2012年5月アーカイブ

旭川市・林歯科医院が移転して1年5ヶ月。

120531-0.jpg
大きな窓ガラスの
明るい小児歯科待合室のマットが

いつの間にか日焼けしていました。

そこで!





院長の提案でリニューアルしました。
新しいマットはこの、とんがったデザイン!!

120531.jpg

同じメーカーの大きなブロックも置いてあります。

診療までの待ち時間を、少しでも楽しい気持ちで過ごしていただけたらと思います。

林歯科医院では、研修医と新しく勤務することになった歯科医師には、自分自身の検査結果を集めて症例分析を行い、年二回の全体勉強会で発表してもらっています。

今年は、研修医のM先生と3月から勤務している望月先生が対象です。

資料は院長の前でプレゼンして修正をかけていきます。
まず月曜日にM先生のチェック、火曜日の勉強会前にM先生の修正をチェック、
IMG_2037.jpg

終了後に望月先生のチェックを行いました。
IMG_2038.jpg

医院の全体勉強会は今週土曜日ですが、望月先生は資料作成が遅れているため、今日の午前中は診療を休ませて分析・資料作りにあててもらいました。

時間はないけど、道は遠い、かもしれません。
今夜もスライドのチェックです。頑張れ! 院長も頑張っているんだよ。

12月に実家のご事情で退職された浦田先生が、石狩市で開業されたそうです。

この春から一旦勤務医としてつとめ、今月から居抜で「うらた歯科」としてテナント開業をしたとのこと。


DSC01240.JPG
院長から花をお贈りしたところ、
早速写真にとってお礼のメールをくれました。


歯科にとっては厳しい時代ですが、
希望を胸に頑張ってもらいたいと思います。
林歯科医院の臨床研修では、自分自身を症例として分析してもらいます。
研修が始まるとすぐ、自分自身のレントゲン、口の中や顔の写真、模型、顎運動解析などの資料を集め、分析を開始します。

分析結果は、医院の全体勉強会で発表してもらいます。

今年の勉強会は、6.2の土曜日。
今日は、どこまで分析と発表準備が進んでいるか院長がチェックをし、必要な資料の再チェックの指示をして終わりました。

120528.jpg

今週の臨床研修は、この分析をテーマにして行います。
明日も、診療終了後、分析のチェックを行います。


先週末、米田先生と水柿先生は、三重県のカワラダ歯科へ講習を受けに出かけていました。

これまで治療してきた患者さんの症例を持参してアドバイスをいただき、先生の臨床を拝見し、今回も学ぶ事がたくさんあったようです。

今年は以前林歯科で研修されたO先生のお父さまも参加されているとの事です。お父様は私たちよりは少し年長かと思いますが、こうして新しい事を学ばれているご様子に、私たちもこれからも研鑽を積んでいかなければと新たに思いました。

120527.jpg
写真は水柿先生が撮ってくれたもので、左からカワラダ歯科の外観、懇親会、見学をする米田先生、そしてリンゴを丸かじりする患者さんです。
丸かじりしても入れ歯が浮いたり、ずれたりすることはなく、しっかり噛んでいる様子には感動したとの事でした。

10ヶ月ほどかけて治療してきた林歯科の患者さんもそろそろ最終義歯になりそうとのことで、リンゴを丸かじりで食べていただけるのではと皆で楽しみにしています。
5/26 土曜日
今日は、いつもアルバイトに来てくれる北大院生のW先生が学会発表のためお休み。ピンチヒッターで日曜日にバイトに来てくれことになったS先生が二日続けて旭川に来てくれました。

そこで、4時すぎに土曜診療を終了してから、一番早く開く焼肉屋さんを調べて、5時前から焼肉パーティー開始です。一番乗りかと思っていましたが、着いたらすでに家族連れでにぎわっていました。今日の運動会からの流れでしょうか?

IMG_2022.jpg
参加者はS先生と、勤務医の望月先生、研修医のM先生、そして私たち二人です。

IMG_2027.jpg

若い人に合わせて少しお肉を頼みすぎたかなと思ったのですが、あっという間に完食して、お店を出たらまだ外も明るい6時過ぎでした。




旭川市 林歯科医院でCAD/CAMによる歯牙の補綴・修復のシステム、セレックを導入してまもなく4ヶ月になります。
これまでより、安価な治療費でオールセラミックスの治療を提供できるようになり、患者さんには大変好評です。

写真のように、治療の後の型とりは「光学印象」という写真を撮るような方法です。その後のかぶせるものや詰めるもののデザインは全てコンピュータを用いて行い、最終的にはセラミックスの塊から削りだします。

120525-2.jpg

もちろん、技工士さんにお願いして作っていただくオールセラミックスであれば、もっと美しいものができますので、治療に何を求めているのか、よく担当医とご相談ください。
同じ市内の鈴木歯科クリニックの鈴木孝一先生と、技工所モダンデンタルの技工士さん、そして院長とエスカルゴ技研の佐々木さんの4人で小さな勉強会を始めました。

鈴木先生と院長は神奈川歯科の佐藤教授のセミナーで、モダンデンタルの技工士さんと佐々木さんは榊原技工士さんのセミナーで、それぞれシーケンシャル咬合について学んできました。
お互いの研鑽のためにこの勉強会をスタートすることになりました。

2ヶ月に一回、症例を持ち寄ってディスカッションをするのですが、鈴木先生の教えを請うというのが正しい状態です。
林歯科も少しずつ追いついて行けるよう、頑張って行きたいと思います。

一人の方の症例を、カルテや資料を最初からたどり直すと言うプロセスは、日頃の忙しい臨床ではないがしろになりがちですが、このような機会を持つ事で整理し直す事が可能になります。また、技工士さんに一緒に参加してもらう事で何を目指して診療しているかを分かってもらえます。学ぶ事は多いと思います。

スクリーンショット 0024-05-25 12.06.24.png

写真は、5/24木曜日のディスカッション用に用意したスライドです。今回は一人の方の症例でスライド40枚、それと顎運動解析のデータが2回分。たっぷりの資料です。
これを一緒に見ながらディスカッションを行っています。
今週末の土日は、米田先生と水柿先生の二人が三重県に講習に出かけます。
カワラダデンチャーの講習会です。米田先生は受講終了しましたが、現在治療中の方の資料を持参し、いろいろとご相談をしてきます。

意外と交通の便が悪く、朝からのセミナーに間に合わせるためにはお昼前に旭川を出て、半日以上かけての移動となります。


さらに金・土のアルバイトに来てくれている北海道大学博士課程の院生のW先生が、学会のためお休み。

さあ大変です。

というわけで、
今日は越後谷先生が休日出勤、明日は日曜日バイトに来ていただいている先生にもう一日出勤をお願いしました。

忙しい診療体系とはなりますが、患者さんにご迷惑のないよう、皆でしっかりフォローしたいと思います。
今年の歯科医師臨床研修の「臨床」の部分は、例年より少し早めに総義歯に取り組んでいます。写真は、総義歯の精密な型をとるステップです。

120523.jpg

実習は少し遅れ気味ですが神経の処置のシミュレーションに入り、最初のレポート提出も終わりました。6/2発表予定の自分の症例分析も頑張っています。



今回、林歯科医院では、新たに京セラメディカル(旧ジャパンメディカルマトリックスJMM)のインプラントシステムを導入する事になりました。


新しい機材や治療方法を取り入れるためには、それに携わる人全員が知識と技術を共有する必要があります。そこで、担当者の方に来院していただき、診療後にレクチャーを受ける事になりました。


今回はインプラントのシステムなので、林歯科インプラントチームのスタッフ5名、インプラントを行っている院長と勤務医3名、技工を行う併設技工所の技工士2名、計10名が対象で、さらに勉強会で来院されていた友人の松本先生、研修医のMさん、新人歯科医師の望月先生にも参加していただきました。



IMG_2015.jpgIMG_2016.jpg
















歯科医師の勉強会が始まる前からスタッフチームはレクチャーを受け始め、勉強会終了後に合流してさらに勉強をしました。


診療後の遅い時間まで残って勉強してくれた皆、そして早くレクチャーを受けられる様フォローしてくれた未参加者のスタッフがあって、こうして新しい取り組みを速やかに定着する事が可能になっています。

一人のがんばりではなく、チームとしての力で林歯科の治療の水準を高くして行けるようこれからも頑張って行きます。

これまでの勤務医と新人や研修医の矯正分析のレベルの差が大きくなりすぎたので、初心者特訓も兼ねて、簡単なケースの分析は土曜日の診療後に行う事にしました。

ところが、先週土曜日は診療が長引いて中止に。今日、火曜日の勉強会の前にベーシックコースを行いました。

120522-2.jpg

研修医と望月先生vs院長。
2対1の個別指導体制です。

一人ずつ、患者さんの資料を持って、院長に説明して質問を受け、しどろもどろになっては院長の説明を受け、を繰り返しています。
これを何回もやって、先輩の分析を聞いて、少しずつ適正な分析ができるようになる、はずです!
小児歯科ブースの診療室3の壁にこんな元気なオブジェが付きました。

120522.jpg

これは、院長と事務長が二人掛かりで土曜日の夜、診療が終わった後遅くまでかかって作ってくれたものです。元々は、ウォールクライミング用のブロックなのですが、色や形が楽しいものを選んで、インターネット通販で発注しました。


もちろん、クライミング用の壁ではありませんので、登らないでくださいね!
20日 日曜日
来年卒業予定の歯学部の学生さんの見学を受けました。

13日の日曜日に施設説明を行い、早速見学希望の連絡を下さったお二人です。
当日はもう一人、研修中の方の見学もあり、3名の方に見学をしていただきました。

まず、林歯科での臨床研修、2年目研修の説明

120520.jpg

それから、院内設備を事務長から説明し、

診療の見学をしていただきました。

日曜日は昼食時間が短く、皆、ばらばらにとるため、私と一緒にお食事をしながら質問等をお受けしました。診療中の先生方も手の空いた時間に食事をしながら見学の皆さんの質問に応えてくれました。

午後は、副院長の米田先生のPRGFを用いたGBR手術をモニターで見学していただき

診療終了後、短い時間でしたが院長から研修の説明を行いました。

朝早くからの見学のために遠くからいらしていただき、ありがとうございました。
もし、林歯科の臨床研修に参加されたいと思われた場合には、お早めにお申し出ください。

5/19 土曜日
昨年も接遇セミナーの講師をお願いした高瀬先生に医院にいらしていただき、林歯科スタッフ12名を対象に接遇セミナーを行っていただきました。
対象は今年の新卒入社6名以外に秋以降の中途採用者も入っています。

120519-2.jpg

バックヤードでこっそり聞いていると、言葉遣い、電話応対などまだまだ未熟な点が多々あり少し恥ずかしい気持ちもしましたが、こうして外部講師の方にしっかり指導していただく事で皆が学ぶ事がたくさんあるはずだと思います。

来年度以降も新人の教育の場をしっかり設けていきたいと思います。
移転して間もなく1年半。
林歯科の内装の変更を開始しました。

まずは、この壁面。

120519.jpg

事務長と院長が二人でこのブロックをボルト止めして作りました。
元々は、ウォールクライミング用のブロックですが、もちろん林歯科では登れる強度ではつけていませんので、試しに登ったりしないよう、お願いいたします。
今年の歯科医師臨床研修は、少し早めに義歯の症例をスタートしました。
まずは、総義歯の調整から。

DSC04803.jpg

写真はチェアサイドでの調整です。口腔外バキューム(ライト付)を使用しています。
新しい入れ歯が出来るまで、院長のチェックを受けながら、少しずつ行って行きます。

今日のミーティングでは臨床研修の進捗確認を行う予定です。
院長・私が1月、そして4月に事務長・レセプト担当者を伴って4人で見学に出かけたつがやす歯科へ、今回は副院長の米田先生が出かけてきました。
米田先生がチーフを務める往診・口腔ケアチームの改革のための見学です。



前日午後から早めにあがって帯広に向かい、先生の休日である水曜日一日を使って、朝から夕方までしっかり見学をさせていただきした。訪問診療にも同行させていただき、実際に行っている先生方、スタッフの声を聞く事が出来たと大変喜んで帰ってきました。

他の歯科医院を見せていただく事で学ぶ事は大きく、今後の林歯科の訪問診療の更なる発展が期待されます。
つがやす歯科の栂安先生、スタッフの皆様本当にありがとうございました。
そして、米田先生お疲れさまでした。
こちらは、林歯科医院の歯科医師臨床研修のパンフレットの一部です。
よくご覧になりたい場合は研修2012.pdfを開いてご覧下さい。


研修2012.jpg

【説明会】
林歯科の来年度(H25=2013)歯科医師臨床研修に関する説明会
・H24.7.14(土) 北海道大学病院 協力施設説明会参加
・H24.11中旬   北海道医療大学 協力施設説明会参加

【見学】
個別の見学受入:随時
・林歯科へご連絡の上見学日程を決定します。
 見学申込メールフォームからのご連絡、または
 直接kenshu@dendendental.comまでメールでご連絡ください
・見学希望の内容に合わせて日程を調整します。
・原則として休診日は祝祭日となります。
・講習受講などで院長不在の際はお断りする事があります。
・夏休み期間中に見学される方が多くなっています。




120330.jpg
【情報】

林歯科の歯科医師臨床研修情報
最新情報はこちら↓
http://dendendental.heteml.jp/dendendental/blog/archives/cat18/2013/
2012年度歯科医師臨床研修(北大コース前半)がスタートして4週間が経ちました。

実習は、模型実習のカリキュラムが全て終了しましたので、これから根の治療の実習を行って行きます。診療室でやってもらう事もこれから増えて行きます。

DSC04800.jpg

M先生の後ろ姿の写真を見ると、まだまだ肩に力が入っていますね。これから、です。
今週から、カリキュラムとしては前倒しですが、総義歯のケースに取り組んでもらいます。そのご報告はまた来週。


学習は、規定図書のレポート提出期限が今週末となっています。

DSC04746.jpg
写真は
頭部エックス線規格写真セファログラムの分析について、新人勤務医の望月先生と一緒に院長のレクチャーを受けているところです。

レントゲン写真のどこを基準点として分析を行うかを決める「ポイントプロット」を行っています。




来年の4月から、林歯科の臨床研修のスタイルが変わります。

募集人員数が
・北海道大学からのコース :協力型施設として 前半1名後半1名 それぞれ5ヶ月程度
・北海道医療大からのコース:協力型施設として 1名 5~12月の8ヶ月間 
・林歯科独自のプログラム :管理型施設として 2名 通年
と変わります。
同時に4名まで可能となりました。

独自プログラムでは詳細が決まっていない部分もありますが、
どのプログラムでも 最初の4〜6ヶ月で歯科医師として基本的に必要とされる知識と技術を身につけてもらい、到達目標を達成したものから個別プログラムの作成・実行に入ります。

その人がどんな歯科医師になりたいのか、そのためにはどんなトレーニングが必要か、一人ひとりの研修医と話し合いながら研修を続けて行きます。
それは、研修終了後も自分を歯科医師として鍛え続けるために必要なことだからです。

研修が終わってしまうと、あれを勉強しなさい、この実習をやりなさいと言う事は無くなって行きます。自分がどうなりたいかは自分で考えて努力をしなければならない。その力をつける臨床研修を目指します。

本気で『生き残れる歯科医師』になりたい人にだけ来ていただきたいと思っています。

日曜日、札幌市の北海道歯科医師会館で「歯科医学生のための臨床研修指定病院合同セミナー」という行事があり、参加してきました。

0513-1.jpg

これは、独立した臨床研修プログラムを持つ医療機関が来年卒業予定の学生さんに研修プログラムの説明を行うもので、北海道歯科医師会の主催です。

林歯科はこれまで北大と北海道医療大の協力型という形で臨床研修を行ってきましたが、来年度からは独立したプログラムを持つ事を予定しています。そこで、今回の催しに参加をお願いし、来年のプログラムを説明してきました。

IMG_1997.jpg

全体で例年80名程度の方が参加されるとの事で、全員向けの三つ折りのパンフレット80部と個別にご説明するための小冊子20部を用意して臨みましたが、若干不足が出てしまいました。個別の説明の時間が1時間でしたが、説明しきれない方が出たため、帯広のつがやす歯科さんと一緒に、昼食をご一緒しながらさらに説明をしました。

不足の小冊子は来週始めにも、郵送でお送りする予定です。
たくさんの方にお話を聞いていただきありがとうございました。
関心を持っていただけたら、旭川までぜひ林歯科を見にいらしてください。




日曜日の朝から、東京・赤坂で講習会を受講です。

今回はインプラント関係の講習会で、この会社の製品は講習会を受講しないと購入できない事になっているそうです。

院長が取り組んでいるボーン・オグメンテーションという手法を行っているということで、以前から関心があり受講しました。
新たなシステムとして導入を予定しています。

DSC04765.jpg
追記:
月曜日、修了書を持った記念写真が主催者の方から届きました。ありがとうございます。

林俊輔先生メール用.jpg

今日は院長の東京出張日。
3時に診療を終了し、4時20分のJALで東京へ。


スクリーンショット 0024-05-12 17.14.33.png

明日の日中は大口式インプラントの講習会を受講し、夜には最終便で旭川に戻ってきます。
忙しいスケジュールです。



今日は、12時から、院長、米田副院長、水柿先生、私の4人でランチョンミーティングを行いました。

事務長に昼食を用意してもらい、食事をしながら、現在の経営状況の説明、これからの課題等についてざっくばらんに話し合いました。
新しく入ったスタッフのトレーニングメニュー、求人等についても意見が出て有意義な時間だったと思います。

このミーティングは米田先生の提案でスタートしたものですが、今後も継続して行こうと思っています。


林歯科受付チームの提案で、女子トイレのアメニティグッズを充実させました。

120508.jpg

診療前のお化粧落としにご協力いただいた方のお化粧直しのためのグッズや、洗口液や歯磨剤の試供品をご用意しています。
治療後のリフレッシュにご活用ください。
5月の連休は、院長と二人で沖縄に視察旅行に行ってきました。

120507.jpg

これまでに、林歯科で臨床研修を受けた歯科医師のうち二人が沖縄出身で、まもなく開業を控えているとの事で、現在の沖縄の歯科事情、地域の発展の姿などについて話を聞いてきました。一人は、開業予定地にも案内してくれました。


まだまだ虫歯が多い時期であること、人口動態の違い、歯学部がない事もあって歯科医師数が少ない事。矯正歯科、小児歯科、口腔外科などの専門医院が少ない事。
患者さん対応にフレンドリーというかむしろざっくばらんであることが求められている事。
様々な違いに気づかされる事が多々ありました。

二人がそれぞれ自分の歯科医師としての将来に向けて真面目に考えている姿とその成長に感動して帰ってきました。

違う土地での歯科医療について現場の話を直接聞けた事は、これからの林歯科の運営にきっと役立つ事だと思います。感じた事、事前に調べた事は一度まとめておくつもりです。
5月6日 日曜日は午前9時より平常通り診療をいたしております。

120506-2.jpg

お電話は8時半よりお受けいたしておりますので、お困りの方はお電話にてご連絡ください。

0166-57-6655
林歯科受付がお受けいたします。

なお、ご予約は連休前にお受けした方で既に一杯なので、お待ち時間がかかることは予めご承知置き下さい。
林歯科医院の数少ない連続した休診日も間もなくおしまいです。

120505.jpg

明日、5月6日 日曜日は午前9時より平常通り診療をいたしております。
お電話は8時半よりお受けいたしておりますので、お困りの方はお電話にてご連絡ください

0166-57-6655
林歯科受付がお受けいたします。
ご予約は連休前にお受けした方で既に一杯なので、お待ち時間がかかることは予めご承知置き下さい。


もし、今日一日お待ちいただけない場合には、休日の急患対応についてのこちらの記事をご参照ください。→クリック
では、お大事になさってください。
旭川市・林歯科医院が現在の国道40号線沿い、末広1条7丁目に移転してから1年4ヶ月がたちました。今回、雪がとけるのを待って、内外の状態を確認し、必要な補修工事を行う事になりました。

120504.jpg

林歯科はお休みが少ないので、工事をゴールデンウィーク中の3連休で集中して行っていただく事になりました。業者さんたちはご迷惑をおかけしていますが、ありがたい事と思います。

林歯科休診中にお困りの場合はこちらの記載をご参照ください。
今日から3日間、旭川市・林歯科医院は休診いたします。

120503.jpg

診療をお休みしている期間も、レセプト業務のための事務職員、休診日でないとできない工事の業者さんたちなどが出入りいたしておりますが、診療のできる体制にはありません。
何卒ご容赦ください。

5/6日曜日は、午前9時より診療開始予定、お電話は8時半よりお受けいたしております。
なお、5/2現在、既にご予約は埋まっておりますので、急患対応となります。
(予約優先のためお待ちいただき、また応急処置のみとなる場合があります)
お待ち時間をご了承の上、受診をお願いいたします。
林歯科受付 0166-57-6655

★お休みの日に歯の事でお困りの方は、こちらの情報をご参照ください★
お大事にどうぞ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
旭川歯科医師会の休日診療については、
道北口腔保健センターのホームページをご参照ください。

  ホームページより引用
  <道北口腔保健センター救急診療のお知らせ>


  診療内容は応急処置のみになります。
  保険証、受給者証又は現在服用中のお薬に関する手帳などお手元にあれば
  御持参ください。


  旭川市金星町1丁目1-52(市立旭川病院となり)
  TEL 0166(22)2290
  受付時間 午前9時~午後4時

歯科以外での救急医療体制については、
のサイトが参考になると思います。 

長年使っていた口臭測定器ハリメーターが ついに壊れてしまったので、新しい機材を導入しました。口臭についての悩みのある方は、いつも一定程度いらっしゃるのですが、中には口臭のない方もいらっしゃいます。

機械で測定して「大丈夫ですよ」とお伝えするのも私たちもお仕事の一つだと思っています。


120502.jpg
今日から、

この機械に活躍してもらいます。


TOTAL GAS DETECTOR SYSTEM 
BREAXi  ETB121

です。
5/2 火曜日。
ゴールデンウィークの合間で他院の先生方の参加はないので、院内勉強会スタイルで3症例を分析。今日は、米田先生・水柿先生・越後谷先生の3人が発表。3人のここ1年での分析力アップに感心しました。

一方、望月先生と研修医のM先生の新人二人は、まだ質問のポイントも見えていないかも知れません。

120502-2.jpg

というわけで、ゴールデンウィーク開けからそろそろ初級者コースを開始します。こちらはアドバンスコースと言う事で。
5月の林歯科医院は
ここがちがいます。

新人のご紹介 林歯科の春のインテリアなど
画像をクリックしてご覧下さい。
ここが違う原稿H24年5月-1.jpg

このアーカイブについて

このページには、2012年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年4月です。

次のアーカイブは2012年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja