2011年7月アーカイブ

移転して半年。
従来の林歯科と、独立したインプラント専門保険外医院・木の実歯科の連携も進んできました。今月は10数名の方のインプラントオペを行い、さらに、長期的な安定を目指すために研鑽を続けています。

昨日、午後からの診療を勤務医に任せて矯正セミナーを開催した院長ですが、
今日の日曜日の診療は副院長の米田先生も勤務と言う事で、安心して講習を受講するために札幌へ向かう事が出来ました。

IMG_0686.jpg
開場は、札幌コンベンションセンター。
ご覧のように大変きれいな建物です。
吹き抜けも多く、明るく、休んで話を出来るスペースも多く用意されています。

札幌の中では郊外になりますが、高速のインターからは近くて駐車場が広いので、地方から出かけるのには便利な場所です。










今回は、北海道歯科産業とデンツプライ(アンキロス)の主催で、旭川からも数名の先生が参加されていました。
下の写真、左は講師の飯島俊一先生(千葉にてご開業)。

長い期間、そしてたくさんの方の症例を手がけていらした先生の経験をうかがうことは、自分だけでは到達できない事でもあります。
こうして、日々、学び、少しずつでも進歩し、患者さんの治療に貢献する事を目指します。

DSC03715.jpg
DSC03716.jpgDSC03717.jpg

3月にも好評でした小学生向け矯正セミナーが終了しました。

DSC03707.jpg
朝から皆で会場設営をし、

運営スタッフと打ち合せをし

当日思いついた事の準備もして

午後1時の開場、1時半開演を待ちました。




講師は、林歯科の院長、林俊輔。
院長は北大歯学部を卒業後、同大の矯正歯科で大学院を修了し博士号を取得、今年で矯正治療の経歴は27年になります。

110730-1.jpg

今回の講演でも、終了後のアンケートでは、『分かりやすかった』『たくさんの症例で、治療の経過がよくわかった』『抜かなくて済むようなので安心した』などのお答えをいただきました。
アンケートを参考に、より分かりやすいセミナーを作って行きたいと思います。

個別相談も最終的に参加者全員が希望されたため、午後2時半スタートで、最後の方が終わったのは5時半になってしまいました。待ち時間がかかってしまい、申し訳ない事でした。
今回は待ち時間に子ども向けビデオ上映を行いましたが、次回以降はもっと様々なイベントをご用意したいと思います。

次回の子ども矯正セミナーは、冬休みを予定していますのでしばらくお待ちください。
なお、9月には成人矯正(見えない・裏側=舌側矯正)のセミナーを予定しております。
7月1日に設置して、土日の間に心ない誰かに破損され、持ち去られた林歯科の花壇のチェシャ猫が帰ってきました。(前のチェシャ猫)

今度は、カラーのバージョンになりました。

110729.jpg

前回同様コンクリートでしっかり設置すると同時に、防犯カメラで監視していますので、何かありましたらすぐ対応する予定です。

日曜日。
講習会から帰ってくる院長を旭川空港まで迎えに行き、始めて行くスペイン料理のお店に寄り道して夕食をとる事にしました。

カーサ・エル・ニーニョというお店です。

お勧めのイカスミのパエリヤなどを食べてお腹いっぱいになるころ、なんと、お店の中でフラメンコが始まったのです。

110728.jpg

びっくりしました。
まさか、旭川市内のそれほど大きくはない郊外のレストランで食事をとりながらフラメンコが見られるとは。こんな非日常、久しぶりです。

まるで、海外旅行にでも出かけたような気分で帰ってきました。
北海道の小学校の夏休みは少し短くて7月25日ごろから8月20日前くらいまでです。
月曜日には通学中の小学生を見かけたので、火曜日から夏休みに入ったようです。

昨日から検診の小学生がたくさんやってきて、

DSC01581.jpg
折り紙をもらったり











朝、始業と同時に待合室がこんな風になったりと

DSC01580.jpg


いつもの静かな午前中とは様変わりしています。
普段の午前中は、幼稚園や保育園に入る前、三歳未満時の検診がメインです。
6月は、所用が多く絵本を見に行く余裕がなくて、今月5冊纏めて買ってきました。

110725.jpg
今月の絵本は
そらいろのたね
パロとケムのそらのたび
くいしんぼううさぎ
他2冊です。

今回から、間違って同じ絵本を買うのをさけるためにブクログに登録する事にしました。
携帯からバーコードで入力できるのが便利でびっくりしました。

林歯科の絵本の本棚はこちらです。
ブクログIDをお持ちの方でしたらご覧いただけると思います。

インプラント治療のレベルアップのために、院長は休日を使って東京へ出かけました。

今月二回目の出張です。
セミナー・診療・診療・セミナーと4週間連続日曜日無しで、来週が久しぶりの日曜日のお休みになります。

スクリーンショット 0023-07-23 18.02.12.png
今回のセミナーは、歯科材料・機材の大手、株式会社モリタの主催で東京本社のセミナールームで、定員12名で行われるものです。
タイトルは、「長期症例から学ぶインプラント治療成功の鍵」。
まだまだ長期症例の少ない私たちの医院にとって学ぶものが多いセミナーではないかと思います。

朝が早いので、土曜診療終了後急いで空港に向かいました。
明日も、セミナーが終了次第、旭川行き最終便で戻ってきます。

慌ただしい日常ですが、充実しているとも言えますね。
22日金曜日。

北海道医療大学歯学部の6年生が3人、林歯科の見学にやってきました。
7月上旬の北大病院の研修施設説明会でお話しした皆さんで、卒後の臨床研修は北大病院を希望しているとの事です。

お二人は砂川から、お一人は旭川のご実家からの来院です。

DSC01562.jpg
DSC01563.jpg


















院内の設備見学、診療内容の見学、研修についてのご説明と実際林歯科で研修を受けた研修医・勤務医とのディスカッションが今日のメニューです。
夕方までゆっくり林歯科についてご覧いただきたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
大学が夏休みに入り、二組目の見学をお受けしました。
林歯科での臨床研修をご希望の方は、ご連絡の上、見学にいらしてください。
対象となる臨床研修施設は、北海道大学病院と北海道医療大学で、協力型施設としての受入となります。

研修に関する情報はホームページに掲載いたしております。
見学ご希望の方は、事前にメールまたはお電話でお申し込みください。

・連絡先
  ・電話:0166-57-6655(林歯科受付)

*見学の際は、筆記具・白衣・上靴の持参をお願いいたします。
 多数のご参加をお待ちいたしております。



林歯科の外部の監視カメラを強化しました。

今年の1月に移転し、春の訪れを待ってエクステリアの整備を行ってきましたが、大変残念な事に、誰かが置物を壊して持ち去り、植えている花も掘り起こして持って行ってしまいました。

DSC03684.jpg

人を疑うのは大変辛い事ではありますが、このままにしておくわけにもいかないので、監視カメラを増やす事にしました。

この工事が終了しましたので、まもなく新しい置物を設置する予定です。

雪解けから初雪まで。

ずっと、医院のそばに花が咲いているような場所にしたい。
という院長の希望で、植木屋さんに頼んで季節季節に花が絶え間なく咲くように花壇を作ってもらいました。

そして、今は。
先日も書いた朝顔と、バラの花の季節です。

110721.jpg

お隣のスーパーから出てくると、ちょうど林歯科の花壇が広がっています。
一度ご覧になってください。
2011年度歯科医師臨床研修前半のI先生の研修も残すところ2ヶ月ちょっとになりました。

現在、林歯科の必修カリキュラムの最後になる総義歯ケースも、

20110720.jpg

自分で人工歯を並べて、技工所に重合に出して、完成・セットまで終了しました。

2年前から、研修医の総義歯研修は、院長が採用している阿部先生の方式に準拠して行っておりますが、実際に出来た入れ歯は大変評判がよく、研修医の症例とは思えないほどです。
もちろん、ステップステップでの確認は院長が行っています。


日よけに朝顔の苗を植えてから2週間ほど立ちました。

すっかり大きくなって、日よけらしくなりました。

DSC03685.jpg
中からみるとこんな感じです。

DSC03689.jpg
もう少しすると、朝は満開にならないかなと楽しみにまっています。
昨日は、越後谷先生にとって、約半年ぶりの林歯科での勉強会でした。

林歯科では週に一回、矯正の分析を行う勉強会を行います。
実際の新しい症例を通して、診断力を養うトレーニングです。

DSC01559.jpg
勉強会では、
一症例を一人が担当し、
レントゲン・模型.分析資料を見ながら
歯並びが悪くなった原因を考え、
診断し、
治療方針を立てるところまでを行います。

翌日以降に、
患者さんに説明するための診断・治療計画書を作り、
場合によってはそのまま担当医となります。

今朝、出勤すると、
越後谷先生が院長ブースの裏で、
立ったままで治療計画書を作っているところでした。

この計画書を院長に見せて
オーケーが得られてから
患者さんにお渡しするものと
しています。

一歩一歩前に進みます。

林歯科医院では以前から待合室に「ご意見箱」を設置しています。
滅多におしかりを受ける事はなくなっているのですが、先週は二つご意見をいただきました。

CIMG3619.jpg


一つは、夏服だと寒いのでひざかけを用意してほしいとの事。
診療中、ご希望の方、寒そうにしていらっしゃる方にはひざかけを使っていただいているのですが、用意している事が伝わっていなかったようで申し訳なく存じます。
早速、受付・掲示板に「ひざかけをご用意しておりますので、ご希望の方はお申し出ください」とPOPを置いてもらう事にしました。

もう一つは、時々いただくお待ち時間についてのご意見です。
移転前より待ち時間が長くなったとの事で、早急に対応を考えます。

皆様のご意見を元に、少しでもよい歯科医院になれるように努力して参りますので、どうぞ、ご意見をお聞かせください。


来年度の臨床研修希望者の見学が始まりました。

7月16日土曜日は、7月の初めに北大でお話しした方が二人、札幌からやってきました。
研修医のI先生が、駅前のバスターミナルまで二人を迎えに行って来てくれました。

DSC03683.jpg

まず、午前午後、院内の設備と診療内容の見学をしてもらい
昼休みには研修医のI先生から直接研修に対する質問に答えてもらいました。

見学の際、診療中は余り時間が取れないので、終了後に院長とお話しする時間をとります。

今回の見学の方は矯正歯科に興味があると言う事で、きっと興味深い見学になったのではないかと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

林歯科医院では、来年度臨床研修を受ける予定の皆様の見学を受け入れています。
対象となる臨床研修施設は、北海道大学病院と北海道医療大学で、協力型施設としての受入となります。

研修に関する情報はホームページに掲載いたしております。
見学ご希望の方は、事前にメールまたはお電話でお申し込みください。

・連絡先
  電話:0166-57-6655(林歯科受付)

*見学の際は、筆記具・白衣・上靴の持参をお願いいたします。


林歯科の7月の休診日は、18日月曜日、「海の日」です。
院長の日曜診療日は、10日・17日の二日間です。
カレンダーでご確認の上、ご予約ください。

メールでご予約の際は、こちらをご覧下さい。→クリック

スクリーンショット(0023-07-01 15.28.12).png
お休みの日にお困りの方は

旭川歯科医師会の休日診療については、
道北口腔保健センターのホームページをご参照ください。

  ホームページより引用
  <道北口腔保健センター救急診療のお知らせ>


  診療内容は応急処置のみになります。
  保険証、受給者証又は現在服用中のお薬に関する手帳などお手元にあれば
  御持参ください。


  旭川市金星町1丁目1-52(市立旭川病院となり)
  TEL 0166(22)2290
  受付時間 午前9時~午後4時

歯科以外での救急医療体制については、


北海道救急医療・広域災害情報システム
のサイトが参考になると思います。

お休み中、お困りの方には申し訳ないのですが、何卒ご了承下さい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
なお、7月30日土曜日午後は院長が小学生対象・矯正歯科に関するセミナーを医院セミナールームで開催いたしますので、この日の午後は勤務医の診療日となります。
林歯科の正面玄関を入ったところに、ひまわりのような笑顔のバルーンがあるのにお気づきでしょうか?

CIMG3618.jpg

これは、金曜日に林歯科を見学にいらした寄田先生が、事前に送ってくださったものです。

CIMG3617.jpg
とてもかわいらしくて、スタッフの皆にも、来院される方々にも大好評です。

ホスピタリティで有名なヨリタ歯科クリニックの心遣いに感動しました。
私たちも、このような気持ちを大事にできる歯科医院になりたいと思います。

去年の12月末に林歯科での8ヶ月の臨床研修を終えて大学に戻った越後谷先生が戻ってきました。

DSC03678.jpg
大学での研修期間は3月まで。

国の定めた研修期間を修了した後、今後の事を悩んでいたようですが、いろいろな歯科医院への就職活動を経て、

『やはり林歯科医院で自分を鍛えたい』
と言って戻って来てくれました。








DSC03679.jpg
勤務が決まってから、
院長も、勤務医の先生方も

「びしびし鍛える!」

と手ぐすね引いて待っていました。
早速今日から診療に加わってもらいます。





林歯科で臨床医としてのスタートを切る事が、歯科医師としての人生にとってよりよい選択となるよう、
私たちも全力でバックアップします。
大阪の「ワクワク楽しい歯科医院」で有名な寄田先生が、土日の中小企業大学校での講演のため来旭されています。
ワクワク楽しい「ヨリタ歯科クリニック」ホームページ

友人の水野先生のご紹介で、林歯科の見学をされたいとのご連絡をいただき、今日の夕方から医院見学をお受けし、その後、勤務医たちと一緒に遅い時間ですが会食をいたしました。
こちらがその記念写真です。

DSC03677.jpg

先生と同行されたスタッフお二人といろいろお話しして、どの歯科医院でも患者さんとの関係で何がベストか、どのような対応をするべきか、試行錯誤されている事を感じました。

明日の講演にも参加したかったのですが、所用と重なり断念しました。
むりをしても受講すれば良かったと思いました。
今年の夏休み矯正歯科セミナーは、7月30日土曜日1:30から開催いたします。

歯並びの治療はどんな事をするのか、どのくらいきれいに治るのか、
院長林俊輔が、豊富な症例を元にご説明いたします。

人気セミナーで、定員15名のところ、

7月12日現在、既に15名の申し込みをいただき
満員のため、募集を終了いたしました。

なお、今回のセミナーご希望でお申し込みが間に合わなかった方は
        • 7/30までのご連絡については無料矯正相談で対応します。
        • セミナー希望者多数の場合は8月下旬に再度開催いたします。

受付0166-57-6655にお申し付けください。

のお申し込みを頂いております。満員になり次第募集終了いたしますので、
ご希望の方は、お早めに電話で0166-57-6655 林歯科受付までお申し込み下さい

矯正セミナー110730.png

  • 日時:平成23年7月30日 午後1時30分(受付開始午後1時)
  • 会場:林歯科医院2階セミナールーム。
  • 対象:小学生6年生以下のお子様の歯並びでご心配のある方。
  • 定員:15名(お子様の人数)

お電話での事前申込が必要です。
申込:林歯科受付 0166-57-6655までお電話でご連絡下さい。
残席が少なくなりましたので、メール受付を終了いたしました。
直接受付までお電話をお願いいたします。
先着順 15名で終了します。
7/12現在 満員のため募集終了いたしました。


なお、当日、無料個別相談を行いますので、ご希望の方はセミナーお申し込みの際同時にお申し込み下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*これに伴い、7月31日までの期間は、通常診療日にも小学生6年生以下の方の矯正相談・通常2100円(税込)を無料で行います。





2011年度歯科医師臨床研修・前半も2ヶ月半が過ぎて、いよいよ後半に入ります。
火曜日は、診療終了後にミーティングを行い、研修後半で何を学びたいかを話し合いました。

まず、今、何が自分の課題かを書き出してもらい、それを9月末の研修終了までにどこまで向上させたいか、そのためにどんな勉強や研修が必要だと思うかも書いてもらいます。

DSC03664.jpg

それを見せてもらって、後半の目標を決めました。

7月の課題は「インプラント」。
オペの見学とそれに合わせた症例の検討、書籍での勉強を行います。
模型実習や、ブタの下顎での実習も予定します。
早速、今日から来週にかけて、三回の見学の予定を組みました。

8月の課題は「コンポジットレジンのレイヤーテクニック」。
まず、本とDVDで勉強し、模型実習を行ってから、臨床研修を行います。

9月はいよいよ研修の仕上げに入ります。

他にも、一般的な虫歯の治療や歯周外科、矯正歯科などでもやりたいことがたくさんあるようで、頼もしく思いました。
充実した臨床研修になるよう、私たちもしっかりフォローしたいと思います。
昨日の勉強会のおやつに、院長が出して来たのは、箱一杯の「どら焼き」です。
患者さんが、「院長に」と持って来てくださったとの事で、どうして院長がどら焼き大好きと分かったのでしょうか?
きっと好物が何かリサーチしてくださったのだと思います。

DSC03663.jpg

それはうれしそうな、満面の笑みの写真です。
ありがとうございました。皆で、勉強会の後のお茶のときに頂戴いたしました。

口コミ医療情報サイトhttp://caloo.jp/さんに、患者さんから林歯科のご紹介を記入していただいている事に気がつきました。

【医師の診断・治療法】についてこのように書いていただいています。

虫歯に加えて噛み合わせがよくないとのことで、下あごが少し前に出るような噛み合わせになるように大工事。
痛かった虫歯だけでなく、小さな虫歯まで徹底的に治療して頂きました。その後、定期的にメンテナンスに通っています。
わかりやすく治療法を説明して頂けるし、心配だった費用の面もきちんと説明して頂けました。メンテナンスでも普段のお手入れの仕方の相談に乗ってくださるし、小さな疑問などにも丁寧に答えてくださいました。


スクリーンショット(0023-07-11 15.00.54).png

こんなに評価をしていただき、
光栄に思います。

早速プリントして、スタッフ一同に見てもらいました。


今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
私が2年間OBS:小樽商科大学社会人大学院に通ってMBAをとろう!と思い立ったときは49歳で、正直、自分が最年長かもと思っていました。

ところが入ってみると、山田さん・72歳がいらしたのです!
山田さんは、当時、札幌信用金庫の会長を退職されて相談役になられたところでしたが、それから2年間、下はうちの娘と同じ年でスキップして入って来た21歳からの同期生に囲まれながら勉学に励まれ、見事に一緒に卒業を果たされました。

今日の商大・大学院のブログOBSニュースに、金融総合誌「ニッキン」に山田さんの記事が掲載されたとの記載がありました。

スクリーンショット(0023-07-11 11.46.24).png

Mr_Yamada.jpg

雑誌掲載の写真が、

いつもの山田さんらしくない!
もっとおしゃれだ!

と思ったので、

卒業アルバムのいつもの山田さんの写真を貼っておきましょう。

おつきあいのある業者さんからメールをいただきました。


HBCラジオ午後からの「カーナビラジオ午後一番」の投稿で

「旭川にマッサージチェアーが設置され、喫茶コーナーの非常に充実した
歯科医院があるので、皆さんも受診してみては・・」

と流れていました。「林歯科医院」の事だと思って連絡しました。

とのメールでした。

来院されている方からの投稿だと思いますが、院長の「待ち時間を少しでも快適に」という想いが通じたようで嬉しく思いました。

DSC03657.jpg

DSC03658.jpg












写真左は、林歯科デンタルブティック「デンデンの杜」の喫茶コーナーです。暖かいお茶、紅茶、コーヒー、冷たいお水などのサーバーをご用意しています。

写真右は、待ち合いコーナーの一角にご用意したマッサージチェアです。他にも3台設置しています。


歯科医院で治療を待っている時間は気が重いものだと思いますが、少しでもリラックスしてお待ちいただけるよう、これからも小さな工夫をしていこうと思います。

投稿していただいた方、ご連絡いただいた方、ありがとうございました。

今年は、小樽商科大学の100年記念祭ということで、様々なイベントが行われています。
商大ホームページのイラストも、かつて商大で教鞭をとったお父様をモデルにした漫画「柳沢教授」の作者山下和美さんのものになっています。

スクリーンショット(0023-07-05 20.44.57).png

さて、昨日は朝から大学院同期の友人と集まって勉強会をし、

IMG_0061.jpg

林歯科のマーケティングの総括、友人の会社の組織改革についてのディスカッション、さらに起業を目指す人のプランの概略を聞いた後








IMG_3393.jpg
小樽へ移動して学校祭に参加してきました。











IMG_3439.jpg
学生さんが作った「小樽商大ビール」というものを飲みながら、他の期も含めて小樽商科大学・社会人大学院のミニ同窓会みたいになりました。

他の人の仕事の話とかいろいろ聞けて楽しい一日でした。

旭川市・医療法人社団林歯科医院は、2006年の制度開始以来、北海道大学病院と北海道医療大学の歯科医師臨床研修・協力型プログラムの協力施設になっています。

今年も7月の北大での説明会を終え、夏休みの見学受入を開始します。
どうぞ、たくさんの歯科医院を見学して、自分がどんな歯科医師になりたいか、しっかり考えて進路を選んでください。林歯科医院は、本気で歯医者をやって行こうと思っている人の味方です。

見学の申し込み状態はこちらのカレンダーでご確認ください。




これまで13名の方が林歯科での臨床研修を終え、今年も北大から前半1名が研修中、後半ももう一人やってきます。札幌から1時間半離れた旭川に転居して林歯科医院で臨床研修を受ける人がこれだけいるのには、理由があると思っています。

それは、私たちが、「本気」だから!

私たちが考える歯科医師として最低限スタートラインで備える必要がある臨床能力を育て、自分で自分を育てる人間力をつけるのが、林歯科医院の臨床研修の目的です。
そのためのプログラムは毎年開始前に見直しを行い、来る人に合わせて微調整して行きます。

研修の1年間で、歯科医師としての基礎を確立したい方の参加を楽しみにしています。
私たちに、歯科医療ってやっぱり面白い!と思わせるような刺激を下さい。

少しずつですが、移転後、新しくなった事をホームページに反映させています。

新しいページとして、新医院の設備を「医院の設備」として公開しています。
どうぞご覧下さい。


スクリーンショット(0023-07-07 23.20.16).png
新しい医院のコンセプト、安心・安全+快適を実現するために、最新の設備を用意しています。
土日の講習会で、

DSC03614.jpg
院長がディプロマをいただいてきました。


でも、それで満足する訳には行きません。









DSC03619.jpg
当然、帰って来ても特訓です。

いつでも特訓できるように道具をスタンバイさせています。
勤務医の先生たちにも顕微鏡下で行う歯周外科はマスターしてもらうつもりです。







DSC03615.jpg

左の写真が特訓の様子です。
繰り返し、繰り返し、体に叩き込みます。









アップで見ると、こんな感じです。

DSC03615_2.jpg

糸の細さ、針の小ささがお分かりいただけるでしょうか?
医院の南面の大きなガラス窓が、夏になると日差しが強いでしょう

と言う事で、

かねて計画していた通り、日よけをかねて朝顔を植える事になりました。

DSC03623.jpg
だいぶ大きくなったので、竹の枠?を植木屋さんが作ってくれました。

DSC03622.jpg
写真を撮るためにそばに寄ると、もう、葉陰に最初の朝顔が咲いていました。

今年の夏、林歯科の日よけは、朝顔の予定です。


予定通り育つでしょうか?
ちょっと楽しみです。

米田先生は、先週末、土曜日の診療後千葉へ向かい、「ソケットリフト」という上顎洞に近接するインプラント埋入に伴う手術のセミナーを受講してきました。
写真はブタの上顎骨です。

RIMG1558-2.jpg

院長は、現在のテーマの一つである歯周外科のレベルアップのために、マイクロサージェリー(顕微鏡外科)の実習を二日間受講してきました。
写真は実習で用いた模型をアップにしたものです。肉眼では見えないほど細い糸で縫合しています。

DSC01513 -2-2.jpg

二人が学んで来た事は、林歯科の治療技術の更なるレベルアップのために、後ほど全体実習で教えてもらう予定です。
週末勤務してくれた水柿先生・浦田先生お疲れさまでした。



月曜日の朝、事務長からメールが届きました。

おはようございます。
月曜の朝イチでいやなご報告です。
花壇に設置した「ライトが付く飾り物」が折られて持ち去られています。
日本人のモラルも地に落ちました。
後の2体は大丈夫です。」

金曜日に設置したばかりの花壇の置物を壊して持って行った人がいたのです。

そのうちブログに掲載しようと思って写真をとっておいた、これです。

DSC03609.jpg

しっかり固定してあった根元を、折って持って行ったようです。
土曜の夕方7時にはありましたが、月曜の朝には無くなっていました。

チェシャ猫後.jpg
事務長が工夫してくれた土台とねじだけが壊されて残っています。


仕方がないので近くの交番に届けを出し、見回りのときに見てもらうようにしました。
心ない人がいる事に医院の一同が傷つきました。






でも、こうやって持って行ったものをどうするのでしょう。
自分の家の庭に置いてこころが休まるものでしょうか。私たちには分かりません。


土曜日は、北海道大学歯学部の臨床研修委員会と協力型施設説明会のため、札幌へ出かけました。

hokudai1.jpg
久しぶりに歩く銀杏並木です。
木が大きくなって、森のようです。


















hokudai2.jpg
今年は移転をして設備が大幅に変わったので、説明用パンフレットの写真を相当入れ替えしました。が、表紙の文字を帰るのを忘れたため、2011年度になっています。
今回は11名の学生さんとお話しして、林歯科の研修の内容をお伝えしてきました。

話をしただけでは分からない事も多いので、ぜひ、林歯科に見学にいらしていただきたいと思います。お待ちいたしております。

研修に関するご連絡は、こちらのメールフォームでお受けします。

6月18日の全体ミーティングの中で、メンテナンスにおけるエルビウムYAGレーザーの有用性に着いて意見が出ました。

DSC01499.jpg
早速、導入を検討中で、現在機器をレンタルして試用しています。

現在お借りしているのが左の機械です。

歯石の除去に使える、虫歯治療に使える、硬組織に強いと言われるこのレーザーを導入すべきかどうか、早めに結論を出したいと思います。

お勧めの機種がありましたら、どうぞお教えください。
7月1日より、新しい今月の「ここが違う!」を受付で配布しています。
どうぞ、毎日が新しい林歯科医院の今月のポイントをご覧下さい。

今月の話題は
  • 水柿先生の歯科医師会テニス大会での優勝!
  • 口腔ケアチーム主催「施設向け口腔ケア講習会」
  • 顕微鏡下で行う歯科治療
です。

画像をクリックして拡大してご覧下さい。

ここが違う原稿H23年7月-1.jpg
ピュリフレッシュ.jpg

交代制の勤務時間を調整して、滅菌チームがセミナールームに集まってミーティングをしていました。

DSC03605.jpg

今回の移転で一番意識しているのは、滅菌レベルの向上です。
これまでの施設ではできなかった事を機材の充実、皆の意識変化、システム向上を通して実現したいと思います。

このプロセスと結果を、9月の北海道予防歯科臨床懇話会という林歯科が所属している勉強会のスタッフミーティングで発表する予定です。
みんな、色々頑張っています。

このアーカイブについて

このページには、2011年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年6月です。

次のアーカイブは2011年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja