2015年6月アーカイブ

毎年新人研修の一環として、歯科器材メーカー株式会社松風札幌営業所様の全面的なバックアップの下、院内テック(一般的には仮歯)作製セミナーを行っています。

本年は6月9日(火曜日)の午後より、同社営業の酒井様・歯科技工士の政氏様にお越しいただきトレーニングをお願いしました。

CIMG8275.JPG
今回は研修医2名・歯科衛生士1名・歯科助手4名・歯科技工士1名の参加です。

製品紹介の後、作製手順をデモしていただき、各自実習開始。

CIMG8281.JPG
CIMG8283.JPG














研修医の2名は、臨床でこの手の術式は行っているので、難なくクリア。
患者さんのチェアサイドで作製するので、1歯10分以下でできるようにしばらくは毎日模型でトレーニングを積みデビューとなります。

CIMG8284.JPG

3時間のセミナーのために、札幌から器材一式の持参、貴重な時間を割いていただき、本当にありがとうございました。
宮田家勉強会と銘打った、定例のDr勉強会が5月30日(土曜日)に行われました。

今回は火曜日の勉強会に参加されている水野先生と北海道医療大学歯学部在学中のお嬢さんも見学され、研修医も含め10名を越えるDrがトレーニングに参加しました。

土曜日が休日のDrは、14:30に集合し宮田先生が講師となり、ブタの顎骨を使い切開や縫合といった歯周外科の実習から行いました。

勤務医の佐々木先生は、研修医の時から4回目となり、しっかり手順を踏んで、明らかな進歩と宮田から褒められたそうですよ。

研修医の2人は、初めての実習に戸惑いながらも興味深々、熱心に取り組んでいました。

IMG_1151.jpg
IMG_1174.JPG













診療が終了し16時からの2講目は、理事長が矯正で用いられるアブソアンカー植立を教授しました。
この実習では、製品の供給元である松風さんよりミニインプラントを提供していただき、感謝しています。

IMG_1155.JPG
IMG_1177.JPG














このように院内で講師を立て勉強会を行えるのも、普段から各Drが日本各地のセミナーに出て研鑽しているからなのです。

勉強会が終わった後は、お腹もペコペコ。
今回は理事長が、医院近くの「ラム舎」さんにみんなで行こうと誘い、ジンギスカンの食べ放題。

IMG_1180.JPG
北海道では定番のジンギスカンも、神奈川出身の研修医、坂田先生は初体験だったそうです。
「ビールにピッタリ」と、お気に入りに追加ですね。

「林歯科は、オンもオフも充実です」とは、研修医の高橋先生談です。
北海道も初夏の到来。
今月は北の山々も続々と山開きとなります。
旭川から見る山肌も、すっかり黒くなってきました。
短い夏を満喫しましょう。

ここがちがう6月号が出来上がりました。
どうぞご覧ください。
ここが違う原稿H27年6月号-001.jpg

このアーカイブについて

このページには、2015年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年5月です。

次のアーカイブは2015年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja