H25年度歯科医師臨床研修-13

今年の歯科医師臨床研修の4ヶ月目が終わろうとしています。



DSC06575.jpg
現在研修医が取り組んでいる臨床での課題は 総義歯の患者さんの担当。
一人はセットまで終了し、もう一人も最初のステップに入りました。


写真は、研修医が型とりの準備「個人トレー」を作っているところです。


研修医が作る総義歯は 院長の指導のもと、阿部晴彦先生の手法、Shilla Systemを忠実に行っています。院長は以前阿部先生の長期間のセミナーに通ってこの手法を学びました。






DSC06607.jpg

実習課題は、矯正治療に用いるワイヤーの調整方法のトレーニング。

DSC06572.jpg

上の写真の院長が用意した課題のシートを用いて、所定サイズの太さや断面のワイヤーを曲げて行きます。

DSC06574.jpg
このシートについているワイヤー課題が全て終了したら、タイポドントという歯並びを治療するシミュレーションに入ります。

診療時間の合間を縫って、少しずつワイヤーを曲げて行きます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: H25年度歯科医師臨床研修-13

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/3535

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2013年7月30日 12:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大阪での講習会 3回目」です。

次のブログ記事は「かたくりの郷でイベント参加」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja