北海道予防歯科臨床懇話会が終わって

2012年の予防歯科臨床懇話会@小樽が終わって、1年間の林歯科の活動が一段落した気持ちがします。

発表した新人から「先に発表したHさんが落ち着いていたので私も落ち着いて話す事ができました」と朝礼での報告がありましたが、確かに3人とも落ち着いたしっかりしたプレゼンテーションができていました。
素晴らしかったと思います。


来年、2013年は7年ぶりに旭川での開催となります。2006年は、大阪からCHPの諸井先生をお招きしました。当時のBlogはこちらです。



その後の7年間で、帯広、函館、苫小牧、別海、富良野、小樽と全道を廻って、その土地の歯科医院の主催で行われてきました。その都度、これからの歯科医療の目指すものは何か、それぞれの歯科医院が1年間取り組んで来た課題は何か、見直しながら行ってきました。

最初のオーラルヘルスケア研究会をベーストする「予防歯科」のスタイルから離れた部分もありますが、予防歯科をベースにした診療スタイルのなかで生じてくる、スタッフに求められる資質、医院の悩みを掘り下げて来たと思います。

来年は、林歯科の主催と言う事で、これからの子どもたちに歯科医療が何が出来るだろうか、何を目指せばいいのだろうかということを掘り下げてみたいと思っています。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 北海道予防歯科臨床懇話会が終わって

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/3347

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2012年11月 5日 10:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「北海道予防歯科臨床懇話会2」です。

次のブログ記事は「中まで白い オールセラミックスのブリッジ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja