冬の勉強会2012 その2

勉強会の数日前に、歯科衛生士のKさんと、関連会社エスカルゴ技研の技工士さん二人がやってきて「勉強会の時30分くらい時間が欲しい」と言ってきました。

今回の勉強会では、セレックと言うセラミックブロックから削りだしてオールセラミック材料を使って歯の治療をするシステムについての勉強がメインでした。
セレックとその接着に関する講義、光学印象の実習、患者さんに説明するためのトレーニングなどを行う予定だったのですが、「それだけだと、『何故セレックか?』が分からないので効果がない」と言うのです。

だから、勉強会の最初に、衛生士さん2名、技工士さん2名のセレックチームから、この治療のどこが優れているのか、何故林歯科で取り入れているのかを説明させてほしいと言うのです。

もちろん喜んで承諾し、プログラムの見直しをしました。

CIMG5089.jpg
写真は発表の風景です。


今回の勉強会では、直接診療のアシスタントにつく人だけではなく、医院の全ての業務に携わる人が、同じようにセレックについての知識を持ち、来院される方に何かを聞かれた時ちゃんと答えられるようにするのが一つの目標でした。できれば、医院の外でお友達や家族に聞かれたときにも、正しい知識を伝えられるようになってほしい。

CIMG5092.jpg

ですから、それほど関心が無かったかもしれない受付や滅菌担当のスタッフにも最初にこのメッセージを入れた事で最後までしっかり聞いてもらえたのではないかと思っています。
遅くまで残って発表スライドの準備などをしてくれたセレックチームの皆、ありがとうございました。


勉強会の最後にはテストもしましたが、現在水柿先生に採点してもらっています。皆の結果が楽しみです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 冬の勉強会2012 その2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/3388

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2012年12月10日 21:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「訪問診療の見学」です。

次のブログ記事は「コンフォートデンチャーを始めました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja