今週の研修医 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
今週から本格的に矯正の実習が始まりました。

何度かブログでご紹介の通り、ワイヤーベンディング(矯正線屈曲)の基本トレーニングも、3名が院長のチェックを堂々の出来栄えでクリアしました。
研修医が屈曲している課題と比べて、私が技工実習で受けた課題とは、難易度は比べ物になりませんが、線屈曲はとても苦労したので3名もまずはホッとしているはずです。

CIMG7645.JPG
今週は、ロウ模型を使って実際の患者さんと同じように歯を動かしていく、タイポドント実習が開始です。

CIMG7650-horz.jpg
これもなかなかの強敵で、過去には強い力をかけ過ぎてロウ模型から歯牙が全て脱落なんていうのも見たことがあります。
でも心配することはありません。矯正は、院長が最も得意とする分野です。
今までの座学と線屈曲の基本を駆使し的確な指導の下、今月の終わりにはまたひとつ課題の攻略間違いなしでしょう。

歯科医師臨床研修プログラムで、ここまで矯正分野に注力しているのも、林歯科の特色のひとつです。
基礎実習が終わり診療室で経験を積み、1年間の研修プログラムが終了するころには、矯正の基本はしっかりと身について終了式を迎えています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 今週の研修医 

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/3678

コメントする

このブログ記事について

このページは、かわむらが2014年9月 5日 15:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「8月の宮田家勉強会」です。

次のブログ記事は「姿勢測定・分析器 PA200導入」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja