2015年3月アーカイブ

3月8日(日曜日)、佐々木陽太先生は札幌で義歯セミナーに参加しました。
3月10日に研修成果発表を控え、なかなか忙しいスケジュールです。

佐々木先生義歯発表.JPG
セミナーでは、今井守男先生が臨床導入されている「すっぽんデンチャー」について、手順の解説と要所では手技の伝授をいただきました。

この義歯は健康保険適用ですのですぐに臨床に反映させ、印象採得(型取り)を先ずは取り入れてみるとのことでした。

1年間の研修の成果でしょうか、報告も堂々としたものでしたよ。

さて、本日平成27年3月31日。
昨年度の歯科医師国家試験に合格し、平成26年4月1日から臨床研修歯科医として研修を行っていた、松村孝弘研修歯科医と佐々木陽太研修歯科医が終了式に臨みました。

CIMG8087-horz.jpg
お二人とも3月10日の研修成果発表では、すばらしいプレゼンテーションをされ、研修管理委員会で資質・技術とも申し分なく修了認定を受けました。

松村先生はご実家の札幌に戻られ、父上と一緒に診療されます。
佐々木先生は林歯科に就職し、4月1日から勤務医として引き続き診療に従事いたします。

明日から新研修医が赴任します。
先輩としてしっかりフォローしてくれることでしょう。
お二人の先生、先ずは日本一の歯科医を目指してくださいね。

3月29日(日曜日)の午前10時から、恒例の矯正セミナーを開催しました。
春のポカポカ陽気にもかかわらず、定員を超える申し込みとなり急遽定員を増やして行うほどの大盛況。

CIMG8099-horz.jpg
一時間強、理事長が講師となり、わかりやすくスライドやCGを使った説明を行いました。
普段このように、症例をあげて詳しい説明を聞かれることはあまりないので、みなさんのアンケートにも「役に立ちました」と感想をいただきました。

CIMG8094-horz.jpg
今回は大人の方も多数参加いただき、歯の裏側から装置を付け目立たないよう治す「舌側矯正法」に興味をもっていただいたようです。

セミナー終了後の個別相談では、相談される方の口腔内写真を基に治療方法を説明、みなさんから「有意義な時間でした」とのお言葉をいただき、修了しました。

次回は夏休みころに予定しています。
興味のある方は、当院ホームページ・ライナー等でお知らせいたしますので、是非ご参加ください。
3月20日(金曜日)は翌21日が祝日で休診のため少々早く診療を終了し、東川の旭岳温泉湧駒荘にて1泊のDr親睦会を行いました。

1年間臨床研修医として勤務された佐々木陽太先生は、3月31日にて優秀な成績で研修医を終了、4月1日からは勤務歯科医として仲間に加わってくれることになっています。

DSC00727.JPG
それなら・・と理事長の発案で、宮田先生のお子さんも参加してアットホームな親睦会となりました。
2人のお子さんには、理事長から本とおもちゃのプレゼントがあり、とても満足してくれたようです。

非常勤で診療いただいている北大大学院矯正学教室在籍中の正満先生も別便で合流、会食が終わり部屋に戻って医院の今後を皆で話したとのこと。

理事長も北大矯正歯科の大学院で学んだので、矯正歯科医を志す先生方の見学も多く見えられます。

現在林歯科では常勤歯科医師も募集しています。
提携している矯正歯科医院では、矯正歯科認定医も短期で取得可能です。(矯正歯科指導医2名在籍)
講習会参加費の補助もあり、働きやすい職場です。
まずは見学にいらしてください。

DSC00738.JPG
このように林歯科は、コミュニケーションを大切に、オンとオフも和気藹々。
そんな歯科医院です。

矯正歯科医だけでなく、広く歯科医師を募集しています。
もちろん応募の秘密は厳守いたします。
こちらの林歯科ホームページより、ご応募お待ちしています。

ご不明な点は、事務長川村までお問い合わせください。


旭川に、本格的な春の訪れ。
やわらかな陽射しが心地いい毎日ですね。

2015.3.17林歯科矯正セミナー.jpg
お待たせしました。
春の矯正セミナー開催のお知らせです。

毎回定員一杯のお申し込みをいただいている、人気のセミナー。
今回も、こどもさんから大人の方まで、歯並びが気になる方ならどなたでもご参加いただけます。
気になっていること疑問等、個別相談でズバリお答えいたします。

告知から3・4日で満員が予想されます。
お急ぎ電話にてお申し込みください。
3月10日(火曜日)の診療終了後は、研修管理委員会の面々を前に、研修の総仕上げとなる症例報告会が行われました。
外部委員の水野史之先生も立ち会っていただきありがとうございます。

研修医各人が担当した患者さんを、診査・治療計画立案・治療・治癒・総括までの発表と、委員による講評です。

CIMG8018-horz.jpg
佐々木先生は、何度もプレゼンテーションを練り直し、完成は発表直前となるヒヤヒヤもの。
松村先生は、なぜかパソコンが立ち上がらず大慌て。USBに落としていたのでパソコンを取り替えて難を逃れるおまけつき。

最初の発表は佐々木先生。
18歳・女子高生の根管治療についての症例です。

CIMG8021-horz.jpg

発表終了後は思わず安堵の笑顔が・・・。

CIMG8022-horz.jpg
しかし!、指導医の米田院長と研修管理委員の皆さんからから、矢継ぎ早の質問やアドバイスの「シャワー」を浴びて意気消沈。
一瞬顔が曇りましたが、そんなことを気にすることはありいません。
こんな身近でたくさんの指導を仰ぐことはそうそうありませんから。
むしろラッキーと思わなきゃ。

最後は「キレイに治療されているじゃない」と全員の評価が一致。

さあ、次は松村先生の出番です。
パソコントラブルの緊張から立ち直っているでしょうか・・・。

CIMG8029.JPG
症例は50代の男性で、主訴は下顎義歯の不適合。
普通はこういう場合、上下作り直しが常道ですが、患者さんの希望で下顎だけの再製と、研修医にはなかなか難儀なケースです。

丁寧な発表が終わり、こちらも終了後の講評で、松村先生が気付いていない角度からのたくさんの質問とアドバイスがありました。

CIMG8027-horz.jpg
模型で示しながらの指導は、松村先生と歯学部同窓の研修管理委員である長谷川淳也先生。
4月からは自身も指導歯科医として臨みます。
往診も一緒に行っていて、後輩のため日頃から密にアドバイスされています。

下顎総義歯の安定と吸着は、顎の形も変形していることが多く、一般的に難しいことが多いのです。
この患者さんは、日曜日に来院されることが多く、理事長も日頃立ち会っていた患者さんです。

業界人ならお分かりでしょうが、非常に緊密に義歯が吸着すると、取り外すとき陰圧で「パフッ」と小気味よい音を発します。
何とスマートフォンの動画には、見事にこの音が再現されていたのです。

もちろん松村先生も委員全員からお褒めをいただいていました。

最後に研修管理委員全員一致で、優秀な成績で研修終了が確認されました。
27日の研修最終日まで、「お疲れさまでした」は取っておきましょう。

理事長の発案で、日本評論社から刊行されている前田泉著「待ち時間革命」の輪読会を診療終了後、受付と行うことになりました。

CIMG8007-horz.jpg

初回は3月6日(金曜日)、1時間30分に亘って行われ、以後半月に1回のペースで2ヶ月で読み込みとディスカッションを重ね、当院における問題点や改善点を洗い出し、患者さん満足度を上げて行くことを目指します。

輪読後受付各人から早速レポートが理事長の元に届き、待ち時間を自分の事と感じることができたようです。

CIMG8010.JPG

参加している4名の受付スタッフも、4月1日から入職する新入職員の模範となるべく、再度トレーニングに励んでいます。
みなさん、こんにちは。
年明けも、ずーっと穏やかな今年の旭川の冬でしたね。
早いものでもう3月、春から何を始めましょうか・・。

ここがちがう3月号が出来上がりました。
どうぞご覧ください。
ここが違う原稿H27年3月.jpg

このアーカイブについて

このページには、2015年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年2月です。

次のアーカイブは2015年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja