2014年7月アーカイブ

恒例の「夏休みこども矯正セミナー」を、7月25日のライナーで告知しました。
みなさんお待ちいただいていたようで、大部分の予約をいただきました。

林歯科医院矯正セミナー7-25原稿.jpg
7月31日9時現在、3名の空きがあります。
ご希望の方は、お急ぎご予約を。

当日は林歯科医院と木の実デンタルクリニックの共催で院内見学会も開催します。
時間は午前10時から午後3時までです。
特典として、エコバックを矯正セミナー参加者・見学会参加者(いずれも1家族につき1枚)にプレゼントいたします。
見学会参加の方先着10名様(1家族お1人)に限り、体験版口腔メンテナンスを無料で施術いたします。

どなたさまもお待ちしておりますので、どうぞお越しください。

長谷川先生は7月26日(土曜日)と27日(日曜日)の2日間、北海道医療大学が開催した「指導歯科医講習会」を受講しました。
受講資格は歯科医師免許取得後、7年の経験を有していることです。

当院は厚生労働省より単独型・協力型歯科医師臨床研修実施施設に指定されていて、研修歯科医を受け入れています。

CIMG7492-horz.jpg

研修医を指導する資格を「指導歯科医」といい、指導歯科医1名に対し2名の研修医を指導をすることができます。
院長他3名の歯科医師がすでにこの資格を所持していますが、毎年定員以上の応募いただくため希望者全員を採用できないのです。

長谷川先生の資格が反映されるのは平成28年度採用からで、指導体制がますます充実することになります。
7月23日(水曜日)午前の診療を終えた院長は、慌ただしく旭川空港から名古屋セントレア空港に向いました。
5月から月に2日、3か月間の咬合セミナーに通い今回が最終回です。

いつものように1日目夜は復習を兼ねた講義を受け、2日目は通院されている患者さんに、中村昭二先生が治療をされている様子を間近で見学させていただきます。

DSC07108-horz.jpg
全国から勉強に集まる先生たちも、画像で記録したりと熱心に取り組まれていらっしゃるのが見て取れますね。
歯科医師で頭痛専門医をお持ちになっている先生は全国に2名とか・・。それほどのスペシャリストなのです。

DSC07122-horz.jpg

左の写真は首のマッサージを行っているところです。
治療を終えた患者さんは、「通院して、とても肩こりが軽減しましたよ」と話されていたそうです。
院長も、もっともっと勉強して診療の幅を広げると25日の朝礼でみんなに報告していました。
「次は北海道でセミナーをお願いしてきたよ」と。
7月の宮田家矯正勉強会は、7月19日(土曜日)の診療終了後に2時間ほど行われました。
院長が講師となり、宮田先生夫妻・長谷川先生・研修医3名と北海道大学病院歯科矯正科より非常勤で診療いただいている田幡先生も先月に引き続き参加です。

症例分析を1症例と、フォースメカニクスについての講義を行いました。

CIMG7488-crop.JPG
矯正は、ちょうど院長が7月13日・14日の2日間、東京で講義を受けたばかりでしたので、さぞかし「生きのいい」講義だったことでしょう。
講義に使用した書籍には付箋がびっしり。教える方も猛勉強です。

CIMG7490.JPG
研修医は土曜日と日曜日は休日ですが、勉強会があると必ず出てきて講義を受けています。
これもなかなか出来ないことだと思っています。
8月から研修医は、ワイヤーベンドとタイポドントの矯正実習が始まります。
研修開始から3か月、知識も手技もメキメキ上達しています。
きっと院長も教え甲斐があるのでしょう。


院長は7月12日(土曜日)の診療終了後東京に移動し、13日(日曜日)と14日(月曜日)の2日間、リンガル矯正(歯の裏側に矯正装置を装着する術式)の講習会を受講しました。

歯並び治療は歯牙のおもて面に装置を装着するのが一般的ですが、審美的に満足されない方や日常生活上の理由でリンガル矯正を選択される方もいらっしゃいます。
もちろん当院でも導入し、12パーセントの患者さんに行っている治療法です。
また、リンガル矯正は非常に狭い空間で手技を行いますので、熟練の技が必要です。

yjimage-horz.jpg
                                          表から矯正        裏から矯正


講師の先生はGiuseppe Scuzzo先生と、日本矯正歯科学会専門医でリンガル矯正一筋30年の竹元京人先生にご教授いただき、相当刺激を受けたセミナーだったようです。

DSC07101.JPG
矯正治療歴30年の院長も、「簡単にまねのできる領域ではないんだよねぇ・・。何と言っても治療の厚みが違う。私もそこを目指す意気込みを持って帰って来ました。」と火曜日の朝礼で話していました。
今回は「心が洗われる思いだった」とも。

DSC07098.JPG
会場には100人を超える矯正医が参加して、活気にみなぎっていたそうです。
その中に、院長の北海道大学歯学部矯正科の後輩であり、札幌でイーライン矯正歯科を開業されている上野拓郎先生がいらっしゃったので、記念写真に収まりました。


今日の研修医

| | コメント(0) | トラックバック(0)
4月から始まった今年の3名の歯科医師臨床研修、3ヶ月が経ち研修医も当初から見て、患者さん対応や診療技術は確実に向上しています。
疑問点は医局の図書で調べたり、指導歯科医へも自分から積極的に質問している姿をよく見かけます。

CIMG7441-horz.jpg
佐々木先生はCR充填、松村先生は形成、高橋先生は義歯のリベースを行っているところをパチリと撮影しました。

ちょうどブログを書いているとき佐々木先生が来て、「まだまだ時間がかかるんですよねぇ・・。衛生士さんの手際のよさに関心しています」と話していきました。
大丈夫、先生たちはまだ3ヶ月。「これからグングン伸びて行くこと間違いなし」、真面目な診療姿勢を間近かで見ている私が太鼓判を押しましょう。


6月29日(日曜日)院長は、札幌で行われた阿部二郎先生の義歯セミナーを受講しました。

阿部先生は、国内ばかりか欧米からも教授クラスのドクターが、テクニックを習いに来るほどの義歯の世界的権威で、札幌で受講できる数少ないチャンスでした。

DSC00426-horz.jpg

特に下顎の総義歯は吸着を得るのが困難な症例が多く、苦労することが多いのです。
阿部先生が発表された下顎総義歯吸着メカニズムを、「書籍ではずいぶん勉強したが、テーブルクリニックも交えて間近で見られとても有用なセミナーだった」、と月曜日に話していました。

7月12日土曜日の診療終了後は東京前泊で日曜日と月曜日の2日間、舌側矯正のセミナー受講と勉強三昧の院長です。
移転当初より計画していた矯正専用ブースが、本日7月7日(月曜日)から診療開始です。
院内勉強会で何度も運用を検討し、ついに今日を迎えました。

CIMG7434-horz.jpg

ブースは重厚なクルーザーをイメージし、明るく優雅な造りに仕上がりました。
ユニフォームもしっかり海を意識したこだわりようです。

CIMG7432.JPG

診療台は全部で5台設置し、できるだけお待たせしない快適な矯正治療に努めます。

診療時間は月曜日から金曜日は14時30分より19時最終受付、土曜日・日曜日は9時より14時最終受付となります。

歯科治療においでになる患者さんも、どうぞ矯正ブースをご覧になっていただきたいと思います。


来春歯科医師臨床研修に進まれるみなさん、当院の募集要綱を先日ブログに掲載しましたが、ご覧いただけましたか。

前回未定となっていた面接のテーマが決まりましたので、お知らせいたします。
「どのような歯科医師になりたいか」について、A4二枚の資料を持参いただきプレゼンテーションを行っていただきます。

DSC07015-horz.jpg

今週と来週の週末にも、医院見学希望の方が来院されます。
どうぞどうぞみなさん、見学にいらしていただき林歯科を見て感じていただきたく思います。

試験日は7月27日(日曜日)午前11時からです。

6月25日(金曜日)、札幌にある吉田学園医療歯科専門学校歯科衛生士学科にて、昨年に続き授業の1枠をいただきお話しさせていただく機会を頂戴しました。

当院のチーフと新人の両歯科衛生士が、林歯科の紹介や新人育成システムと、衛生士の明るい未来像を約1時間、来春卒業される3年生の皆さんに聞いていただきました。

CIMG7381-horz.jpg
学生のみなさんは臨床実習に出かけていますが、身近にこのような話を聞かれることは少ないためか、持参したパンフレットを見ながらとても熱心に聞いていただき準備の甲斐がありました。

来春卒業される方ばかりでなく、今からたくさんの歯科医院を見学されることは選択の幅が広がること間違いなし。
当院の取り組みをご自身の目でご覧いただくことで何か感じていただけるとうれしく思います。

医院見学は大歓迎です。
お問い合わせは下記より

電 話 0166-57-6655
メール kawamura@dendendental.com

事務長の川村までお申し付けください。
医院一同、お待ちしています。

みなさん、こんにちは。

ここがちがう7月号が出来上がりました。
どうぞご覧ください。
ここが違う原稿H26年7月.jpg

矯正ブースが7月7日(月曜日)から診療開始します。
クルーザーをイメージした、とってもステキな診療室に仕上がりました。
ご期待ください。

このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年6月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja