医院の未来: 2010年3月アーカイブ

林歯科医院では、平日の朝礼で毎朝3人にこのごろよかったこと、思ったことを話してもらいます。それぞれ個性が表れて面白いのですが、今日は事務長が話をしてくれたことを書き留めておこうと思います。

林歯科医院に勤務されるようになってから、患者さんからの苦情のメールや投書箱の対応を担当するようになり、業務の標準化・個人の目標達成と教育・顧客満足について深く考えられるようになった事務長が、1ヶ月前にふと疑問に思ったことがあったそうです。

それは、コンビニおにぎりとシールについて。

ある日、全国展開している著名なコンビニエンスストアでおにぎりを購入して、「袋はいいです」と言ったときのことだそうです。ご存知のようにコンビニのおにぎりには、開封するためのテープがついています。これを引っ張ることで海苔を傷つけず、手を汚さずにおにぎりに海苔を巻くことができます。
事務長が「袋はいいです」と言うと、店員さんはおにぎりに購入済みとわかるようにシールを貼ってくれたそうです。


そのシールが開封用のテープにまたがっていたそうです。


そんなことが3回ほど続いて、事務長は『マニュアルが徹底していると言われるコンビニでこれはどういうことだろう?標準化の問題か、それとも個人の問題か?』と疑問に思い、なんと1ヶ月間、毎日同じ店でおにぎりを買い続けてみたそうです。
その結果、店員によってシールの貼り方に配慮する人とそうでない人がいるということがわかったそうです。

事務長の結論は、
どんなに細部にわたったマニュアルを作り業務を標準化しても、一人ひとりが業務の持つ意味を理解し小さな仕事にもそれを反映させなければ、仕事のレベルはあがらない。林歯科医院は、もちろん巨大企業である全国展開するコンビニに及ぶべくもないが、一人ひとりの力で上回ることができる部分もある。
ということでした。

私たちも事務長の発見を肝に銘じて、これからの林歯科医院を作っていかなければならないと思いました。

前回の2月4日に引き続き、今夜も白水貿易の方にいらしていただき、秋の移転に向けてミーティングです。

前回は、林歯科医院が考えている医院の設計をご覧いただき、どんな滅菌システムを希望しているかをお伝えしました。今日は、それに合わせたプレゼンテーションをしていただきます。
さらに設計が進みましたのでオペ室についても検討を進めました。

事務長とチーフも、同席してくれました。
診療終了後の夜遅い時間になり申し訳ないことですが、しっかり話し合って充実した滅菌システムにしたいと思います。もちろん空間と予算の制約の範囲ですが。
今日は、診療終了後の午後3時から、再び設計事務所の伊達さんとミーティングです。

まず、私が小児歯科のブースはこういうイメージでということをお話しし、続けて院長が全体についてのミーティングを行いました。4時間くらい話をしていたのではないでしょうか。
今月末の確認申請に向けて、忙しい日が続いています。

写真は、移転予定地です。
100314.jpg
月曜日の夜。

診療終了後の9時半過ぎから、伊達計画所の伊達さんが札幌からいらして
設計に関するうち合わせを行いました。

DSC09359.jpg

院長、事務長、勤務医の米田先生が話し合いに参加しました。
私は、小児歯科部分の設計に関して話し合いを行いました。

これからたぶん2時間くらい、設計をつめていきます。

先週には現地のボーリングも終わり、隣接する施設へのご挨拶を終え、
お隣のスーパーの方には楽しみにしていますと言っていただいています。

一歩、また一歩、新しい林歯科が現実に向かっています。

去年から、院長の日曜診療の回数を減らしてきています。
週一回は難しくても月二回は休みを取りたいと思っていますが、そこに勉強の予定を入れるのでなかなか休めない日々はまだ続いています。

今月、2010年3月の院長診療日は、昨日と来週の日曜日3/14です。
院長が担当するのは日曜日しか通院できない方の矯正治療が中心で、虫歯治療は勤務医の米田先生、または金城先生が担当する二人体制です。

こうして休みがとれるようになったのは、勤務医の先生方に日曜診療を担当してもらえるようになったっためで、ありがたいことです。この春から、また二人勤務医の先生が増え、秋からの移転後に備えての人材育成に入ります。より充実した院内・訪問診療の体制作りを行いたいと思っています。
今日から、新しい勤務医の先生がやってきました。

DSC09352_1.jpg
北海道医療大学を卒業し、
1年間の臨床研修を終えた後、
2年間大学と一般の歯科医院での研鑽を
積んできた
「水柿先生」です。








DSC09350.jpg
先生は、テニスが趣味で、医療大でもテニス部に所属されていました。
出身は、北海道、知床半島の根元の斜里です。

患者さんの皆さんとも早く仲良くなってほしいので、テニスのこと、知床のことなど声をかけてあげてください。

早速今日から林歯科のユニフォームを着て診療を初めています。


このアーカイブについて

このページには、2010年3月以降に書かれたブログ記事のうち医院の未来カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは医院の未来: 2010年2月です。

次のアーカイブは医院の未来: 2010年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja