2012年8月アーカイブ

2007年の12月から翌年3月まで、4ヶ月間、前の林歯科医院で研修をされていた高良先生が北海道旅行の道中、奥様とご一緒に立ち寄ってくれました。現在は、郷里の沖縄で分院長をしながら開業の準備をされています。

最初の研修先であり研修終了後勤めていらした十勝の歯科医院にまず訪問され、昨日は層雲峡温泉に泊まられたとのこと。

IMG_2346.jpg

セレックについて知りたいと言う事で、奥様を患者さんにセレックの治療を体験していただき、

DSC00633.jpg
お昼ご飯を食べながら水柿先生と院長の症例を見てもらいました。
午後からセレックのセットをした後、札幌へ向かわれました。

こうして林歯科で研修をされた方とのご縁が続いているのはとても嬉しい事だと思います。

林歯科では、旭川歯科学院の学生さんの臨床実習を受け入れています。
毎回、実習で何を目標にするか、自己紹介をかねて書いてもらっています。


120830.jpg
『1日でも早く歯科医院に慣れて積極的に行動していきたいと思います。』

『自分が何をしなければいけないかを考え、積極的に実習していきたいです。この実習でしか学べない事がたくさんあると思うので、治療の流れやコミュニケーションのとり方など、少しでも多くの事を学べるようにしたいと思います。』

『スタッフの皆さん、患者さんとのコミュニケーションを大事にしていきたいです。毎日笑顔でがんばります!』

このシートを掲示板に貼って
スタッフの皆に実習生を覚えてもらっています。
今回のサイクルのキーワードは、コミュニケーションと積極性のようです。

いくつかの歯科医院を1ヶ月ずつ廻っていくと、ほとんどの歯科医院で共通している事と、それぞれ異なっているところがあります。


共通点は、歯科衛生士として絶対身に付けないといけない事として
異なっている点は、そこでしか学べない事として
しっかり学んでいってほしいと思います。
旭川の夏も終わって、旭川歯科学院(専門学校)の実習が再開しました。
今回の5週間では、3名の実習生を引き受けています。
出身は、旭川・富良野・釧路と全道から集まっていてびっくりしました。不況下で衛生士の職業としての人気が高まっているのならうれしいのですが。

DSC05333.jpg

DSC05332.jpg

初日の火曜日は、まず相互実習や見学からスタートしました。
林歯科に慣れてもらうのが、最初の目標。お名前と顔が一致するように掲示板に顔写真と抱負の一言を書いたメモも貼ってもらいました。
林歯科のスタッフが多いので、実習生にとっては皆を覚えるのが一苦労です。
歯科の総合誌アポロニアにチーフのSさんが書いた記事が掲載されました。
林歯科の紹介と、彼女が担っている仕事の説明です。
林歯科がどんな歯科医院で、そこで歯科衛生士がどのような仕事をしているのか、とても分かりやすい記事になったと思います。

120828.jpg

これから就職を希望される方への説明用に別刷を多めにお願いしました。

林歯科のことをよく知りたいと言う専門学校生にはお送りいたしますので
0166-57-6655 担当川村事務長 までお電話ください。
待合室の日差しが強すぎるので、朝顔のグリーンカーテンを設置しています。

CIMG4636.jpg


CIMG4636 - バージョン 2.jpg
旭川では、いまがちょうど満開ですが、
すぐ秋になってしまいます。



これを外す時期を決めるのが結構難しいと
昨年分かりました。

土曜日の矯正セミナーのアンケートの集計が終了し、事務長から届きました。
先週は12名の方に参加していただきましたが、ほとんどの方がスペース不足による前歯の凸凹が気になって参加されていました。
年齢は最小6才、最高15才、小学生から中学生までです。

セミナーの内容に関するご感想は次の様で、皆さん歯並びについて心配な気持ちはあるけれど、どんな治療をするのかよくわからず不安に思っていらした事がわかります。
説明が分かりやすく、CGを使っている事についてもご評価いただき嬉しく思いました。

  • 色々な症例が聞けてよかった
  • 矯正をあまり知らなかったので、勉強になった
  • 色々な装置を見ることが出来たのでよかった
  • 矯正がどういう感じで進んで行くかよくわかった 2名
  • CGがわかりやすかった
  • 何となくしか知らなかった矯正が少し知ることが出来てよかった

ちなみに林歯科で使っている治療説明用CGはメドバーザーというソフトです。
http://www.dental-plaza.com/article/MedVisor2/
初期のバージョンをずっと使っていますが、今でも好評です。
8/25 土曜日
午後からこども矯正セミナーを行いました。
毎回学校が休みの時期に行っているセミナーですが、今回希望者が多く2回に分けて行う事にいたしました。

120825.jpg
今回は追加応募者13名中12名が参加され、ほとんどの方が個別相談を希望されました。
セミナーでは1時間ほどお時間をいただき、矯正治療でどのように歯が治るのか、治療を始めるまでにどのような検査が必要かなどをお話しします。特に治療の経過は多くの症例をご覧いただきます。

通常の診療時間でこれだけ長く説明時間を取る事は難しいため、参加者の方には「わかりやすかった」「こどもと同じような歯並びの人が治るところが見られてよかった」「早くから治療を始めると歯を抜かないで済む事が分かった」とご好評をいただいています。

次回は冬休み、おそらく1月中旬の開催となると思います。
また、9/30日曜日には午前10:00〜大人の方を対象に、大人の矯正治療・見えない矯正治療のお話をする予定です。

詳細は近くなりましたらライナー誌およびBlog・Facebookでご案内さしあげます。
H24.8.24
現在 林歯科では、結婚・出産等で退職者が続き、歯科衛生士の募集を継続しています。

現在募集中なのは次の勤務形態です。
新卒者:H25年3月卒業予定 常勤採用
既卒者:院内勤務常勤
    院内または訪問口腔ケア パートタイム勤務
常勤は週休1日・シフトによる週40時間勤務です。


詳細な条件につきましては、
0166-57-6655 
担当川村事務長 までお電話ください。


見学・面接は随時お受けいたしております。
    
先ほど厚生局からお電話があり、臨床研修施設として管理型の認定をいただきました。来年からは大学病院の協力型施設としてだけではなく、管理型として独自のプログラムも実施できます。これまでの協力型プログラムをより充実させたプログラムとして発展させたいと思います。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

既に来年度の研修医は単独型2名の内定しており、本年は協力型からの募集は行いません。
何卒ご容赦ください。

臨床研修の情報はこちらで公開いたしておりますので、ご関心のある方は是非ご覧下さい。→クリック

最近はAmazonで本を買う事が本当に多くなりました。関心を持った事をその場で検索注文できるので、とても便利です。他の通販サイトを使ってみると、Amazonが便利である事をさらに実感します。細部までよく作り込まれ、余り考えなくても使える、ユーザーインターフェイスが優れています。

さて、今回はこの二種類の本を買いました。
一つは、入れ歯についての一般向けの本です。
DSC05328.jpg
これは院長と米田先生が今関心を持っている入れ歯の要件についてホームページで解説している先生の著作です。現在の着目点はこれまでの装着感・咬合機能回復・審美性から一歩進んで『発音』に移っているのですが、ここに取り組んでいる研究や臨床での取り組みが殆ど見つからないのです。
学会論文等も入手しましたが、これからこの2冊の本を読んで『患者さんが何を望んでいるのか、先生が実際にどんな治療を提供しているか』を知ろうと思っています。


もう一つは「患者トラブル」に関する本です。
DSC05329.jpg
これは一読した後に、追加注文で同じものを二冊購入しました。大阪保険医会の職員・尾内康彦さんが書かれた書籍で、現場でのトラブル対応の技術として、豊富な事例を掲載しています。
今後のトラブル回避、トラブル対応のシステムについて皆で考えて行く参考書として使用します。早速9月1日のミーティングで事務長から林歯科でも起こりうる事例について説明してもらい、皆でディスカッションします。
今年前半の歯科医師臨床研修も残すところ1ヶ月となりました。

昨日火曜日は、日中、米田先生と一緒に訪問診療に出かけました。この頃は見学だけではなく先生の指導のもと診療にも参加するようになっています。

DSC07296.jpg

また、診療修了後は、院長とマンツーマンで矯正の診断について指導を受け
DSC07304.jpg

さらに夜、全体の診療修了後はビデオを見て根管治療について学びました。
DSC00631.jpg

ハードなスケジュールですが、
最初に
「私、体育会系ですから!」と宣言したパワーで、いつも明るく元気に頑張っています。

8月21日
札幌の歯科医院「新札幌いった歯科」の先生方が、林歯科の訪問診療の見学のため来院されました。いつもお世話になっている会計事務所さんの、以前の担当者である小笠原さんのご紹介です。

120821.jpg

今回初めてお会いする方のため、お受けするかどうか、正直少し悩みました。が、『少しでも訪問診療を受ける患者さんのためになれば』と言う院長の気持ちで見学にいらしていただく事になりました。

実際の見学のご案内は、訪問診療部門のトップで、火曜日の訪問を担当している副院長の米田先生が行いました。お話しする内容、見ていただく訪問個所の選定など全て任せていますが、ご満足いただけたのではないかと思います。

林歯科で見学された事が、札幌でいった歯科さんの訪問診療を受ける患者さんにとってお役にたてば何よりです。見学にご協力いただいた訪問先の皆様、ありがとうございました。
また、本日の訪問診療チーム、米田先生、研修医のM先生、衛生士のOさん、お疲れさまでした!
9/30 日曜日 午前10:00〜
大人の方の歯並び治療についてのセミナーを開催します。

移転以降の矯正患者さんについて確認したところ、220名の治療スタートされた方のうち、1/3の71名が成人、そのうち3割に当たる21名が裏側からの治療を選ばれています。

そこで、今回は、目立たない矯正治療のメリット・デメリットを中心にお話ししたいと思います。長い間 気にしていたけれど治療ができるかどうかわからない・できれば目立たずに治したいと言う方の疑問にお応えします。


120820.jpg林歯科の成人矯正の治療費は
  • 表側矯正 39万円
  • 裏側矯正 58万円
  • マウスピース矯正(クリアライナー) 42万円
  • ちょこっと矯正(MTM) 9万円〜
いずれも税別の表示です。また、装置の種類により、来院の際に調節料金が3000〜7000円+税かかります。




8/19 日曜日
アンチエイジングのセミナーを受講するために、院長が東京に出張してきました。

120819.jpg

まだ、導入するかどうかは未定ですが、ヒアルロン酸を用いて、歯肉の退縮に対応する事が可能なようです。但し、自然に吸収されるものなので、定期的な処置が必要です。
講師の先生は、法令線への対応もされているとのことでした。

120819-2.jpg

昨日、4才のお子さんの歯並びのご相談を受けました。
保育園のお友達が歯並びを治したのを見て、同じ方法で治したいと言うご相談です。

林歯科では基本的に永久歯が生える前の矯正治療を行っていませんが、例外的に反対咬合の方の既成の装置「ムーシールド」を使った予防的な矯正治療は行っています。

スクリーンショット 0024-08-15 15.29.52.png

乳歯が生え揃った時反対咬合(下の前歯が出ている、いわゆる受け口)になった人は、かなり高い確率で永久歯が出て来ても反対のままです。ムーシールドは、夜寝るときだけ使う取り外し式の装置で、上手に使えると数ヶ月で、上下の噛み合わせが普通の状態に戻ります。写真の方は3ヶ月の使用で反対咬合が改善しました。

スタートの時期ですが、その人によりますが、4才を過ぎる頃には使える人がほとんどです。早い人は3才くらいからのスタート、上手に使えないときは、少しお休みしてから再開します。

その状態で、永久歯との生え変わりを待ち、問題が無ければ矯正をしなくて済みます。
ただ、永久歯が出て来て反対に戻ってしまったり、八重歯や乱杭歯になったたりした時には、矯正治療をお勧めする事もあります。

林歯科では、ムーシールドの治療は、開始時の診断・装置料5万円+消費税で行っています。通院の都度、別途調節料がかかります。
永久歯が出て来た後で、続けて矯正治療を行う場合は、わずかですが割引を行っています。
まず、ご相談ください。
林歯科の夏のお休み、8/11~13の3日間の休日が終わり、昨日、14日から平常通りの診療がスタートしました。夜は早速、勉強会です。

今回の新規患者の分析は3名。
分析担当の研修医のM先生に院長が「上の6番を遠心移動させるときの装置は?3つあるよ」と質問すると、口ごもってしまいました。

まず、エクステンションリンガルアーチ。内側に入った固定装置からバネになる細いワイヤーで歯を奥に押して行きます。次にマルチブラケットアプライアンス。よく見る歯の外側につけた小さな装置にワイヤーを入れ、その中に前後の歯を押すコイルスプリングを入れる事で動かします。

ここまでは、皆のサポートでたどり着きましたが、最後の一つはペンデュラム・アプライアンス。あまり使う頻度は高くありません。他の先生もピンと来なかったので、院長がホワイトボードに絵を描き、あいファミリー歯科の水野先生は医局から本を探して来て、皆に説明してくれました。

120815.jpg

まだお盆休みのところが多いせいか、昨日は夜のキャンセルが多く、いつもより少し早く勉強会に入る事が出来ました。

8/14 火曜日
まだ、お盆のお休み中の歯科医院が多いのではないかと思いますが、林歯科は今年の夏野お休みを終了し、今日の午前9時から診療を開始します。

診療時間は、受付が午前8時30分から午後8時まで。最終受付の方の治療が終了した時点で診療終了です。時間外の受付は行っていませんので、お困りの際はお早めにご連絡・ご来院をお願いします。

8/11,12,13の3日間、夏のお休みをいただいています。
14日火曜日午前9時より、通常の診療体制に戻ります。

お電話は 14日 午前8:30よりお受けいたします。
休業期間中は留守番電話となりますのでご承知置き下さい。
林歯科受付 0166-57-6655

皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご容赦ください。




★お休みの日に歯の事でお困りの方は、こちらの情報をご参照ください★
お大事にどうぞ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
旭川歯科医師会の休日診療については、
道北口腔保健センターのホームページをご参照ください。

  ホームページより引用
  <道北口腔保健センター救急診療のお知らせ>


  診療内容は応急処置のみになります。
  保険証、受給者証又は現在服用中のお薬に関する手帳などお手元にあれば
  御持参ください。


  旭川市金星町1丁目1-52(市立旭川病院となり)
  TEL 0166(22)2290
  受付時間 午前9時~午後4時

歯科以外での救急医療体制については、
のサイトが参考になると思います。 

旭川市・林歯科医院の本日の受付は終了いたしました。
明日より3日間、8/11,12,13、夏のお休みに入ります。
休業期間中、事務作業や院内整備のために人の出入りはありますが、診療の出来る体制にはありませんのでご承知置き下さい。

8/14 午前9時より 平常通りの診療体制に戻ります。
お電話の受付は8/14 午前8:30からとなります。

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご容赦ください。
先日ご紹介した正満先生の大学の先輩、部活での先輩にあたるのが2008年の研修医だった和田先生です。

和田先生は帯広の名門高校、帯広伯葉高校から北大に進み、現在は大学院博士課程4年目。今年度は博士号習得を目指す大切な一年で、春には学会発表もありましたが、忙しい中週に二日、旭川に来てくれています。


診療日は、金曜・土曜の二日間。専門は、入れ歯を作る補綴学という講座に所属しています。この講座の教授は、私と院長の同期生、横山先生です。お会いすると「ちゃんとやっていますか」と心配されますが、しっかり頑張ってくれていますので、ご安心ください。
林歯科の歯科医師臨床研修の、後半の山場はタイポドント。
歯列矯正の治療の、シミュレーションです。

120809.jpg

お盆休みの前にここまでは済ませておくようにという院長の指示で、研修医のM先生は、タイポドントの準備中です。余りすごい歯並びにしてしまうと、苦労が多くなります。

これから一ヶ月半、この模型の歯並びを治すのが、研修の仕上げです。診療の合間を縫って、ワイヤーをセットし、お湯につけたワックスが軟化して歯が動くのを待ち、院長のチェックと指示を受けて次のステップのワイヤーと交換する。これを繰り返して行きます。

上手に時間を作って行わないと、研修終了までに終わりませんので、私もチェックをしっかりしていかないと。
林歯科医院の今年の夏のお休みは 8/11,12,13の3日間です。

スクリーンショット 0024-08-08 10.28.59.png
この3日間は、事務処理、院内の整備等の休みの日でないと出来ない業務のために人が出入りする場合もありますが、診療の出来る体制にはありません。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦ください。

8/5 日曜日
技工士の佐々木さんが大阪でセミナーを受講してきました。

林歯科が今年2月に導入したセレックシステムを使って、ブリッジを作成する技術を習得するためのセミナーです。

こちらがCAD/CAMで作成したブリッジの写真です。

DSC05215.jpg

DSC05213.jpg
遠くまで行って、頑張って、修了証もいただいて来ました。

この修了証をいただかないと、機械やソフトウェアがあっても、ブリッジ用の材料を販売していただけません。これで、林歯科でもセレックシステムでブリッジを作成できるようになりました。


佐々木さん、お疲れさまでした。
お土産の大阪の恋人、ありがとう!


DSC07268.jpg

8/5 日曜日
2回目の採用試験を行いました。

前回と同じように、午前11時スタート。
実技試験の説明とデモンストレーションを30分、実技試験を20分×2回。
その後、一人ずつ、面接試験で、プレゼンテーションを10分、質疑応答を10分。
終了すると午後2時になる、集中した試験でした。

DSC07259.jpg
DSC07261.jpgDSC07260.jpg
今回は、前回講習会受講のため参加できなかった米田先生が、面接官として参加しました。
終了後は、昼食をとりながら、いろいろお話しする時間を持ちました。

試験結果は、8/10 午前10時にメールでお知らせする予定です。

先週も、今週も、遠くから試験に来ていただき、本当にありがたく思います。
本当は、受験された方全員と一緒に研修を行いたい気持ちです。
全員をお受けできないのがとても残念です。
林歯科医院には、現在二人の非常勤勤務医がいます。
二人とも林歯科で臨床研修を終え、現在は北海道大学の大学院の学生として博士号取得を目指しながら、週に二日ずつ林歯科でアルバイトをして生活を支えています。
林歯科の勤務医の多くは、歯科医師免許取得後の最初の年の臨床研修で林歯科にやってきた人です。『自分の考え方をよく理解してくれた人たちと一緒に診療をして行きたい』と言う院長の方針です。

120807.jpg

こちらは、歯科矯正学講座に在籍している正満先生。研修医時代から患者さんにも信頼されるしっかりした技術と人柄で、感心させられました。講座でのトレーニング中は日曜日に、トレーニング終了後8月から日・月の二日間勤務で札幌からやってきます。研究者として、臨床医として、ますますの成長が楽しみです。

もう一人の和田先生については次の機会にご紹介いたします。
院長と技工士の嘉屋さんの提案で、CAシステムというものを導入する事になりました。
写真は導入装置の一部です。

DSC05201.jpg
DSC05203.jpg


















これまでもクリアライナーという透明のマウスピースのようなものを用いた矯正治療を行っていましたが、より精度の高いものをということで、このシステムを導入しました。
金属製の装置を使わずに、取り外し可能なマウスピースの弾力で歯を動かしていきます。

良いところは、見えない装置である事、取り外し出来るので虫歯や歯周炎のリスクが少ない事。デメリットは、自分でちゃんと使わないと歯が動かない事、極端には並びの悪い人には使えない事。

メーカーの説明には、次のように書いてあります。

CA(CLRAR-ALIGNER)システムは、歯に固定式の装置を接着する従来法と違い、着脱可能なマウスピースを用いる矯正システムです。

ブラケットやワイヤーも装着しないので目立ちませんが、比較的簡単な矯正治療にしか適用できません。

セットアップモデルを用いて一歯ずつ移動量を計測し、段階的に作製されたスプリントを装着することによって歯牙を徐々にふさわしい位置へ移動していきます



透明マウスピースを使う矯正治療は、林歯科では、費用的には通常の矯正治療と裏側矯正(舌側矯正)の間くらいですが、東京や札幌では裏側から治すリンガル矯正と同じ価格で行っているところが多いようです。
8/4土曜日
林歯科セミナールームでこども矯正セミナーを行いました。

120804-2.jpg
通常の矯正相談では、しっかり時間を取って、たくさんの治療例をご覧いただく事が難しいため、セミナーでは1時間、大画面のモニターで症例写真をお見せします。
その方によって、開始時期、治療方法などが違ってくる事がよくわかるのではないかと思っています。

定員15名が埋まっていましたが、1ヶ月ほど前に申し込まれたためか、当日キャンセルの方もいらして個別相談をお受けしたのは8名でした。

次回は、今回満席のためお受けできなかった方を対象に25日土曜日におこないます。まだあと2名残席がありますので、ご希望の方は林歯科受付0166-57-6655までご連絡ください。


本年度の歯科医師臨床研修も残り2ヶ月を切りました。
現在は、臨床での研鑽がメインとなっていますが、実習も平行して続いています。
先日、ワイヤーベンディングのトレーニングを終了し、
(何度も何度も、駄目出しを受けた末に)

120804.jpg

現在は歯並びの治療のシミュレーションを行う:タイポドントの準備に入りました。

診療の合間に時間を作って行っていきますので、タイムマネジメントも大切です。
タイポドントの様子はまた、この次。
林歯科の内装にはジブリグッズをたくさんつかっていますが、これが一番こっていると思うのが、玄関のインテリアです。

このロボット兵が
DSC00433.jpg

木の株を使ったラピュタの上に乗っています。

120803.jpg
しかも、背の高い人がかなり近くに行って気がつくくらいの場所です。
こり過ぎでは?

林歯科にいらしたら、内装の隅々までよく見てみてください。小さな隠れキャラがたくさんいますよ。

小児歯科の待合室のリニューアルは、その後も色々続いていましたが、この頃、ブラッシングコーナーから診療室②③に入る入り口に、このお日様の形のライトとカラフルな小さな鏡が付きました。

DSC05183.jpg
ブラッシングコーナーの鏡の横のお月様 お星様と セットです。
DSC05193.jpg


DSC05196.jpg

そして、待合室の窓際で、外を向いている野菜さんたち

皆、林歯科・小児歯科部門のためにデザインされたかのようにぴったり。

鏡なんかサイズもぴったり。



どれもIKEAで院長が探して来てくれたものです。


ありがとうIKEA!ありがとう院長!


8/1 水曜日 夜7時半から旭川市内でセミナーが開催され、勤務医の望月先生が研修医を連れて参加して来てくれました。少人数の実習付きのセミナーです。

DSC05179.jpg
ピエゾサージェリーを用いた歯科治療について」
北海道歯科産業・インプラテックスの主催で、地元開催、しかも診療終了後の夕方からということで地方在住の私たちのような歯科医師にとってはとてもありがたいセミナーだと思います。

今回のセミナーはピエゾサージェリーについて。これは、軟組織を傷つけずに硬組織のみを超音波で削除できる診療機器です。この臨床応用に付いて学んできました。


実習付きのセミナーなので、このように、実際の機器を用いて骨を削ることができました。
林歯科にも数年前からピエゾサージェリーの機材は用意していますので、研修医にも実習してもらう事を考えます。

終了後は遅くなりますので、二人で食事をしてきてもらうように計らいました。

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja