医院の未来: 2010年7月アーカイブ

1週間前、7月4日にPMTCグループ9名とチーフ、院長と勤務医2名の13名で行った院内ミーティングの結果、
  • 長期間通っている方のメンテナンスの方針
  • メンテナンスと診療の連携
  • 新規メンテナンス希望者へのマーケティングプラン
についての方針決定を行い、先週1週間その方針に従って診療を行いました。

そこで、この1週間、実行してみた上で修正が必要と思われる点があるので今週もミーティングをしたいという申し出がスタッフからありました。
実は、今日は滅多に無い院長の休日ですが、スタッフからミーティングをしたいと言われて断る事はできません。久しぶりに髪を切り、選挙に出かけ、その後、日曜診療の終了する3時過ぎに合わせて医院に向かいました。

今回の議題は
  • メンテナンス患者の予約の取り方
  • 歯科医師とメンテナンス担当歯科衛生士との連携方法の見直し
でした。

今回は、院長、勤務医の金城先生、浦田先生。受付チームのチーフのNさん。院内チーフのKさん。そしてメンテナンスチームから常勤6名非常勤2名の8名。合計13人のミーティングです。
今後、改良すべき点に2時間ほど話し合って、確認し、月曜日から再度実行に移ります。

このように、何度も確認、実行を繰り返してよりよいシステムにして、11月の移転を迎えたいと皆で考えてくれています。
PDCAサイクル、Plan-Do-Check-Actionの発想がスタッフの側から提案されるところが、林歯科の素晴らしいところだと改めて感動しました。

このアーカイブについて

このページには、2010年7月以降に書かれたブログ記事のうち医院の未来カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは医院の未来: 2010年6月です。

次のアーカイブは医院の未来: 2010年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja