細菌検査の新しい考え方

先日 パナソニックの方が来院され、新しい細菌検査の機械の説明を受けました。最近の種別は分かりませんが、短時間で簡単に細菌数の大まかな測定が出来るものです。
どのような効果が期待できるかまでは分かりませんが、まず、定期検診に来院される方のメニューに組み込んでみる事にしました。

121216.jpg

  • 使った人の感想は
【いいところ】
検査は簡単で、術者も患者さんも楽
大きなレベルになれば、メンテの動機付けになる

【ちょっと困ったところ】
おおまかな細菌数の検査なので患者さんに何の細菌か聞かれると困る
この辺は、数値が大きいときの対応も考えておかなければいけませんね。


  • 患者さんの反応は
・あまりピンと来ていない感じ
・初めての体験と喜ばれた
と分かれて、まだその価値が認識されていないようです。
検診来院時に何回か行う事で、比較すると意味が出てくるのではないでしょうか。

これまでにない考え方の機械なので、活用の方法を工夫して行こうと思います。
これはいい!という感想が集まって来たら、小児歯科部門や矯正歯科部門、訪問口腔ケア部門での導入も考えます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 細菌検査の新しい考え方

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/3394

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2012年12月17日 18:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「求人・歯科技工士」です。

次のブログ記事は「旭川市・林歯科の不思議な時計」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja