2012年1月アーカイブ

1/28土曜日

医院の診療終了後、消防署の方がいらして訓練を行いました。
研修医のS先生、北大から来ている非常勤のW先生も参加してくれました。

避難経路の確認、誘導の方法、消火器の使用方法、様々なご指導を受けましたが、
一番難しかったのは消防署への連絡です。

120130.jpg

まず、これから訓練のための電話をするということを連絡した後に119番するのですが、119番の方が出て質問を受けるとパニックになってしまうのか、すっかりしどろもどろになって答えられなくなってしまいました。

訓練の大切さと、緊急時に落ち着いて対応する事の難しさがよくわかりました。


林歯科医院では、昨年1月の移転を機にレントゲンのデジタル化を行い、全てのチェアサイドでレントゲンをご覧いただけるようにしました。小児歯科とユニバーサルルームは壁付けに、それ以外の全てのユニットではイスに座ったままで見られるモニターをつけました。

大人の方は歯周病や欠損で治療部位が多くなる事が多く、下の写真にもある「オルソパントモ」という広範囲のレントゲン撮影をよく行っています。

120129.jpg

治療開始前、治療期間中に、この写真を見ながら歯科医師からお口の中の状態の説明や治療の進行状態、選択できる治療方法の説明などを行っています。
小さなレントゲンと違い、お口の中のイメージがつかみやすいのではないかと思います。
これまでに受けた治療の状態も確認できます。また、デジタルなので個々の部位を拡大してご説明する事もできます。

この写真以外にも局所の小さなレントゲン写真、その他のレントゲン、プリントアウトした口腔内写真、お口の模型などの検査結果を一緒にご覧いただく機会をできるだけたくさんもつようにしています。

このような検査結果を一緒に見ながら、治療のゴールについてお話しする時間を持つのは患者さんにとっても私たちにとっても大切な事だと考えているからです。一回でお分かりにならない事、一度聞いたけれどもう一度説明してほしい事などありましたらどうぞおっしゃってください。

土曜日の午後、北海道歯科医師会主催の保険の講習会が開催されました。
保険医として必要な勉強なので、林歯科を代表して私が行ってきました。

今年は大雪が続き、JRの時間があてにならないので早めにと思って家を9時過ぎに出て旭川駅へ。予定の10時発の列車は、札幌からの折り返し運転ですが20分ほど遅れて到着。札幌に着いたら12時過ぎていました。寒波のせいもあってか、何だか車内がいつまでも暖かくならず、ひんやりしていました。


3時から5時半までの講習では、よく見られるレセプト上のミス、4月からのデジタル請求の縦覧について、さらにカルテ記載の必要なことについて学びました。参加者が多いため、イス席のみの設置で、配布された資料を膝においてメモをします。

学んだ事は、医院の勉強会で歯科医師全体で共有したいと思います。


帰りも駅に到着すると千歳からくる旭川行きが35分ほど遅れているとのアナウンスがありました。その次の列車の指定席をとり、40分ほど遅れて旭川到着。家に着いたのは夜の9時でした。今日は少し疲れています。
1月末から2月中は雪による交通のトラブルが多いのが悩みの種です。なかなか予定通りには進みません。
診療中のちょっとした説明用に、小型の口腔内カメラを購入しました。
モニタと一体になっていて、その場でとってすぐご覧いただけます。

DSC04469.jpg

今、治療した内容の説明や、これから治療する歯の状態の確認に、簡単に使えそうな感じがします。


DSC04472.jpg

まず、模型をとってみました。
画質や色には不満は残りますが、データ用ではなく説明用なら充分ではないでしょうか?
皆で活用できるように頑張りましょう。


移転から一年が過ぎて、消防署のチェックを受ける日がやってきました。

事務長が院内の状態を案内・説明してくれたおかげで、診療には支障なく検査をしていただくことができました。

倉庫部分の敷物など改善点のご指摘がありましたので、今後、取り組んで行きたいと思います。
2012年1月24日 

今日の勉強会は、まずNHKオンデマンドでインプラントに関するクルーズアップ現代を視聴しました。林歯科でもこれまで2名の方がこの番組を視聴されたとの事で、ご質問を受けました。
私たちとしてはまずどのような報道がされたのかを知る必要があると思い、勉強会で全員で視聴しました。今後、気をつけるべき事やご質問へのお答えはこれから皆で考えて行きたいと思います。

120123.jpg

その後、いつもの「今日の一つだけ」について院長からレクチャーを行い、症例分析を林歯科3症例、札幌の旭山小児歯科2症例で終了しました。
今日もお疲れさまでした。
今年の歯科医師臨床研修も来月一杯で終了です。

先週は、インプラント治療の方の型とりを担当してもらいました。

DSC04461.jpg
緊張しながら、院長のバックアップを受けて無事型とり終了です。

DSC04463.jpg

最近は、患者さんへの説明も落ち着いて行えるようになり、矯正治療のワイヤーベンドも上手くなって、自信を持って北大病院の矯正歯科へ送り出せます。
院長の期待とプレッシャーに応えて、よくがんばっています。
昨日から、林歯科は大忙しです。
なぜか?

kankoku.jpg
衛生士のHさんとIさんが有休を取って4日間の韓国旅行へ行ってしまったからです。
でも大丈夫。二人の不在は、残ったメンバーが一生懸命フォローしてくれています。

ありがとう!

林歯科医院は、有休消化率100%。
こうして皆で都合し合ってワークライフバランスの向上を目指しています。

でも、

早く帰ってきてね!!
1/18水曜日。

旭川の歯科衛生士を育てている専門学校「旭川歯科学院」へ行ってきました。
来年3年生になる学生さんの歯科医院での実習受入のための説明会に出席するためです。
今回、林歯科からは、私と衛生士のDさんの参加です。遅い時間の参加、ありがとう!

去年1年間は移転開業のため、実習の受入をお断りしていましたが、今年は再び受け入れたいと思い、申し込みました。

実習受入のための書類作成や診療室での対応について、事務長初め皆さんの協力が必要となりますのでよろしくおねがいいたします。新しくなった歯科医院で、若い人たちの成長にお役に立てるように頑張りましょう。
火曜日はいつもの勉強会。水野先生が所用で不参加のため、7名参加です。

勉強会の最初に行う事にした「今日の一つだけ」、今週はTooth Size Ratioです。
上顎は上顎、下顎は下顎で結構きれいに並んでいるのに、何故か上下のバランスがとれないことがありますが、そんな時、歯のサイズが上下でアンバランスがあることがあります。

そこで、矯正治療のスタート時に歯の大きさをチェックするのがTooth Size Ratioの分析です。

スクリーンショット 0024-01-17 21.22.05.png

スクリーンショット 0024-01-17 21.22.15.png

上下のバランスは、下の前歯が上の77%くらいが普通!となっています。

今回の資料は、北海道大学矯正歯科学講座からの研修医、S先生が作成してくれました。
きれいな資料ですね。この他に、実際の症例分析のデータも画像で添えてくれて、完璧!
お疲れさまです。

来週からはしばらく分析表の詳細をチェックして行く予定です。
今日、1/16月曜日は帯広見学ツアー二日目の本番です。

8時50分からの朝礼に間に合うようにつがやす歯科に向かい、正面の玄関から入ります。

DSC05994.jpg
こんな大きな歯科医院で、半地下に技工室とスタッフルーム、会議室。1階が診療室。2階がNobu-キッチン、3階が先生のご自宅という構造です。

DSC05937.jpg
朝礼の後で院長が3名の研修医の先生方の先週一週間の報告を受け、アドバイスをしていらっしゃいました。










DSC06011.jpg
また、昼休みを利用したランチョンミーティングでは、
歯科医師2名、衛生士2名と研修医が参加して
症例検討を行っていました。
これは、毎週月曜日に行われ、交代で一人一ヶ月に一回は参加するようになっているそうです。

様々なシステムで診療レベルの統一を図っていらっしゃる事がよくわかりました。


DSC05992.jpg
道路をはさんで隣接する建物の一階には健康コミュニティプラザ帯広という施設があり、先生の目指す地域との連携、地域の健康への寄与を目指す次のプランを聞かせていただいてきました。

ホームページにある
「健康的で幸せな生活」というもののイメージが伝わってきました。


今回の見学ではつがやす歯科の研修システム、訪問診療システムを教えていただき、今後の林歯科の新たな目標が定まりました。栂安先生ありがとうございました。
今日は、院長の日曜診療をお昼で切り上げて、帯広行きのバスに乗りました。

明日、月曜日日中の診療をお休みして、帯広市・つがやす歯科を見学させていただくためです。つがやす歯科さんは、林歯科が歯周疾患の定期的なメンテナンスや小児の虫歯予防を徹底させたいと思ったときにモデリングさせていただいた歯科医院です。

現在は摂食嚥下に積極的に取り組まれ、訪問診療でのリハビリ、食育のために奥様が取り組まれているノブキッチンなど先進的な試みをされており、昨年は旭川でセミナーを開催されました。まだまだ学びたい事があると思い、今回の見学をお願いしました。

夕方帯広に到着し、夕食をつがやす歯科・ノブキッチンでごちそうになりながら、先生の夢見るこれからの歯科医療の姿をうかがいました。
明日はつがやす歯科の現在をしっかり見せていただき、これからの林歯科の目標を定めたいと思います。

明日は、夕方旭川に戻り、院長の夜間診療はいつも通りに行います。
その間フォローしてもらう米田先生はじめスタッフの皆に感謝です。
2012年1月14日 土曜日
今日は、移転以来4回目、子ども向けでは3回目の無料矯正セミナーの日です。
これは、矯正治療とは何かを説明する講習会で、希望の方には終了後個別相談を行っています。

講師は院長がつとめ、一時間ほどに渡って
・矯正治療でどの程度は並びが治るのか
・治療の前にどのような検査が必要か
・具体的にどのような方法で治し、期間がどの程度かかるか
・子どもの場合、どの時点でスタートするのが望ましいのか
などをお話しします。

院長の林俊輔は北大を卒業時、母校の歯科矯正学講座に残り大学院に進みました。
大学院に在籍中も臨床を行っていましたので、矯正歯科の臨床医としてのキャリアは間もなく28年になります。

林歯科は矯正専門医院ではありませんが、22年前の開院以来土曜日は矯正治療を主体に行っており、現在本格矯正の症例数が1550名を超え、平日も午後3時から6時過ぎまで院長の見る患者さんは矯正治療中の方ばかりになります。

セミナーでは症例写真をふんだんにお目にかける事で林歯科の実際の矯正治療をご理解いただく事を目指していますので、毎回のセミナーに合わせスライドを見直し取捨選択をしています。

また、セミナー参加者には通常の診療時の矯正相談でお見せするのと同じ資料をプリントしクリアファイルに入れてお持ち帰りいただいています。個別相談希望の方は、口腔内写真を撮影しコメントをつけたコピーを差し上げます。
これで帰宅後にじっくり検討していただく事が出来ます。

120114-1.jpg

写真は事務長が用意してくれた配布資料です。


2011年度歯科医師臨床研修の後半も残り2ヶ月となりました。

林歯科が用意したカリキュラムはほぼ終了し、残りは個人の目標に合わせた研修となります。まず、今できないこと、できるようになりたいことをポストイットで書き出してもらい、これに優先順位をつけてもらいました。

小さな事でも出来るだけ具体的な目標を立ててもらいます。

これを表にして、2ヶ月後までにどこまで出来るようになりたいかを書き、そのためのトレーニングメニューを自分で考えます。さらに、医院からサポートしてほしい事〜例えば実習器具を用意してほしいとか、調べる本が欲しいとか〜も記入してもらって目標シートの完成です。

120113.jpg

2月の初めに達成状態を確認して計画を見直しし、終了時に再チェックして研修終了します。
今回S先生は12項目の目標を上げてくれました。

これから歯科医師として研鑽を積んで行くために、自分で自分を鍛えるプランを持つためのトレーニングです。

12日木曜日。

コルクボードに皆の目標が張り出され、林歯科スタッフ全員の個人目標シートが提出されました。

DSC05917.jpg
コルクボードに貼った自分たちの目標を見ながら一年間、自分自身の向上と組織への貢献を目指します。


DSC05916.jpg
提出してもらったA4判の目標シートは5月末と11月末の二回、事務長と達成度についての面談を行い、その達成の状態や周囲の評価を元に表彰を行っています。

提出されてから気がついたのですが、私と院長の目標設定がまだでした。急いで書かないと!
昨年購入を決定し、納品を待っていたセレックが到着しました。

セレックは光学印象という方式で歯の型を撮影し、CADCAMでセラミックブロックからクラウンやインレーと言う歯にかぶせるもの、詰めるものを削りだすシステムです。
削りだす間待っていていただければ、歯を削った当日にセットしてお帰りいただく事も可能です。

これまでの歯の治療とは全く違う方式のため、新規導入に際してはスタッフのトレーニングが必要です。昨日の納品時にはシロナの方と歯科産業の方が来院され、数名の選抜メンバーでレクチャーを受けました。

120112.jpg

これから1月一杯はトレーニングを行い、2月から実際の治療に導入する予定です。

保険のきかない審美的な治療方法ですが、今までの方式に比べれば安価での提供が可能になります。林歯科医院での治療費は39,000円+消費税 奥歯のインレー、クラウンでの治療に限定してスタートいたします。

2月の治療開始をしばらくお待ちください。


以前にもお知らせしていましたが、林歯科の保険外治療の料金を一部改訂します。
2月1日からの実施ですが、1月中に治療の予定が決まった方は旧料金で行う予定です。
治療費については、担当医・担当スタッフ、受付窓口でご確認ください。


保険外治療費改定分.JPG

改訂した治療費用は上記のようになります。

McNamara lineは頭部規格レントゲン写真セファログラムの分析の際に用いる線です。

スクリーンショット 0024-01-11 11.23.04.png
 
NasionからFHへの垂線をいい、このlineを用いて上顎骨のA点および下顎骨のPogonionの位置を知り、上下顎骨の前後的関係を診断します。 
9歳の時点での正常値はA点がMcNamara lineから1ミリ程度前方、Pogonionが6ミリ程度後方になります。

スクリーンショット 0024-01-11 11.21.59.png

上顎の位置を示すA点は9歳から殆ど変化しませんが、下顎の位置を示すPogonionは年齢とともに前方に成長し、男性では18歳、女性で1は5歳までこれが続きます。

林歯科では他の分析手法と合わせて、骨格のバランスを見るときに用いています。
もう長く矯正治療の勉強会を続けていますが、症例分析が中心なので、系統だった知識の定着が行われない傾向があります。

そこで、今年からは、毎回「一つだけ」絶対覚えてねという知識を伝えて行こうと思っています。


資料は、Blogにも残して、新しく参加する人が予め見る事が出来るようにしようと思います。

というわけで、今日の勉強会で伝える「一つだけ」のために本を読んでいる院長です。



この本は、昔から愛読してぼろぼろになっていた「バイオプログレッシブの臨床」(ロッキーマウンテン社)なのですが、どういうわけか移転のときのどさくさでどこかに行ってしまいました。そこで、新しく買い直したので今はピカピカです。

24年前の本なので、もう古典ですね。

成人の日は旭岳温泉へ出かけてきました。
前日の診療終了後に車を出して6時頃には温泉に到着。月曜日の午前をゆっくりすごして昼過ぎには旭川に戻りました。

旭岳温泉は、旭岳ロープウェイの駅の周辺に広がる温泉地で数件の宿泊施設が点在しています。車の通れる道は行き止まりになり、山に囲まれるような小さな静かな温泉地で、私たちのお気に入りです。

120109.jpg

朝起きると、窓の外には森の雪景色が静かに広がっていました。

スノーシューを借りて散歩するのも楽しいと聞きましたので次の機会にはチャレンジしてみたいと思います。
1月4日

去年は移転のため7日スタートでしたが、ことしは例年通り1月4日にスタートしました。
長いお休み明けはそう言う事が多いのですが、ご都合が変わってキャンセルになる方も多く、一方では急患で来院される方もいる、そんな一日でした。

昨年は移転初日と言う事で、皆の動きもなれないであろうと予約数をしぼって74名としていましたが、急患のご連絡が相次ぎ86名の方が来院されました。私たちもスタッフも、自分たちで整理したものとはいえ、新しい医院での配置やモノのしまい方についていけず、動きが悪くててんやわんやの一日でした。

今年は、事前のご予約が118名、キャンセルが17名で急患来院が17名、来院された方は予定通りの118名となりました。もちろん、予定された治療と違い急患の方の場合はお話をうかがい、検査を行って、相談をしてからのスタートなので「予定通り」の診療とはなりません。

それでも、大きなトラブルもなくなんとか今年の初日を終える事が出来ました。
副院長の米田先生が、休日の水曜日にも関わらず朝から出勤して助けてくれた事も大きかったと思います。

今年は、昨年末で浦田先生が退職され人員不足でのスタートですが、皆の力と工夫で頑張って行こうと思います。もちろん新しい勤務医の先生を募集していますので、もし、林歯科で勤務されたい方がいらしたら是非ご連絡ください。
来週、1/14土曜日午後に予定の矯正セミナーですが、本日朝配布のライナー紙に広告が掲載され、先ほど12時に満席となりました。

次回開催は3~4月のどこかで春休みに行う予定です。

セミナー受講希望の方は、しばらくお待ちください。
なお、通常の矯正相談は、相談料2100円(税込み)で、ご予約にてお受けいたしております。
今年のお正月は、院長と二人でカンボジアへ、アンコールワットの遺跡群を見に行ってきました。

アンコールワットの遺跡には、仏教系、ヒンズー教系の二種類があるのですが、平らな構造の仏教系に対し、ヒンズー教は中心部に聖なる山を模した高い塔があるのが特徴です。これを参るためには、自分自身で山を登るように登らないとなりません。苦難を乗り越える事を象徴しているので、階段の幅は狭く、段は高く、絶壁のようでした。

私は、実は高いところが怖くて、屋上から下を見下ろすとか絶対できません。
橋や螺旋階段も苦手です。

120102.jpg
行ってみるまで遺跡の階段がこんなに急だとは思いませんでした。

高所恐怖症の人にしか分かってもらえないかも知れませんが、登るときより下が見えてしまう降りるときの方が大変怖いのです。

というわけで、今年は新春早々一番苦手な事に挑戦してきましたので、今年の抱負は苦手な事にもチャレンジするとしたいと思います。
新年、明けましておめでとうございます。

林歯科医院の新年の診療開始は、1/4 午前9時です。
今しばらくお待ちください。

今年も「あなたの町の歯医者さん」としてがんばります。

120101.jpg

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja