2011年1月アーカイブ

1月29日 土曜日

午前中で診療を終え、移転後第一回のミーティングを行いました。
様々な準備をして迎えて移転開業ですが、開始後の見直しが必要であろう事も予測がついていました。そこで、月末の土曜日の午後、常勤全員と都合が付く非常勤のスタッフでミーティングを行う事を移転前から決めていました。

110129.jpg

各部署に分かれて、それぞれが予め考えて来た「解決すべき事」について話し合い、さらに他の部署のスタッフとシャッフルして意見交換、最後に決めた事を整理して「何を、いつから始めていつまでに終えるか、誰が担当するか」まで決定して終わりました。

次は2月末の土曜日に、今回の決定事項の成果の確認、次なる課題の抽出を行います。
一昨年の今頃入学試験の準備をしてから、もう二年。あと半月ほどで私の大学院生活が終わりです。始めたときには気が遠くなるほど遠くだと思いましたが、ここ数ヶ月の早い事。びっくりするほどです。11月末からは移転の準備と重なって、勉強に集中しきれない日が続きましたが、残り2週間は発表やテスト、課題の提出に集中したいと思います。

私の最終発表は、林歯科医院の移転に関する事業計画の一部を取り上げました。
全く現実通りとは言えない部分もあるのですが、このようにすればうまく行くのではという思いで取組んできました。研究発表のために行ったアンケート調査は、今後の実際の仕事で活用して行く予定です。

思えば、一緒に入学した同期の仲間、皆で一同に会するのは、明日と来週の最終発表のみとなりました。入学時には、21歳から72歳までの、多様性そのものの集団に圧倒されたものでした。中には、いろいろな事情で休学された方、長期履修と言うシステムで3〜4年かけて通っている方がいて、全員一緒の修了とはなりませんが、なんだか寂しい気持ちがします。

27年前に大学を卒業したとき、それまで学部移行してから毎日、朝9時から夕方5時までの全て必修授業を週5日と土曜日の半日、さらに夜遅くまでの居残り実習、と、ほとんどの生活を共にしていた同期の仲間でしたが、卒業式の後はこれまで一度も全員で会うことなく過ぎてきました。

大学院と大学病院に残ったものが全体の半数ほどいたのですが、しばらくすると、同じ建物の中にいても科が違うと何ヶ月も会わなかったりするものなのが分かりました。
そんなことをつい思い出してしまうので寂しくなるのでしょう。
iPadが発売開始された朝、早朝5時くらいに起きていた私は、ふと、どうしても我慢できなくなってwifi-16GBのiPadをオンラインのAppleStoreで注文してしまいました。

どんなものか、どうしても見てみたかったから。
それからしばらくして、MacでCT画像を見るためのフリーソフトOsirixのiPhone,iPad版があることがわかり、「これでチェアサイドでのCT撮影が簡単に!」と思ったのです。

ピクチャ 41.png

ところが、ダウンロードしたのはいいものの、どうやって使いこなしていいのか、わからなかったのです。診療と大学院との行ったり来たりの忙しい毎日で、ソフトの習熟はいつか後回しになってしまいました。

その事を時々大学院の同期生にお話ししていたら、なんと、先日Osirixの専門家、札幌にあるニュートングラフィックスさんを紹介してくれたのです。今日は、移転後の私の都合に合わせて、わざわざ札幌から説明にいらして下さり、Osirixの可能性についてお話を伺う機会を得ました。

私の準備不足で具体的な対応まで進める事ができませんでしたが、もう少しこのソフトの使い方をMacで練習してからもう一度お話を伺いたいと思います。
1月26日(水)の北海道新聞朝刊・旭川面に、林歯科医院の新社屋・杜のビルの写真がカラーで掲載されました。

先日取材にいらした方の書かれた記事で、院長が新医院建設に向けた想いや、診療に対する心構えをしっかり受け止めていただいており、本当にうれしい記事でした。
建物外観をカラーで掲載してもらったのも、想像していなかったのでサプライズでした。

歯医者さんは少し苦手だなあと言う方に是非いらしていただきたい歯科医院です。

今朝の朝礼では、診療風景の写真に患者さん役で撮影に参加してくれた事務長のアップが、下についていた旭山動物園のあざらしの写真より大きいねといって皆で笑いました。
昨日は、コーチャンフォー旭川店へ出かけて、小児歯科の待合室に置く絵本を選んできました。品揃えがよいので、実際に手に取って、絵本の質感を見る事ができるのがうれしいところです。車で行けるので、持ち帰りもらくちんです。

110124-2.jpg
これまでの林歯科医院では、大人も子どもも同じ待合室の空間でお待ちいただいていました。お互いに落ち着かない部分もあったのではないかと思います。

今回の移転で小児歯科部門は待合室も含めて独立したブースとしました。ゆったりした待ち合いスペースは、お待ち時間に絵本の読み聞かせをしても、小さな子どもが走り回っても、他にお待ちいただいている大人の方を気にする事が無く、お母様方にとって過ごしやすい空間ではないかと思っています。

ずっと欲しかった絵本を置くための書棚も、広々と設置する事が出来ました。






定期検診にいらした時に新しい絵本を見つけてもらえるように、これから月に2、3冊は新しい絵本を入れて行きたいと思っています。

110124.jpg
今回は、うちの娘が小さい頃大好きだった「ぐりとぐら」のシリーズも一冊買ってきました。懐かしい気持ちです。

昨日の昼休み。
突然、院長が、「今日は温泉に行きたい」と言いました。

11月末に、新しい林歯科の社屋、杜のビルが完成してから、院長にとって休みの無い日々が始まりました。もちろん、建築中も打ち合せやチェックで殆ど休みがなかったのですが、社屋完成後は移転開業の準備が年末年始の休み返上で続き、診療が休みの日も毎日医院に顔を出してスムーズに診療が行われているかをチェックしてきました。

急いで、診療が終わってから向かう事が出来、雪で通行止めにならなそうな場所にあって、当日宿泊の出来る温泉をネットで探して、出かけました。
今回は、白金温泉。行った事が無かった湯元白金温泉ホテルです。
久々の温泉。久々のお休みです。

本当に、ゆっくりした気持ちで食事をし、温泉に入り、ぐっすり眠る事ができました。
窓から見える渓谷も素敵でした。
そして今朝は快晴の中、雪景色を愛でながら旭川に帰ってきました。

移転開業から2週間、ようやく院長もお休みがとれるようになりました。
これも、スタッフの皆のがんばりのおかげです。ありがとう。
昨年の秋、出産を控えて退職したMちゃんが、新しい医院を見に来てくれました。
年末の出産で、赤ちゃんはまだ外につれては出られないとの事で、一人での来院です。

私は会えなかったのですが、院長は「すっかり前の通りだったよ」と言っていました。去年は彼女にとって、結婚、妊娠、退職、出産と慌ただしい1年でした。

林歯科のスタッフは、結婚後もハードなローテーションをこなして仕事を継続してくれる人がたくさんいます。そして、出産後、赤ちゃんをつれて遊びに来て、少し大きくなると日勤のパートとして復帰してくれた人もたくさんいます。

私たちも、できるだけ、希望の時間帯や曜日での勤務が出来るような体制を整えています。
林歯科で培った職業人としてのスキルは、他の職場でもきっと発揮できるはずですが、「林歯科でまた働きたい」と言ってもらえる事は、私たちにとってとてもうれしいことです。
旭川市・林歯科医院の2階のプライベートゾーンには、院長室、医局、スタッフルーム、事務室、ユーティリティ、倉庫、そしてセミナールームとトレーニングブースがあります。

セミナールームは、スタッフ全員の研修や会議のため、さらに患者さんの啓蒙のためのセミナー開催のために使う予定です。

トレーニングブースは、研修医の実習のためのスペースです。
林歯科医院の臨床研修は、学習、実習=トレーニング、臨床研修の3段階を螺旋の様に繰り返しながら、知識を広げ技術を向上させて行くシステムを目指しています。

DSC02532.jpg

これまでトレーニングは、技工室や診療ブースの空きスペースを活用してきましたが、今回移転の際に専用のスペースを確保しました。古くなった診療ユニットを配置し、いつでも歯の治療のシミュレーション実習ができるようになりました。

今年度後半の北大からの研修医のT先生が最初の利用者です。

来年からは、このスペースの更なる有効活用を目指したいと思ってい明日。
移転開業して10日目。
1枚の葉書が届きました。

初めて林歯科医院を受診された方から、『予約しているにもかかわらず来院から診療開始して会計が終わるまでの時間が長過ぎる』とのお叱りの言葉があり、治療内容には問題は無いがもう受診されないとのことでした。

移転間もない時期で、様々な不手際があり、おそらくご不快な思いをさせてしまったのであろうと思います。どなたかは分かりませんでしたが、今後、このような事がないように対策を講じて参りたいと思います。

ご連絡をいただき、ありがとうございました。
新しい医院の診療室の、バックヤードとの間にこんな円柱状のものがあります。

DSC02524.jpg
これは、何?


DSC02521.jpg
なんと、裏側から見るとこんな感じ。
ここは、院長がカルテを記入したり、数分の間も惜しんで本を読んだりするためのスペースです。

DSC02435.jpg













しかも、立ち上がると、
ちょうど院長の目の高さから上が窓になっていて診療室の状況を一目で把握できます。



院長が座ると隙間も無いほどですが、ミニマムな書斎スペースのような物、必要最小限の林歯科医院の院長室です。
初めて見る人に、びっくりされる、ちょうど額縁のような植栽です。

これは、サントリーが開発した屋上緑化に用いられる新素材「パフカル」に植え込んだ観葉植物です。土ではない、軽くて、流れなくて、保湿性のある素材で、壁面にこうしてかけることが可能になっています。

DSC02398.jpg
これは、ミドリエデザインという部門で販売をしています。→ミドリエデザイン
乾燥に弱いので、院長がしょっちゅう葉水をあげて緑をキープしています。

林歯科医院のユニバーサルスタイルのカウンセリングルーム、車いすで診療に見えた方や、初めて林歯科にいらしたかたのためのスペースの壁にこのグリーンを設置し、少しでも歯科医院の威圧感を和らげたいと思っています。

車いすでらくらく入室できる、通常の診療スペースの二倍ほどの面積をとったブースです。

DSC02510.jpg
DSC02512.jpg

2011年1月。
林歯科医院は、長い間準備を続けて来た新社屋への移転開業を行い、林歯科医院は再スタートを切りました。ゴールではなく、スタートです。

次に目指すのは、より専門性の高い歯科医療を適正な価格で提供する事です。そのためには、毎日の勉強がかかせません。

今日は、院長は、噛み合わせをより科学的に分析し、分析結果を治療に直接結びつけるために、技工士のKさんと寸暇を惜しんでディスカッションをしていました。

110113.jpg

二人が見ているのは、患者さんの噛み合わせを再現する咬合器、顎の動きを計測したデータを読み込んだコンピュータ、そして頭部エックス線規格写真セファログラムです。この3店を用いて、『形態と機能とを調和のとれた状態にするにはどうするか』の分析が行われます。

分析結果を噛み合わせに応用するためには、院長の考えている事を理解し、制作する技工物の上で再現できる技工士がパートナーとして必要です。いつも忙しい毎日の仕事の中で、数分の時間を無駄にせずに本を読み、ディスカッションを重ねて、よりよい歯科医療の提供のために今日も次の一歩を踏み出します。
今日は、旭川市・林歯科医院が新社屋「杜のビル」に移転して最初の勉強会です。

ぐっと広く明るくなったセミナールームの隅っこのテーブルで、今日の参加者は院長、水野先生、金城先生、水柿先生、浦田先生の5名と札幌の友人がスカイプで参加です。
米田先生と研修医のT先生の二人は風邪でお休みです。

DSC02503.jpg
DSC02502.jpg













移転後は、「勉強会は火曜日、さらに開始時間は8時半」と決めたのですが
やはりといいますか、思ったように仕事がはかどらず、ばたばたしてスタートが10時になりました。

こんな忙しい毎日ですが、今年も、林歯科はしっかり勉強して行きます!
ホームページをリニューアルして、新しい医院の「杜のビル」内部を公開するページを作りました。

院内散歩のページです。

林歯科内部の受付、物販、待合室、診療スペースの様々な写真を公開しました。

110111.jpg
「歯医者さんが苦手な人のために、歯科医院らしくない建物を」と練りに練った不思議な建物の中を、是非ご覧下さい。


移転にともなって、住所はもちろん、診療時間も変更し、システムも変わりましたので、ホームページのリニューアルが必要になりました。院内の写真も旧医院の物から新しい社屋の物にとりかえなければなりません。

林歯科医院のホームページは私の手作りです。
娘が小学生の頃、もう12年ほど前に作ったのが最初で、診療の内容が変化するのに合わせて更新してきました。

今回は、大幅な変更が必要なので、細部をチェックしながらリニューアルをしています。

スクリーンショット(0023-01-10 19.26.31).png

最終的に、誰にどんな情報を提供するかを考えて、構成も含めて3月以降に全体をリニューアルしようと思っています。
「とてもきれいになりましたね!」と、昔から通っている患者さんにおっしゃっていただく旭川市・林歯科の新社屋ですが、現在、裏側はこんな感じです。

DSC02474.jpg
それぞれの引き出し、棚に入っているものをリストアップしたpost it の嵐です。

DSC01002.jpg
さらに、二階の会議室スペースは、まだ収納先が決まらないものがたくさん。
表も裏も大奮闘中です。

しばらく大雪が続いた旭川ですが、日曜日の朝、からりと晴れ上がりました。
旭川市の成人式は、明日、成人の日に行われるようですが、明日も今日のようないいお天気だといいのですが。

開業から三日がすぎて、少し、新しい診療室での仕事にも慣れ始めたような気がします。
まだ、手配が遅れた調度品が届いたり、整理が追いつかない荷物があったり、普通のお家のお引っ越し同様、落ち着かない部分もありますが、ここが私たちの職場であると言う気持ちがしてきました。

DSC02459.jpg
今朝、待合室に飾った大学院の友人たちが送ってくれた花束の前で院長に写真を撮ってもらっていると、お待ちいただいていた患者さんが「きれいですね」と声をかけてくださいました。

本当に、これまで見た事も無いほどたくさんの花がとどいて、待合室は花屋さんより花一杯です。とても幸せです。




これから、お祝いを贈っていただいた方へのお礼状の用意を始めるつもりです。買い置きがあったはずの絵はがき用プリント用紙が見つからないので、まずは電気屋さんに出かけるところからのスタートです。
今日は、移転二日目。
引き続き、多くの方にお祝いのお花をたくさんお贈りいただき、現在待合室はお花畑のようです。

DSC02472.jpg

さて、今回の移転に伴って診療時間を変更して、土曜・日曜の診療時間は午前9時から午後4時まで。最終受付は午後2時半と変更いたしました。

土曜日は、これまで通り矯正治療が主体で、今日の担当医は、院長・米田先生・水柿先生の3人でした。今日も急患来院はありましたが、なんとか予定通りの4時終了にこぎつくことができました。

スタートしてみると、思いがけない事が諸々おこり、小さな対処を繰り返しながらの診療です。

明日は、日曜診療なのでまた気持ちをひきしめてあたりたいと思います。


2011年1月7日。
林歯科医院の移転開業初日です。

移転に伴い、診療開始時間を一時間早い午前9時にし、
ブースごとに始業、昼休み、終了をずらして行う体制をとって
朝9時から夜9時まで、どこかのブースが必ず診療している状態になりました。

今朝は、早番と通しで夜まで勤務の全員が、午前8時半集合。

お礼状2.jpg
昨日に続き、たくさんのお花、お祝い、電報がとどき、本当にありがたいことと皆で感謝しながら、8:40に開業初日の朝礼を行いました。

DSC02356.jpg
DSC02357.jpg













まず院長から一言。そして、移転後、副院長となった米田先生からもご挨拶。
続けて、私、事務長、チーフと一言ずつ話して、緊張のスタートです。

DSC02392.jpg
9時になるのを待って、ドアの前で待機していたFさんが最初の患者さんを御呼びして、移転後の診療開始です。


DSC02426.jpg
と、言っても9時スタートは1ブース、3診療ユニットのみ。
皆、周りで緊張して見守っていました。
固唾をのむ、というのはこういうことかと思いました。


今日は、何があるか分からないからと、少し予約数をセーブして74名のご予約でしたが、
急患の来院もあり、最終的に100名を超える診療となりました。
初日の緊張感で、みな、くったりして、診療後の片付けを済ませてると11時になってしまってようやく解散いたしました。

明日、明後日は、土日でもともと診療時間・予約数もかぎられていますので、
皆に無理をしてもらい、少し余裕をもった人員配置で診療の流れを観察する係をおいて、これからのオペレーションを見直しながら診療を行う予定です。

昨日から、たくさんの皆様から、移転開業祝いのお花を頂戴いたしております。
皆様のお気持ちをいただき、大変ありがたく思います。
明日は、いよいよ移転開業。どきどきしますが、しっかりがんばりたいと思います。

あふれるほどの、お花に囲まれてスタートです。

お礼状.jpg

2011年1月4日
いよいよ仕事始めです。

今日の午前中、建物の検査が行われ、午後から新しい医院の準備に入ります。
午前中は、旧林歯科医院で最後の荷物詰め込みを行い、検査の終了まで待機します。
機材を運び出した歯科医院はがらんとして別の場所のようです。

遅くなりましたが、休み中に、医院のホームページに少し手をいれて、
住所の修正、写真の差し替えを行いました。

3月までには、新医院に合わせた新しいサイトにリニューアルしたいと思っています。

これからやることが一杯です。


今日で、私たち、林歯科医院のスタッフのお正月休みはおしまいです。
医院の診療開始は1月7日ですが、明日から三日間、忙しい開院準備のスタートです。

皆、新しい職場に移るわくわくする気持ちと、
何が起こるのか解らないどきどきで
一杯です。

DSC02298.jpg

院長は休み中も毎日新旧の医院に出かけ、準備に余念がありません。
今日も、自分のブースに飾るカレンダーを買いにコーチャンフォーに行ったり
雑貨屋を廻ったりしています。
年末には、自分で買って来た飾りをつけていました。

明日は、
午前中は旧医院の片付け
午後は新医院の整理
長い一日になりそうですが、がんばります!
あけましておめでとうございます。

平成元年開業以来末広2-11で皆様に
ご来院いただいて来た林歯科医院は

月7日に末広1条7丁目に移転開業いたします。

開業案内.gif林歯科医院は、2011年1月7日、
国道40号線沿いの末広1条7丁目に移転開業いたします。

1-外観.jpg
【新・林歯科医院 杜のビル】

道央道・旭川北インターから車で5分。
国道40号線、名寄国道に面し、バス停にも近くなるため、
これまでに比べ通院に便利な場所となります。


林歯科ロゴ.jpg
林歯科地図.jpg













院長の理想とする歯科医院建設を目指して2010年7月より新築工事を開始し、
11月下旬に建築を終了、12月は内覧会と移転準備にあてて、診療は旧医院で継続して行ってきました。

いよいよ2011年1月7日に移転開業の初日を迎えます。


  • また、12月11日、12日の両日、近隣の皆様への内覧会を行い、1000名近い方々に新しい林歯科医院をご覧いただき、多数の方に2011年1月のご予約をいただきましたこと、誠にありがたく御礼申し上げます。



新医院建設予定地は
〒071-8131 旭川市末広1条7丁目1-31
詳しいアクセスは、下記のgoogle mapをご参照ください。


より大きな地図で 旭川市・林歯科(新医院)末広1条7丁目を表示


このアーカイブについて

このページには、2011年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja