セレック・セミナー受講後 定着のプロセス

林歯科医院では、9月に札幌で歯科医師1名、歯科衛生士2名がセレックのセミナーを受講しました。そのセミナーがとてもよかったということで、10月にも同じメンバーで東京での二日間の実践的なセミナーを受講してきました。西新宿歯科クリニック 草間幸夫先生の診療室でのマンツーマンに近い充実したセミナーです。

学んだ事はセミナー報告会で、他の歯科医師や衛生士に伝え、セミナー参加メンバーで林歯科でのセレック診療システムを再構築しているところです。
現在は、チーム医療で習った事を、正確に、愚直に再現しています。


写真は同行した歯科衛生士とチームで診療をする水柿先生と
DSC05779.jpg
ラバーダムと言う唾液を防ぐ装置を使ったセレック装着の様子です。
DSC05780 - 2-420.jpg

どんな小さな事でも、自然に当たり前の治療のプロセスとして行えるところまで定着するのには努力と時間が必要です。毎回の治療を丁寧にしっかりすることで医院全体のレベルアップにつなげるのが目標です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: セレック・セミナー受講後 定着のプロセス

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/3352

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2012年11月 8日 06:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「火曜日の夜の勉強会121106」です。

次のブログ記事は「ヨボコン(北海道予防歯科臨床懇話会)の成果?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja