2013年6月アーカイブ

22日土曜日
研修医の見学が終わった後、院長は5時のJRで札幌へ行き、北大補綴科の横山教授とお話をしてきました。今後、一緒に研究をしたいという、以前から話している事をいろいろ詰めて来たようです。

私は、見学を終えた研修医と早めの夕食をとって、7時のJRで札幌へ。
JRの東口を出たところでOBS(小樽商科大学ビジネススクール)で同窓の北海道医療大の補綴科の松原先生、補綴科教授の越智先生とばったりお会いしました。

広いようで狭い、北海道です。
先生方には勤務医、非常勤医のご紹介をよろしくお願いしてきました。

そのあと、院長と合流してガード下にあるレストランでピザをつまみにワインを飲んで、早めに休んで翌日の講習会に備えました。
6/22 23は札幌でEXILEのコンサートがあったため、ホテルもJRも混んでいました。

そんななか、札幌での講習会受講のため、院長、私、研修医2名は出かけてきました。
それぞれ別の講習会です。

院長は インプラテックス社のインプラント周囲組織のマネジメントについての実習付きコースでアスティ45へ。

研修医2名は、国際ビルで顕微鏡を利用した根管治療についてのセミナーを受講。
根管治療の方法について、新しく提案したい事がある聞き、楽しみにしています。

私は、北16西5にあるGC札幌支社のビルで、経営セミナーを受講。

私が受講したセミナーの講師の今本先生は、高校まで育った福岡県大牟田市のすぐちかく、瀬高で開業されているとうかがい、びっくりしました。会場のビルは、学生時代住んでいたアパートのすぐ近くで、帰り道はそこを通ってきました。北18条は大学に入ってから結婚するまで9年間住んでいた地区なので今も懐かしい場所です。

6月、7月は北海道のベストシーズンで、セミナーのピークシーズンでもあります。




2週間続けて、来年歯科医師臨床研修を予定している歯学部の6年生が来院しました。

先週の土曜日は、北海道医療大から一人、日本歯科新潟校から一人、二人の方が来院されました。見学の際には

  • 林歯科の診療見学
  • 設備の説明
  • 研修プログラムについての説明
  • 診療内容のプレゼンテーション

を行い、お食事をしながらどんな歯科医師になりたいと思っているかなどを伺います。

林歯科は3つの研修プログラムを行っています。
  1. 林歯科独自のプログラム12ヶ月
  2. 北海道医療大学 協力型8ヶ月
  3. 北海道大学病院 協力型5~5.5ヶ月
このなかで、林歯科独自のプログラムは、臨床技術習得に主眼を置いたプログラムです。早く開業したい人には、向いていると思います。

北大病院から研修に来る人の多くは大学院に進みますので、研究者、大学勤務医、博士号を目指す人は、北大からのプログラムをお勧めしています。

研修医の期間は、どのような歯科医師になるかを決める大切な期間なので夏休みには出来るだけたくさんの研修施設を見学して進路を決めてください。

先週日曜日から月曜日にかけて三重県の川原田先生が旭川にいらっしゃいました。プライベートな用事で札幌にいらっしゃる機会に、旭川まで足を伸ばしてくださり、林歯科で行っているカワラダ・デンチャーの症例を診てくださったのです。

日曜日 夜には、院長 米田先生 水柿先生 技工士の佐々木さんの4人で川原田先生を囲んでお食事をし

IMAG0049.jpg

月曜日は朝からカワラダ・デンチャーの患者さんのうちでも難しい症例を直接診ていただきました。

DSC06491.jpg
DSC06474.jpg



















これまで、米田先生、水柿先生が悩
んでいた事も、川原田先生に診ていただくことで解決し、スタッフも含めて、大変貴重な機会を得る事が出来たと思います。









まだまだ先生には及ばない点が多々ありますので、これからも三重に通ってご相談するのを続けて行こうと思います。

DSC06526.jpg
また、先生にもできましたら年に1度は教えを請うことができたらと願っています。
来年度の歯科医師臨床研修に向けて、見学者の来院がスタートしました。

130616.jpg

先週の日曜日に北大から2名が見学に来院し、来週の土曜日にも医療大から5、6名、道外から1名の見学の予定があります。見学では、林歯科の研修プログラムのご案内に加え、診療見学、設備説明、研修医受け入れ態勢の説明を行います。
これから見学を希望される方は、こちらの申込フォーム→クリック をご利用ください。

林歯科の臨床研修のプログラムは3種類
  • 林歯科単独のプログラム12ヶ月(口腔外科見学あり)
  • 北大の協力型施設としてのプログラム5ヶ月半
  • 北海道医療大の協力型としてのプログラム8ヶ月

このうち、林歯科の独自のプログラムについては、直接林歯科にお申込いただいています。
募集要綱を今週中に発表しますので、今しばらくお待ちください。

文春から 文庫版でジブリの教科書という本が出版されました。

もちろん、林歯科でも、少しずつ出版されるジブリの教科書とシネマコミックスを買い貯めて、シリーズが揃ったところで待合室で公開する予定です。

一番新しいのがこの本ですが、この表紙シーンを、再現したのが、林歯科の受付前のトトロのバス停 林歯科前です。

左が表紙の写真 右が林歯科のディスプレイ。

2013年06月10日13時12分55秒.pdf000.jpg

DSC00973.jpg




















ぜひご来院の際は記念写真をどうぞ。

先日 いつも訪問診療にうかがっている施設で、職員の方を対象に口腔ケア講習会を開催しました。今回は、口腔ケアチームのスタッフたちが、事前に新しいスライド資料を用意し、時間をかけて準備をしてくれました。

DSCN1431.jpg
忙しい中、様々な職種の方に大勢参加していただきました。

DSCN1445.jpg
講義だけではなく、実習をふんだんに取り入れた講習会を開催し、熱心に取り組んでいただきました。技術の取得だけではなく、麻痺する感覚も体感することで、深い理解につながったのではないかと思います。

CIMG5842.jpg
CIMG5845.jpg
CIMG5847.jpg
受講された方からは、しっかり取り組まれた事がよくわかるご感想をいただき、ありがたく思いました。今後も、訪問診療、口腔ケアにはしっかり取り組んで行こうと思います。

前の末広2-11の医院で飾っていた歯医者さんの「額」を出して来てかざっています。

DSC00962.jpg
ドールハウスみたいな、昔の歯科医院のミニチュアです。
連休に見つけたドールハウスや、小さなアリエッティと一緒においたら、サイズもピッタリでした。



6月4〜6日の3日間は 旭川市 護国神社のお祭りです。
境内と 市の中心部の常盤公園に屋台が出るのですが、今年は6月4日火曜日、診療終了後の勉強会を短い時間で切り上げて、研修医2名と 彼らと同じスタッフ宿舎Sakura館にいる衛生士1名を誘ってお祭りの屋台を冷やかしに行ってきました。

130607-1.jpg

研修医の二人に取っては、ハードな日程の中でのちょっとした息抜きになったようです。
護国神社祭は兵隊さんの涙雨と言って、雨が降る事が多いのですが、今年は、昨日、今日と晴れています。

6月1日の勉強会の参加者で記念撮影をしました。
講習会参加、家庭の用事などで参加していない人が常勤、非常勤ともいるのですが、参加者40名での集合写真です。

集合写真.jpg

今回、写真屋さんにお願いしてイスや台も用意してもらい、しっかりした写真をとってもらいました。お天気にも恵まれてとてもいい写真になりました。

ありがとうございます。
林歯科の臨床研修の最初の山、模型実習と根管治療実習、そして全体勉強会での症例としての自分の分析・発表が終了しました。
来週からは、臨床の比重を強めて行きます。

さて、診療修了間近の林歯科の診療室で、ユニットに向かっている白い白衣は研修医のK先生です。

DSC06453.jpg

そして、この患者さんは誰かと言うと

DSC06456.jpg
林歯科の院長です。自ら信頼を態度で示しているそうです。
ちょっと手の動きに緊張が見られますね。
研修医で院長の診療をした人は、初めてかもしれません。
今年は新人スタッフ数が多かったので、写真技術のレベルアップのために航空内写真撮影コンテストを行いました。

同じ条件で写真を撮るために事務長がモデルになり、7枚1セットの口腔内写真の撮影を行いました。
一枚の点数が10点満点で評価
制限時間5分で、3分台で撮ると+3点加算。
最大点数が70+3=73点です。

6/1の勉強会のスケジュールの中で数名ずつのグループに分かれて順番にディスカッション PMTC体験 写真コンテストを行い、参加17名の撮った写真を審査員の歯科医師が一定の基準で採点。
IMG_1028.jpg
採点したプリントアウトがこちらです。

IMG_1040.jpg
この採点結果を元に3位までを表彰しました。
IMG_1038.jpg
写真は1等賞の大平さんです。67点/73点だから、100点満点の92点。
よくがんばりました!
北大から非常勤で来てもらっている正満先生と、ドライブがてら美瑛撰果にあるアスペルジュでお食事してきました。

IMG_1085.jpg

ここは、札幌にあるモリエールや、真狩村にあるマッカリーナの系列で、美瑛の食材、特に野菜をメインにしたコースを出すフレンチレストランで、ヘルシーなメニューが特徴です。

130604-2.jpg

こういうのを、地産地消というのでしょうか。

林歯科の新人歓迎会は6月の全医院勉強会の後、開催しています。
今年は しゃぶしゃぶべんけいで、ラムしゃぶ食べ放題、飲み放題のプランだったので、食欲おう盛な若者たちにも喜ばれたようです。
大所帯になって、全員が入られるお店を探すのも大変です。


IMG_1045.jpg
IMG_1054.jpg

林歯科の受付前のディスプレイが変わりました。


トトロの歯医者さんと呼ばれる林歯科ですから

130604.jpg
雨の夜の七国山行きバス停でトトロが待っています。
治療の後に記念写真を撮って行ってくださいね。
林歯科の花壇には 一年草 多年草 花の咲く木 を植木屋さんに頼んで植えてもらっています。季節季節の花が 雪解けから秋の終わりまで咲き続けます。

今年は雪解けが遅くいつまでも花が咲きませんでしたが、あっという間に初夏になりました。
通院されている方に楽しんでいただけているようです。
スクリーンショット 0025-06-04 17.17.38.png

林歯科では毎年 年に2回 一日をかけて勉強会を行います。

今年は、新人採用が多かったため、まず最初に院長から矯正セミナーで使っているのと同じスライドを使って、矯正治療の流れとアシスタントとして知っておいてほしい事を話しました。


DSC00955.jpg


続けて
  • 研修医2名の自分自身を対象とした症例分析
  • 予防歯科臨床懇話会で7月に発表する内容の予行演習
  • 先月 スタッフ3名が受講したSironaのセレッくセミナー(風間先生)の報告
  • 顎運動解析装置キャディアックスについてのレクチャー
で午前の部を終了。

午後は、
  • 予約のとり方の見直しについてのMT
  • 口腔内写真撮影コンテスト
  • メンテナンスコース体験
  • 新人の月間目標達成度の確認と6月の目標設定
を行いました。

写真コンテストは 優秀者の表彰を行いましたが、新人の中から3位入賞者が出たのは嬉しい驚きでした。


長い一日でしたが、今日は6時半から勉強会の日恒例、新人歓迎会。
ラムしゃぶ食べ放題、飲み放題です。

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja