2014年12月アーカイブ

12月29日(月曜日)午前で、本年の診療を終了させていただきました。
来年も進化する歯科医療を先取りし、来院いただく患者さんに、最新最良の治療を提供すべく年明けから早速セミナーで学んで参ります。
尚、新年の診療は1月4日(日曜日)午前9時よりとなっております。

CIMG7893.JPG

休診中の歯のトラブルは
道北口腔保健センター(旭川市金星町1丁目1-52)
電話0166-22-2290
へお問い合わせください。
詳しくはこちらからご覧いただけます。

みなさまにとって、静かな年の瀬でありますように。
佐々木陽太先生は8日月曜日から全身管理実習のため、協力施設である旭川高砂台病院さんにお世話になっています。
ここでの実習は内科的疾患を持った、入院患者さんの歯科治療を主だった目的で学ばせていただきます。

普段の口腔内治療と少し勝手が違い、無性にタービン(歯牙切削機)が持ちたくなったのか、休日の14日の日曜日に、ひょっこり治療に出て来ました。

CIMG7889-horz.jpg
担当した患者さんは、上の前歯から奥歯にかけて6本のブリッジ形成です。
症例は比較的長い形成に属し、奥は狭くなかなか目視が困難なことが多く、ミラーを頼りに各歯牙を平行に削らなければなりません。
そうしないと、被せる冠がきれいに形成ラインにセットできないのです。

形成が終わり院長にチェックを願い出たところ、「うーん、いいねえ!。手直しするところはまったくないよ」と太鼓判。
院長は、日曜日に非常勤で治療に来ていただいている北大大学院生の正満先生に、「こんなに形成が上達したよ」と褒めまくりです。

4月は研修医実習室でマネキンを削るだけで、何度もダメ出しが出ていたことを思うと驚くほどの上達ぶりです。
この調子であと3か月強、ますます技術に磨きをかけてくださいね。


12月13日(土曜日)の院内勉強会の後は、みんなが楽しみにしていた忘年会です。
今年は繁華街の居酒屋さんで、総勢44名が参加しごちそうと余興で楽しみました。

Dr勉強会に参加いただいている松本弘幸先生(大町2条10丁目開業)や、来春入職者で現在実習中のみなさんも出席し、あっという間の2時間でした。

CIMG7842-horz-vert.jpg
料理も好評で程よい酔いが回ったころ、余興のゲームに突入です。
今年も院長の計らいで、たくさんの景品と賞金が用意され、チーム対抗だったので、応援にも力が入っていました。

CIMG7857-horz.jpg
本当は左の画像は使いたくなかった(なぜかお分かりですね、後ろからの撮影は諸般の事情でお断りしています・・・)のですが、カメラマンもゲームに熱中し、選択できる画像がなかったのですよ。

CIMG7873-horz.jpg

前出の松本先生からも景品の提供をいただき、優勝チームには「高額賞金」のプレゼントで今年の忘年会もお開きとなりました。
早くから会場確保や企画してくれた幹事のみなさん、お疲れさまでした。
12月13日(土曜日)は、午後から休診して院内勉強会を行いました。
内容も全てチーフ級の衛生士が立案、指導役もこなしたっぷり4時間、職種ごと多岐にわたるトレーニングが組まれました。

CIMG7819-horz.jpg
このように自分たちで考え、勉強会を行えるところがスゴイところだと思っています。
これは開業以来、院長が脈々と積み重ねてきた教育システムの下に成り立っています。
こうして17時、予定時間いっぱいの勉強会は濃密な内容で終了し、お楽しみの大忘年会に繰り出しました。
こちらの様子は別日に・・。

CIMG7822-horz-vert.jpg
次の勉強会予定は3月。
研修医終了プレゼンテーションの準備、そろそろとりかかる時期にきました。
12月2日(火曜日)夕方から行われたインプラント手術は、患者さん担当医の宮田崇史先生が執刀しました。
宮田先生は昨年から、主に東京で開催された口腔外科系のセミナーに数多く参加し、実力に磨きをかけて来ました。
ブログでもご紹介の通り、院内での外科トレーニング講師を務め、定期的に研修医他の外科力向上に注力してくれています。

DSC07241-horz.jpg
この日は院長の診療が早く終了したこともあり、自ら助手を買って出、いたってスムーズなオペの流れだったようです。

院長も助手の目線で、メスさばきや手術全体を再確認でき、非常に有用な時間だったようです。

このように林歯科では、それぞれ得意とする分野を持つ歯科医師が常勤で6名在籍し、患者さんの様々な治療にあたっています。

11月27日(木)、東京で開催された「形成(歯を削る)&歯周外科ワンポイントレッスン」受講のため、前日26日(水)の午前で診療を切り上げ旭川空港より東京入りです。

このコースは1日実習のみのコースで、事前に形成の宿題が課せられ、セミナー受講前後での出来映えを比べ技術を客観評価するのです。

DSC07238-horz.jpg
午前は形成、午後は歯周外科のスケジュールです。
佐々木先生は院長によるとなかなか筋がいいらしく、またこの手のトレーニングは院内でもたっぷり行い、特に歯周外科の実習は2度の特訓の成果もあり、初セミナーで緊張はあったでしょうが順調に終了できたそうです。

帰路は羽田発の時間の関係で、新千歳から旭川に戻りでした。
職員宿舎に着いたら12時を回っていたそうですが、朝礼のハッピートークでは充実感一杯の感想を話していました。

12月8日(月)からは協力施設の高砂台病院さんで、全身管理の臨床研修を受けさせていただきます。
今月も忙しい研修医の佐々木陽太先生です。

みなさん、こんにちは。

いよいよ12月に入りました。
これから本格的な降雪の季節です。
事故に気をつけて、多忙な師走を乗り切りましょう。

ここがちがう12月号が出来上がりましたので、どうぞご覧ください。
ここが違う原稿H26年12月.jpg

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

次のアーカイブは2015年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja