院長と北海道大学歯学部横山教授との研究

| | コメント(0) | トラックバック(0)
院長は北海道大学歯学部の12期卒業です。以前から共同研究の打ち合わせを行っていた、同期で旧第1補綴の教授をされている横山先生の教室から、大学院生の方2名が研究の下準備のため来院されました。

CIMG6851.JPG
研究テーマに往診や口腔ケアについて考えられているようで、写真は担当の米田副院長とケア班面々との打ち合わせを精力的に行っているところです。
林歯科は開院以来、院長のライフワークとして往診・口腔ケアを旭川でいち早く手がけて来ました。
大学ではそれらの診療は、なかなか手がけることが組織上困難なようで、林歯科が関係施設様の協力をいただきしっかりバックアップし一翼を担います。
訪問先に院生のお二人も同行し、ベテラン衛生士のプロフェッショナルな仕事を間近で見ていただき、濃厚な1日になったものと思います。

CIMG6856.JPG

現在大学院1年のI先生が書き上げる博士論文までには、本日の視察が第一歩となります。院長の目標のひとつである「後進の育成」が、医院を越えてスタートしました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 院長と北海道大学歯学部横山教授との研究

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/3596

コメントする

このブログ記事について

このページは、かわむらが2014年1月15日 17:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「冬休み無料矯正セミナー大盛況」です。

次のブログ記事は「粋な空間」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja