2012年7月アーカイブ

診療の後、訪問診療の事務担当のRさんがやってきて、ニコニコしながら
「先生、今のお母さん、わかります?」
え?わかりますって?何?? Rさんの後ろではベテランDHで今の患者さんの指導をしていたMさんもニコニコ。

「今のお母さん   HSちゃんですよ!」「え、え〜!?」
なんと、ずっと前に、矯正治療のために遠くから通って来ていた患者さんが、結婚して、お母さんになって、二人のお子さんを連れて検診にいらしていたのです。

「どこかであったような気がするな〜?と思って、思い出しました」と。
RさんとMさんは、同い年。林歯科の開業後間もない頃 20才で勤務し始めて、二人も結婚して、お母さんになって、今はパートタイム勤務で林歯科を支えてくれています。

林歯科も開業して間もなく23年。
時々
「子どもの頃通っていました」と言われる事も出て来て
私たちも年を取ったんですねえ。
これまでに、林歯科医院では院長と私が臨床研修の指導者としての資格を取得していました。
来年春に、米田副院長が指導医としての必要年限に達するのに先立って、指導医講習会を受講してもらいました。

当初、満席と言う事でキャンセル待ちになっていたのですが、先週、キャンセルが出たとのご連絡をいただき、急遽週末の二日間参加してきました。
この講習会は、土日の二日間、宿舎になっているガトーキングダムに缶詰になって行われるハードなものです。ワークショップ形式で、指導医として必要な知識、考え方、指導の基準を学びます。

120730.jpg
こうして修了証書もいただいてきましたので、医院にコピーをお預かりしました。



これで、再来年からの臨床研修の受け入れ枠を増やす事が可能になりました。
米田先生お疲れさまでした。

来年は水柿先生にも受講していただき、医院の臨床研修の指導体制をより整備して行く予定です。
来年度の臨床研修に向けて採用試験を行います。
今日と、来週と、2回に分けて4名の方が受験されます。
せっかくの機会が生かされるように、短時間に集中して実技を行う試験を用意しました。事前に行う説明も、セミナーのつもりで行いました。

120729.jpg

とても優秀で熱意のある方に志望していただき光栄ですが、採用枠が決まっているため、お断りしないといけない方が出てしまいます。とても残念です。
それでも、林歯科とであった事がこれからの歯科医師としての人生に少しでもプラスであるようにと願っています。
林歯科の小児歯科の待合室は、院長がIKEAで買って来てくれたもので一杯になりましたので、おもちゃのテーブルを一つ減らす事にしました。

夜、外から見ると

120726.jpg

トトロが木の葉っぱの傘の下に座っています。
ちょうど、TVでもトトロの映画を再生していたのですが、さつきちゃんが傘をさして歩いていました。

小児歯科の待合室は、小児診療時間中は大にぎわい。診療時間が終わった後も、お母さんと一緒に来院して治療が終わるのを待っているお子さんがいることがあります。
最近、歯科治療の際に金属アレルギーについてのご相談を受ける事が多くなってきました。また、インプラントに用いるチタンにも、なかにはアレルギーのある方がいらっしゃることが分かってきました。

林歯科では、皮膚科の先生にお願いして、林歯科で使用する可能性のある金属についてのアレルギーテストの実施対応を整えていただきました。
現在、医院を受診させる方には下記のパンフレットで情報を提供いたしております。

詳細をご覧になりたい場合はクリックして拡大なさってください。

金属アレルギー.jpg歯の治療後、どうも金属アレルギーではないかと思う症状が出た方、
また金属アレルギーがあると分かっていて歯の治療をためらっている方、
どうぞ一度ご相談ください。

皮膚科の先生へご紹介をいたしております。
旭川市・林歯科医院では、来年度臨床研修歯科医師の採用試験申込を締め切りました。
再来年度、H26=2014年度の臨床研修は

  • 単独型プログラム  2名(12ヶ月)
  • 北大協力型     1名(5ヶ月×前後半各1名)
  • 北海道医療大協力型 1名(8ヶ月)

の予定で準備に入っております。
単独型プログラムは、来年も夏休み中の試験を予定します。

もし、林歯科の臨床研修に関心のある歯学部5年生の方がいらしたら、ぜひお休み中に見学にいらしてください。7〜8月中の見学は、平日 火・木にお受けいたします。

【見学のスケジュール】

  • 9:45 までに到着 着替え
  • 9:50 朝礼
  • 10:00 研修内容に関する説明
  • 10:30 院内設備見学
  • 11:00 診療見学
  • 13:00 昼食
  • 14:30 研修医と面談
  • 15:00 診療見学
  • 17:00 以降 都合に合わせて終了

となります。
火曜日の勉強会参加希望の際は、夜9時半からとなりますので旭川宿泊のご予定でいらしてください。矯正症例の分析・診断を行いますので、関心のある方には勉強になると思います。
なお、見学の際の昼食、勉強会参加の際の夜食は林歯科で準備いたします。

見学ご希望の方は メールフォームからご連絡ください
既に、お一人、見学にいらしたかたがいらっしゃいます。
お一人でも、お友達とご一緒でも、ぜひいらしてください。意欲のある歯学生とお会いするのを楽しみにいたしております。

小児歯科のブラッシングコーナー壁面に、色々すてきなオブジェが付きました。



これも、院長がIKEAで買って来て設置してくれたものです。


DSC00428.jpg


小児歯科待合室の改装も終了しました。こちらもIKEAです。

IKEAに半日近くいたようです。

広い店舗で、床が硬いので、半日歩き回ると相当疲れます。


来院する方に、歯医者さんの威圧感のない、安らぐ空間の演出を目指して、

また、久しぶりにいらした方が『新しい』と感じるようなサプライズを目指して、

これからも工夫して行きます。

歯科医師臨床研修は、臨床研修がメインになっていますが、裏で地道にトレーニングが続いています。

120723.jpg

現在のテーマはワイヤーベンディング。
院長の指定した図に沿って、丁寧に曲げて行きます。断面が四角いいわゆる「角のワイヤー」をねじれないように。同じ平面になるように。丁寧に。

120724.jpg
診療時間のあいまの、短い空き時間を使ってひたすら曲げて行きます。

これをそろそろ終わって、8月初めにはタイポドントをスタートさせてもらいたいと思っています。あと1週間、頑張ってもらいます。

院長の診療ブースに長い間貼っていたポスターも、今回交換しました。

DSC05137.jpg

患者さんに気がついてもらえたらいいな、と思います。

待合室の窓際には、外の植栽と室内がつながるようなイメージで、人工芝を作ったオブジェを作りました。ジブリの指人形を加工して作ったものです。

DSC00416.jpg
あちこちに小さな仕掛けをしていますので、ゆっくり探してみてください。

旭川市・林歯科医院は計画停電対象地区に入っております。
万一、停電が実行される場合、前日には発表されますので、発表され次第対象の患者様に電話連絡を差し上げます。

予めご承知置き下さい。
DSC02241.jpgリニューアルの第3弾として、
医院玄関前のインテリアを大幅に変更しました。


これまでは、街の上にラピュタが浮いているイメージでしたが、





















今回は、風の谷のナウシカのオームの癒しの触覚の「金色の野」の上をラピュタが飛んで行くイメージだそうです。

DSC05100.jpg

ちなみに院長が自ら機材を購入し、設置しました。
夜、ダイイチスーパーの方から見ていただくのが一番幻想的で素敵です。
ぜひ、ご覧下さい。


今週は、火・木・土と続けて3名の歯学部6年生が来院し、さらに明日も5年生が見学に来ています。林歯科の診療と臨床研修について知るためです。
旭川林歯科の始業時間の9時、10時に間に合うように、札幌や当別の大学に通っている学生さんが家を出るのは7時前です。皆さん、朝早くから熱意を持って訪ねていただき、ありがたい事と思います。

写真は見学者が現在の研修医の診療を見学しているところです。
見学では、林歯科の歯科医療・施設をご覧いただき、食事をしながら院長や勤務医との面談を行います。さらに実際に研修医が何をしているかを見学し、時間を取って直接話してもらうようにしています。


1.jpg

来年度の臨床研修に備えて、林歯科医院では7/29,8/5の二回に分けて採用試験を行います。
これには、現在3名が参加申込をしており、23日の〆切までにもしかするともう一人の申込があるかもしれません。どなたも熱意のある優秀な学生さんで皆さんにいらしていただきたいのですが、採用人数が2名のため、残念ながらお断りする方も出てしまいます。

来週始めには、もう少し詳しい試験内容を全員一斉にお知らせする予定です。
院長が東京へ行って、林歯科のインテリアをリニューアルするための準備を色々してきました。第2弾は、小児歯科の待合室。

DSC05088.jpg

以前から、「隠れ家」というか「基地」というか、そういうものがあった方がいいと言っていたのですが、今回IKEAで小さなテントを買って来てくれました。しばらく子どもたちが遊んでいる様子を観察して、少々乱暴に扱っても大丈夫そうだと確信してから購入したそうです。

子どものおもちゃは、まず、遊んでいて危険でない事、そして壊されない事、安全で丈夫な事が第一。その上で林歯科のインテリアのコンセプトに合わせたものを置いています。

設置したとたんに、治療に来院したお子さんの兄弟が「テントで遊んでるから」と待合室で言っているのが聞こえました。大好評のようです。

本年度の歯科医師臨床研修も残り2ヶ月と10日になりました。
現在は、総義歯の臨床に取り組んでもらっています。
前回作成した義歯は患者さんに大変喜んでいただき、本人もとても嬉しかったようです。

120719.jpg

写真は院長のレクチャーを受けながらを阿部晴彦先生考案のSHILLA SYSTEMによる義歯の製作の1ステップを行っているところです。


研修医は基本的に院長の診療ブースで、いつでも交代できるところ、目の届く距離て診療しています。
林歯科では、毎年少しずつ院内をリニューアルし、何年かに一度は大幅な内装の改装を行います。今年は開業1年が過ぎたばかりですが、海の日の3連休、院長が東京へ出かけてアイディアを仕込んできました。

DSC05063.jpg

今回は、IKEA港北・中華街・渋谷ヒカリエ・ソラマチなどを回って今が旬の部分をしっかり感じて来たようです。写真はソラマチの中にあったジブリグッズのお店です。

DSC05083.jpg
こちらでは「油屋」のジオラマを購入して来ました。林歯科受付で是非ご覧下さい。

並べてみると何だか林歯科の建物と雰囲気が似ていますね。

名称未設定 1.jpg

他にも色々買って来たインテリアグッズがありますので少しずつこちらでも紹介して行きたいと思います。


7/16 海の日
林歯科の正面外壁の木製サイディング部分が色あせていたのを塗り替えしていただきました。
作業は高所での作業のため、専用の器材を持って来ていただく大掛かりなものでした。

また、ガラス面の清掃作業も同日行われました。

120717.jpg

このような作業は医院が休みの日でなくては実行できないため、たくさんの業者さんたち、そして事務長にお世話になっています。
大変ありがたい事だと思います。

おかげさまで、今日の林歯科医院は、ピカピカです。
そろそろ大学が夏休みに入るので、歯学部の学生さんたちが見学にやってきます。
来年、差来年の臨床研修に備えて、また、歯科医師になった時どのような立場になるかを学ぶために、札幌や当別から、旭川までやってきてくれます。

少し医院の中がざわざわしているように感じられるかもしれませんが、何とぞご容赦下さい。
きっと、彼らが一人前の歯科医師に育つために役立つ経験にいたします。
何回も、朝礼でのスタッフの「今日のいい話」で出てきた美瑛の「青い池」
自然に出来た池ではなく、美瑛町観光協会によると

火山泥流を貯める施設として、早期に工事の完成が可能なコンクリートブロックによる、えん堤が平成元年6月に着手され、同年の12月に完成、その結果、ブロックえん堤に水が溜まり、いつの頃からか、「青い池」とよばれるようになりました。

火山対策として作ったところが偶然池になり、アルミニウムなどが含まれていてコバルトブルーに発色しているそうです。一度行ってみたいと前から思っていましたが、場所が分かりにくく、いつも通り過ぎてしまっていました。

ところが、先月、新しいMacのWall Paperにこの池の写真が採用されたと言うのです。
これは、いつか晴れた日に出かけようと計画し、ネットで地図を探したのですが、なかなかいいものが見つかりませんでした。
*帰ってから調べたものではこのページの地図が一番分かりやすいです。Googleマップには掲載されていませんでした。駐車場はこの地図より池に近くなっているように思います。

今朝、旭川は11℃に冷え込み、寒さで朝6時前に目が覚めてしまい外は靄が出ていましたが、天気予報をチェックすると晴れです。これは試しに行ってみようと早朝からで欠けてきました。

ネットの地図では分からなかったので道中の白金インフォメーションセンターによる事にしました。あいにく早朝でセンターは開いていませんでしたが、道の向いの駐車場にあるきれいな公衆トイレの壁に、青い池に行く地図がありました。

DSC00362.jpg

この地図を頼りに、2個目の角を探して白金温泉方向に向かいました。看板があるということでしたが、行ってみると本当に小さな看板で、曲がったところからは細い砂利道、おそらく池を見に来る人のために作られたものがあり、その先に駐車場がありました。

そこからは、ほんのわずか歩くと池です。思ったより小さく、『なるほど湖ではなく池だ』とわかりました。美瑛に入ったところから天気がとてもよくなり、空の青が映ったきれいなブルーの池の写真が撮れました。

DSC00389.jpg
新しいカメラが嬉しいのもあって、30枚近く写真を撮ってしまいました。
充実した休日で、満足です。
世の中は3連休ですが、林歯科のお休みは祝祭日と年末年始・お盆の時期、その他医院の行事の場合のみです。

今日と明日も、土曜日と日曜日は、通常通り朝9時から診療しています。午後の受付終了は14:30となります。お困りの際は、林歯科受付にお電話ください。

0166-57-6655

なお、明後日、月曜日・海の日は休診日となりますので、ご迷惑をおかけしますが何卒ご容赦ください。
昨日、総義歯が出来上がって、今日、装着後の調整に来院された患者さんがお手紙を持って来てくださいました。

120714.jpg

このかたは、何回か治療を続けるうちに、歯の噛み合わせの高さが低くなってしまい「若い時見えていたはずの下の前歯が見えなくなっていた」方でした。今回丁寧に噛み合わせの高さを調べて入れ歯を作ったところ、若い頃と同じように下の前歯が見えるようになったととても喜んでくださいました。

仕事は楽しい事ばかりではありませんが、こうして喜んでくださる方のために、毎日当たり前の事を当たり前に、しっかり仕事をしていこうと思います。
林歯科に3月末から勤務している望月先生は、研修終了後他の歯科医院に勤務してから林歯科にやってきました。前職でマスターしている技術もありますが、林歯科に来て初めて学ぶ事もたくさんあります。

就任以来、林歯科で行っている神経の治療、入れ歯の作り方、矯正治療の分析・診断、矯正装置の調整等を一つ一つ学んできました。

先日は、咬合治療を続けて来た方の最終段階での噛み合わせの記録を採るステップをマスターしてもらいました。

DSC04996.jpg
写真は、院長のレクチャーを受けながらフェイスボウトランスファーのステップを行っているところです。


DSC04997.jpg
研修医はもちろん、勤務医も、初めて難易度の高い治療を行う場合には院長のブースで、院長が一緒に行います。

院長がこれまで身につけて来た知識や技術を、一つずつ丁寧に若い歯科医師たちに伝えて行くのが、現在の仕事の一つです。

先日お知らせした通り、8/4に予定した今年の夏休みこども矯正セミナーは、ライナー誌掲載と同時に満席となりましたが、その後もお問合せ・お申し込みが続きました。

120825夏休み矯正セミナーポスター3.jpg


そこで、日を改めて、院長の出張等と重ならない8/25土曜日に追加開催を決定しました。
今回は若干名での小規模開催を予定しています。

  • 日時:8/25 土曜日 13:00開場 13:30開催
  • 場所:林歯科医院セミナールーム(旭川市末広1-7 ダイイチスーパー隣)
  • 対象:小学校〜中学校までのお子様とそのご家族
  • 定員:若干名
  • 終了後希望者のみ個別相談をお受けします

お申し込みは、林歯科受付0166-57-6655まで


昨夜も夜の勉強会でした。

DSC00355.jpg

矯正の分析診断では、コンピュータで出した数値を見ながら分析して行くのですが、その前にまずその人の顔や口腔内の写真、模型、それからレントゲンをじっくり見る事が大切です。

DSC00357.jpg
何か変だと思う事がないか、自分なりの仮説を持って数値と照らし合わせて行きます。
分析・診断・治療方針を皆の前で話し、フィードバックを受ける事で、だんだん精度の高い分析ができるようになってきます。

3月に入った望月先生も、この3ヶ月で随分しっかり矯正の分析ができるようになってきました。とくに、ここ2、3週間の進歩はすごいです。
これからが楽しみです。



6月初めから研修医のM先生が取り組んでいた総義歯のケースの方が、7/10セットになりました。

120710.jpg

最初の簡単な型取りから始まって、精密な型とり、噛み合わせのチェック、人口歯を並べる技工のステップと、院長や先輩、技工士の指導やフォローを受けながら、できあがった総義歯。

患者さんから『20年間で一番いい!』と褒めていただき、本人は大喜び、院長はほっと一息です。写真を撮るのを忘れたので、次回の調整時に写真を撮らせていただこうと思います。もし、了解が得られたら二人で記念撮影をして残しておきたいなと思います。

旭川市・林歯科医院には、現在、平日15名、土曜日30名、合わせて毎週100名以上の方が矯正治療のために通院されています。

ですから、林歯科のスタッフは、全員、通常の歯科治療に加えて矯正治療のアシスタントとしての知識と技術を身につける事が必須になっています。

DSC04993.jpg

こちらは、新人トレーニング用に用意した写真入りマニュアルです。

DSC04992.jpg

拡大すると、このように、矯正治療装置や、使用する器具・材料の写真に、名称や使用目的が簡単に書いてあります。新しく知った事は、自分でこのマニュアルを見て復習する事が出来ます。

これは、院内スタッフが新人トレーニング用にと自分たちで工夫して作ってくれたものです。素晴らしいスタッフに恵まれて、本当に幸せです。ありがとう。


林歯科医院は、来年度より管理型臨床研修施設として臨床研修歯科医師を受け入れる予定で、準備を行っています。先日視察が終了し、明日7月10日には最終的な書類提出しますので
順調に行けば8月末には認可がおりる運びとなりました。

来年度の研修医は、
・管理型施設として行う単独型プログラム
・大学の協力型施設として行う協力型プログラム
での募集を予定してきましたが、最終的な人数枠の配分は

・単独型プログラム2名
と決定しました。
スケジュール概要は下記の通りです。
単独型スケジュール.jpg


単独型検討中の方は、下記の募集要綱をご確認の上、お早めにkenshu@dendendental.comまでメールにて医院見学をお申し込みください。
見学終了後、単独型受験希望の際は、必要書類を添えて郵送にてお申し込みください。

*試験日を7/29,8/5のいずれか選択可能といたしました。


【募集要綱】
1. 医院見学 

見学説明会は希望に合わせて随時行いますが、単独型希望の方は採用試験1週間前までに見学をお済ませください。
本年は、7/22日曜までとなります。


2. H25年度臨床研修歯科医師・採用試験日程

  • 日時:平成24年7月29日(日) または8月5日(日)(いずれか)
  •  11:00〜14:00
  • 試験内容:面接・実技・小論文
  • 最大採用人数:2名


3. 必要書類

履歴書・卒業(見込み)証明書・成績証明書を7月25日必着でご郵送ください。


4. 申込方法

下記連絡先までメールでお申し込みのうえ、上記期日までに書類郵送をお願いします。


5. 採用条件

期間:1年(希望時2年目採用あり)
給与:月額180,000円
勤務時間:週5日40時間勤務 ローテーションあり
早番10:00~18:30 昼休 13:00~14:30
遅番14:30~22:30 休憩 17:30~18:30
勉強会 :参加自由 勤務時間には含めない
通勤手当:当社規定により支給
保険:健康保険・厚生年金・労働保険加入
有給休暇:10日/年
住居:研修医用宿舎あり 住居費医院負担 光熱費自己負担

学会・講習会参加 可 費用補助制度あり

6. 連絡先
〒071-8131 北海道旭川市末広1-7-1-31 杜のビル 林歯科医院
電話:0166-57-6655 FAX:0166-57-5559 事務長 川村
連絡時間:平日9:00~17:00まで
メール:kenshu@dendendental.com 林春美まで
7/8 日曜日
朝8時、林歯科駐車場に集合して比布へイチゴ狩りに出かけました。
毎年、研修医と一回くらいはレクリエーションに出かけるのですが、今年は新しい勤務医の望月先生も誘って4人です。

DSC00323.jpg

6月下旬に始まったイチゴ狩りですが、比布は温室ではないので、2週間で終わります。
今年は、今日が最終日と言う事で、そろそろイチゴも少なくなっていましたが、スーパーでは買えない完熟のイチゴの味は格別です。

DSC00331.jpg

1時間ほど苺畑で過ごした後は、旭川の沙羅茶館でコーヒーとスコーンのティータイムを過ごして11時、再び林歯科駐車場で解散しました。

いつも朝から晩まで時間に追われる毎日ですが、今朝は少しゆったりした贅沢な時間を過ごし、二人ともゆっくりお話しできてよかったと思います。

7/7 土曜日
釧路から歯科医師の方が就職前提で見学に来院されました。

林歯科医院の現在の診療体制・既卒者採用時のトレーニングプログラムについて説明し、事務長に設備案内をしてもらい、その後診療見学を行いました。

120707.jpg

診療終了後に、米田副院長・院長と面接し、院長の症例をスライドで説明する事で林歯科が現在目指している診療をお伝えしました。

出身地である旭川である程度長い期間勤務したいとの希望があり、これから何軒かの歯科医院を見学される予定との事です。もし、林歯科で勤務されたいと言っていただければ光栄だと思います。
学校が休みの時期に行っている「こども矯正セミナー」は、夏休み8/4開催予定で本日ライナー紙に広報掲載を行ったところ、夕方7時を持ちまして満席となりました。
これ以降のお申し込みは、キャンセル待ちとなりますのでご承知置き下さい。



120804 矯正セミナー広告.jpg
キャンセル待ちのお申し込みは

0166-57-6655

林歯科受付までご連絡ください。

今年度の歯科医師臨床研修がスタートして、まもなく3ヶ月になります。

基本的な歯科治療のトレーニングを終え診療時間を増やしてきましたが、院長から診療時間が長くかかりすぎると言う指摘がありました。そこで、自主トレの時間を設け、時間短縮のためのトレーニングをしてもらうことになりました。

歯科医師の技術は、技術レベルを高めると同時に、一つ一つの処置にかかる時間を短くして患者さんの苦痛を少なくする事が必要です。

120705.jpg

院長から見学してほしい治療があるときはすぐ連絡できるように、『研修医連絡用PHS』を手元において、時間を計りながらトレーニングをしています。

林歯科ではこのように、研修医トレーニング用のスペースを診療室とは別に用意し、自由にトレーニングできるようにしています。努力はきっと報われます。頑張りましょう。
林歯科の待合室壁面に設置してある「滝」

120704.jpg
これは、定期的に業者さんを頼んで清掃しています。また、レジオネラ対策も行っています。

林歯科は休みが祭日のみ、夜も遅くまで診療していますので、このような業務は土日夕方までの診療終了後にお願いしています。

業者さんには本当にお世話になります。

ただ、小さなお子さんが触れたり、飲んだりしないよう、お気をつけ下さい。
林歯科に来院される患者さんの様子を見ていると、待合室や診療チェアの前でスマートフォンをチェックされている方をよく見かけるようになってきました。

私自身、スマートフォンのヘビーユーザーなので空港やカフェ、ホテルなどでフリーにつながるWiFiがないかは、いつもチェックしています。そこで、林歯科医院の待合室にフリーWiFiを設置する方法がないか、林歯科医院のシステム管理をお願いしている業者さんに相談してみました。

回答は、林歯科自体のネットワークに組み込む事はお勧めできないが、独立した有線の設置を行うにはかなり初期費用がかかるとのこと。そこで、モバイルルーターを用いた無線LANを勧められ、半月ほどかかりましたが、なんとか今日から使えるようにしました。

フリーwifi.jpg




パスワードのない設定で、待合室でWiFiが届いている範囲でお使いいただけます。

診療室内、小児待合室までは多分届かないかと思います。また複数の方がご利用の場合に速度が落ちる可能性もあります。

もしよろしければ、診療前後の待ち時間の活用のためにご利用ください。


WiFiのリストからURoad-34505Dをご選択ください。
7/3 火曜日。
歯科医師臨床研修の山場となる歯周外科実習の日です。
この日には、勤務医、院長も研修医の指導と同時に自分の研鑽のためのトレーニングを行います。各人がそれぞれ講習会で学んできた技術を伝え合う機会でもあります。

ブタの下顎を人数分調達するところから実習はスタートです。
繰り返すうちに、実習の段取りにも慣れて来ました。

120704-2.jpg
写真は、研修医の実習の風景です。

120704-4.jpg

院長のレクチャーで、米田先生が顕微鏡外科のトレーニング中です。

トレーニングをしたいと思っても、日常生活の中で診療をしながらそのための時間を一人で確保し続けるのは案外難しいものです。こうして研修医を受入れ、そのプログラムの中に組み込む事で、全員が半年に一度はトレーニングを行うシステムができたことは本当に良かったと思います。

この時間を確保するために、各人がプライベートな時間を犠牲にし、また、通常の勉強会のスケジュールをずらしています。大きな成果のある会にしていきたいとおもいます。
6/30土曜日

3ヶ月間の試用期間が終了し、正規採用となった歯科衛生士3名、歯科医師1名との会食の機会を持ちました。参加者は望月先生、衛生士のOさん、Hさん、Mさん。迎える側として院長と水柿先生、衛生士のSさん、Hさんです。

120701-2.jpg

今回は、おいしいすき焼き屋さんとして旭川では知られている三光舎さんでお食事をしました。


こじんまりとした会合を持つ事で、大勢になってから、院長が一人ひとりとプライベートな話をする機会が少なくなってきた事を、少しは解消できたのではないかと思います。


6/30土曜日

林歯科での研修がスタートして2ヶ月半。

5月から症例分析を土曜日に行う勉強会を始めようと思っていましたが、院長が忙しく今回が2回目です。土曜日の勉強会は、新人向けに矯正歯科の症例分析の方法を基礎から教えることを目的としています。

120702.jpg

現在は、研修医と3月から勤務している望月先生が参加しています。

一人ひとりの症例を分析し、それを院長に発表し、質問を受けます。
回答を聞いて、理解が浅い部分は必要な書籍を読むよう指示を出していきます。
通常の勉強会では、参加者のレベルに違いが出てきて、初心者のフォローをしづらくなってきたために、このように分ける事にしました。

今度の火曜日はブタの下顎を使った歯周外科実習を行うため、症例分析はお休みです。
熟練者は、先週末院長が受講してきた顕微鏡下での歯周外科のレクチャーを受ける予定です。


林歯科医院は、来年度より管理型臨床研修施設として臨床研修歯科医師を受け入れる予定で、準備を行っています。先日、視察が終了し、7/10には最終的な書類提出、順調に行けば8月末には認可がおりる運びとなりました。

来年度の研修医は、
・管理型施設として行う単独型プログラム
・大学の協力型施設として行う協力型プログラム
での募集を予定してきましたが、最終的な人数枠の配分は7/10の申請時に決定いたします。


それに先立ちまして、単独型プログラムの募集要綱案を公開いたします。なお、7/10の申請の際に募集人数の変更を行う可能性がございます。予めご承知置きください。

単独型検討中の方は、下記の募集要綱をご確認の上、お早めにkenshu@dendendental.comまでメールにて医院見学をお申し込みください。
見学終了後、単独型受験希望の際は、必要書類を添えて郵送にてお申し込みください。

*試験日を7/29 8/5のいずれか選択可能といたしました。


【募集要綱】
1. 医院見学 

見学説明会は希望に合わせて随時行いますが、単独型希望の方は採用試験1週間前までに見学をお済ませください。
本年は、7/22日曜までとなります。


2. H25年度臨床研修歯科医師・採用試験日程

  • 日時:平成24年7月29日(日) または8月5日(日)      11:00〜14:00
  • 試験内容:面接・実技・小論文
  • 最大採用人数:2名


3. 必要書類

履歴書・卒業(見込み)証明書・成績証明書を7月25日必着でご郵送ください。


4. 申込方法

下記連絡先までメールでお申し込みのうえ、上記期日までに書類郵送をお願いします。


5. 採用条件

期間:1年(希望時2年目採用あり)
給与:月額180,000円
勤務時間:週5日40時間勤務 ローテーションあり
早番10:00~18:30 昼休 13:00~14:30
遅番14:30~22:30 休憩 17:30~18:30
勉強会 :参加自由 勤務時間には含めない
通勤手当:当社規定により支給
保険:健康保険・厚生年金・労働保険加入
有給休暇:10日/年
住居:研修医用宿舎あり 住居費医院負担 光熱費自己負担

学会・講習会参加 可 費用補助制度あり

6. 連絡先
〒071-8131 北海道旭川市末広1-7-1-31 杜のビル 林歯科医院
電話:0166-57-6655 FAX:0166-57-5559 事務長 川村
連絡時間:平日9:00~17:00まで
メール:kenshu@dendendental.com 林春美まで


このアーカイブについて

このページには、2012年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年6月です。

次のアーカイブは2012年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja