2012年12月アーカイブ

林歯科が旭川市末広の住宅街で開業して23年。
国道沿いの新しい医院に移転して2年が過ぎました。

開業以来ずっと通っていらしている患者さん。
移転して初めていらした患者さん。
結婚・出産を経て再び非常勤で長年勤めてくれているスタッフたち。
新しい医院になってからやってきた娘より若いスタッフたち。

121231.jpg

たくさんの人に支えられてここまでやってきました。
来年 平成25年もどうぞよろしくお願いいたします。

旭川市・林歯科医院は、本日の午前診療を持ちまして、2012年の診療を終了しました。
これから機材の整備・清掃に入りますので、人員はおりますが、診療に対応できる体制ではありません。誠に申し訳なく存じますが、ご承知置き下さい。

明日、12/30より1/3までは年末年始の休日となります。
年明けは、1/4 金曜日 午前8時半より受付開始、午前9時より診療開始となります。

本年もお世話になりました。
来年2013年もどうぞよろしくお願いいたします。

今日は12月28日
年末は例年そうなのですが、年内に治療を終えたい方とお正月休みが不安で急患来院される方がバッティングして予約が溢れてしまいます。

今日の11時半現在の予約状況は132名。昨日の終業時には129名でしたので朝から3名の急患予約が入っています。

スクリーンショット 0024-12-28 11.33.41.png
もう33名の方が来院されたので、あと99名!
忙しい一日になりそうですが、最後まで頑張ります。
林歯科医院では、衛生士さんがスキルアップする過程で、「日本歯科審美学会」のホワイトニングコーディネーターの資格を取得してもらっています。
現在の在職者では二人が資格を持っています。

今回、2名の歯科衛生士が12/16、東京での講習会に参加し、試験にチャレンジしました。
まだ、結果は出ていませんが、きっと合格!と信じています。

121227.jpg

これからこの4名のチームで林歯科のホワイトニングを担って行きます。
どうぞよろしくお願いします。


旭川市林歯科医院では、学校の長期休暇に合わせて小中学生対象の矯正セミナーを行っています。このセミナーでは、矯正治療について1時間ほどかけて、そのプロセス、必要な期間と費用、ベストのスタート時期をお伝えし、ご希望の方には個別相談を行います。

・子ども矯正セミナーの内容→クリック

これとは別に、通常の診療時間にも矯正相談をお受けしています。

どちらを受けたらいいのでしょうか?と質問を受ける事がありますので、違いを簡単にご説明します。

*治療が必要かどうかよくわからないとき
周りに矯正治療を受けた人がいない、学校検診で歯並びについて指摘を受けたが治した方がいいかどうか分からない。そういうときはセミナー受講をお勧めします。できればご両親が一緒に参加され、お子さんの歯並びの状態を良く知った上で、治療をした方がいいのかどうか、そしていつスタートするのがベストかを確認して、治療を受けるかどうかを決めてください。
検査の予約はセミナー当日にもおとりできます。

*早く治療を受けたいとき
家族で矯正治療を受けた人がいる、進学時期までに治療を終えておきたい、などの理由でできるだけ早くスタートしたい人は、直接診療室での矯正相談予約をお取りください。20分程度の説明の後、希望される方にはその場で検査を行います。
急ぐ場合には最短1週間後に診断・装置の用意に入れます。

矯正の必要性に合わせて、セミナーを受講されるか、矯正相談を受けられるか、選択なさってください。
いずれのご予約も、0166-57-6655 林歯科受付までお電話ください。




旭川市・林歯科医院では、既卒歯科衛生士の求人を行っています。
もし、ご関心がありましたら、こちらからご連絡いただくか、
または、林歯科・受付より採用担当 事務長川村にお電話ください。
(*H25年春の新卒採用につきましては、既に6名内定して終了いたしました。)

既卒者の募集は次の3タイプです。

    1. 常勤院内勤務
    2. 非常勤院内勤務
    3. 非常勤訪問口腔ケア

それぞれについて簡単にご説明します。

1. 常勤院内勤務
 業務内容 歯科衛生業務:PMTC 清掃指導
      アシスタント業務:一般歯科 矯正歯科 小児歯科 インプラント
      その他:訪問診療介助 MFT ホワイトニングコーディネートなど
 
 勤務時間 シフト制で週40時間勤務 40時間を超過した部分が超過勤務
 休日   土曜または日曜のいずれかが休日
 休診日  祝祭日 その他医院の定める休業日
 給与   各人の経験年数 経験内容 技能を考慮して決定
      試用期間3ヶ月中のトレーニングにより見直しあり
 賞与   1年以上勤務後
 退職金  3年以上勤務の者
 福利厚生 社保・厚生年金・雇用保険 
      1年以上勤務後慰安旅行(H24プーケット H23台湾)

121225.jpg

写真は今年の慰安旅行で、象のトレッキングの後の記念撮影です。

2. 非常勤院内勤務
 勤務時間 各人の希望に合わせて設定(平日午前のみ 4時まで 週三日なども 可)
 業務内容 常勤に準ずるが各人の能力に合わせアシスタント及び歯科衛生業務を行う
      必要に応じ、採用時にトレーニングを行う
 給与   業務内容に合わせて決定 時給制 当社規定による交通費支給

子育てのために退職された方が多数復帰されています。常勤数が多いため、急なお子さんの発熱での欠勤にも充分対応可能です。その方の生活に合わせて、短時間勤務も可能で、週3日勤務や午前のみ勤務で勤めている人もいます。
また、夜のみ、土日のみのアルバイトも可能です。


3. 非常勤・訪問口腔ケア
 勤務時間 平日 午前9時から夕方5時まで 午前のみ 午後のみの勤務可能
      また週3日勤務など希望に応じます。
 業務内容 居宅または施設に訪問し常時寝たきりに近い方の口腔ケアを行う
      講習会受講 トレーニングを行い、最初はベテランの補助からスタート
 給与   時給制 当社規定による交通費支給
      講習受講時も時給支給あり

ご自身で口腔内を清掃する事が困難な方を訪問して口腔ケアを行い、介護を行う家族の方や施設の方にセルフケアの方法の指導を行います。下の写真は施設での講習の様子です。

121225-2.jpg

通常の歯科医院勤務では行っていない業務のため、採用時に講習を受けていただきますがその期間も給与を支給いたします。
その後、指導者について補助業務からスタートし、次第に自分で口腔ケアを担当していただくようになります。
業務は平日のみとなり、シフトは相談の上決定します。
子育てを体験し、社会人としてのキャリアを積んで来た方に適した業務です。
 
 

121224.jpg今日はクリスマスイブ。
林歯科は祝祭日のみが休診日なので、
振替休日の今日は普通の診療日でした。


工夫をこらしたクリスマスの飾り付けも
明日まで。
楽しみにしていたクリスマスもあっというまですね。
12/23は、天皇誕生日のため休診いたしましたが
24日月曜日は平常通り 午前9時から診療を開始いたしております。

年末年始のお休みが近いため、ご予約はかなり混み合っております。
お困りの際は、まずお電話にて受付担当者に予約状況をご確認ください。
お待ち時間が少なくて済むお時間のご案内をいたします。

0166-57-6655

急患対応は随時行っておりますが、ご予約の方優先となります旨、ご承知置き下さい。
林歯科医院の年末年始のお休みは 12/30〜1/3までの5日間です。
12/29 は 午前中で診療を終了いたします。

もう、年内の予約はほぼ埋まっていますので、もしお困りの事がありましたらお早めにご相談ください。

スクリーンショット 0024-12-21 17.32.34.png

火曜日の夜、旭川市内で北海道歯科産業主催、株式会社ヨシダ協賛のCTハンズオンセミナーが開催されました。


北海道歯科産業HPから セミナー内容を抜粋します。

根治・歯根破折・ペリオ・埋伏智歯・インプラントの5つの症例画像をもとに診断するソフトの操作方法の理解を深めていただきました。従来のパノラマ、デンタル画像だけでは解決できなかった主訴をCT画像で診断できる点。


林歯科からは、米田先生・越後谷先生が夕方の終業時間を少し早めにして受講しましたが、軽い夕食も用意していただいていたとの事、ありがたいことでした。

火曜日の夜は、林歯科の勉強会の日。二人はセミナー終了後医院に戻ってセミナーの報告を行い、続けて矯正の症例分析を行いました。


林歯科の常勤衛生士の最年長だったAちゃんが、お付き合いしていた方が仙台に転勤になったので、結婚して仙台に行く事になりました。
有休休暇の消化に入ったので、昨日が最後の勤務日です。

DSC05906.jpg

後半勤務のスタッフが、先に診療終了したチームも揃って待っていて、最後の記念写真をとりました。東京で歯科衛生士の学校を出て、最初に入ったところをすぐ辞めて北海道に戻って来て、林歯科では9年以上続けて勤務してくれました。

長い間、お疲れさまでした!


まもなく冬休み。
毎回好評の旭川市 林歯科医院の子どもの矯正セミナーは、1/20 日曜日10:00からの開催です。夏休みには希望者が多く追加開催を行いましたが、今回はその予定はございません。
ご両親が一緒に聞いていただけるよう、毎回週末の開催といたしております。


対象:小中学校に在学のお子さんとその保護者の方
定員:15名(ご兄弟の場合はそれぞれを一人と数えます)
   12/19現在 残席4名となっております。

日時:平成25年1月20日 日曜日
   開場   9:30~ 
   セミナー 10:00~11:00
   個別相談 11:00~ 希望者のみ 一人10分程度
   *個別相談の順番は当日の受付順 
    お待ちいただくのが難しい場合は後日診療室での無料相談をお受けいただけます。

場所:旭川市末広1-7 国道40号線 ダイイチスーパーとステーキビクトリアの間
   林歯科医院 2階 セミナールーム



内容:
①セミナー

DSC04604.jpg
   院長から、矯正治療の方法について、実際の治療経過の写真をご覧いただきながら
   ご説明します。時間は1時間程度です。
   どのような検査を行うか、治療にはどのような器具を使うのか、期間は? 金額は?
   いつも皆様からご質問いただく疑問にしっかりお答えします。


②個別相談


DSC04606.jpg
   ご希望の方は10分程度の無料相談をお受けしています。
   15名全員が希望された場合、最後の方は2時間半後くらいになります。
   相談は受付順です。
   お待ち時間が長くなり、ご都合がつかない場合は後日診療室での個別相談も可能です。

   相談の際は、セミナーの間に撮影したお子さん本人のお口の中の写真を
   一緒にご覧いただきながらご説明をします。
   どこに問題があるのか、治療をするとしたらいつ頃始めるのがベストか。
   どのような治療を行うか。
   など一人ひとりの状態に沿ったお話をいたします。


毎回 『矯正治療とは何をするのか、よくわかった。分かりやすい。』とご好評です。
もし、お子さんの歯並びを治したらいいのかどうかよくわからない、矯正治療って何だろうとお悩みでしたら、林歯科受付までお申し込みください。

お申し込みは 0166-57-6655 林歯科受付まで


旭川市・林歯科の二階、メンテナンスゾーン「時の杜」は、廊下に沿って4部屋の個室診療ユニットがならんでいます。

廊下.jpg

この廊下の右側に診療室。そして、左の壁に小さなギャラリーを作りました。

Gallery.jpg
小さな5つの展示スペースに、その時々のグッズを展示しています。
現在展示しているのは、今年の慰安旅行・タイのプーケットで見つけたガラス細工。

左から二つ目を拡大してみると、こんな感じです。

DSC00723.jpg

次は、同じ慰安旅行でソウルで見つけたものを予定しています。

定期的に歯周疾患のために来院される方が、何か新しいことに気づいていただけるような、何かをご用意してお待ちしています。
林歯科医院のある杜のビル2階の一角は、メンテナンス・ゾーン『時の杜』と言う名前のコーナーです。最大4名までの方の歯周疾患管理のための設備を整えています。

歯周疾患の進行をストップさせる。さらに改善する。
そのために時を巻き戻すイメージでインテリアを揃えています。

このコーナーのイメージグッズの一つは、「不思議な時計」。
ところどころに、不思議な形の時計を飾っています。
診療に通院の方も一度白い階段の上まで登ってご覧になってみてください。

clock.jpg
左端と右端は、医院の移転の際に用意したもの。
中の二つは、それぞれ別のときに、林歯科のイメージに合うものとして購入しました。

患者さんの歯周疾患の進行する時間を止める、そして巻き戻すために私たちも、林歯科の衛生士たちも研鑽を続けて参ります。
先日 パナソニックの方が来院され、新しい細菌検査の機械の説明を受けました。最近の種別は分かりませんが、短時間で簡単に細菌数の大まかな測定が出来るものです。
どのような効果が期待できるかまでは分かりませんが、まず、定期検診に来院される方のメニューに組み込んでみる事にしました。

121216.jpg

  • 使った人の感想は
【いいところ】
検査は簡単で、術者も患者さんも楽
大きなレベルになれば、メンテの動機付けになる

【ちょっと困ったところ】
おおまかな細菌数の検査なので患者さんに何の細菌か聞かれると困る
この辺は、数値が大きいときの対応も考えておかなければいけませんね。


  • 患者さんの反応は
・あまりピンと来ていない感じ
・初めての体験と喜ばれた
と分かれて、まだその価値が認識されていないようです。
検診来院時に何回か行う事で、比較すると意味が出てくるのではないでしょうか。

これまでにない考え方の機械なので、活用の方法を工夫して行こうと思います。
これはいい!という感想が集まって来たら、小児歯科部門や矯正歯科部門、訪問口腔ケア部門での導入も考えます。

林歯科の提携技工所「エスカルゴ技研」では、新たに歯科技工士の募集を行います。

これまで矯正担当で技工をしていた女性技工士が出産のため来年4月を目処に退職しますので、人員補充と言う事になります。エスカルゴ技研の主な業務内容はCAD/CAM 保険外義歯 矯正技工です。林歯科の他の技工は、外部委託をしています。

121214-2.jpg
ただ器用なだけではなく、歯科医院に出向し、治療の場で患者さんの希望を直接聞いていただいたり、歯科医師とディスカッションしながら補綴の方針を決めたりするコミュニケーション能力が必要です。また、新しい機材やコンピュータを用いる技術も必要とします。
新卒の方でもしっかりトレーニングしますので、是非ご応募ください。

詳細は 林歯科事務長 川村よりご説明いたしますので、林歯科受付0166-57-6655までお電話ください。折り返しご連絡さし上げます。
北海道各地で北海道歯科産業さんが行っている松風TEKセミナー。
スタッフ向けの仮歯の技術のセミナーです。

林歯科では対象者が多いため、特にお願いして、林歯科のためのセミナー開催を行っていただくことにしました。友人の水野先生にもお声かけし、共同開催です。


CIMG5213.jpg
講師は株式会社松風・札幌営業所の濱田直樹先生、政氏勲先生(歯科技工士)朝見友香先生(歯科衛生士)の3名。北海道歯科産業の担当・加藤さんにもお手伝いいただきました。

                

今回のテーマは
左上1の即時重合レジン混和法(圧接法)による暫間被覆冠の製作
      • 混和のコツ
      • 圧接のタイミング
      • マージンの作り方
      • 切削バーの選び方
      • 隆線の設定
前半は午後1時半から、7名、後半は午後4時からで林歯科7名、あいファミリー歯科5名(実習参加3名)の参加しました。

121214.jpg

講義、デモンストレーション、実習と各回1時間半ですが、充実した実習で、一人に一台の調整用の切削器具(マイクロモーターハンドピース)が用意され、その他の機材も全て松風さんが準備してくれていました。詳しい実習書もあります。
少人数制で、みっちり鍛えてもらいました。

林歯科に来年入ってくるスタッフにも、また同じセミナーを受けてもらいたいと思っています。
クリスマスに備えて、内外の飾り付けを進めています。



DSC08182.jpg

今日、ご紹介するのは、これ!

これはランプシェードです。
院長がプーケットの夜店で買って来たランプシェードを事務長が組み立ててくれて、






















こんな風に完成です。

DSC08168.jpg


小さなカードのような部品を組み立てて作っていますので、荷物にならずに持ち帰りました。
窓の外から見ると、こうなります。

DSC08177.jpg

次回は外から見た杜のビル全体のクリスマスイルミネーションをご紹介します。
12/8の勉強会で行ったセレックのテスト結果が届きました。

満点の30点が二人。
よく頑張りました。
もしかして、いずれ、院長から表彰があるかも??

診療室スタッフは全員 20点以上!とがんばりましたが、
初めて詳しい術式を聞いた受付スタッフには難しいテストだったようです。
細かな手法はともかく、どのような治療か、どこが優れているかは理解できたようだったのでよしとしましょう。

知識と技術、さらにコミュニケーションが加わって、ようやく一つの治療が行われます。今回は、講義、実習、説明のロールプレイングと必要な事全般を網羅する勉強会でした。一日では消化できないほど盛りだくさんだったと思いますが、皆、よく頑張ってくれていました。
内面に柔らかい素材を貼る事で、歯茎の痛みを和らげる新しい入れ歯「コンフォート・デンチャー」(当院名称快楽義歯)を導入しました。

これまで提供して参りましたカワラダデンチャーに比べると、短期間で完成し、価格も一床20万円(+消費税)とカワラダの5分の1の治療費です。

保険診療で使用可能な材料、治療方法では中々義歯があわず、しっくり噛めない、歯茎が痛いと言う方や、インプラント治療の手術が怖いと言う方のために、林歯科では、長期間かけて調整し、その方のお口にぴったり合うて色んなものが噛めるように仕上げる義歯、カワラダデンチャーを2年ほど前から提供してきました。

しかし、長期間の通院や治療費の点でためらっていらした方もいらっしゃます。そのような方に、ご検討いただけるのではないかと思います。

121212.jpg



勉強会の数日前に、歯科衛生士のKさんと、関連会社エスカルゴ技研の技工士さん二人がやってきて「勉強会の時30分くらい時間が欲しい」と言ってきました。

今回の勉強会では、セレックと言うセラミックブロックから削りだしてオールセラミック材料を使って歯の治療をするシステムについての勉強がメインでした。
セレックとその接着に関する講義、光学印象の実習、患者さんに説明するためのトレーニングなどを行う予定だったのですが、「それだけだと、『何故セレックか?』が分からないので効果がない」と言うのです。

だから、勉強会の最初に、衛生士さん2名、技工士さん2名のセレックチームから、この治療のどこが優れているのか、何故林歯科で取り入れているのかを説明させてほしいと言うのです。

もちろん喜んで承諾し、プログラムの見直しをしました。

CIMG5089.jpg
写真は発表の風景です。


今回の勉強会では、直接診療のアシスタントにつく人だけではなく、医院の全ての業務に携わる人が、同じようにセレックについての知識を持ち、来院される方に何かを聞かれた時ちゃんと答えられるようにするのが一つの目標でした。できれば、医院の外でお友達や家族に聞かれたときにも、正しい知識を伝えられるようになってほしい。

CIMG5092.jpg

ですから、それほど関心が無かったかもしれない受付や滅菌担当のスタッフにも最初にこのメッセージを入れた事で最後までしっかり聞いてもらえたのではないかと思っています。
遅くまで残って発表スライドの準備などをしてくれたセレックチームの皆、ありがとうございました。


勉強会の最後にはテストもしましたが、現在水柿先生に採点してもらっています。皆の結果が楽しみです。
2年ほど前、訪問診療を始めるための見学にいらした南幌の加藤先生が、更なるステップアップを目指して来院されました。

土日の吹雪の後で道の悪い中、衛生士さんお二人と来院され、
訪問診療・訪問口腔ケアの見学のあと、
昼食をとりながら米田先生・院長と訪問診療のディスカッション

121210.jpg

さらに事務担当者からの説明(写真)、最後に院内の見学を行いました。

朝9時から夕方4時まで、昼食時間にディスカッションをしましたので、とてもハードな日程だったと思います。道にお気をつけてお帰りください!
12/8 土曜日 一日がかりの院内勉強会の後、忘年会を行いました。

5時に勉強会を終了し、7時に会場に集合。39名参加の忘年会です。


IMG_0424.jpg
今回の忘年会のお楽しみは、ビンゴゲーム。
当選順に好きなもの選ぶようにしたのですが、
1等 空気清浄機
2等 プラズマクラスター 
3等 美顔器
という豪華景品に加え、小さなものでも全員にあたるよう、宴会担当の二人が景品を用意してくれまました。

IMG_0436.jpg

終了後は、全員で記念撮影をして、解散。

若い人たちは、今月で退職する予定のSさんの送別会もかねて二次会に向かいました。

さて、明日はまた、9時からいつもどおり! お仕事頑張ります。

12/8 土曜日
今日は一日休診にして、院内勉強会を行いました。
この半年に、様々な講習会に参加した結果を共有し、これからの林歯科医院にとって必要な事を勉強するための時間であり、ミーティングの場でもあります。

今回は 
・セレックについて 知識と技術を身につける
・保険外治療のカウンセリングについて学ぶ
ということをメインテーマに
講義・実習・グループワーク・ロールプレイング・講習会報告
を行いました。

最後には、水柿先生が作ってくれたセレックについてのテストを受けてもらいました。
記述式の問題もあるため、水柿先生が採点をし、後日結果を発表します。
既に正解は掲示板に貼ってあります。
テスト結果が余りにも思わしくない人には再試験を受けてもらうかもしれませんよ!

121208.jpg
写真は、今日の勉強会の様子です。
皆、朝早くから盛りだくさんのスケジュールに取り組んでくれてありがとう!そして、発表や講習、実習の準備をしてくれてありがとう!!

これから忘年会、ビンゴの賞品たくさん用意しましたよ〜

林歯科医院では、次のような歯科医師を募集しています。

      • 三年以上勤務可能な方
      • 矯正歯科を学びたい方
      • インプラント治療を学びたい方
      • 保険外審美治療を学びたい方
      • 医院経営を学びたい方

これからの時代を担う歯科医師として、上記の知識は不可欠だと思っていますが、これを習得してもらうには最低2年は必要でしょう。その期間を通じて、林歯科医院にとって必要な人材として貢献していただく事を考えると、3年は継続勤務をしていただく事を希望します。

下記のパンフレットには、林歯科で学べる事のリストを掲載していますので、よくご覧下さい。
「明るく元気で、歯科に対する好奇心が旺盛で、人と接する事が大好きな人」
そんな人と一緒に働きたいと思っています。

もし、林歯科の求人に関心をお持ちいただけましたら、下記のメールフォームを用いて見学のお申し込みをお願いします。まず、私たちの医院を見て、私たち林歯科医院のスタッフ一同と会ってみてください。その上で、ここで働きたいと思っていただければ光栄です。


2012recruit-2-web.jpg

林歯科医院では、来年前半くらいまでに常勤勤務を開始できる歯科医師の募集を行っています。

まず、こちらのパンフレットをご覧下さい。


2012recruit-1-web.jpg


林歯科医院は、上記のパンフレット以外に、診療内容・医院の活動などについて、ホームページ・Blog・Facebookなどのソーシャルメディアを用いた情報提供を行っております。こちらは、患者様はもちろん、求職中の方に林歯科について知っていただきたい事を掲載しています。

お時間がありましたら、是非ご覧下さい。



もちろん、インターネットを通じた情報だけでは、私たちの本当の姿はお分かりいただけないかと存じます。

もし、林歯科に関心をお持ちいただけましたら、ぜひ、一度、医院見学にいらしてください。 

http://www.dendendental.com/postmail/wwwmail_dentist.htm

見学はこちらのメールフォームからお申込いただけます。


午前9:45~16:00のプログラムで、林歯科についてしっかりご覧いただく事が出来ます。診療内容、設備、一緒に働くスタッフたちの様子をご覧いただき、ここでなら自分の目指す歯科医療に近づけると思われた場合に、ご応募いただければ幸いに存じます。


  • 9:45 医院到着
  • 9:50 朝礼参加
  • 10:00 院内見学ツアー(事務長)
  • 10:30 診療見学
  • 13:00 昼食 院長と面談
  • 14:00 勤務医と面談
  • 14:30 スライドショー
  • 15:00 医院見学
  • 16:00 終了



歯科医師としての人生を考えた場合、勤務する場所は、給与や待遇の問題だけではなく自分自身の成長の場であるべきです。また、自分と波長の合う人がいるに超した事はありません。ネットやパンフレットで得られる情報だけでは、それは分かりません。たくさんの医院を見学した上で、あなたにぴったりの職場を見つけてください。

それが林歯科医院であれば光栄です。

いつも訪問口腔ケアを行っている「かたくりの郷」さんで、
12/3 月曜日 16:00~17:15 講習会を開催しました。
講師は林歯科の口腔ケアチームの 佐藤・中村・高田の3名です。


今回のテーマは「口腔ケアの有無とQOLの説明」でした。
  • ブラッシング方法
  • 義歯の取り扱い方
  • 相互実習
  • 質疑応答
  • 使用する機材の説明
を行いました。

121205.jpg

お忙しい時間帯でしたが職員の方が7名参加してくださり、予定よりも多い人数でした。参加された方は、たくさんの質問をしていただき、「勉強になった」と行っていただきました。
写真は、講習会と実習の風景です。

林歯科では、様々な施設の方を対象に口腔ケアの講習会を行っております。
もし、ご関心がおありでしたら
0166-57-6655 担当 事務長川村 または往診事務担当 橋爪
宛でお問い合わせください。
毎年、林歯科では、クリスマスに向かって、医院の内外を飾って行きます。
先日は、入り口の大きな雪だるまをご覧いただきましたが、今日は、小児歯科待合室のサンタクロースをお目にかけます。

CIMG5060.jpg

このサンタクロースは、去年から林歯科の一員になりましたが、11ヶ月ぶりの登場です。今年も子どもたちに大人気のキャラクターです。

これからクリスマスまで、仲良くしましょう!
林歯科医院では、毎月一回、ニュースレター「ここが違う」を発行し、定期検診の方に郵送しています。現在は、事務長が、院長の伝えたい事を確認し、これまでの林歯科医院とは「ここがちがう」というところをピックアップして、作成してくれています。

例えば、新人が入って来た、新しい取り組みを始めた、今まで行っていなかった治療方法を取り入れた、新機材が導入された。
そのような、昨日の林歯科とは「ここが違う」点をお知らせしているのです。


毎月1日の発行日に間に合うように、事前に院長とディスカッション、校正を繰り返し、こちらが今月の完成品です。クリックして拡大してご覧下さい。

ここがちがう12.jpg

これまでのここが違うは、クリアファイルに入れて閲覧していただけるよう待合室に置いています。こちらも合わせてご覧下さい。

12/2 北海道医療大学の研修委員会に出席するため札幌へ。
この日は、「嵐」のドームコンサート・札幌ドーム3日間最終日とあって、朝7:20の札幌へ向かうJRは若いお嬢さんがたくさん。帰りも前日泊まった人なのか、お昼過ぎのJRは土日でも比較的空いているのですが、ずっと立っている人がいる状態でした。

今回は午後から協力型施設の説明会でしたが、来年度は管理型施設としての単独プログラムのみの募集としたため、説明会には出席せず戻ってきました。
今年の研修医のM先生のお父様とお会いして少しお話しする事ができました。

H26年度は、また、医療大、北大の協力型施設としての募集も行う予定です。
歯科医療に関わる人の多くは歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士といった専門職です。
しかし、これ以外にも歯科助手、受付に専門職としての資格は無いけれど、歯科医院で欠かせない業務に携わっている人がいます。

専門職に対する技術的な講習会はたくさんあるのですが、専門職でない人が、どのような目標を持って仕事に取り組んで行ったらいいのかを示唆してもらえるような機会はなかなかありません。もうすこし、勉強の機会を作り、モチベーションをあげたいと思っていました。



121202.jpg
今回、歯科助手さんを対象とする勉強会のDVDが販売されている事を知り、林歯科でも購入しました。
歯科助手サミットinTokyoというDVDで、サブタイトルに「日本の歯科助手をプロにする」とあります。

まさに、林歯科が目指している方向では無いでしょうか。


















シフト制をとっているため全員で揃ってみる事は難しいので、毎日時間を決めて昼休みにセミナールームで流し、お昼ご飯を食べながら見られるようにします。

121202-2.jpg

2枚組のDVDで4時間収録されていますので、毎週1時間ずつ流して、一ヶ月で全員が見終える事を目指したいと思っています。

私たちも、皆と一緒にみてみます。

矯正治療と言うのは、治療を受けた事がある人が少なく、どんな治療をするのかイメージがわかないものです。特にお子さんの場合、いつ頃スタートするべきか、どのような装置を使うのか、痛みは無いのか、費用はどのくらいかかるのかなど、親御さんの悩みはつきません。

しかし、矯正相談の予約の20分程度では、お話しできる事に限りがあります。

そこで、林歯科医院ではH23年春から、小中学生対象の「こども矯正セミナー」を学校が休みの期間に開催する事にいたしました。今年の夏は希望者が多くなり追加の1回を行ったため、これまでに6回のセミナーを開催しました。
今回の移転で、セミナールームを開設したことによって、このようなセミナーを無料で開催できるようになったのです。

次回は
H25.1.20 日曜日 午前10時から
第7回こども矯正セミナーを開催します。


130120-矯正セミナー広告-2.jpg

今回の定員は15名ですが既に3名のお申し込みをいただき
残席12
となっております。ご希望の方はお早めに林歯科受付 0166-57-6655 までお電話にてお申し込みください。
先着順のため、ネット予約はお受けいたしておりませんので、ご承知置き下さい。
121128.jpg9月号にチーフのSさんが書いた記事が掲載された歯科業界の雑誌アポロニア21の表紙に旭川市・林歯科の写真が採用されました。



H23年1月の移転に向けて、何年も前から院長が夢を膨らませ、最初の林歯科を設計した札幌市伊達計画所・伊達昌広さんと1年以上ディスカッションを重ねて建築した夢の歯科医院です。

「未だかつて無い」を合い言葉に
「森と人、自然と人工物の共生」をテーマに

杜の小径を抜けて行くと、幾つかの小さな歯科医院がある。そんな建物を建てました。







全国の歯科関係者が見るような雑誌の表紙に採用された事を大変光栄に思います。


このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja