2011年度歯科医師臨床研修:前半-08

歯科医師臨床研修開始から1ヶ月半が過ぎました。

先週は、より精密な歯科治療を行うためにHIT印象と言う歯の型をとる方法をマスターしてもらいました。

I先生はとても器用な人で、既に普通の歯の治療、冠を入れるための治療やブリッジの治療も難なくこなせるようになっています。次の段階として、歯の型とりを精密に行う方法や噛み合わせの状態をしっかりとる方法をマスターしてもらいたいと思います。

110531-2.jpg

そこで、院長について、形成の終わった歯の型とりについて書籍で勉強した後、実地の診療に入ります。少し時間はかかりましたが、とてもきれいな型とりができました。

よい技工物を作って、患者さんの口腔内で機能させるためには全てのステップをしっかり行って行く事が必要です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2011年度歯科医師臨床研修:前半-08

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/2770

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2011年5月31日 18:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「台風2号の中、三重でセミナー受講」です。

次のブログ記事は「6月の林歯科医院は「ここがちがう!」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja