2013年9月アーカイブ

明日から配布するここが違う!が完成しました。
林歯科では、毎月の新しい試みをここがちがう!でお知らせしています。ぜひご覧下さい。

ここが違う原稿H25年10月-1.jpg


旭川歯科学院の学生さんの臨床実習は、あと1クールで終わりになります。
前クールでの見学生には、インプラントオペの見学もしてもらいました。

CIMG6379.jpg


まだ、アシスタントをしてもらうのは難しいと判断し、見学のみですが、よい経験になったのではないかと思います。おそるおそる、遠くから見ていますね。
昨年に続き、今年も新人向けに松風の方のセミナーを開催していただきました。
午前午後、二班に分けて、それぞれ5名ずつ。

まず、講師の方のデモンストレーションを皆で見て
CIMG6374.jpg

続けて、各人が実習です。

CIMG6368.jpg
実習の機材も松風さんが用意してくださいました。

受講したのは 新人スタッフと研修医ですが、よい勉強になったと思います。

以前 林歯科に勤務していた多賀谷先生が訪ねて来てくれました。

DSC06743.jpg
現在は、郷里の群馬県にお住まいで、親戚の医院に勤務されています。


9月の終わりに十勝で行われるラリー北海道観戦のための来道中とのことでしたが、突然立ち寄ってくれたのは、うれしい驚きでした。林歯科のFacebookなども見てくれていて、「いいね!」を時々おしてくれています。いつもありがとう!

また遊びに来てくださいね。

スクリーンショット 0025-09-27 16.44.15.png

新しく導入した機材「メタリフト」。
何をするための道具かと言うと、冠や銀歯を外すための道具です。

DSC06742.jpg
これまでとは違い、冠の真ん中に穴をあけて、作用−反作用でべりっとはがしてとるような感じです。歯に対する侵襲を少なくできるのではないかと期待しています。
こんなキットになっていました。


DSC06740.jpg

参考URL http://www.smile-us.com/item495.html
個人輸入の取り扱いになります。
2007年に林歯科で臨床研修をし、その後3年間勤務してくれた金城先生が、郷里の沖縄に帰って2年。今年念願の開業をしました。

先日、来院された患者さんの矯正について相談のメールが届き、火曜日の矯正の症例分析会で皆で検討し答えをFAXで送りました。写真は、送られて来た患者さんの模型の写真と、お答えのファクスです。

スクリーンショット 0025-09-20 22.26.12.png
DSC06736.jpg


開業して10ヶ月ほどですが、少しずつ矯正の患者さんが増えているようで何よりです。

こうして、遠くにいても相談してくれる事が、研修施設としてのやりがいの一つです。
北大で2期後輩に当たる二期会歯科の門脇先生が、旭川市永山のあいファミリー歯科見学の後、林歯科に立ち寄ってくれました。

CIMG6362.jpg
二期会歯科は北大歯学部二期生の先生たちが設立された法人歯科で、今、世代交代の時期に入るところだそうです。*現在、最初の医院からの移転も終わったとのことです。
*移転ではなく、診療室は30年間同じ場所との事です。お詫びの上訂正いたします。

林歯科の見学が何かお役に立てれば何よりです。

今日は 半日かけて 新人スタッフ(衛生士5名 助手1名)対象にセレックセミナーを行いました。

林歯科では1年半前に CADCAMシステムによる審美治療 セレックを導入しました。
昨年は月60本程度でしたが、ここ数ヶ月は毎月100本程度の需要のある治療になりました。

DSC06739.jpg
診療室スタッフには、セレックの治療について十分な説明が出来る知識と、治療に際してスムーズな対応が出来る技術が求められます。4月勤務開始から5ヶ月半がすぎ、新人スタッフにもこの対応ができるように、今日はベテランスタッフが講師となって講習会を行い、終了時にはテストを行いました。



この講習会は、院内スタッフが独自に企画して行ったもので、院長の指示によるものではありません。こうして発案する力のあるスタッフがいることが林歯科のパワーだと思います。

9/15 日曜日
DSC06733.jpg
院長が、東京で 筒井照子先生のお話を聞いてきました。生理的咬合療法 ワンデーフォローアップコースです。

年に一回くらいは、機会を見つけて先生のお話聞いています。

DSC06732.jpg

筒井塾卒業生の発表もあり、刺激を受けました。
以前から講習会などでお会いした事のある帯広の井上先生も受講されているのを見かけました。
林歯科で研修後、北大歯学部の大学院に進み、現在博士課程2年目の生駒先生が遊びに来てくれました。

これから1年間、デンマークへの留学が決まり、出国前に旭川の実家に行くついでに、顔を見せに来てくれたのです。


250906.jpg
写真は 副院長の米田先生と見学中の生駒先生です。
こうして元気な顔を見せてもらったのが、研修を続けているやりがいだと思います。


8月末の院内勉強会では
CIMG6314.jpg
ウェーデン・マルメ大学の歯科衛生士向けセミナーの報告
・救命講習
を 二つの課題として行いました。


先だって治療中に貧血を起こした患者さんがいらしたことがあり、皆のチームとしての動きに円滑でない部分がある事がわかったので、救命講習受講と同時に、現状をディスカッションして改善点を考えました。


写真は救命講習の受講中の様子です。

CIMG6342.jpg

ディスカッションでは、特に救命用の機材の保存場所を全員が把握する事、やる事を分担して動けるようにする事が大切と言う事で、まず、AEDをこれまでよりわかりやすい所に保存する事を決めました。

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja