講習会での再会に刺激されて

同じ分野の勉強を長く続けていると、出身大学の医局の同門を始めとしてその分野での顔見知りが増えて行きます。

DSC00946.jpg
今回、院長が東京で歯の裏側から歯並びをなおす舌側矯正のセミナーを受講した際にも、苫小牧のアップル小児・矯正歯科の千枝先生、医療大の医局にいた時知り合った小林先生とお会いしたそうです。

写真は、京急羽田空港駅でスナップを撮らせていただいた千枝先生です。いつもさわやかな笑顔です!





先生の奥様は北大小児歯科での私の同門であり、アップル小児・矯正歯科は林歯科医院が学び続けている北海道予防歯科懇話会という勉強会のメンバーでもあります。幾重にもご縁が重なり「移転の件、ブログで見ています」と声をかけてくださったとの事、うれしくなりました。

また、セミナーの中では、院長の大学院の先輩で赤坂で開業している松野先生の研究内容が時々取り上げられており、がんばっておられる事に懐かしい想いがしたようです。

セミナーに出かける事は、学ぶ内容自体も大切ですが、参加する人たちのがんばっている気持ちに触れ、自分自身のモチベーションが上がる効果も期待できます。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 講習会での再会に刺激されて

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/2602

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2010年12月18日 07:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「歯の裏側から、気づかれずに歯並びをなおす」です。

次のブログ記事は「障害者歯科診療の当番」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja