとえば、迷惑メール、スパムコメント&トラックバックの削除など。その中で驚いたのは、先生のblogにあるように、水野先生宛の相談メールの内容が非常にハードな事です。

私はもう7,8年くらいこのサイトを運営していますし、メールフォームも設定しているのですが、今までそのようなハードな相談を受けた事はありません。水野先生のところでは、診療中に人生相談になって泣き出してしまう方もあるそうです。きっと、そのような性格がホームページから感じられて、困っている方のご相談のメールが届くのでしょう。

私がサイトの立ち上げをお手伝いしてから、かなり遠方からあいファミリー歯科を見つけて来院される方が増えたそうです。友人のためにとおせっかいしたことが、思いがけずお困りの方のお役に立っているのかもしれないと思うと、嬉しい気持ちがします。

2006年07月04日

亀の子

私の世代では、「亀の子」と言えば「たわし」と来るわけですが、今の若い人はピンと来ないでしょうね。

さて、たわしの話ではありません。

旭川・林歯科医院では、毎朝の朝礼で、ちょっとうれしかった事・楽しかった事をちょっとずつ3人の人に話してもらっています。

その中で、今、連載?のように私の心を引きつけているのが「亀の子」です。

なんと、スタッフの家で飼っている「亀」が卵を産んで、しかもその卵が有精卵で孵ろうとしてって言うんですから!びっくり。飼っている「亀」ですよ?鳥とかじゃないんですから!?その卵を、湿度と温度を保ってキープして、今や光を当てると中で「亀の子」が動いているのとか血管とか、透けて見えるって言うんです!!!

で、8月上旬には孵る予定なんですって。

もちろん、亀にはなんだかと言う立派な名前がついているんですよ。私が覚えられないだけで。
すごいですねえ。個人のお宅で飼われている亀が。うーん、こういうのもブリーダーって言うのかなあ。

2006年07月03日

いきなり、夏

朝起きたら、いきなり夏。そんな感じです。

夕方、遅番で沖縄有給組の二人が出勤してきました。5泊6日沖縄旅行の後で、一人はしっかり沖縄帰りらしくて日焼け、もう一人は、あれ?という程真っ白で。一生懸命、日焼けどめを使って焼けないようにして来たそうです。

午後から、二人続けて小児歯科の患者さんがキャンセルになりました。旭川では、こんないい天気の夏らしい日は年に何回かしかありません。歯医者さんに行くより行きたいところがあるのはしょうがないかもしれませんね。

2006年06月29日

子供たちは忙しい

小児歯科の予約は、いつも4時ごろが混み合います。

幼稚園も、保育園も、小学校も、同じように終わって歯医者にたどり着くと4時頃という事でしょうか?昔は、幼稚園に行く前の子が午前中に検診にきて、午後の始めの時間には4、5才の子が虫歯の治療にきて、次に小学校の低学年と段々年齢が高くなって行ったものですが、最近は、小さい子も皆忙しい。

大抵の子が3歳児から幼稚園に行きますし、その前から保育園の子も多いです。小学校や園が終わっても、習い事もたくさん。皆忙しいんですよ。

でも、難しい性格の子には、なんとか混んでいない時間に来てもらいたいなあというのが、本音です。お母さんもいろいろ忙しいのは解っていますが。

2006年06月26日

有給休暇で沖縄へ

旭川・林歯科医院は、スタッフの多い歯科医院です。それだけ業務があるという事なのですが、お互いがカバーし合う事で有給休暇がとりやすいという利点もあるようです。先月も一人、ディズニーランドに行ってきました。

今月は、スタッフ2名が、明日から沖縄旅行へ出かけます。先月あたりからそわそわと情報収集に励んでいました。一人は、親知らずを抜くかどうか悩んでいましたが、どうやらそのままにして出かける事にしたようです。ダイビングをメインで行くのですが、水圧で痛くなったりしないものでしょうか?気がかりです。

二人は一昨年、慰安旅行ででかけたバリでダイビングスクールに参加して、海の楽しさに目覚めたらしく、昨年も沖縄に出かけてきました。

あれ、沖縄は今頃梅雨ではなかったかな?こちらから行くと、蒸し暑くてびっくりすると思いますが、けがをせず、美しい海を満喫し、楽しい休みを過ごして来て欲しいと思います。

いってらっしゃい。

2006年06月25日

健康って難しい

昨日、内田樹の研究室の「健康って何?」というエントリーを拝見しました。

毎日新聞の『縦並び社会:第4部・海外の現場から/8止 「国民総幸福」の国』という記事を元に書かれたものです。この記事には、アメリカのイタリアからの移民社会の健康状態の推移が書かれていました。

食生活や喫煙率は周りの町と変わらない。ではなぜ−−。謎は、なかなか解けなかった。

 米国東部ペンシルベニア州のロゼトはイタリア移民が作った小さな町だ。どこにでも見られるベッドタウンは1950年代、心臓病による住民の死亡率が周囲の町の半分ほどだった。

 医学者の故ウルフ・テンプル大教授らは、ロゼトを含む一帯で診察や血液検査、面接を繰り返した。医学的には差がない。ただ一つ違っていたのは、住民の連帯感が強いということだった。「お互いの尊敬と助け合いが健康をはぐくむ」。93年に研究結果をまとめた。

 この町で生まれ育ったコンファロン町長(76)は「町民が質素ながらも一つの家族のように暮らしていた」と振り返る。それも60年代後半から失われていく。キャデラックを乗り回したり、ラスベガスに旅行する人も出始めた。70年代半ばには死亡率が他の町とほとんど同じになった。

 ハーバード大のカワチ教授(公衆衛生学)は「他人との比較や、富を求めて過重労働になるストレスと、社会の結束が崩れることが健康を損なう原因」と考えている


さらに現在のアメリカとイギリスとの比較から、健康と競争社会のあり方についても

■競争と健康

 先月、ロンドン大のマーモット教授らが発表した論文によると、英米両国の55〜64歳の計約8000人を比べた結果、がんや心臓病など七つの病気で、米国の方が英国より1・2〜1・8倍も患者の割合が高かった。米国の高収入層は、がんなどの患者の割合が、英国の低収入層より高い。専門家は、米国社会の競争の激しさが原因の一つだと受け止めている。

という記載がありました。

-----------------------------------------------

ちょうど、昨日、人間ドックを受けて来た直後でもあり、人間の健康とは何か、健康を維持するために何をするべきか、今一度考えてしまいました。

内田樹先生はエントリーの中で

新聞を畳んで大学に行ったら、一年生の基礎ゼミの発表テーマが「生活習慣病の原因と予防」というものであった。 栄養に配慮したバランスよい食生活を維持し、喫煙飲酒をせず、適度な運動をしましょう、という保健の教科書のようなプレゼンであった。

しかし学生諸君、人間というのはそれほど単純なものであろうか。
よく知られた事実に「健康法の唱道者は早死にする」というものがある。
食べ物や体操のようなフィジカルな営みに特化した健康法はしばしばメンタルストレスを増大させるからである。
そうなのである。
経験的に言って、健康法を律儀に実践している人間は必ずしも機嫌のよい人ではない。
というか非常にしばしば彼らは不機嫌な人である。
理由は簡単。
「世間の人々が自分と同じように健康によいとわかっている生き方を採用しないこと」がどうしてもうまく受け容れられないからである。
〜中略〜
周囲の人間の生活習慣の乱れに対する辛辣な批判と、おのれの実践している健康法に対する原理主義的確信は、彼らをしだいに社会的孤立へ追いやる。
ロゼトの事例が教えてくれるは、たとえジャンクフードを食い、煙草を吸い、酒を飲んでも、「周囲からの支援と尊敬」のうちにいれば、人間はあまり病気にならないということである。
逆から言えば、「周囲からの支援と尊敬」が欠如した状態に置かれると、どれほど生理学的・生化学的に健康な生き方をしていても、それはあまり人間の生命力を高める役には立たないということである。
健康法の効果はそれがどれほどの社会的合意を獲得しているかによって左右される。

最近学んだCHPのセミナーで心に残っている言葉に「健康は幸せに生きるための手段ですよ」というものがあります。人は健康なだけでは幸せにはなれない、けれど、幸せに生きるためのベースになるものです。

毎日を幸せな充実感に満たして生きるために、頑張りすぎずに、体も心も大切に生きていきたいと思いました。
まず、規則正しい生活と、できるだけ運動を、そして野菜や魚をもう少し食べるように。

人間は、内田先生もおっしゃる通り、生理学的に正しいだけで健康になれる程シンプルな生き物ではないのですから。

2006年06月23日

「胃カメラか?はたまたバリウムか??」明日は人間ドックへ

明日は、院長と二人で休みをもらって人間ドックへ。

いつも悩むのは「胃カメラ」「バリウム」の究極の選択。去年は、「バリウム」に逃げたらポリープの疑いで再検査で「胃カメラ」と両方やるはめになってしまいました。今年も、どちらにするか悩んでいました。すると、院長が「去年の事もあるし、今年は胃カメラだな」と。

でも、電話するところでやっぱりバリウムで、とお願いしてしまいました。院長は希望通り、胃カメラでお願いしておいたのですが、今日まで今年はバリウムだと思っていたそうで、なぜかショックを受けていました。

今年は、私はバリウム、院長は胃カメラということで、頑張ってきます。

2006年06月22日

旭川・林歯科のスタッフ自慢

順風満帆、満員御礼、日進月歩の様相を呈する旭川林歯科医院ですが、先日書いたように全くトラブルがない訳ではありません。今日も朝一番から、連絡不備のため、診療に必要な準備が整っておらず、患者さんにご迷惑をかけ大変申し訳ない思いをしました。

けれども、その一方では、一昨日の発表原稿のようにとてもうれしく誇らしい事もあります。これだから、仕事はやめられません。

院長も、うれしかったのでしょう。昨日から二日がかりで、原稿のチェックを終わらせ、今日の夕方、発表班のメンバーに原稿を返し「こんなスタッフがいる歯科医院は、滅多にないよ!」と言っていました。研修医の先生にも原稿を見せて「すごいだろう?これ、自分たちだけで作ってるんだよ。信じられる?」と自慢していました。

今日の夜は、診療終了後来客があり、お話をしてから11時近くなって医院を出ましたが、外に出るとまだ電灯がついています。どうしたのかと思って院長に尋ねると、まだ皆で返した原稿の手直しをしているという事でした。

どうして、こんなに真面目でパワーのあるスタッフに恵まれているのでしょう?
この幸せを誰かに伝えたい。

2006年06月21日

うれしい悲鳴@旭川林歯科

ハプニング続きの昨日の長い一日の最後には、こんなうれしいハプニングがやってきました。
060621.jpg
あふれる34枚のpowerpointのスライド!!!

これは、7月の予防歯科臨床懇話会の時の発表用です。
アンケートの集計をして、皆でスライドを作って、査読のために提出して来てくれました。

060621-2.jpg

そうして、院長は診療の合間にスライドと発表原稿とのチェックに余念がありません。

こういうときの原稿は、以前はアウトラインを院長が提示していましたが、今では、メインテナンス班のチーフが自分で考え、チームの皆と仕事を分担して、一通りできたところで持って来てくれるまでになりました。ここまで、院長はアンケートをする事の提案と大まかな内容についての意見を言っただけです。

どうです?この実力。

悩みは発表時間内におさまるかどうか!?言いたい事が多すぎる!!!

2006年06月20日

なんだか長い一日

週に2回は散歩をするという極私的な目標ですが、ただいまCHPフォローアップコースの相互コーチングに取組む負けず嫌いの私としては、今度の相互コーチングにどうーーしても「今週は2回できました。」と言ってみたい!

という訳で、緊張感から朝の6時前に目が覚めて6時半頃散歩に。この1週間で2回目!やった。今週はこの後ジム仕事で忙しくなるのはわかっているからどうしても今日歩いておきたかったのです。
さわやかな朝の公園から、証拠として家の写真を撮ったりして、幸せに帰宅した直後…

060620_071308_M.jpg

電話のベルが鳴りました。

なんと!!
林歯科医院の診療前に清掃を手伝ってくださっている方から!

「水が出ません!」


というヘルプコール!!!

どうしたらいい??
すぐ水道局に電話して断水の有無を確認したところ、断水ではない事がわかりました。
いつもお願いする設備屋さんのエマージェンシーコール用の電話番号に「すぐ来てください!」と電話して、私も末広にある医院へ。
「今日、早く目が覚めたのはこのためだったのだろうか???」と思いながら医院につくと…

…ブレーカーが一つ落ちて、給水ポンプが動いていないだけでした。

だれっっつ ブレーカー落としたのは!?

さて、今日は10:30からとある施設の歯科検診で3〜5才のお子さん40名弱の歯の状態を拝見する予定でした。少し早めに医院を出て、研修医の先生、スタッフ、私の3名で到着したところ…

ミラーがない!?

検診で小中学校に伺うときは、消毒済みの検診用ミラー等が届いているのですが、ここは貸与の対象外だったのです。これまで検診に2回程来ていたのですが、今までは、スタッフが抜かりない事前チェックを行なって用意して持たせてくれていたのです。そのスタッフはきっと…

Rちゃん はやく帰って来て〜〜

夕方診療が終わってから届いたメールには、予防歯科懇話会のスタッフプレゼンテーションの抄録が!
やったー!

開かない…

なぜ?
うちのコンピューターがMacだから?Excelのバージョンが古いままで2004にしていないから??
「先生お願い、テキストで送ってください」とお願いメールを出しました。
しょんぼり。

こうして、いつにない程トラブル続きでスタートした一日は、ずいぶん長く感じましたがようやく終わりに近づいてきました。まだ、事務処理を終えなければ帰られませんけどね。

目標その2「公私混同しない」−1)持ち帰り残業しないを守るべく、これから愛用のコンピューターと事務仕事です。

2006年06月18日

エレベーターが怖い

昨日は、勉強会の後エレベーターで他の階に移動して、懇親会が行われました。

数人でエレベーターに乗り合わせたとき、「ついメーカーを確認してしまいますね」「急いで降りないとと思ってしまいます」という会話が交わされました。

いつも安心して使っているものでも、機械には壊れる事があり、信じすぎてはいけないのでしょう。周りのあらゆるところに機械がある生活にすっかりなれていますが、毎日の通勤に使うオートマチック車も、毎日の診療に欠かせない歯科の機材も、いつ壊れるかわからないことを、忘れてはならないと心に刻みました。

2006年06月17日

しかけ絵本

最近、「しかけ絵本」と呼ばれるこった作りの「飛び出す絵本」がはやっているそうです。
林歯科の待合室にも置きたいと思って調べてみたのですが、なかなか高価なものです。作りも繊細で不特定多数の小さなお子さんたちがさわったら、すぐ壊れてしまいそうです。きっと、大切に大切に宝物として扱うものなのでしょう。

060617


ところで、今年の4月から、私たちが書くカルテも、ちょうど「しかけ絵本」のようになってしまいました。

様々な文書の交付が義務づけられ、その控えをカルテに添付しなければならなくなり、ひどいときは1ページのカルテの上に上下左右から3枚もの文書を貼付けている事があります。

こうなると、簡単に前のページのカルテを参照する事ができません。

ぱたぱたと、カルテと文書を折り返してカルテの本文を読み、さらに前のページの文書を折り返しては読み。なんだかしょんぼりした気持ちになってきます。

2006年06月16日

今年の私的な目標

1)第一印象の明るい人になる
2)公私の区別をつける
3)週に2日は散歩する

やろうとおもうと意外と難しいものです。
もう少し、具体的な行動目標に落とし込まねば。

といいつつ、今週末の持ち帰り残業リストは
・待合室スクリーンセーバー計画用画像作成
・4月・5月経営データ分析
・保険外診療(補綴)説明カード作成
あらー。もりだくさん。

これは、目標は遠いです。

blogのニューエントリーリストをホームページに

自分が書いているこの「DenDenDiary」の、新しい記事のタイトルを、林歯科医院のホームページに掲載したい。しかも、その都度書き込むのではなく、自動で!

これが、ここしばらく私のホームページ運営での課題でした。

林歯科ホームペ−ジの表紙は、自分でこまごまといじっているのですが、ホームページ作成ソフトを使っていても、そこそこ手間がかかるものです。

そこで、簡単にリストを掲載させる方法をこの1週間くらい、様々な単語を検索しながら、探してきました。

そして!
ついに!

昨晩、その方法を見つけました。
Feed2JS がそれです。
このページに必要事項を入力するとボタンを押すと、自分のblogのニューエントリーをJava Scriptを使って書き出してくれ、それをコピーしてホームページのソースの掲載したいところにペーストすればできあがり。

条件の設定は、こちらのページを参考にさせて頂きました。

これで、林歯科のホームページの表紙の隅っこに、新しい方から5個のエントリーのタイトルが順番に出てくるようになりました。

やったー!

2006年06月13日

慰安旅行のガイドブック

今日は診療が終わってから12時まで開いているゲオへ行って、ガイドブックを買ってきました。


今年の秋、9月に行く事を決めた慰安旅行のガイドブックです。


今年は、台湾!
今まで一度も行った事が無い場所なので、とても楽しみです。美味しいものはあるでしょうか?

亡くなった父が行きたいと行っていた故宮博物館も楽しみです。


しばらく眺めたら、スタッフルームに出して皆にも旅行気分を味わってもらう予定です。

2006年06月12日

ちょっと怖い

昨日は眼科で目を見てもらい、なんでもありませんよと言われたのですが、今日はちょっと目の調子が不安でどきどきしました。

先月の支払の振込作業のときに閃輝暗点という症状になったため、また同じようになったらどうしようと、怖かったのです。

幸い、滞りなく支払の作業を終える事ができました。

明日は税務事務所の人に巡回で書類を見てもらう日です。
毎月が、こんなリズムで同じようにすぎて行きます。

2006年06月11日

日曜日・札幌へ

日曜の朝から、所用と勉強のため札幌へ。

まず、用事のコンタクトレンズの新調。眼科をでると、勉強会までにぎりぎりの時間になっていました。少しずつ老眼が進むかと思っているのですが、今のところは視力に大きな変化は無いようです。

よさこいのため、街もJRも混み合っていて、にぎやかで慌ただしい感じの札幌の街でした。

2006年06月10日

コーチングパートナー!

先週の土日、CHPベーシックセミナーのフォローアップコースを受講した際に、二人一組のコーチングパートナーを作って相互コーチングを行ない、4ヶ月後の目標達成を目指すという宿題を頂きました。

木曜日、初めての相互コーチングの電話をして、二人で4ヶ月後の目標を立てました。

忘れないように、私の目標を書いておきましょう。

1)初めての人の前でも、明るくやさしく話ができる
2)公私をわけて、それぞれの部分が充実するように
3)運動不足なので、週に2回は散歩をする

うーん、すでにコピー&ペーストで済ませてしまいました。
もっと頭と心にたたきこまないと。

2006年06月08日

「今までで一番うれしい!」

「今まで仕事して来て一番うれしかった!」
って、スタッフが言いに来てくれました。

彼女の担当する歯周病のメインテナンスに通って来ている方の「歯茎がひきしまって、ポケットは半分くらいになってるんですよー。本人もすごくよくなったような気がするって!でも先生、患者さんじゃなくて

私がうれしい!わ・た・し・が、うれしいんですよー」


それだけ言うと、「これから、帰る前に、患者さんに出す手紙を書くからカルテを見せてください」と言って、向こうへ行ってしまいました。

うわーっ。すごいなあ。
うちって、いつの間に、こんなすごいスタッフのいる歯医者さんになっていたんだろう。
なんだか置いていかれそうです。

歯科検診で「やられた〜〜!」

今日は、近くの小学校で歯科検診。
北大からの研修医の先生、私、新卒の衛生士さんの3名で駐車場に午前8:45集合・出発。体育館での検診には4軒の歯科医院の先生が協力しています。

いつも、どこの学校に行っても、歯科検診は少なからず騒がしくなり、筆記係に伝えるのに一苦労です。途中で「静かにー」と声を上げる事もしばしばです。

ところが、今年の歯科検診は、とても静かに推移し、「おお、なんかいい調子?」と思っていました。その気の緩んだところに…

「やられた〜〜!」

何か視界に入ると思ったら、、、、
なんと、次の順番の男の子が、検診中の子の後ろに立って、

『静か~~~に踊っているのです』


なんか左右にゆらゆらと、フラダンスのような動きを。

「笑ってはいけない!負けないぞ!」と思いましたが、こらえられずに肩をゆらしてしまいました。すると、筆記をしている二人も、ひくひく。付いて来た担任の先生も「こら」とか言いつつ、ひくひく
帰りに3人で、「あれにはやられたなー」と言いながら帰ってきました。

『あーこんな子、私の小学校にもいたよ。』と久しぶりに昔を思い出しました。

2006年06月03日

同級生の訪問

明日のCHPフォローアップコースに参加する同級生の加藤先生が、午後から林歯科医院を見に来てくれました。

加藤先生とは、ここ数年、あちこちの講習会で出会います。きっと、目指している事、関心がある事が重なっているのでしょう。「面白いね、がんばってるね」と言ってくれた事が、きっと私たちの明日からの励みになります。ありがとう!

2006年05月29日

ブログ紛失!MovableType 3.2-ja-2への道

昨日、迷惑トラックバックの撃退のためにと、MovabkeTypeのバージョンアップを始めました。が、大失敗。

全てのエントリーを吹っ飛ばしてしまいました。

結局、アップグレードをあきらめ、一度ファイルを消して、バックアップしたファイルを読み込みました。
バックアップのテキストファイルは、一瞬で書き出しできたのですが、読み込みは一回では全てのエントリーを読み込みできず、何度も中断してしまいました。結局、18回に分けてアップロードしました。
その間、3時間。途中で気が遠くなりました。

問い合わせしたSIX APARTのサポートチームの方のご返答も、結局はあきらめて全部最初から入れなさい、テンプレートをバックアップしてからねという事でしたが、既にテンプレートも消去した後でした。

この間参考にさせていただいたページのリンクを掲載いたします。
また、わたしのようなどなたかの、お役に立ちますように!

【MovableType 3.2-ja-2導入時 参考サイト】
ロリポップでMovable Typeしよう!
MovableType 3.2-ja-2へのアップグレード

2006年05月27日

留守番部隊

今日は、院長の講習会参加のため、いつもよりぐっと患者さんの少ない状態です。

この、院長不在の留守番部隊の活動を報告したいと思います。

まず、いつも診療中に広げて行なう事のできない、機材・材料の整備・在庫管理等を行ないました。

次に、今回導入した説明用ツール「対話型コミュニケーションソフト メドバイザー」の使用方法、説明方法のトレーニングです。どのような資料が入っているかを熟知しなければ、患者さんの状態に対応した資料をお見せする事は難しいものです。また、今年新たに林歯科の診療に参加したスタッフ2名にとっては、様々な治療方法についての知識を得る勉強にもなりました。

メドバイザーの動画は大変解りやすく、歯科の勉強を初めてする新規採用の受付スタッフも感動していたようです。

続けて、開いているユニットを使って新人2名のトレーニング。これだけ時間をかけて、新人一人に一人又は二人の先輩が付いてのトレーニングはなかなかできませんので、充実した特訓になりました。

こうして、なんとかトラブル無く、一日の診療を終えることができましたので報告します>院長。
まだ、講習が続いていると思いますが、頑張ってください!

2006年05月22日

いきなり温泉旅行

昨日の診療が終わってから、いきなり旭岳温泉へ。
なんとホテルの部屋が空いていたので、そのまま温泉に泊まり、早朝家に戻って着替えて出勤しました。気分は朝帰り。

060522.jpg

旭岳温泉の周囲はまだ雪が残っていて、今朝の姿見の池周辺の気温は-3℃。まだまだ北海道は寒いですよ。

2006年05月20日

とても気に入ったミニコンポなのですが

居間でCDを聞くのに、DVDプレーヤーを使っていたのですが、専修の日曜日にミニコンポを買ってきました。手持ちのCDをコンポのHD(80GB)に移して、SDカードに書き出せるという優れものです。

持っているCDをどんどんHDに書き込んで、BGMに流すと、あらラクチン。休日の家事のおともにもってこいです。

ただ、一点、気になる事。

ずれていませんか?CDのトレーとスイッチ。

060520

箱から出して設置した時から、トレーを動かすスイッチがわずかに下がっているように感じます。

本当に少しなのですが、近くで見るとこのズレが気になって気になって。
シンガポール製だからしかたないのかなあ。
ちょっと前の日本のオーディオ製品でこんなことが気になった事なかったのに。

毎日の仕事は、こういうズレを許さないところにポイントがあるので、なんかすごく落ち着かないんですよね。

2006年05月19日

履歴書の整理

新しく入って来た人がいるので、履歴書の整理をしていました。

退職者は退職者のファイルに、常勤と非常勤とを分けて、と3冊のファイルに履歴書を整理しています。

古い履歴書を見ていると、小さな証明写真が懐かしいアルバムのようです。今、林歯科の主力メンバーになっているスタッフの幼い若いどこか不安そうな緊張した顔写真が残っています。

どの顔も、今が一番自信に満ち、いきいきと輝いた美しい顔だと思います。

2006年05月15日

ホワイトニング「あなたにお願いしたい!」

再来週、5月27.28日の土日は院長が講習会に出かけるため、院長の担当患者さんの予約はお取りしていません。当日は、私が診療室に出て、急患対応とメインテナンス部門の患者さんの対応を行ないます。

ところが、今日、スタッフの一人が「相談なんですけど…」とやってきました。

彼女がメインテナンスを担当している患者さんがホワイトニングを希望しており、土曜日でないと来院できないとの事で、27日の土曜日に予約を取りたいと言う相談でした。もちろん「いいですよ」と即答しました。

すると、さらに、「私にいてほしいという希望なので、休日なのですが出勤してきていいですか?」と。ええ、もちろん「いいです!」とも。

メインテナンス部門を立ち上げてからすでに4,5年が経ちましたが、その間にメインテナンスに継続的に来院される患者さんは、林歯科医院の患者さん、院長の患者さんというより、担当衛生士の患者さんになっていました。

こんな形で患者さんの信頼を勝ち得ている素晴らしいスタッフがいて、本当に幸せな歯科医院だと思います。

2006年05月13日

閃輝暗点

木曜日の昼前、診療の合間に振込のためにコンピューターのモニターを見ていると、今まさに見ようとしている文字が見えなくなりました。

ちょうど、こんな感じに。
12345678910
12345678910
12345678910
12345678910
12345678910

あれ?と思って目をつぶると、明るいものを見つめた後のように、目の裏が白く感じます。

もういちど目を開けてモニターを見ると
12345678910
12345678910
12345678910
12345678910
12345678910

見えない範囲が広がっていました。
びっくりして、目をつぶると目の裏が白く見える範囲も広がっています。

これはいけない。と、しばらく目をつぶって横になっていました。
10分程すると再び見えるようになっていました。

眼科で相談したところ、偏頭痛の前駆症状として起こる事が多い「閃輝暗点」というものだそうです。中高年では脳の血流の異常でも起こるそうで、これからは色々気をつけなければならない世代なのだなと改めて思いました。

2006年05月09日

ぺんだこ復活

手紙がメールに、日記がブログに、レポートがワープロになって、すっかりなくなっていた私のぺんだこが、この4月戻ってきました。

一ヶ月に1本も無くならなかったボールペンのインクが、1週間足らずで空になり、一回に3本まとめて100円ボールペンを買うようになりました。

それは、歯科関係者ならだれでもわかる4月からの配布&添付書類の山のためです。詳しくはこちらをご覧下さい。多くの歯科医師が、私たちの職業は事務職だったのか?という疑問と戦っています。

この文書が少しでも、患者さんの健康改善のお役に立つのなら、やりがいもあるのですが、ただいたずらに待ち時間を長くしているだけではないのかという疑問がどうしてもすてられません。

患者さんの側を離れて配布用の書類を書くよりは、直接お話ししたいと思うのは間違っているのでしょうか?

ちなみに、タスカル(ナカニシ製)と言う機械を使うようになってから、リーマーだこもなくなり、このままタコのない手で引退まで行けるかと思っていたのですが、残念でしたというところでしょうか。

2006年05月08日

ゴールデンウィーク終了

土日は診療をしていましたが、まだ周囲の雰囲気はゴールデンウィークでした。

今日から、平常通りの毎日です。
まだどこか、休みの気分が残っていて、エンジンがしっかりかかっていない気がします。

休んだ分遅れている事務仕事もありますので、明日はしっかり働かなければと思います。

2006年05月07日

竹富町立歯科診療所

5日間の休日で、院長と私は沖縄県竹富町の西表島へ行ってきました。

ここは、新婚旅行で行った思い出の場所でもあります。

さて、この島の人口は2000人くらいだそうです。西側と東側に分かれて発達しているのですが、東西に二つの歯科医院、竹富町立西部歯科診療所と東部歯科診療所があります。

taketomityouritusika.JPEG

この診療所に勤めている歯科技工士の川村さんは、昔院長が旭川に始めて来た頃にお世話になった方です。診療所が開設した8年前に西表島に移住し、診療所を支えてがんばっています。趣味のダイビングやクルージングもできると思って移住したそうですが、忙しくてもう3年くらいは潜っていないとの事でした。

千葉県にある医療法人が町の委託を受けて運営しているようですが、歯科医師、歯科衛生士がなかなか定着してくれないのが悩みの種と聞きました。この連休で、歯科医師の先生が交代するところで、その受け入れ準備に忙しくされていましたが、一晩お食事をご一緒し、翌日には医院も見せて頂きました。

ヨシダのユニットを使っているのですが、沖縄本島から修理に来てもらうのに1ヶ月待ちになってしまうので、川村さんが研修を受けてユニットのメインテナンスもできるようにしたとのこと。
「旭川に帰りたいなあ」とおっしゃりながら、医院になくてはならない人として、がんばっておられるのが伺われました。

2006年05月01日

2006年4月の診療を振り返って

4月に社会保険の点数改訂が行なわれ、林歯科医院もその渦の中で混乱に巻き込まれました。何をしていいのか解らない、これでいいのかどうか不安で仕方がないという1ヶ月間でした。歯科関係のメーリングリストを読むと、他の歯科医院でも同様であったようで、4月分の保険点数を集計し書類を提出する5月上旬まで、まだまだ現場の混乱の声は続きそうです。

そんななか、4月は思いがけない程保険外診療を選択される方が多く、少し驚いています。

保険外診療の説明をすると誤解をされる場合もあるのですが、私たちは保険外診療でなければならないと言っている訳ではありません。関心の無い方には押しつけのようにとられる危険性もあるのですが、全ての方に、治療についての全ての選択肢をきちんと説明したいと思っているのです。

たとえば、根の治療については、保険の範囲で全ての方に対して最高のレベルでと思って診療を行なっています。
根の治療が終了した時点で保険外診療のお話をしますので、保険診療の冠をかぶせる方は手抜きをするとか、保険外診療をする人はいい材料で根の治療をするということは、一切ありません。

保険診療の他に保険外診療の選択肢がある場合には、必ずどなたにもご説明をするよう心がけています。なぜなら、治療が終わった後で、「〜という治療法があると知り合いに聞いたのだが、私はできなかったのですか?」と聞かれたりすることがあっては困るからです。

残念ながら、保険診療では、全てのベストの治療方法が選択できる訳ではありません。
特に審美性を求められる部分や、高価な材料が必要なもの、最近できた新しい技術等は提供できない部分が多々あります。

こうして、様々な情報を提供した上で、保険外診療を選択される方が増えている事で、私たちの技術を信頼して頂いている事を感じ、益々よりよい歯科医療を提供できる体制を確立して行かなければと気持ちを新たに致しました。

2006年04月29日

旭川・林歯科院長の今日も多忙な休日

今日は、3月21日から一ヶ月と1週間ぶりの院長の休日です。
一日寝て過ごしたいところですが、そんなもったいない事ができないのが、旭川・林歯科の院長のすごいところと言うか、悲しいところと言うか。

朝起きて、日課の筋トレをし、ホームセンターの開店を待ってゴミを収納するボックスを買いにでかけてから、末広の林歯科へ。

事業所ゴミの分別のために石膏ごみなどを置いておく場所を分けなければならなくなったのですが、ゴミ袋をそのまま置くと見た目も悪いし、万一子供が触ったりしても困るので、しっかり分けられるようにしました。このボックスが、「お客様組み立て」のため、意外と時間がかかりました。

次は、雪の季節の間に汚くなってしまった屋外の掲示物のお色直し。
林歯科の前、往診センターの前、近所の中華点心の店「西林館」の前と、三カ所に林歯科のパンフレットを置いているのですが、このパンフレット入れの掲示が色あせてしまっているので、雪融けを待って新しいものに変えました。
一個失敗したのでまた今度もう一度やらなければなりません。

この「パンフレット」には、林歯科の保険外診療料金の詳細も書いてあります。
料金を6月に改定しますので、5月からは改訂前後の金額の対照表も入れる予定です。

今日は林歯科の診療は休診日ですが、動いている部分も有ります。レセプトの関連の事務処理、それから医院の改装工事は、今日の休診日、ゴールデンウィークの休診の5/1〜5/5も続きます。

車いすの方の来院を楽にするためのリフトの工事は、今日でほとんど終わりのようです。
明後日からは、ブラッシングコーナーをカウンセリングルームに変えるための工事が始まります。5日間の内装工事で生まれ変わる林歯科医院を楽しみにお待ちください。

午後からは、医院で矯正の分析です。すでに矯正相談済で、5月に入ってから診断結果をお伝えする予定の方の検査結果が、10名分もたまってしまっていました。急いでレントゲンのトレースと、トレースして分析まで終了しているものの診断を行ないました。

夕方、5時半から1ヶ月半ぶりに髪を切りに行き、夜8時帰宅。閉店するビバホームで半額で買った足裏マッサージ器を試して、ようやくこれから昨日借りてきたDVDを見ると言う多忙な休日でした。

2006年04月27日

Good & New その後

旭川・林歯科が、Good & Newを始めてもうすぐ2週間です。

毎日3人ずつ、このごろあったよかった事をちょっとだけ話して、みんなで拍手をしてから診療をスタートします。その前に、これまでの朝礼と同じように、伝達事項や院長からの話を終えておきます。

今までは、かたい話を終えた緊張感から診療をスタートしていましたが、Good & Newを始めてからはリラックスした雰囲気でスタートできているような気がします。

いつ当たるか解らないので、何かいい事が有ったら覚えておこうとアンテナを立てておくのもいい事のような気がします。

いつも一緒に仕事をしていても、仲のよい人はともかく、プライベートな時間をどう過ごしているのか、どんな時にhappyだと感じるのかはわからないものです。小さなエピソードから、その人の仕事を離れた生活や間隔が垣間見えるのも、なかなか面白いものです。

今日のGood & Newでは、スタッフの一人の家の「亀」がもう一人の家に遊びに行く!という話にびっくりしました。遊びにこられる家では男の子が「亀」の来訪を楽しみに待っていて、お供に「くわがた」が3匹!ついていくそうです。

すごくないですか?

2006年04月20日

現在、特訓中です:旭川・林歯科

今週月曜日に着任された研修医の先生は、現在院長について診療内容を確認してもらう「見学」を主体に勉強して頂いています。平行して、模型を使って行なう実習を一人で行ない、結果を昼休み等に院長に確認してもらっています。

6時半にはあがることになっているのですが、終わった後もなかなか帰ろうとせずにいろいろ勉強をしています。

新卒の歯科衛生士は、先輩について一つ一つの業務を練習しているところです。患者さんのお名前を呼んで、診療室に入って頂くだけでも、一大事なのです。

二人とも、毎日が新しい体験の連続で、おそらく消化しきれず、しかも緊張が続いていますから、週末にはぐったりしていることでしょう。ここを乗り切らなければ一人前になれませんから、頑張ってもらいます。倒れない程度に!!


さて、昨日、所用があって午後の診療を終え一旦外に出かけ、7時頃医院に戻ってきました。以前でしたらそのまま帰宅していましたが、このごろは、カルテの整理の残業が有ります。

すると、スタッフルームに5時半であがったはずの早番のスタッフが一人座っていました。

「どうしたの?」と声をかけると、「彼女の特訓が終わるのを待っていました」と言います。見えない角度に、まもなくメインテナンスの担当患者配当を受ける歯科衛生士が座っていました。

真面目な彼女は、きっと自分にしっかりした自信をつけたくて、自ら特訓を始めたのでしょう。私たちには言ってきませんでしたが、他の先輩や友達に様々な協力を頼みながら自主的にトレーニングを行なっているようです。

なんだか、胸が熱くなりました。

2006年04月19日

おひさしぶり!

今日の昼休み前に、スタッフの一人がうれしそうに「先生、Tさんが遊びにくるんですよ!」と言ってきました。林歯科医院は、こうして時々以前勤めていた人たちが遊びにきてくれます。

窓の方を気にしながら見ていて、しばらくすると、車を停めて後部座席のチャイルドシートからお子さんをおろしている姿が見えました。おお、ちゃんと歩いている!もうすぐ2才だから当たり前ですが、ちょっと前まで赤ちゃんだったような気がします。よその子が大きくなるのは早いなあ。

医院につくと、知らない人に囲まれて緊張してお母さんにしがみついていましたが、皆と昼食時間を過ごして行ってくれたようです。

皆も楽しみにしていますから、また、遊びにきてくださいね!!

2006年04月15日

矯正の患者さんの増加

このごろ、どういう訳か、矯正相談を希望する方が増えているような気がします。今週はすでに4名の方が相談に見え、矯正治療に必要な検査:レントゲン撮影や歯並びの模型作成の準備をなさいました。

検査結果を元に、これから矯正治療の方法を説明し、同意が得られた方が治療を開始する事になります。

矯正相談は、学校検診の後に多くなる事が多いのですが、どういう訳でしょう?

一方、咬合療法のコースを受講してから、気になる事が多くなってきたのが、歯並びの形の左右のアンバランスです。その方の毎日の習慣が、歯並びの形を変え、かみ合うときの力の負担を変え、負担の集中する場所にトラブルが起きて行くという視点を持つようになりました。

例えば、この写真のような睡眠時の姿勢の習慣が、歯並びに影響し、引いては歯のトラブルを起こすのです。

060416.jpg
写真は雑誌「歯科衛生士」Vol29 No11 2005.11.10より引用

このような視点で、歯の状態を考えると、一本の歯だけが何かの症状を起こすのではないと言う事が解ってくるような気がします。

これからは、矯正治療に際して、習癖の影響をふまえた方針を考えて行くつもりです。

2006年03月29日

3月も、もうすぐ終わり

暖かくなって、雪融けが近づいています。
家の前に積もっていた雪の高さも、ここ2,3日でずいぶん低くなりました。

雪国では待ち遠しい春の到来です。

と、いうものの、4月からの保険改訂への対応を考えると、ぐっと気が重い春となりました。

今朝は、友人から、「うちは待合室にこれを貼る事にしたよ」とメールが来ました。
事務処理が増えて、会計待ち時間が長くなる事へのお詫びのポスターです。

旭川市・林歯科医医院でも、なにか掲示物を用意しなければならないかもしれません。

2006年03月23日

直接「出会う」ということ

こんな便利な世の中ですが、そんな時代だからこそ、直接会って話すという事は今まで以上に大切になってきているような気がします。

どんなにたくさんの本を読んでも、直接人に会って話を聞く事、自分で体験する事を超えるほどの影響を与えられる事はないのではないでしょうか?

セブンイレブンでは、全国から社員を東京に集めて、直接社長が話をするというシステムを今も続けており、そのための費用は莫大なものだといいます。直接「会う」ことには、それだけの価値があると言う判断だと思います。

このごろ、もう亡くなった方ですが、院長の親戚にあたり若い頃に親しくお話を伺った方の書かれた書籍が今でも入手できる事がわかりました。二人で相談して、今、入手できるうちに手元に置こうという事になり、アマゾンから取り寄せる事にしました。

この方に、生前、しかも院長がまだ若い10代から20代にかけて、様々なお話を直接うかがった事は、院長に取って大きな体験であり、財産であるといつも思います。

本が届くのが楽しみです。

2006年03月21日

彼岸荒れ

今日は、札幌で用事があり、朝7時に家を出て車で札幌へ向かいました。道中は、旭川では暴風と雪、途中少し晴れて雪が溶けているところを通り、札幌に着いた9時過ぎには猛吹雪となりました。

この頃知ったのですが、春の彼岸の頃の吹雪や豪雪を「彼岸荒れ」というそうです。
そういえば、この時期に、「もう雪も溶けたし春かなあ」と思っていると、いきなり猛吹雪という事がよくあります。なるほど、昔からそう言われていたのですね。

実は、今日は3才年下の弟の誕生日です。
私の最初の記憶は、『暗い雪の道をよその家に行く。前を大きな人が歩いている。』という大変暗い、ホラー映画のようなものなのですが、これは、弟が生まれた日が「彼岸荒れ」で、出産の間、私を近所の知り合いに預かってもらう事になったという事なのです。

残念ながら、弟の生まれた姿についての記憶は全くありません。

2006年03月20日

なるほど!ネットでニンテンドーDS Liteの販売方法

娘が高校を卒業し、なんとか行く大学が決まりました。ちなみに歯科医師にはなりません。

卒業と入学のお祝いに何か欲しいものはと聞くと、やれやれ。「ニンテンドーDS Lite」ですと?いつまでもお子様です。ところが「いいよ、そのくらい」と安請け合いしたら、売っていない!びっくりしました。入荷時期が未定で予約も受けていませんと、どこへ行っても言われます。

それでは、と、楽天市場で調べてみると、ここもほとんどが売り切れ。その中に少し扱っている店があるのですが、定価が16000円+税金のところ、3万円前後で売られています。なるほど:その1。こうやって流通している訳ですか。

次に、そのなかで定価で売っている店が何店かあるので、ページを開いてみると、限定1個とか、5個とか、で、タイムセール3月20日20:00〜21:00とか書いてあるのですよ。そして、メルマガ会員限定で、後日パスワードをメルマガで送りますよとあります。

なるほど:その2。これで、なんとしても早くニンテンドーDS Liteを手に入れたいタイプである自分自身の個人情報と引き換えに、パスワードをもらう訳ですね。すごいなあ。マーケティングですねえ。いいでしょう。私の個人情報と引き換えにパスワード下さい。

まあ、早い者順には届きそうもありませんけれども、約束したからにはトライするのも誠意です。個人情報と言っても、年齢、性別、メールアドレスくらいですけどね。

夜間診療

旭川市・林歯科医院の夜間診療の受付は夜8時までです。

8時予約の方の診療が終わるのが、だいたい9時前後。それから片付けを済ませると、すぐ10時になってしまいます。少しばたばたしてしまい、患者さんには申し訳ないのですが、終了間際になるとバックヤードで後片付けが開始します。

今日の夜間診療は、明日が休みのためもあってか、急患が多く、予約の方にも長くお待ちいただきました。それでも、もう間もなく診療が終了します。

さて、この後、訪問口腔ケアに関するミーティングを行ないます。
私たちが、口腔ケアを必要とする患者さんたちに何ができるのか、どのようにして行なえばよいのか、よく考えたいと思います。

2006年03月18日

アクリル水槽が大変だ!

旭川・林歯科医院の診療スベースのパーテーションにあるアクリル水槽。

honninn_1f02.jpg

これは、実は特注ではありません。とある家具店で買ってきました。それを内装屋さんに頼んでこういうイメージでと組み立ててもらったのが、このパーテーションです。現在は売られていません。

中にエアがでる装置が入っているのですが、水槽の深さに比べてパワーが足りず、エアが出なくなった事があります。何回か待合室の水槽の管理をお願いしている熱帯魚屋さんに頼んで修理や工夫を繰り返してきました。もしかしたら、このような故障が多くて、売られなくなったのかもしれません。

今回は、エアの装置ではなく、水槽そのものが壊れてしまいました。
DIYのお店で樹脂を買ってきて院長自らが1時間程かかって修理しましたが、さて、明日は大丈夫でしょうか?

2006年03月17日

今夜は無名塾へ

月に一回、院長が参加している「無名塾」という集まりがあります。

旭川歯科医師会の同じ時期に開業した先生たちの集まりですが、同じくらいの年齢の方が多いので気の置けない会合になるようです。診療に関する事、歯科医院の経営に関する悩み、様々な事が話題になるようで、毎月楽しみにして出かけています。

旭川の町は、最近活気がないような事を聞きますが、今夜はどうでしょう。にぎやかな夜になっているのではないでしょうか?

2006年03月16日

3歳児検診

今日は、旭川市・東鷹栖支所での三歳児検診のお手伝いに行って来ました。

駐車場が混むためもあってか、近くですがタクシー券を送って頂いていたのですが、ついつい自分の車で出かけてしまいました。もちろんタクシー券はお返しするのですが、案の定駐車場は混み合っていて、ほとんど最後の一台だったと思います。やっぱり、タクシーをお願いするべきだったかもしれません。

3歳児検診は、1才半の検診に比べるとずいぶん協力的で、物怖じせず口を開けてくれる子が多くて助かります。昔に比べると虫歯はずいぶん少なくなってきているという印象でした。ただ、ほとんどの子供が虫歯0の中、虫歯がある人5〜6本あったりして、虫歯のある人と無い人の差が拡がっているような気もします。

それともう一つ。おしゃぶりを使用していた、指しゃぶりをしている人の歯並びに心配な点がありました。指しゃぶりで前歯が出ているときは、上の歯が前に傾いているいわゆる出っ歯な事が多いのですが、おしゃぶりでは前歯が上下に開いて離れている事が多いようです。

前にも「おしゃぶり」の話は書いた事がありますが、やはり2歳を過ぎるまでには卒業した方がいいのではないかなあと思いながら帰ってきました。

2006年03月14日

ホワイトデーでしたね

土曜日、診療を休んで講習会に向かう院長に、大丸でたくさんお菓子を買ってきてねと入ったのに、すっかり忘れて帰ってきた日曜日。駅から、あせって、イオンに向かい、いろんなお菓子をたくさん買い込んできました。

そして、月曜日、ちょっとフライングでしたが、皆に紙袋一杯のお菓子のプレゼント。でも、ちゃんとホワイトデーですよって言ったでしょうか?
あの、お菓子、ホワイトデーだったんですよ。

2006年03月13日

滑って転ぶなんて

昨日は旭川はとても暖かい一日でしたが、今朝起きて外に出ると、うっすら雪が積もっていました。

北海道生まれとはいえ、18歳で北大を受験に来たときは、2日で3回くらい滑って転んで尻餅をついてそれは怖い思いをしたものでした。それから幾星霜、ちょっとやそっとのことでは転ばない雪国の人になっている私、のはずでした。

ところが、今朝、医院の前で両手に荷物を持って車から降りたとき、つるっと滑って尻餅をつきそうになってしまいました。右手にノートパソコンの入った鞄、左手に筒井モデルの入った紙袋。ひやっとしましたがどちらも無事。ほっとしました。

昼休み、雪の下は昨日一度溶けて凍っているから気をつけなければと、そっと足を踏み出したとたん、またつるり。

一日に二回も転びそうになるなんて。ショック。年でしょうか?

今日は一日、降ったりやんだり、粉雪が舞っています。まだまだ、旭川の春は遠いようです。

2006年03月12日

緑の惑星の映像:Google Earth

去年、Googleが"Google Earth"というソフトを出したのは、知っていましたが、当時はITmediaニュースにあるようにWindows用のソフトでした。

米Googleは6月28日、世界の衛星画像などを表示できるソフト「Google Earth」英語版を公開した。「Google Maps」とは異なり、Windows PCにインストールする単体ソフトとしてダウンロード提供し、さらに地図データをネットを介してストリーミング取得しながら表示する仕組みだ。無料版と有料版を選択できる。

うーん。Mac派は寂しいなあと思っていました。
実は、私は地図を見るのが大好きなのです。
どこか、知らないところへ行くときは、ガイドブックの地図、ネット上の地図をたくさん読んでから行きます。帰ってきた後、地図でどこを通ったか確認するのも大好き。

Google EarthのことはとりあえずあきらめてGoogle ローカルの衛星写真と地図の切り替えで楽しんでいました。

なんと!
今年の1月にGoogle EarthがMac版を出していたのに、数日前ようやく気が付きました。
CNET CNET Japan(1/11)によると
 

Googleは米国時間1月10日、Google EarthのMac OS X向けベータ版を公開した。また、合わせてWindows XP/2000向けにGoogle Earth正式版を公開した。どちらもGoogle Earthのダウンロードサイトから無料でダウンロードできる。

これで、念願のGoogle Earthが私のパソコンに!やった!

Google Earthでみる地球は緑の惑星でした。
そして、人口が多い地域が茶色にすすけて見えます。ちょうど、緑の葉に虫がついたように。少し、複雑な気持ちになってしまいました。

2006年03月10日

青い惑星の映像

旭川・林歯科医院では、外が暗くなる5時頃にチェアサイドの液晶テレビのスイッチを入れてDVDの映像を流します。

ここ数ヶ月はペンギンの映像を流していたのですが、数日前からブルー・プラネットのシリーズを流し始めました。

これは、とても美しい海の映像で、眺めていると、ああ、本当に「地球は青い惑星なんだなあ」としみじみ思います。

歯科の治療というのは、間でぽつぽつと待ち時間があるのですが、患者さんたちも体を起こしてうがいをするときには、ふと見入っていらっしゃるようです。歯の治療は苦手という方も多いのですが、少しでも心が和む瞬間があればと思います。

2006年03月06日

ちょっと悲しいこと

2年ぶりに、やってきたお嬢さん。

小学校の頃はいつも定期検診に来ていましたが、久しぶりに会ったらもう中学生になっていました。大きくなっていてびっくりしました。

去年の春の学校検診では虫歯なしだったそうですが、一番奥の歯に大きな虫歯が。うわー。歯の中をきれいにして、お薬を詰めて、「一度様子を見て、問題なければ、この次白い歯に治しましょう。」

年齢の若い人なので、できれば神経の処置をしないですめばいいのですが。生えて間もない時期の歯は虫歯の進行が早いので心配です。

生えて間もない時期に検診やフッ素塗布などの予防処置を受けることは、とても大切です。

2006年03月05日

日曜日にメインテナンスを

旭川・林歯科医院が治療終了後の成人の方の歯周疾患の管理について取り組み始めて、もう5年以上になります。

実は、この予約がもっとも取りづらいのは、日曜日です。
診療時間の短い日曜日は、二人の歯科衛生士が勤務して、全部で8人の患者さんのメインテナンスを行なうのが精一杯です。一度キャンセルされると、次に担当歯科衛生士が勤務する日曜日の予約をお取りできるまで一ヶ月以上空いてしまうことも有ります。

日曜日のメインテナンスを希望される方は、本当に平日のお仕事が忙しい方なのだと思いますが、皆さん、予約を守って定期的な管理を続けていらっしゃいます。忙しい方ほど、ご自身の健康管理を大切にされているのかもしれません。

日曜日の急患

今日は日曜日でしたが、ご存知の通り、旭川・林歯科は診療を致しておりました。

旭川市は、休日診療の対応を歯科医師会が行なっていますし、日曜診療をしている歯科医院も比較的多いので、「日曜日でどこも歯医者さんが開いてい無くて困った!」という状況は少ないと思うのですが、それでも普段の日に比べると急患来院が多くなります。

今日も、数人の急患の方が来院され、予約の方をお待たせしてしまったようです。
「待ち時間が長くなって、待合室からため息がもれていました」と受付スタッフから聞いたと、院長も辛そうに言っていました。

折角の日曜日に、歯の治療の予約を入れて頂いたのにお待たせしてしまい、本当に申し訳ないことをしていると思います。一方では、やはり、困っている方を無下に断ることもできません。日曜診療をしていて一番悩ましいのはこの点です。

2006年03月04日

土曜日の午後

今日は久々に用事のない土曜日の午後でしたので、一日家で事務仕事をして過ごしていました。

よく晴れた一日でした。数日続いた雪で覆われた路面もまた溶けて、ようやく3月が来た、春ももうすぐ、と言う感じです。

歳を取ったせいか、風邪をひいた後の治りが悪いような気がしますが、だいぶ楽になりました。きっと、週明けには元気に仕事ができると思います。

2006年03月03日

口臭と口腔乾燥

以前、唾液の分泌と口臭の話を書いた事が有りましたが、今、まさに自分がその状態で、ちょっとショックです。

内科でもらった風邪の薬を何種類か飲んでいるのですが、「鼻が出て困っている」と言ったため、鼻の薬も出ています。鼻水が出ない薬は、ご存知のように喉が渇いたり、目がしょぼしょぼしたりします。なんだか、喉の奥の方が乾いて、自分の鼻の奥から臭いがするような気がします。気になります。

うーん。自分だけがそんな気がしているのでありますように。