次の一歩を踏み出す

2011年1月。
林歯科医院は、長い間準備を続けて来た新社屋への移転開業を行い、林歯科医院は再スタートを切りました。ゴールではなく、スタートです。

次に目指すのは、より専門性の高い歯科医療を適正な価格で提供する事です。そのためには、毎日の勉強がかかせません。

今日は、院長は、噛み合わせをより科学的に分析し、分析結果を治療に直接結びつけるために、技工士のKさんと寸暇を惜しんでディスカッションをしていました。

110113.jpg

二人が見ているのは、患者さんの噛み合わせを再現する咬合器、顎の動きを計測したデータを読み込んだコンピュータ、そして頭部エックス線規格写真セファログラムです。この3店を用いて、『形態と機能とを調和のとれた状態にするにはどうするか』の分析が行われます。

分析結果を噛み合わせに応用するためには、院長の考えている事を理解し、制作する技工物の上で再現できる技工士がパートナーとして必要です。いつも忙しい毎日の仕事の中で、数分の時間を無駄にせずに本を読み、ディスカッションを重ねて、よりよい歯科医療の提供のために今日も次の一歩を踏み出します。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 次の一歩を踏み出す

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/2632

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2011年1月13日 20:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2011年最初の勉強会」です。

次のブログ記事は「壁面の植栽」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja