メイン

2008年02月10日

日曜日の面接

旭川市・林歯科医院では、今年の春、卒業の歯科衛生士さんの募集をしています。
現在、お二人から申し込みをいただき、2/10、17にそれぞれ面接の予定です。

今日の面接の方は、先日見学の申し出をいただき、半日林歯科の診療を見学された方でした。
歯科のいろいろな分野に関心があるので、林歯科を志望されたという事です。

米田先生も面接官として参加予定でしたが、風邪のため診療終了後すぐ帰ってもらい、院長が一人で面接を行いました。来週は米田先生にも参加してもらいましょう。

2007年05月16日

ちいさな送別会@旭川・林歯科

昨年の夏から勤務されていた橋本先生が昨日退職されました。
もう、新しい勤務先も決まって、明日には旭川を出発されると言う事です。

旭川で買った自動車に荷物を積んでフェリーに乗ってまずは東京のご実家へ。
それから新しい勤務先に向かわれるのですが、今度はなかなか忙しい歯医者さんらしいです。
体に気をつけて頑張ってもらいたいと思います。

短い期間でしたが、林歯科での勤務の間に、何か先生の歯科医師としての人生にプラスになる収穫が会ったら良いなと思います。

昨日は、医院の診療が終わってから、院長、私、藤保先生、米田先生、そして橋本先生の5人で近所のつぼ八へ向かい、小さな送別会を催しました。車で来た人はノンアルコールで乾杯し、北海道らしいかなと思う食材を選んで食事をしました。
これだけははずせない!と思って頼んだ「ほっけ」が品切れだったのが心残りです。

2007年04月17日

4月の新人

今日から、4月のニューフェイス登場です。

受付スタッフ一人、勤務医の先生一人、研修医の先生一人、新たに3人の人と一緒に診療をします。

勤務医の新人先生は、去年の前半、旭川市・林歯科で研修を受けた方です。
研修終了時に、よかったら来年来ませんかと声をかけ、大学にも残らないかと誘われたようですが、うちに来てくれました。有り難い事です。

研修医の先生は、昨年夏、見学にみえ、3月の国家試験発表でもみごと合格して、これから約半年、一緒に「できる歯科医師」を目指して研鑽をします。

受付スタッフは、やはりどうしても人手が足りないとの受付班の要請を受け、募集をかけたところやって来てくれました。割合近所に住んでいる方です。

林歯科医院は忙しい歯医者ですが、一緒に元気に明るく診療に携わって行きたいと思います。

2006年08月16日

行く人、来る人

昨日付けで、長く勤務してくれた歯科衛生士の斉藤美香さんが、林歯科を退職されました。

林歯科の口腔ケア部門の立ち上げから勤務され、現在では道内でも口腔ケアではずばぬけたキャリアを築かれたと言っても過言ではないと思います。林歯科主催の口腔ケア講習会以外でも、様々な場で発表を重ね、この秋にも講演の依頼を受けています。

今回の退職の理由は、もっと深く勉強したい事があるからとのことでした。「学んだ事を林歯科で生かせる事がありましたら、またお話しに来ます」と言ってくれました。

斉藤さんのさらなる研鑽と発展を祈っています。


一方では、本日から新しい勤務医として橋本先生が着任されました。
東京生まれの東京育ち、大学生活も東京で送られた橋本先生は、卒業後まず沖縄で勤務され、つぎに林歯科を勤務先に選ばれました。

いずれは東京で、という気持ちがあるとのことで、それまでの間、地方で歯科臨床を学びたいとの事です。

今まで勤務された歯科医院と林歯科医院との診療スタイルの違いを埋めるために、まずトレーニングを行なって頂いています。早く臨床に!というお気持ちを抑えて、院長のスタイルを理解して頂ければと思います。


旭川市・林歯科医院は、スタッフの多い歯科医院です。様々な人が、その人生のなんらかのステージで林歯科医院に勤務し成長し、また何かを求めて翔いて行き、中には再び戻ってくる人もいます。患者さんにとってだけではなく、スタッフの皆にとっても必要とされる歯科医院でありたいと思う次第です。

2006年07月30日

常勤歯科医師の決定(2)

今日、常勤の先生がやってきました。

勤務開始は8月16日からですが、しばらく住居の用意などの時間がかかりますので、早めに転居して見えました。

4月に常勤の先生2名が退職されてから、久しぶりに歯科医師が増えて、もしかしてちょっと一息つけそうです。院長の休みもとれるようになるかも。少し期待しています。

2006年07月20日

常勤歯科医師の決定

4月に常勤歯科医師が退職してから求人を行なっておりましたが、8月から新しく若い先生が勤務してくださる事が決定しました。

遠方からの着任で7月末に到着し、8月のお盆あけから勤務を開始されます。

これで、一旦歯科医師の求人を終了致します。
ご連絡をいただいた皆様、見学に入らしてくださった方々、どうもありがとうございました。

2006年04月17日

四月の新人

今日から、新規採用の新人衛生士1名と、北海道大学病院からの研修歯科医師1名とが勤務を開始しました。

朝の朝礼では、一言ずつ挨拶をしてもらい、まず、午前中は診療の見学からスタート。午後は、二人で歯の型を取る「印象」と模型作りの練習をしてもらいました。
全てが新しい体験で、きっとしばらくは疲れてしまうかもしれませんが、二人の新鮮な気持ちに触発されて、元気な診療ができるのではないかと期待しています。

明日は、直接患者さんのお話を「聴く」という勉強をしてもらいたいと思っています。
先入観を持たずに人の話をしっかり「聴く」のは、なかなか難しい事です。

2006年04月16日

「司令塔」の帰還、そして受付募集

今日は、診療を終わってから、林歯科創設2年目から受付を担当してくれていた「ボス」(と呼ぶと怒られるけれど)とのミーティング。彼女は14年間、林歯科の司令塔であり、院長の右腕でありました。

出産のため、昨年の夏退職されたときから「早く帰ってきてね!」とお願いしていたのですが、今回6月末に受付スタッフが1名出産のために退職する事になり、皆でできるだけ早く復帰してもらえるようお願いをしているところです。
彼女が復帰してくれれば、院長も、私も、受付スタッフも、そして他の各部署のスタッフもどんなに心強い事でしょう。

なんとか、彼女の復帰のめどは立ちそうですが、保育所に入られるかどうかはまだわからず、入所できたとしてもお子さんが1歳未満ですから、勤務時間にも制限があります。

皆で相談した結果、明日にも「受付兼歯科助手」の募集を行なう事に致しました。
詳しくは、数日後の北海道新聞求人欄をご覧下さい。

2006年03月28日

歯科衛生士国家試験発表

今年も、旭川市・林歯科医院に新人歯科衛生士がやってきます。

一昨日は、国家試験の発表が行なわれ、無事、合格が決まりました。彼女の勤務開始は4月に入ってから。スタッフ一同新人の入社を楽しみに待っています。

2005年12月19日

来年新卒・歯科衛生士の内定および継続募集のお知らせ

先週の土曜日、旭川歯科学院の2年生が面接にいらっしゃいました。夏からの臨床実習で林歯科にいらしていた方でした。院長が面接し、採用内定といたしました。

ところで、現在ホームページ上でも2006年春・新卒歯科衛生士の募集を行なっています。そこで一名内定としたところで、院長と継続して募集すべきかどうかの話し合いを持ちました。
結論としては、もし、旭川市・林歯科医院の診療内容をホームページでご覧になり、面接を希望される方があれば、引き続きお会いする事とします。

林歯科医院は、熱意のある歯科衛生士がその実力を育み社会に還元できる職場です。もし、林歯科医院の一員として働きたいと考えている衛生士学校の学生さんがこれをご覧になりましたら、ぜひこちらからご連絡ください。

2005年11月01日

ありがとう 多賀谷先生

昨日、10月31日付けで、多賀谷先生が退職されました。

診療終了後、勤務医の先生方、研修医の先生、院長と私、それから都合のついたスタッフ7名ほどで近所の居酒屋さんででささやかな「さよなら会」をし、先生とお話をする時間を持ちました。

先生は、院長の休日の代診、訪問診療等を支えてくださってきましたが、退職後はご実家の歯科医院のある群馬県に戻られます。雪の降る前に愛車の青いスバルインプレッサでフェリーに乗って帰られるとの事、群馬の峠を走るのを楽しみにしていらっしゃるのでしょう。

先生、長い間ありがとうございました。これからもお元気でご活躍ください。

2005年10月15日

歯科衛生士さんの面接

今日は土曜日で、院内診療は矯正の患者さんがメインの日なのですが、急患等で保険診療の患者さんも多く来院されました。
院長は、診療終了後の午後6時過ぎに、就職希望の歯科衛生士さんの面接を行ないました。

院長の知り合いの歯科医師の先生からのご紹介で、10年以上のキャリアのある方でした。
その場で採用を決定し、11月1日からの勤務をお願い致しました。

2005年10月11日

研修医登場(本編)

さて、今日から4ヶ月間、林歯科医院の一員としてご活躍いただく研修医の先生が登場です。皆、期待と緊張で、よそいきの雰囲気で朝のスタートをしたような気がします。気のせいでしょうか?

院長が作ったカリキュラムにそって、10月は見学と模型実習を主に行なって行くつもりです。
若い先生が加わる事で医院に活気が出てくるといいですよね。

2005年08月31日

退職のお話

今日付けで、長い間勤めてくれた衛生士さんが一人退職されました。

林歯科医院は診療時間の長い歯科医院です。結婚してお子さんがいる人が常勤で勤めるには厳しい労働条件です。彼女も結婚を控えて、勤務時間のローテーションの無い歯科医院への転職を考えたようです。力のある人で頼りにしていましたので残念ですが、これから勤める歯科医院でもきっと活躍してくれるだろうと期待しています。彼女を採用した先生には、この幸運を最大限に生かしていただきたいものです。

林歯科医院を支えてくれるスタッフは、ほとんどが独身者である常勤勤務者と、それぞれの条件に合わせた勤務時間で働いてくれる非常勤勤務者が半々です。非常勤の方が希望する勤務時間は多くの場合平日の日中なので、常勤のローテーションは土日と遅番が主体になり、一層労働条件としては厳しくなっていると思います。

そのぶん、一週間の勤務時間は35時間程度と短くそれ以上は超過勤務としてはいますが、週休二日制を希望される方などには高い敷居となっているようです。けれども、子育てが一段落したスタッフからの再就職希望の連絡もいつでも受けていますので、一度退職した常勤スタッフが様々な勤務形態で戻って来てくれる事もあり、それなりにいい職場なのではないかと思ってもいます。

そろそろ、来年の新卒の歯科衛生士の募集要項も発表するのですが、このような労働条件下でも、自己研鑽を求め、歯科衛生士としてのやりがいを求めてまた新しいスタッフが加わってくれる事を楽しみにしています。

2005年07月09日

送別会

今日は、6月で退職された「岩田先生」と、7.16付退職予定の受付の「りえちゃん」と、林歯科から独立された緑が丘歯科矯正歯科クリニック「長谷川先生」の送別会でした。

SANY0060.jpg SANY0061.jpg SANY0064.jpg SANY0065.jpg

長谷川先生は、開業2年目から林歯科に勤務して頂き、10年前から分院であった緑が丘矯正歯科クリニックの立ち上げにご尽力いただき、その後林歯科のみが法人化しました。10年経ったところでこの7/1から林歯科より独立開業される運びとなりました。

岩田先生は、北大25期で卒業すぐから林歯科医院に勤務されていました。
先生はこの秋開業予定で、準備の都合もあり3月に退職され、その後も患者さんの引き継ぎが終了するまでの期間、6月中旬まで診療を手伝ってくれていました。
久しぶりにお会いしたのですが、医院の建築も着々と進んでいるようです。

りえちゃんは、なんと二十歳から13年間林歯科に勤務し、その間に結婚をされ、
ついに赤ちゃんができての退職です。
ここ数ヶ月体調の悪い中、後進の指導に頑張ってくれました。
高校時代バレーボール部のセッターとして活躍したりえちゃんは、文字通り林歯科医院でも司令塔でしたので、いなくなったらどうなるのかと不安な気持ちで一杯です。赤ちゃんが大きくなったら、何かの形で帰ってきてね、と頼んであります。

林歯科医院のスタッフは、院長のやりたい歯科医療を実現するために部門が増え続け
今回の送別会には、なんと、47名が参加してくれました。
去って行くスタッフもいますが、今年から参加したスタッフもいます。
これからも林歯科医院を受診される患者さんのためにそれぞれの力を尽くして
頑張ってまいります。

2005年05月13日

新人登場

5月9日月曜から、新しい常勤の歯科衛生士さんが勤務されています。

知人の診療室で人手不足の間、半年契約の非常勤で勤められ、期間満了により退職されたのですが、大変まじめな方との事で知人の紹介で面接にいらっしゃいました。冬期の半年間、上川町から一度の遅刻もなく通われたと聞けば、旭川に住んでいるものなら誰でもそれはすごいと思うと思います。

林歯科にはもう一人上川町出身の衛生士さんがおり、同じくらいの年齢という事で「知り合いだったりして」と言っていたのですが、なんと面接にいらしたのは保育園からの幼なじみという事で、皆びっくりしました。

これから林歯科の新しいパワーとして力を発揮してくれると思います。楽しみです。

2005年04月07日

新人登場

今年の新卒採用のお二人が揃いました。
一人は3月中旬から既に出社されている大内さん。高校を卒業し歯科助手として診療室内の仕事の勉強中です。一段落したら先月からトレーニングを開始している川原さん同様受付のお仕事も始めてもらう予定です。
もう一人は、歯科衛生士の佐々木さん。無事国家試験にも合格して月曜日から勤務を開始しました。こちらは衛生士の仕事を一歩一歩覚えてもらいます。

二人の気持ちよい緊張感が私たちの気持ちも新しくしてくれるように思います。

この他に、先月から真鍋さんがパートの歯科衛生士さんとして参加され、今月からさらに三名の衛生士さんがパートタイムで勤務される予定です。こちらのご紹介はまた次の機会に。

2005年03月13日

スタッフ増員と募集終了

今春高校を卒業された方が受付兼歯科助手として間もなく勤務を開始されます。
歯科の受付は外から見ると会計業務だけのように見えるかもしれないのですが、実態は医院の司令塔となる重要な部署であり、外に向けた医院の顔です。きっとがんばってくれると期待しています。

今月は、この他にパートタイムで歯科衛生士として職場に戻られる方が2名、新卒の歯科衛生士として勤務される方が1名。来月には、昨年出産のため退職された梶浦さんも戻ってきます。歯科衛生士としてのプロフェッショナルな立場での職務を期待しています。
この結果、4月からの歯科衛生士の人数は本院所属常勤10名、非常勤10名、訪問口腔ケア部門所属常勤2名、非常勤4名の合計26名となります。林歯科医院は他の歯科医院に比べ歯科衛生士さんの勤務が多い職場ですが、それは必要とされる業務があるからです。特に訪問口腔ケア部門はいつも人手が足りず養成が追いつかない状態です。

今回の歯科衛生士募集は終了いたしましたが、次回は6月にパートタイムの衛生士募集を予定しています。また、来年度も新卒者は募集いたします。関心のある衛生士さん・学生さんは是非メールでご連絡ください。

2005年01月28日

職場復帰

昨年出産のために退職した衛生士の梶浦さんが、今日は復帰のために来院する予定です。

4月に保育園に入る手続きには、今から書類を提出しなければならないそうです。
勤務実績を作りながら保育園の確保と言う働くおかあさんにとって大変な状況は今も変わってはいません。保育園が見つからなければ働けない、働いていなければ入園できないという二律背反。少子化が進んでも致し方ないという気がします。

林歯科医院の常勤の勤務体制は早番・遅番のローテーションなので、おそらく当初は非常勤でということになるでしょうが、即戦力の復帰にありがたく思います。

2005年01月25日

新人着任

歯科助手の川原さんが本日より着任されました。
歯科での経験は学生時代のアルバイトだけと言うことですが、若い方なのですぐ仕事もお覚えていただけるのではないかと期待しています。

先週から勤めていただいている横田さんは既にスタッフの中に溶け込み、林歯科のシステムを吸収すべくがんばってくれています。

2005年01月21日

新人二名着任

今週から、歯科医師の広瀬先生と、助手の横田さんが林歯科医院の新しいスタッフとして参加されました。

お二人とも経験豊かなベテランです。今はまだ、林歯科医院の機材の種類や商品名、置き場所などにとまどっておられるかもしれませんが、すぐ職場になじんで実力を発揮してくれるでしょう。楽しみにしています。

2004年09月29日

木村先生着任


木村宏樹先生が常勤歯科医師として着任されました。

木村先生は北大歯学部卒業後、
同大大学院歯学研究科歯学部 
口腔健康科学講座 

歯科保存学教室
に所属され、
研鑽を積まれました。



2004年06月16日

石井先生 着任


石井壮敦先生が、常勤歯科医師として着任されました。
石井先生は北海道大学歯学部卒業後
同大大学院歯学研究科歯学部 口腔病態学講座 歯科麻酔学教室
に所属され研鑽を積まれました。

リンク