今日の研修医 佐々木陽太先生

| | コメント(0) | トラックバック(0)
早いもので10月も終わりに近づき、朝晩はすっかり寒くなってきました。

4月1日に研修を開始した研修医も半年が過ぎ、指導医の指示待ちではなく、患者さんに積極的に声もかけられるようになってきました。
今までは治療に精一杯でしたが、少し広い視野でアシストや自身の治療を行えるようになった証です。

佐々木陽太先生は、朝から院長が行うインプラントオペの助手を担当です。
手術室からは、佐々木先生が絶えず患者さんに声をかけている様子が聞こえてきます。
・・・、そうなんです。もう立派に院長の助手ができているのです。
院長も執刀していて手技に没頭でき、明らかな進歩を感じているはずです。

CIMG7731-horz.jpg
右側の画像は、オペ終了後本日のアシストについて、院長より講評を受けているところです。
自身が思ったより評価が高く、思わず笑顔になっています。

ブログをご覧いただいているみなさん、研修医が4月の最初に登場したアーカイブを今一度ご覧ください。
画像上からも簡単に、驚くほどの進化を感じていただけるはずです。
診療終了後の自主的な各種トレーニングやドクター勉強会の成果が大きく出て来ましたね。
何せすごい勉強量ですもの・・。

林歯科医院では研修をしていただく研修医や勤務医の先生に、医院の総力を上げて様々なプログラムを用意し、今後の歯科医師としての成長をお手伝いする準備が整っています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 今日の研修医 佐々木陽太先生

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/3686

コメントする

このブログ記事について

このページは、かわむらが2014年10月27日 11:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今年の職員旅行はグァム  第1班出発」です。

次のブログ記事は「ここがちがう 11月号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja