CAシステム導入

院長と技工士の嘉屋さんの提案で、CAシステムというものを導入する事になりました。
写真は導入装置の一部です。

DSC05201.jpg
DSC05203.jpg


















これまでもクリアライナーという透明のマウスピースのようなものを用いた矯正治療を行っていましたが、より精度の高いものをということで、このシステムを導入しました。
金属製の装置を使わずに、取り外し可能なマウスピースの弾力で歯を動かしていきます。

良いところは、見えない装置である事、取り外し出来るので虫歯や歯周炎のリスクが少ない事。デメリットは、自分でちゃんと使わないと歯が動かない事、極端には並びの悪い人には使えない事。

メーカーの説明には、次のように書いてあります。

CA(CLRAR-ALIGNER)システムは、歯に固定式の装置を接着する従来法と違い、着脱可能なマウスピースを用いる矯正システムです。

ブラケットやワイヤーも装着しないので目立ちませんが、比較的簡単な矯正治療にしか適用できません。

セットアップモデルを用いて一歯ずつ移動量を計測し、段階的に作製されたスプリントを装着することによって歯牙を徐々にふさわしい位置へ移動していきます



透明マウスピースを使う矯正治療は、林歯科では、費用的には通常の矯正治療と裏側矯正(舌側矯正)の間くらいですが、東京や札幌では裏側から治すリンガル矯正と同じ価格で行っているところが多いようです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: CAシステム導入

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/3262

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2012年8月 5日 07:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏休みこども矯正セミナー:1回目」です。

次のブログ記事は「林歯科の非常勤歯科医師:正満先生」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja