火曜日の夜の勉強会120710

昨夜も夜の勉強会でした。

DSC00355.jpg

矯正の分析診断では、コンピュータで出した数値を見ながら分析して行くのですが、その前にまずその人の顔や口腔内の写真、模型、それからレントゲンをじっくり見る事が大切です。

DSC00357.jpg
何か変だと思う事がないか、自分なりの仮説を持って数値と照らし合わせて行きます。
分析・診断・治療方針を皆の前で話し、フィードバックを受ける事で、だんだん精度の高い分析ができるようになってきます。

3月に入った望月先生も、この3ヶ月で随分しっかり矯正の分析ができるようになってきました。とくに、ここ2、3週間の進歩はすごいです。
これからが楽しみです。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 火曜日の夜の勉強会120710

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/3234

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2012年7月11日 07:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2012年度歯科医師臨床研修-17」です。

次のブログ記事は「夏休みこども矯正セミナー・追加開催のお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja