小口先生 矯正治療に取り組む

| | コメント(0) | トラックバック(0)
先日より勤務を開始した小口先生が、矯正治療に取り組んでいます。

DSC06936.JPG

院長の林俊輔は、今年で歯科矯正治療歴30年を迎えます。月間500名弱の患者さんを治療していますので、矯正修行には打ってつけ、さまざまな症例を経験できるのです。

また矯正装置の作成は、技工士学校卒業後15年に亘り院長がしっかり教え込んだ矯正技工専門のスペシャリストが作成しています。治療にとどまらずこうした流れを間近で見られることもレベルアップの近道です。

今までは1階の診療室で矯正治療を行っていましたが、矯正患者さんの増加で一般診療患者さんの枠を取ることが困難になってきたので、初夏に向けて2階に矯正ブースを開設すべく準備を開始しています。
先日さしあたってユニット(診療用の椅子)を5台購入契約し、院長の医院移転の際の目標がまたひとつ実現に向かっています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 小口先生 矯正治療に取り組む

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/3607

コメントする

このブログ記事について

このページは、かわむらが2014年2月21日 08:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小口真由子先生勤務開始」です。

次のブログ記事は「マンガ版科学図鑑」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja