H25年度歯科医師臨床研修-14

8月の臨床研修のテーマは矯正治療です。

研修医から続けて3〜4年在籍してもらえば、ほぼ一般歯科で開業する際に必要な矯正臨床の知識と技術がつきます。研修期間中はまず、レントゲンなどの検査試料を分析し、治療計画を立てられるよう、知識の部分からスタートし、矯正治療に手技として必要な実習を行い、臨床経験を積んでもらいます。

実習で行うのはまずワイヤーベンド。矯正治療で使うワイヤーの使用に慣れるためのトレーニングです。

DSC06631.jpg

次にタイポドントという実習模型を使ったトレーニングで、矯正治療のシミュレーションを行います。

DSC06632.jpg

概ね 月450名、平日は15名程度、土曜は30名以上の方が矯正治療のため来院されるため、豊富な臨床例に触れることができるのも、研修の特徴と言っていいと思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: H25年度歯科医師臨床研修-14

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/3543

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2013年8月22日 16:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏休み 子供の歯並びセミナー」です。

次のブログ記事は「北大でのミーティング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja