平成26年度北海道予防歯科臨床懇話会参加

| | コメント(0) | トラックバック(0)
9月20日(土曜日)と21日(日曜日)、帯広の十勝歯科医師会館で行われた北海道予防歯科臨床懇話会に、歯科医師4名・歯科衛生士2名・歯科助手1名の総勢7名で林歯科が所属するスタディーグループの研修発表会に参加しました。

CIMG1080.JPG
この会は毎年1回全道の会員が集い、講演や自院で取り組んでいることをスタッフが発表しお互いを高め合い、親交を深めることを目的としています。

初日の会員スタッフ発表は7演題あり、当院は1番発表で「歯周内科治療の導入」と題し、夏からプレゼンテーションを練り上げ、何度も予演し当日の発表に臨みました。

CIMG1019.JPG
歯周内科治療は1月から米田副院長がリーダーとなり、何度もその道の第一人者で熊本で開業されている「生田図南先生」のセミナーを東京で受講、春から臨床導入し歯周病治療に効果を上げています。

歯周病は薬で治すという治療法で、当院は各種検査機器を備えこれまで多くの患者さんで効果を実証しています。

講演は2題で、2日間に渡り興味深い教えをいただき、SPT(歯周病安定期治療)の講演では「すぐに自院のメンテナンスに取り入れたい内容が盛りたくさんだった」と、22日(月曜日)の朝礼で参加した歯科衛生士Tさんが感想を話していました。

CIMG1047-horz.jpg

1日目終了後会場を移し懇親会、2日目開始前に会員で帯広市内の「プラス歯科」様の院内見学をさせていただき、とてもオシャレな院内に感激したそうです。

来年はもっとすばらしい発表ができるよう、今日からまた勉強です。

※スタッフが撮影したカメラの日付設定が、1日ズレていたのはご愛嬌ということで・・・。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 平成26年度北海道予防歯科臨床懇話会参加

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/3680

コメントする

このブログ記事について

このページは、かわむらが2014年9月22日 16:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「姿勢測定・分析器 PA200導入」です。

次のブログ記事は「研修医 高橋東吾先生送別会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja