2013年8月アーカイブ

林歯科医院の臨床研修の一つの山場になる歯周外科の実習。
今年は、林歯科の研修医K先生のお友達で旭川医大の研修医も参加して、水柿先生の指導で行われました。

DSC01025.jpg

切開 縫合の練習を繰り返します。

DSC01021.jpg

実習終了まで約3時間。みなさん、お疲れ様でした。

DSC01033.jpg

5月から4ヶ月に渡って院長が通っていた大阪でのセミナーが終了しました。

最終日の実習風景の写真です。
DSC06648.jpg
DSC06647.jpg


講師の本多先生の手技を直接間近で見る事が出来ました。
本多先生はもう68歳とのことですが、毎日診療を行い、こうして週末に講習会で後進の指導に携わっていらっしゃるのは、素晴らしい事だと思います。

4ヶ月、延べ8日間の講習を終え、無事修了証をいただいて 旭川に帰ってきました。

DSC06652.jpg

先週の土曜日、院長は診療終了後北大に向かい 学生時代の同期で北大歯学部の教授の横山先生、先生の講座の大学院生2名と今後の研究についてミーティングを行ってきました。

大学につくともうすっかり暗くなっていました。


DSC06627.jpg
古い理学部の校舎が博物館として使われているようです。

歯学部も改修工事中で、会議室をパーティションで区切ったところでのミーティングで、今後訪問診療についての研究についての課題を検討してきました。

ミーティング終了後は、夕食を居酒屋で。

DSC06629.jpg
いつでもすぐ打ち解けられるのが同期のいいところだと思います。
8月の臨床研修のテーマは矯正治療です。

研修医から続けて3〜4年在籍してもらえば、ほぼ一般歯科で開業する際に必要な矯正臨床の知識と技術がつきます。研修期間中はまず、レントゲンなどの検査試料を分析し、治療計画を立てられるよう、知識の部分からスタートし、矯正治療に手技として必要な実習を行い、臨床経験を積んでもらいます。

実習で行うのはまずワイヤーベンド。矯正治療で使うワイヤーの使用に慣れるためのトレーニングです。

DSC06631.jpg

次にタイポドントという実習模型を使ったトレーニングで、矯正治療のシミュレーションを行います。

DSC06632.jpg

概ね 月450名、平日は15名程度、土曜は30名以上の方が矯正治療のため来院されるため、豊富な臨床例に触れることができるのも、研修の特徴と言っていいと思います。
毎回 学校が休みの時期に行う 子供の歯並びについての説明会。
今年は8/10の土曜日の午後に行いました。

申込15名で 13名の参加。6名の方が詳しい検査を希望されました。

セミナーでは、矯正治療についてのガイダンスを1時間ほど行い

CIMG6239.jpg

その後、一人15分までの個別相談を無料でお受けしています。
CIMG6243.jpg

診療時間では詳しくお話しできない矯正治療の詳しいことをじっくり時間をかけてお話ししますので、矯正治療についてよく知った上で治療をするかどうか決めたい方にはお勧めです。
次回は冬休みに開催予定です。ご関心のある方には事前登録いただければ、優先的にご案内を差し上げていますので、林歯科受付0166-57-6655までお電話にてご相談ください。
来年度の歯科医師臨床研修 林歯科の単独型のプログラムの採用試験を8/11日曜日に行いました。

IMG_1287.jpg

まず、院長がレクチャーをして 支台歯形成とワイヤーベンディングの実技試験。それぞれ45分ずつ時間を取りました。続けてプレゼン形式での面接を一人30ほど行い、昼食を一緒にとりました。写真は実技のレクチャーの様子です。

今週中には採用関係の書類を送付し、来年度の研修予定者には国家試験に向けての勉強に集中してもらいたいと思います。



夏休みに入ってから、あちこちから見学の学生さんが来院されています。

8/3 2名、8/5 1名、8/81名 8/93名 合わせて7名の見学でした。

DSC06623.jpg
DSC06621.jpg DSC06622.jpg
来年度研修予定の見学は、これまでに13名。
昨日 単独型プログラムの第一回採用試験を終え、この後は、北大複合型プログラム(5ヶ月)のマッチングを11月初めに 北海道医療大複合型プログラム(8ヶ月)のマッチングを3月に行います。

複合型プログラムで、協力型として林歯科での研修を希望される場合は、お早めに意思表明をお願いします。


8/2,3,4の3日間 札幌でスウェーデン・マルメ大学の歯科衛生士向けセミナーが開催され 林歯科からは 4年目のTさん 2年目のHさんの二人が参加しました。

スクリーンショット 0025-08-06 20.30.26.png
20名強の参加者の中には 7月の北海道予防歯科臨床懇話会で出会った衛生士さんも何名か見つかり、打ち解けた雰囲気で講習を受ける事が出来たようです。

CIMG0531.jpg

最終日には 修了証が手渡され、感激もひとしおだったようです。
今月末の勉強会では 学んで来た事を皆に伝えてもらう予定です。

CIMG0537.jpg
CIMG0535.jpg

林歯科の常勤スタッフが このごろつけている可愛いバッチ。


これはローテーションと配置をしめしています。
林歯科の長時間の診療時間を保つために常勤は交代勤務をしているのですが、そのときどのブースに所属していて、勤務時間を終えるのがいつかが、一目で分かるようにシンボルマークを作りました。

DSC06615.jpg

手があいたときに他のブースを手伝ったり、他の人を手伝ったりする事があるのですが、そんなとき、その人が上がる時間が誰にでも分かるようにしていないと、残業になってしまう事があるからです。

これで、皆のスムーズな交代勤務が出来るようになればと思います。
今年の研修医2名が受講した辻本先生の根管治療の講習会で勧められた機材があったということで、院長に欲しいものをリストアップして提案してもらう事にしました。
これまで使用していた デンタポート(モリタ)・トライオートZX(モリタ)・X-smart(デンツプライ社)に加えて


DSC06585.jpg
今回導入した機材は、こちらです。

モリタ社の
トライオートミニ。

























早速研修医たちが診療に使い始めています。

DSC06587.jpg
新しい機材や治療方法を積極的に導入する事で、時代の先取りをする歯科治療の提供をこれからもめざしていきます。

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja