2012年10月アーカイブ

8月末に訪ねて来てくれた高良先生に続いて、沖縄から金城先生がやってきてくれました。

先生は2007年に4ヶ月間、北海道医療大学のプログラムで林歯科へ臨床研修にやってきました。研修終了後は2008年4月から2011年3月まで3年間林歯科に勤務、それから沖縄に戻り、分院長を経て間もなく郷里の名護での開業を予定しています。

今回は開業準備中の時間を利用して、林歯科の見学を兼ねて会いに来てくれたのです。


DSC05759.jpg
DSC05764.jpg












お昼頃到着し、セレックセミナー報告会にも参加し、院内の見学を行い、
院長や米田先生から現在の診療内容の説明を受けて


DSC05765.jpg

夜は勤務医と一緒に以前よく行った居酒屋さんへ。

今が一番楽しいときかもしれません。
開業準備、頑張ってください。



10/30 火曜日
昼休みを利用して10.20,21と東京でセレックセミナーに参加した水柿先生と歯科衛生士2名から報告が行われました。

IMG_0013.jpg

院長と勤務医に加え、当日見学に来ていた沖縄の金城先生、技工士の嘉屋さんなども参加して、脱離や破折のないセレックの治療方法について学びました。

この方法をどのように臨床に導入して行くか、今後詰めて行きます。
学んだだけで満足する事がないように気をつけたいと思います。
夏頃頼んだ模型が到着しました。

写真を送ると、似顔絵?みたいな感じで模型を作ってくれるサービスがあるので、林歯科の院内勤務医5名分と、友人の水野先生の分を頼んでみました。

みんな、自分以外はそっくりと思っています。
私も、水柿先生と越後谷先生は特にそっくりだけど、自分はあんまり似てないなと思っていますがいかがでしょう。

院長が、歯科医師紹介用アイテムとして使うと言っていますので、もうすぐお目見えすると思います。お楽しみに。
121030.jpg

土曜日の入れ歯セミナーのアンケート結果が届きました。

121029.jpg

少人数対象のセミナーでしたが、入れ歯についてとても良く理解できたとのご感想をいただき、ほっとしました。

10/27 土曜日
林歯科セミナールームにて、入れ歯の悩みにお応えするセミナーを開催しました。

121027.jpg
講師は、林歯科副院長米田先生と勤務医の水柿先生です。
10名の定員に対し6名の方が参加され、終了後個別に入れ歯の悩みをうかがいました。
通常の診療時間では、詳しく説明する時間の取れない入れ歯についての詳しい説明をし、また、ゆっくり悩みを伺う事が出来ました。

歯を失った場合、機能を回復するのが難しいケースもありますが、お一人、お一人の悩みにお応えできるような診療をして行きたいと思います。

木曜日 25日の夜
来週末、小樽で行われる予防歯科懇話会に向けて、最初の予行演習を行いました。

先週、原稿が提出され、院長のチェックを受けてやりなおしたスライドを元に、発表者が皆の前でプレゼンテーションを行いました。

121026.jpg

診療終了後の疲れた時間でしたが、皆、真剣に耳を傾けてくれました。
初めて聞いたので、細かい意見はまだ出ませんでしたが、これから1週間、細部に手を入れて来週木曜日には二回目の予行演習を行って発表に備えます。

頑張りましょう。

週末の義歯セミナーに向けて、米田・水柿両先生は、資料の準備に余念がありません。
ちょうど、土曜日、LD会という旭川の女性歯科医師の集まりで、林歯科の入れ歯について話して欲しいと言う要望があり、米田先生に歯科医師用の簡単な説明資料も準備してもらいました。

121025.jpg

忙しい中、ありがとうございました。

土曜日の夕方、皆さんに説明するために、午前中のセミナーを私も受講する予定です。
10月22日 月曜日。

週末のセミナーから戻った水柿先生と歯科衛生士2名は、早速学んだ方式でのチームアプローチを行っていました。

121022.jpg
折角学んだ事も、使わないとすぐ忘れてしまいます。
3人の姿勢は素晴らしいと思います。

学んだ事を元に、より素晴らしい審美治療を提供できるよう頑張って行きます。
DSC03141.jpg先月、札幌で講習を受けたセレックの講習会の講師の先生が、東京のご自身のオフィスで行っているセミナーで、歯科医師からは水柿先生、さらに衛生士が2名、総勢3名で参加しました。

草間幸夫先生の診療室です。








DSC03135.jpg


少人数での実習付きのコースで充実した講習だったようです。













DSC03150.jpg

同行した衛生士二人も真剣に見ています。













二日間のコースで、土曜日夜の懇親会では、講師の先生とゆっくりお話しする時間も取れたようです。学んで来た事を早い機会に皆に伝えてもらう予定です。

DSC03138.jpg
週末の二日間、東京まで出かけての講習会受講、お疲れ様でした。

数ヶ月前から、昼食を一緒にとりながら、米田先生、水柿先生とミーティングをしています。
通常は昼休みの時間をずらしているので、非常勤の先生が北大から来る日に昼休みの時間を調整して1時間ほど用意します。


menu02.jpg
お弁当を医院で手配しますが、今日はトンカツの井泉のお弁当でした。
さすがにおいしいトンカツでした。

井泉さんは 出前の部門を持っていて、市内どこでも届けてくれます。




121020.jpg
ミーティングではパソコンをプロジェクターにつないで、新しい患者さんの動向、現在の経営状態、経営についての今後の目標、などについて話し合います。

前年同月比などの数値データも検証しますが、数値データを元に今の診療室の問題点を考えるのが大切な事だと思います。話し合う事で対応策や今後の計画も見えてきます。


しかし、歯科医院の経営において一番大切なのは、診療の内容です。これからの林歯科医院でどのような治療内容を提供するべきか、そのためにどのような知識・技術の養成が必要か、機材にはどの程度の資金がかかるか、これからを担う勤務医の先生方の意見を聞きながら決定して行こうと思っています。
DSC05740.jpg
月間クオリティ11月号に、林歯科で取り組んで来た「カワラダデンチャー」についての紹介記事が掲載されました。
米田先生と水柿先生が二人で三重まで通い、治療方法を習得して来た「リンゴが丸かじりできる入れ歯」です。










こちらが紹介記事です。
DSC05741.jpg

入れ歯には入れ歯、インプラントにはインプラント、それぞれによいところがあり、どちらでなければというのはありません。歯が抜けた後の治療についてお悩みの方のために10/17土曜日にセミナーを開催しますので、ご希望の場合は林歯科受付にご連絡ください。

DSC05743.jpg
    日時 10/27土曜日  9:00~11:00
    会場 旭川市末広1-7 林歯科セミナールーム
    対象 入れ歯でお悩みの方とそのご家族
    定員 10名限定
    費用 無料


0166-57-6655までどうぞ

旭川市・林歯科から車で1時間ほどで、旭岳温泉につきます。旭岳ロープウェイの麓にいくつかの温泉旅館やペンション、ユースホステルがありますが、いわゆる温泉街のようなものはなく山岳リゾートという趣です。

旭川から東川町を抜けて山に向かうと、次第に季節が変わり、麓の湖は秋の始まりのようですが、

IMG_2536.jpg

温泉周辺は晩秋の黄葉の季節です。

IMG_2530.jpg

北海道の山には自然の状態では紅葉するものは少なく、針葉樹の緑から黄色、そして茶色の葉が広がり、その中に葉を落とし始めた白樺の白い幹が透けて見えます。

日曜日の午後、4時半に診療を終えて旭岳温泉に向かい、一泊して、朝風呂、朝ご飯を済ませ8時前にはホテルを出て、9時前には医院に到着しました。もちろん、月曜日の今日は普通に診療です。

慌ただしく、仕事に終える毎日なので、時には強制的にOFFのスイッチを入れないと。

昨日は院長の誕生日で、56歳になりました。ちょうど33歳になるときに開業したので、23年が過ぎました。

特別な事は何もしないで、いつもの様に朝から診療をし、夕方からインプラントのオペをして、夜は皆と勉強会をして一日が終わりました。

朝礼のときに私が言ってしまったので、診療中に皆から「おめでとうございます」と声をかけられて照れていました。

121017.jpg

セミナールームのホワイトボードに、お祝いメッセージを描いてもらって、「このカッパ、俺?」などと言いながらも、ちょっとうれしそうでした。
皆、ありがとう!

札幌でモリタ社主催の「審美修復」のセミナーがあり、林歯科医院からは二名が受講しました。
スクリーンショット 0024-10-15 11.59.05.png

今回の講師の先生は宮崎真至先生。私も以前2回、ご講演を拝聴した事がありますが、とても勉強になりました。
スクリーンショット 0024-10-15 11.59.12.png

今回は審美修復だけではなく、知覚過敏に使われる接着剤の講義もあったそうで、早速今日から使い始めています。ティースメイト・ディセンシタイザーについては、9月に私が所属している勉強会でも話を聞きましたが、発売以来とても好評で最初のロットがすぐ売り切れて品薄状態になっているとの事でした。

DSC05739.jpg
知覚過敏については、これなら絶対と言うものが無く、これまでも色んな製品や治療方法を試してきましたが、決め手になる商品であれば多くの患者さんに喜んでもらえる事と思います。



私が「北海道 子供の歯を守る会」でお話をさせていただいているころ、院長はJRで札幌へ向かっていました。同期で母校、北海道大学歯学部の教授になった横山先生とお会いするためです。

土曜日は診療を途中で勤務医に任せて3時からは北大歯学部同窓会旭川支部の講習会で北大補綴2の山口先生の顎関節賞についての講演を受講し、

DSC05733.jpg

それから急いでJRで札幌へ移動し駅の近くで横山先生と7時からディスカッション。

横山先生の講座で「訪問診療」についてエビデンスのある話をしたいということで、大学病院では訪問診療が行われていないためフィールドワークのお手伝いをすることになりそうです。また、院長が関心を持っているボーンオグメンテーションというインプラント治療の手法について共同研究をしてくれる人を探しているのですが、その相談にのってもらいました。

DSC05734.jpg

とはいえ、 35年来の付き合い。
場所は札幌駅改札から5分の居酒屋さんのちょっと薄暗い席で食事をしながら資料を拡げてのディスカッション。もう1軒お酒もいただいて、楽しい時間を過ごせたと言う事です。
大学に入った頃からの仲のいい友人と、こうして仕事の話が出来ると言うのは充実した人生だと思います。


8月のある日、知人からメールで、「子供の歯を守る会で講演してみませんか?」という連絡をもらいました。人前で話をするのが苦手なのでお断りするつもりだったですが、予防歯科の導入に成功していると言うご評価をいただいているということで、それはちょっと違うなと思い、決して成功していない紆余曲折の話をしてきました。

北海道子供の歯を守る会ホームページから

スクリーンショット 0024-10-14 6.34.47.png
講演などというのは全く始めてでもあり、一生する事は無いと思っていたのでドキドキでしたが、いい体験になりました。会の皆様には暖かく聞いていただき、お食事もごちそうになりました。

また、友人が二名、わざわざ聞きに来てくれて、恐縮と同時に心強い想いでした。写真も撮ってもらいました!

615582_196952563773191_1903105810_o.jpg
皆様 ありがとうございました。

現在、林歯科医院では火曜日夜の勉強会の内容充実に取り組んでいます。

今週は、院長がインプラントの偶発症についてのセミナーで学んで来た内容を、講師の先生の著書を元に説明しました。
DSC05689.jpg

いつも参加のあいファミリー歯科・水野先生は所用のため欠席、松本歯科クリニックの松本先生が久しぶりに参加してくれました。
DSC05690.jpg

30分ほどの勉強の後、続けて矯正の症例分析を7症例。林歯科からの⑤症例の模型箱が5個重なっています。今月からは研修医がいないので、細かい説明を省きポイントにしぼってディスカッションし、スピーディーに診断して行きます。それでも1時間ほどかかったでしょうか。

みなさん、遅くまでお疲れさまでした。
旭川市・林歯科のハロウィンの飾り付けの仕上げはこれ。

小児歯科の待合室に何か派手で大きくて楽しいものが欲しいなと思ってあちこち探して結局Amazonで見つけました。

121010.jpg

ロッキングパンプキン。

倒しても起きて来ちゃうカボチャのおもちゃです。

10月末まで待合室で待っています。

毎月新しい絵本を入れようと思っているのですが、思い出したときになってしまいます。土曜日、コーチャンフォー旭川店で秋の雰囲気の絵本を求めてきました。

スクリーンショット 0024-10-07 9.21.26.png

ハロウィンの飾り付けをしたので、それらしい本も置く事にしました。ちょっと怖いかな?
火曜日からのお目見えです。
明日、10/8月曜日は体育の日のため、旭川市・林歯科医院は休診いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦ください。


★お休みの日に歯の事でお困りの方は、こちらの情報をご参照ください★
お大事にどうぞ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
旭川歯科医師会の休日診療については、
道北口腔保健センターのホームページをご参照ください。
  ホームページより引用
  <道北口腔保健センター救急診療のお知らせ>

  診療内容は応急処置のみになります。
  保険証、受給者証又は現在服用中のお薬に関する手帳などお手元にあれば
  御持参ください。

  旭川市金星町1丁目1-52(市立旭川病院となり)
  TEL 0166(22)2290
  受付時間 午前9時~午後4時

歯科以外での救急医療体制については、
北海道救急医療・広域災害情報システム
のサイトが参考になると思います。

秋のシーズン、この頃は日本でもハロウィンの飾り付けを見かけるようになりました。クリスマスほどの盛り上がりはありませんが、林歯科でもあちこちに飾り付けをしています。これはIさんや受付チームなどのスタッフ、そして事務長がやってくれています。
院長も自分で飾り付けグッズを探して歩きました。

121007.jpg
入り口、受付、デンタルブティック、待合室。
少し秋らしい雰囲気になりました。

あいファミリー歯科の水野先生から、たくさんのおいもをいただきました。

121003.jpg

いつも、スタッフの皆さんでといただくのですが、いつの頃からか段ボール二箱も送っていただき、恐縮しています。

皆で分け合っておいしくいただきます。
旭川市・林歯科では数年前から週に1回、診療後の勉強会を行ってきました。
これまでは院長主体で、矯正治療予定の患者さんの症例分析、治療計画の立案を行ってきましたが、より広い分野での勉強をしたいと言う希望が以前からありました。

そこで、先週からは、それぞれが講習会で学んだ事や現在取り組んでいる症例についてのプレゼンテーションを行うスタイルに変更する事を試みています。研修医のいないこの半年間は、お互いのスキルアップのための時間にしていきます。


DSC07771.jpg
今週は、まず水柿先生がスタッフ数名と参加したセレックセミナーのリポート。











DSC07774.jpg
膨大な内容で途中まででしたが、補綴を完全にCAD/CAMに移行した先生の講習会で学ぶ事がたくさんありました。次は東京のオフィスで行われるセミナーにも参加する予定です。








DSC07779.jpg
続けて米田先生から、阿部二郎先生の総義歯セミナーの報告と現在「カワラダデンチャー」で治療中の患者さんの治療プロセスの説明。










難症例と言われる入れ歯を支える骨が少なくなってしまった人の治療について学びました。


来週は院長から、インプラントセミナーで再確認した解剖知識の重要性についてレクチャーを行います。
院長のユニフォームのデザインが変わりました。

何年か前から使っていたお気に入りの黒いユニフォームが移転前に廃番になり、いろいろ探しましたが移転のときには新しいユニフォームが決まりませんでした。

そろそろくたびれて来たので、今回気に入ったものが見つかった機会に新しくしてみました。

121002.jpg
チェックがちらっと見えるところがポイントらしいです。
父方のお墓は、上砂川の文珠峠のお寺にあります。
昨日は「成人向け矯正セミナー」終了後、お昼から墓参りに行ってきました。


IMG_2496.jpg
国道12号線を離れ砂川市郊外を抜けて











IMG_2499.jpg
上砂川町へ向かうと
あたりはだんだん寂しくなります。










IMG_2503.jpg
久しぶりの墓参りで、実は命日にもお盆にも行っていなくて、お彼岸も過ぎて、少し気になっていたので出かけてきました。








IMG_2507.jpg
帰りは北菓楼で遅いお昼ご飯とデザート
お土産も買って










IMG_2509.jpg
スマートフォンの地図アプリで周辺の温泉を調べて見つけた
「えべおつ温泉」で一休みして帰ってきました。
知る人ぞ知る渋い温泉だったようです。

短い時間でしたが、少しお休みの気分を味わいました。


9/17~21までの5日間、シカゴにあるノースウェスタン大学でのセミナーに参加してきました。小樽商科大学ビジネススクールの特別講義で修了生も参加できるものでした。

講義、企業見学、観光、と盛りだくさんな日程をこなし、夜9時過ぎに宿に戻ってから金曜午前の発表に備えて課題のグループワークを午前2時まで。それはハードスケジュールなセミナー旅行でした。

DSC07748.jpg

これを乗り越えて、最後にもらった修了証は一生の宝物です。

満面の笑顔で、修了証を持った写真を撮ってもらいました。

このアーカイブについて

このページには、2012年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年9月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja