粋な空間

| | コメント(0) | トラックバック(0)
医院の建物やインテリアは、院長がこだわってこだわって細部にまで思いを馳せ進化させています。
副院長の米田先生が主に担当している「木の杜」は、和を強く意識したブースになっているのは通院いただいている方にはご承知の通りです。
木の杜待合スペースは瓦張りの下屋、陣幕に赤い野点の傘と江戸時代の風情をイメージし、渋く粋な空間を作り出しています。暗くなってほのかな照明が点灯すると、院内でも最高の雰囲気を醸し出していて私の大好きな空間となります。
今回院長はそこに「茶香炉」を仕込みました。

CIMG6867.JPG
この香炉は人工の香料には決して出せない、日本茶を熱した深い芳醇な香りを発します。
日常では、あちらこちらからストレスが降りかかります。どうぞこの待合ブースでひと時の休息を取り、ホッと静かな心を取り戻してください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 粋な空間

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/3597

コメントする

このブログ記事について

このページは、かわむらが2014年1月20日 17:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「院長と北海道大学歯学部横山教授との研究」です。

次のブログ記事は「入れ歯無料相談会 予約大盛況」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja