ワイヤーベンドの特訓

| | コメント(0) | トラックバック(0)
年が明けたとある火曜日の診療終了後、定例症例検討会を終えた当院研修医と、一緒に勉強されているあいファミリー歯科の中台先生が、矯正治療の肝であるワイヤーベンド(矯正線の屈曲)を特訓している様子をお届けしましょう。

!cid_ii_159aee2ca23ab706.jpg
!cid_ii_159aee2ca99bea0b.jpg














今日も講師は理事長が勤めます。
まずは基本に戻って座学で復習、その後みっちり屈曲の段取りとなっています。
                      
!cid_ii_159aee2ce30a9d36.jpg
!cid_ii_159aee2d1da8e7c4.jpg














いよいよ難関の屈曲トレーニングに突入です。
矯正治療はワイヤーの弾性を利用して歯を移動させるので、屈曲は大切なテクニックなのです。
しかし・・・・、これが一筋縄では曲がらない。
新人にとっては手強いトレーニングなのです。
理事長も横に張り付いて、根気よくアドバイスをしています。

!cid_ii_159aee2d216a7b0f.jpg
力技は全く使ってないのに、終了したころは、もうヘトヘト。
プライヤーは明日片付けましょう。
みなさん、どうもお疲れさまでした。

23日の診療終了後は、理事長と研修医の月に一度の食事会。
それを励みに、明日も頑張りましょう!。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ワイヤーベンドの特訓

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/3818

コメントする

このブログ記事について

このページは、かわむらが2017年1月20日 12:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ここがちがう 1月号」です。

次のブログ記事は「ここがちがう 2月号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja