e.max(イーマックス)の導入

林歯科のセレックシステムでe.max(イボクラービバデント社)という素材を導入しました。e.maxは二ケイ酸リチウムガラスを主成分とした歯科セラミック材料です。

メタルフリーの歯の治療で、セレックで削りだしたe.maxを土台にして、その上に従来のセラミックスをフュージョンさせます。この方法で、セレックでブリッジの治療もできるようになります。

E.MAX.jpg
完成したブリッジです。両端は歯にかぶせた冠ですが、真ん中は歯の無いところに橋渡しをしています。左下のように表から見ると自然な冠ですが、右下のように裏側を見ると二層になっているのがわかります。

e.maxは削りだした後焼成することで硬さをますため、特別なファーネスが必要となりますが、今回この機材も導入しました。

DSC05358.jpg

これでメタルフリーの治療を希望される方に、より広い範囲の治療が提供できるようになりましたので、ぜひご相談ください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: e.max(イーマックス)の導入

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/3292

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2012年9月 4日 08:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インプラント治療のリスクマネジメント」です。

次のブログ記事は「院長の姪の見学」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja