院長 リンガル矯正セミナーへ

| | コメント(0) | トラックバック(0)
院長は7月12日(土曜日)の診療終了後東京に移動し、13日(日曜日)と14日(月曜日)の2日間、リンガル矯正(歯の裏側に矯正装置を装着する術式)の講習会を受講しました。

歯並び治療は歯牙のおもて面に装置を装着するのが一般的ですが、審美的に満足されない方や日常生活上の理由でリンガル矯正を選択される方もいらっしゃいます。
もちろん当院でも導入し、12パーセントの患者さんに行っている治療法です。
また、リンガル矯正は非常に狭い空間で手技を行いますので、熟練の技が必要です。

yjimage-horz.jpg
                                          表から矯正        裏から矯正


講師の先生はGiuseppe Scuzzo先生と、日本矯正歯科学会専門医でリンガル矯正一筋30年の竹元京人先生にご教授いただき、相当刺激を受けたセミナーだったようです。

DSC07101.JPG
矯正治療歴30年の院長も、「簡単にまねのできる領域ではないんだよねぇ・・。何と言っても治療の厚みが違う。私もそこを目指す意気込みを持って帰って来ました。」と火曜日の朝礼で話していました。
今回は「心が洗われる思いだった」とも。

DSC07098.JPG
会場には100人を超える矯正医が参加して、活気にみなぎっていたそうです。
その中に、院長の北海道大学歯学部矯正科の後輩であり、札幌でイーライン矯正歯科を開業されている上野拓郎先生がいらっしゃったので、記念写真に収まりました。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 院長 リンガル矯正セミナーへ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/3662

コメントする

このブログ記事について

このページは、かわむらが2014年7月16日 18:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日の研修医」です。

次のブログ記事は「宮田家矯正勉強会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja