2017年10月アーカイブ

講演と講義

| | コメント(0) | トラックバック(0)
10月7日(土)の午後から、旭川クリスタルホールで、北海道形成歯科研究会旭川例会が開催されました。
80名以上の方々が各地よりお集まりになり、5つの演題を熱心に聞かれ質問されていました。
理事長の林は、この会の会員ではありませんが、講演依頼をいただき、「矯正治療を併用するインプラント治療の勘所」と題し、40分の時間をいただきました。

CIMG0965.JPG
CIMG0966.JPG




















右の画像は、小さくてわかりづらいですね。
講演中は室内が暗く写真が撮れないので、開始前の準備の時、邪魔にならないように、うしろから撮ったものですから・・。

講演終盤の10分間は、理事長が特許を取得した「インプラント手術補助システムおよびインプラント手術補助方法」についての計2題をお話ししました。

三上格会長様他、会員のみなさまに、このような機会を与えていただき、ありがとうございました。

次の話題は、今回で2回目となるPMCコンサルタント社中野会長による、医院意識共有について院内全員で聴講です。
10月11日(水)の昼から4時まで、前回講義いただいたことのステップアップとの位置付けです。

CIMG0984.JPG
CIMG0985.JPG














世間の厳しい状況を自院に当てはめ、全員が問題と課題を共有し改善して進めば、結果患者さんに奉仕できますからね。
次の全員勉強会は、11月25日(土)9時から17時まで行います。
これからも、常に新しいことにチャレンジし、「あなたの街の歯医者さん」に選んでいただけるよう全員で努力します。
9月30日(土曜日)17時から、京都を拠点にインプラント塾を主宰なさっている坪井陽一先生のレクチャーを、林歯科セミナールームで急遽開催しました。
坪井先生とは、理事長と春美院長の北大歯学部同期の間柄です。

日本口腔外科学会の専門医で、京都大学より医学博士の学位を授与され、元京都大学口腔外科分野の講師をされていました。

今回旭川を観光で訪れ、しばらくぶりに会いましょうとの連絡をいただきました。
せっかくなので何かレクチャーでもとのお話しをいただき、最初は当院歯科医師で聞かせていただく予定でしたが、一緒に勉強している先生や、知人の先生にお声かけし、11名での拝聴となりました。

!cid_81510890235309844607791.jpg何とこんなペーパーまで送信いただきました。


坪1.jpg
坪2.jpg


















インプラント手術に必要な下顎解剖の知識について教えていただき、手の届くところで質問し、日頃の疑問解決を目指しました。

坪4.jpg
観光は、旭岳と層雲峡を周られたそうで、ちょうど初雪に遭遇し、学生時代を過ごした北海道をグッと身近に感じられたのではないでしょうか。

坪5.jpg
せっかくなので、春美院長も一緒に写っている画像を選択したかったのですが、何人かが目を閉じている画像でしたのでこちらを・・。

坪井先生、ありがとうございました。
また北海道にお越しの節は、旭川まで足を伸ばしていただければと。

いやー、寒くなりましたね。
大雪連峰は、もう雪で白くなっていますもの。
先週木曜日から、出張で道外に出ていましたが、まだまだ暑いって感じでしたよ。

ここがちがう10月号が出来上がりました。
どうぞご覧下さい。

ここが違う原稿H29年10月.jpg


このアーカイブについて

このページには、2017年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja