2010年12月アーカイブ

2010年も後1時間で終わります。

今年は、旭川市・林歯科医院にとってこれまでで一番大きなプロジェクトである移転開業を控えて、年初から年末まで、慌ただしい毎日が続きました。院長はもちろん、事務長、チーフ、スタッフの皆、そして周囲で支えていただいた多くの方々のおかげで、なんとか年内に移転の目処がつき、年初には開業準備を3日間で行って、1月7日の開業を迎える予定です。

今年一年、本当にたくさんの方に支えていただいた事をここに御礼申し上げます。
来年2011年もどうぞよろしくお願いいたします。
12月に入る頃、トールペイントを趣味とされている米田先生のお母様から、クリスマスリースと男の子と女の子の飾りを送っていただきました。

内覧会の際にも飾っていましたので、ご覧いただいた方も多いかと存じます。

DSC00984.jpg
男の子、女の子、それぞれに旧林歯科のシンボルマークであったdendendentalのマークが描かれています。

DSC00983.jpg
クリスマスリースは
来年まで片付けさせていただき、

二人の子どもたちは
今日も小児歯科の待合室で
皆様をお待ちいたしております。

今年の始めから、1年間、新しい社屋、杜のビルの建築のために個人的にもお世話になった方にお礼を申し上げたいという院長の気持ちで、突然でしたが、29日の夜、36街の外れにある隠れ家的なお店、「竹八」でお食事会をしました。
皆さん、お仕事の範囲を超えてお世話になった方ばかりです。
そして、この一年間、東奔西走してくれた事務長の川村さんももちろん参加してもらいました。

少人数の集まりなので、じっくりお話ができたのがよかったようで、楽しそうに帰ってきました。

DSC00981.jpg
ワインのおいしいお店なのですが、みんなビールばかり飲んでいたようですね。

29日の診療終了後、新社屋杜のビルで、2010年最後の勉強会を行いました。

講師は北海道歯科産業・帯広支店長の中村さん。
以前、旭川支店で林歯科を担当してくださった方です。

DSC00980.jpg
DSC00979.jpg













今回、新規開業医院向けセミナーを受講された内容を社内向けに報告し、さらに顧客に伝えたい事を整理して教えに来てくれました。

なるほどと思う事がたくさんあり、来年からの診療に生かして行きたいと思いました。
また、教えていただいた来年のセミナーにも医院から誰かを派遣しようと思います。
今日で、21年と3ヶ月、診療を続けて来た林歯科とのお別れになりました。

診療終了後は、新しい医院でも使う機材を取り外し、荷物を段ボールに詰め込んで、トラックで運んで設置作業です。
診療用のイスを外した医院は、がらんとしてみえました。

DSC00977.jpg
DSC00966.jpg













最後の患者さんが帰られて後片付けを済ませた後、受付の前で、皆で記念写真を撮りました。

DSC00972.jpg
シャッターを押してくれたのは21年前にこの建物を、そして今年新しい杜のビルと設計してくれた伊達計画所の伊達さんです。長いおつきあいになりました。

DSC02294.jpg今日の朝の朝礼で、
皆に挨拶をして、
医療大から8ヶ月間研修に来ていたE先生が、
札幌へ帰って行きました。

昨日が林歯科での最後の診療日でしたが、
一日一杯、
米田先生と一緒に今年最後の訪問になる訪問診療の患者さんのところを廻ってくれました。

昨日は、年末年始の休診前と言う事で、急患のご連絡も多く、訪問診療が終わるのもすっかり遅くなりました。



その後、急患が多く、忙しかった外来診療の終了を待って、勤務医3名、院長と私、E先生の3人で送別会をしました。北大から来ているT先生が体調不良のため早退し、浦田先生がご都合で不参加となったのは、少し寂しかったのですが、近くの焼き肉屋さんでお食事をして解散しました。

DSC02289.jpg
DSC02291.jpg













8ヶ月の研修が、E先生のこれからの歯科医師としての人生のお役に立てたらと、思います。

さて、いつもと同じ診療光景の裏では、いつもと違う引っ越しの準備中でした。


DSC02297.jpg
あちこちに段ボールがならび、
慌ただしく人が行き来し、
物を運び、

今、医院のバックヤードは
どこもこんな状態です。

なんとか1/6までに移転作業を終えて
新医院のスタートを滞りなく
切りたいと思っています。
旭川市・林歯科医院の2010年度の診療は、12.29(水)午前の部の終了を持ちまして、終了いたしました。本年も一年間、林歯科医院にご来院いただき、ありがとうございました。

また、本日は、21年間続けて来た末広二条11丁目での診療の最終日となります。
開業以来、近隣の皆様には大変お世話になりました事をここに御礼申し上げます。

来年、2011年は一月七日より、新社屋「杜のビル」旭川市末広1-7にてスタートを切ります。
診療開始時刻は、これまでより1時間早い午前9:00です。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

これから、移転の準備を開始したしますので、お休み中の急患対応は難しくなります旨、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいませ。


12/29〜1/3までの旭川市歯科医師会の急患外来は、
こちらをご参照ください→クリック
09:00〜16:00まで、急患応急処置のみです。
今日で、この、21年間働いて来た医院でのお仕事も最後かと思うと感慨深い物があります。

開業からずっといるのは私と院長だけですが、開業間もない頃に専門学校生でバイトに来てくれて数年前からパートで勤めてくれているDさん、開業2年半の頃に来てくれて結婚・出産をへて今はパートで復帰してくれているRちゃん、Sさんなど、皆の青春の場所でもあったかと思います。

今日も、たくさんの患者さんにいらしていただき、いつもと同じ忙しい診療の半日でした。
今日は、開業以来21年診療して来た旭川市末広2条11丁目の診療所での
最後の全日診療でした。

朝スタートの時点で予約患者数が100名、
その後急患連絡が入り、
朝10時から夜10時までの最終的な来院人数は106名。
訪問診療が27名、訪問口腔ケアが31名。

合計164名でした。

最後の日に、これまで21年3ヶ月で最高の患者さんの人数だったかもしれません。

場所のわかりにくい住宅地の中の歯科医院を、
これだけたくさんの方にご利用いただいて来た事に、
感謝の念に耐えません。

ありがとうございました。
また、新しい林歯科でもどうぞよろしくお願いいたします。

明日は、年末のお休み前の午前診療で12:00受付で終了いたします。
お困りの方は、お早めに電話で

0166-57-6655

まで、ご連絡ください。
電話受付は、本日20:00まで。明日は9:00~12:00までです。
年末が近づいています。
林歯科の今年の診療は、明日、29日水曜日の午前中で終了です。
既に年内のご予約枠はいっぱいになってしまいました。

お困りの方は、お待ち時間は長くなりますが、急患としてお受けしますので、
林歯科受付
0166-57-6655
まで、電話でご連絡ください。

キャンセルが入る場合もありますので、まずはお電話でご確認をお願いします。

2011年は新医院に移転し、1月7日新規開業予定となります。
こちらのご予約もお受けいたしております。
旭川市・林歯科医院の移転開業まであと10日ほどになりました。

今回の移転に際し、来春卒業の方を対象に見学会を開催いたします。
もちろん、就職希望の方には、就職相談も行います。

    • 日時:2011年1月16日 日曜日 午前10:00~13:00
    • 対象:2011年3月卒業・歯科衛生士資格取得予定の方
    • 内容:林歯科の社屋・診療内容のご紹介  就職相談

poster.jpg












































地元の旭川歯科学院の方向けに上のポスターを作成し、掲示していただきました。
もし、他の衛生士学校の方で見学されたい方がいらっしゃいましたら、
林歯科医院宛にメールでお申し込みください。

お申し込みフォームはこちらです→クリック

多数の方のご参加をお待ちいたしております。
現在発売中の北海道経済・2011年1月号に、旭川市・林歯科医院の新社屋・杜のビルに関する記事が掲載されました。

DSC00955.jpg
院長・林俊輔が、
歯科医療において目指していること、
今回の新社屋建設において実現した事を
語っています。

ぜひ、ご一読ください。


新社屋の建設については
新医院建設中:http://ow.ly/2lN55
をご覧下さい






目次には、このように記載されております。
「不思議の杜の歯医者さん」林歯科医院1月7日オープン

DSC00954.jpg

いよいよ、林歯科医院の移転開業まで2週間を切りました。

そろそろ、お引っ越しのスタートです。

毎日の診療に関係の少ないところから、ということで、医局の書籍や備品類、訪問診療・口腔ケアの機材で移す物を中心に今日から始まりました。

引っ越しのために、事務長がレンタカーでトラックを借りてくれて、医局は勤務医の先生方、口腔ケアはスタッフ2名が休日出勤して行いました。
この後は、29日にある程度まとめて、1月4日、休み明けから本格的な引っ越し作業を行い、
1月7日には移転開業です。

この半年、長い期間でしたが、開業が近づいて来て、少しドキドキしています。

クリスマスイブの夜。

米コロラド州にある北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)が行う「サンタクロースの追跡を見ていました。

ミサイル計画等を本来の業務としている組織が、ボランティアなどの協力を得て行うサンタクロースの追跡で、インターネットで見る事が出来ます。ちょうど見ているときに、サンタクロースのそりが日本列島を横断して行きました。


スクリーンショット(0022-12-24 21.59.47).png

地図は、グーグルアース。拡大すると、地図と一緒にそりに乗っているサンタクロースも大きく見えて、そりに乗っているプレゼントの袋も見えます。。

スクリーンショット(0022-12-24 22.00.49).png
一体どうやって...と思いつつ
そのままサンタクロースが父島に滞在して
プレゼントを配って去って行くのを
数分間眺めていました。

今年のサンタ映像はまだ公開されています。
http://www.noradsanta.org/ja/video.html
こちらへ。
12月23日。

祭日の一日、札幌まで出かけて新しい医院の備品を探していました。
札幌ファクトリーの家具屋さんやインテリアショップを何軒も廻って、小さな物をたくさん買ってきました。

旭川にはこれだけいろいろなお店が集まっているところは無いので、やはり札幌は楽しい街だと思いました。


DSC02286.jpg
途中、疲れて
ファクトリーのアクアリウムにあるカフェで一休みした時、クリスマスツリーの写真を撮りました。

たくさんの人が携帯のカメラでクリスマスツリーの写真を撮っていて、なんだかクリスマスムードだなあと思いました。

今年は移転向けの準備が主体で、いつものクリスマスプレゼントのシクラメンを中止して、来年の開業時のプレゼントに振り分けています。
大学院へ通うのも、残りわずかになってきました。

今日は、今年最後の授業です。

ビジネスエコノミクスという授業で「産業連関表」について学ぶのですが、事前予習の本が難しくて苦しみました。解った事と解らない事をA4二枚以上にレポートで提出して受講するのですが、正直わからないところがわからないくらい、わかりませんでした。

今日は、わからないところが解るようになって帰ってきたいと思います。

2009年の春に、小樽商科大学の社会人大学院、OBSに通うようになってから、ずっとお世話になっていた事務の方が、今年一杯で退職される事になりました。今日はその方の送別会をしてきます。
一緒に卒業できなかったのが、少し寂しい気持ちです。
アロマの香るアロマ&モイスチャー、のほほん族というものを受付に置きました。
東京住まいの娘に林歯科においてみたら、と勧められてAmazonで買ってみました。

DSC00951.jpg

移転を前にばたばたと仕事が多く落ち着きませんが、なんだかのんびりするもので、つつくとしばらくゆらゆらしています。

わずかですが、乾燥しがちな院内の加湿装置として、心も潤うような気がしました。
旭川歯科医師会は、歯科医師会館内に「道北口腔保健センター」という施設を設置し、休日診療・小児予防診療、そして障害者歯科診療を行っています。特に、障害者歯科診療部門は、道北唯一の組織であり、昭和50年代の設立以来、道北一円の障害者歯科医療を支えています。

その運営は、通常はセンター長である前山先生と常勤スタッフ、そして土曜日午後は、非常勤で参加する歯科医師会と歯科衛生士会のメンバーで行われています。

昨日午後は、院長の当番の順番でしたが私が代わりに参加し、来週は自分自身の当番で参加する予定です。北大の小児歯科に在職していた当時は、週一回の障害児外来診療や全身麻酔下での歯科治療のアシスタントを行っていましたが、道北口腔保健センターは子どもだけではなく長い期間検診のために通院されている成人も見ているのが大きな違いです。

障害者の健康状態の改善によって、以前に比べ高齢化が進み、歯科疾患的にも対応する分野が広がっている事が新たな課題となっている事を、センター運営委員の先生に教えていただきました。

微力ではありますが、社会的な意義の大きな活動に貢献できるように、来週もがんばりたいと思います。
同じ分野の勉強を長く続けていると、出身大学の医局の同門を始めとしてその分野での顔見知りが増えて行きます。

DSC00946.jpg
今回、院長が東京で歯の裏側から歯並びをなおす舌側矯正のセミナーを受講した際にも、苫小牧のアップル小児・矯正歯科の千枝先生、医療大の医局にいた時知り合った小林先生とお会いしたそうです。

写真は、京急羽田空港駅でスナップを撮らせていただいた千枝先生です。いつもさわやかな笑顔です!





先生の奥様は北大小児歯科での私の同門であり、アップル小児・矯正歯科は林歯科医院が学び続けている北海道予防歯科懇話会という勉強会のメンバーでもあります。幾重にもご縁が重なり「移転の件、ブログで見ています」と声をかけてくださったとの事、うれしくなりました。

また、セミナーの中では、院長の大学院の先輩で赤坂で開業している松野先生の研究内容が時々取り上げられており、がんばっておられる事に懐かしい想いがしたようです。

セミナーに出かける事は、学ぶ内容自体も大切ですが、参加する人たちのがんばっている気持ちに触れ、自分自身のモチベーションが上がる効果も期待できます。



歯並びをなおしたい方が気にされる事の一つに、「矯正装置が目立つ」ということがあります。これを解決するために、20年ほど前に歯の裏側からの矯正治療の方法が開発され、林歯科医院でも開業間もない時期に導入しました。

しかし、技術的に難しく、治療期間が長い、仕上がりが表からの治療には及ばない、来院毎の治療時間が長くなるなどの欠点から、どうしても、という方以外にはお勧めできずにいました。

今回、10年以上の開発期間をかけた新しい舌側矯正治療の装置が開発され、1年半の臨床データを元にしたセミナーが東京で開催されたため、院長が受講してきました。
この装置は、治療開始時に歯の裏側にセットする装置を厳密にセッティングする事で、その後の治療の難易度が減り、大幅に治療期間が短縮されると言うものです。

大変好評な装置で生産が追いつかないため、注文しても納品まで2ヶ月ほどかかるようですが、早速注文をし、林歯科での導入を図りたいと思っています。そのためには、最初のスタート時のセッティングについて、技工士としっかり打ち合わせる必要があります。

まず、院長が矯正担当の技工士のKさんとミーティングし、治療の前段階の準備方法をレクチャーする予定です。
今日からスタート。がんばりましょう。

旭川市・林歯科医院では、勤務医の不足から院長がほとんど休みを取らない時期が長く続きました。2007年に米田先生、2008年に金城先生がやってきて、少しずつ診療体制が充実し、去年の秋頃からは、なんとか週に一日は院長が休みを取るように、スタッフ皆でがんばっています。

今回、平日木曜日に院長が受講したいセミナーが開かれるという事で、勤務医チーフで来年から副院長になる米田先生に相談したところ、「大丈夫です、行って来てください」と力強い答えが返ってきました。

DSC00944.jpg

これまではセミナーに行くとしても、土日の予約患者数が少ない日を選んでいたのですが、今回、水曜の夜を7時であがって東京に向かいました。写真は夜12時近くに到着した品川プリンスホテルのクリスマスイルミネーションです。

院長が、木曜の診療を丸一日休んだのですが、支障無く診療を行う事ができました。
今日の来院患者数は78名、いつもとほとんど同じです。
訪問診療も平常通りに行いました。


暮れの診療が忙しい時期ではありますが、勤務医全体の力がついたことで、こうして平日にもセミナー受講ができるような体制になったことをうれしく思いました。
旭川市・林歯科医院は、2011年の移転の際、インプラント治療部門を別組織として独立させる予定です。

DSC00938.jpg
移転に先立って、
これまで林歯科でインプラント治療を受けられた方を対象に、事前にもっとよく聞いておきたかった事、治療してよかった事、困った事をアンケート調査で教えていただきました。

200名ほどのかたにアンケート用紙を郵送し、4割弱の方からご返答をいただきました。




もっとよく聞いておきたかった事で多かったのは、期間についてです。
その方の状態にもよるのですが、これからは、インプラント体が安定するまで期間がかかる事があるのは事前にしっかりお話ししておきたいと思います。

困った事として多かったのが、思ったより「ものが挟まる」という事でした。天然の歯とは根元の太さが違うために若干はさまりやすく、こまめなケアが必要になります。
事前に部分入れ歯を使っていた方からは「手入れが簡単」という意見がありましたので、相対的なものではあるのですが、手入れ方法についてもう少し術前にお話ししておいた方がいいかなと思いました。

また、
・最初はかみづらかった
・つけた冠がとれたり割れたりした
・歯茎が下がってインプラント本体が見えてしまった
というご報告がありましたので、今後の治療での注意点とし、アフターサービス・アフターケアの充実も図らなければならないことがよくわかりました。

DSC00937-2.jpg
一方、良かった事として一番多かったのが「しっかり噛める」というご意見です。

期待以上に、普通の歯と同じように噛める、前歯だったので堂々と話せるようになった、やってよかった、というご意見をうかがうと、本当にありがたい事と思うと同時に、これからも患者さんに喜んでいただけるような治療であるように研鑽して行かなければと身の引き締まる想いがいたしました。

うかがったご意見は、これからの治療に生かすと同時に、ご相談を受ける方への説明にも反映して行く予定です。
11月28日、浦田先生が札幌で顕微鏡を用いた根管治療のセミナーを受講してきました。

DSC00939.jpg
今年は、浦田先生は顕微鏡根管治療を目標にして
自己研鑽を続けてきました。


その成果をまとめて、
林歯科に保険外で根管治療を行うシステムを
導入するにはどうするかについて
レポートを提出してくれました。

下の写真がそのレポートの一部です。






DSC00943.jpg
DSC00942.jpg













顕微鏡根管治療は高い治療成果が期待できますが、一方で時間がかかり、保険診療の報酬基準では成立しません。そこで、今回開業する保険外専門歯科医院での導入も視野に入れて経営のプランを立てたいと思います。

12/11,12の内覧会にいらしていただいた方に、お礼状をかねて年賀状をお出しする事にいたしました。

同じご住所の方をのぞいて、680枚の年賀状をご用意しました。
合計680家族の皆様に、二日間で新しい林歯科医院をご覧いただいたという事になります。

これまでも林歯科医院に通院されていた方、
杜のビルを見てその中をご覧になりたいといらしてくださった方、
昔からのお知り合い、友人、退職したスタッフ。

たくさんの方から、
「今までにない歯医者さん、歯医者さんらしくない歯医者さんですね」
というお言葉をいただきました。

それが、まさに、院長がこの21年間目指して来た事だと思います。
だれもが、便利に、緊張する事無く立ち寄る事ができる歯科医院を目指して、2011年、もう一度新しい気持ちでスタートいたします。

院長は、今日の最終便で旭川空港から東京に向かい、明日は千歳空港経由で夜11時半か12時半に帰ってきます。

DSC00936.jpg
今回は、歯の裏側に装置をつけて見えない状態で行う「舌側矯正」の新しい手法であるストレートワイヤーテクニックについて学びに行き、必要であれば新しい機材を導入する予定です。


歯の裏側からの矯正は、表側に見える装置がつかないので、人に気づかれずに歯並びを直せるのがいいところですが、その分狭い口の中の歯の裏側に複雑な装置がつくので、人によっては発音やお食事に困難が生じます。

今回新たに販売が開始されたシステムでは、これが軽減される可能性がありますので、早速講習会を受講してこようということになりました。





移転を前にして所用も多く、年末の患者さんが多くて診療室も大変な時期ですが、しっかり学んで来たいと思います。
これが、今年最後のセミナー受講になる予定です。
歯医者さんを歯の治療のためにくる場所から、もっと広く解放された場所にしたい。
そんな思いで、新しい林歯科医院では受付横に物販スペースを用意しました。

こちらでは、歯科のセルフケア用品の販売を行うと同時に、お飲物をご用意し、診療までの時間をゆったりすごしていただけるように整える予定です。
また、グッズの購入のためだけにいらっしゃる方も想定しています。


以前、設計段階の写真と院長のイメージをもとに作ったイラストが、こちらです。
dentalbutique6.jpg
そして、完成後にカメラマンの方に建築写真として撮影していただいたのが下の写真です。

6-でんでんの杜.jpg
かなり、院長のイメージに近い形で完成したようで、満足しているようです。
12/11,12の旭川市林歯科医院移転開業の内覧会に、友人の水野先生のあいファミリー歯科のスタッフの方々がいらしてくださいました。

DSC00933.jpg
東京で研修中の水野先生に預かったと、
こんなきれいな花を届けていただき、
本当にありがたい事でした。

内覧会終了後は、
旧医院の待合室に飾られていただき、
訪れる患者さんたちに喜んでいただいています。

先週の土曜、日曜と内覧会をしたところ、以前林歯科に勤めていた人たちが何人か尋ねて来てくれました。

勤務医だったK先生、I先生、2005年に研修医としてやってきてもう開業しているO先生。
衛生士さんのSさん、Hさん。お土産を持って来てくださった方もいて、本当にありがたいことでした。


DSC02257.jpg
I先生は、林歯科を2005年の夏で退職後、
開業されています。
患者さんもたくさんいらして順調な状態のようです。


しばらくぶりでお会いする事ができ
懐かしい気持ちでした。



今年の春から半年に渡って旭川市・林歯科医院の5名の歯科衛生士が通っていた講習会が終了し、インプラント専門歯科衛生士の認定をいただきました。

DSC00851.jpg

左が、北海道形成歯科研究会の認定証です。

遠くまで休みの日を使って通って勉強を続け、
学んだ事を林歯科のインプラント臨床に取り入れる、
ハードな半年間だったと思います。











移転に備え、普段の臨床用のユニフォームとは別に、インプラントチームとしてのアシスタント業務時に着用するユニフォームを準備しました。

DSC00898.jpg
写真はインプラント手術後の後片付けの様子です。
12/12 日曜日。朝起きると吹雪でした。

除雪の道具や、見学にいらしていただく方にお渡しするカイロを用意して、9事半過ぎに新社屋杜のビルへ。今回の内覧会を手伝ってくださった業者さんたちが除雪を手伝ってくださっていて申し訳ない事でした。

朝10:00スタートから夕方4:00まで。

DSC02260.jpg
道の向こうが白くかすんで見える吹雪の中を、昨日にはおよびませんが、たくさんの方が新しい林歯科を見にいらしてくださいました。昨日・今日の二日間の総数で1000名に少し及びませんでしたが、本当にありがたい、驚くほどたくさんのご来院でした。

DSC02261.jpg

昨日、今日と、以前の勤務医の先生や研修医の先生、退職したスタッフの皆さん、友人、おつきあいのあるたくさんの方々がお土産やお祝いを持って尋ねて来てくれて、院長も私も、スタッフの皆も懐かしく、またありがたい気持ちがしました。

皆さん本当にありがとうございました。

これから年末年始のお引っ越し、1月7日の新しい業務のスタートへ向けて、一層がんばってまいります。
今日は、旭川市林歯科医院の新社屋、杜のビルの内覧会でした。

朝10時から夕方4時まで。
昔からの患者さん、ご近所の方、友人等、たくさんの方がいらしてくださいました。
お名前を記帳してくださった方だけで520名ほど。
お子さんやご夫婦でお一人だけお名前をいただいた方もありましたので、600名は超えていたのではないかと思います。

PC110056.jpg
一時期は、受付での記帳、土足で入っていただくための靴カバーの配布、記念品のエコバック進呈だけで窓口にこのような行列ができてしまいました。

PC110071.jpg
こんな大混雑の時間帯もあり、
受付担当者は軽いパニック状態でした。
PC110073.jpg
写真は、今日の受付業務を手伝ってくれた林歯科のスタッフです。
いつもの笑顔に疲れがにじんでいます。
今日は本当にお疲れさまでした。

明日、12/12も10時から4時まで内覧会を行っています。お近くにいらした方はどうぞお立ち寄りください。
明日と明後日は、新林歯科医院の内覧会です。
あちこちにご招待状を出し、ライナーというフリーペーパーにも広告を出して、皆様に見ていただけるようにご案内をしています。

ここ、しばらくは、内覧会の準備に明け暮れる林歯科医院です。

今日は、Tさんが、内覧会で使うPOPを手作りしてくれていました。

DSC00904.jpg
本当にありがたいなあと思います。
現在の林歯科医院は、待合室の壁に小さな水槽を設置して、熱帯魚を泳がせています。
この水槽の管理は「アクアフレンド」さんにお願いしています。

今回、移転開業の際、どうしようか迷ったのですが、受付の壁の後ろに、当面は魚は買いませんが水槽を設置しました。

101210.JPG
この水槽のアレンジを、いつものアクアフレンドさんにお願いして、こんなふうになりました。崖の上のポニョがとても楽しい水槽です。


新しい社屋の建設・移転のために、融資を受けるための手続きを先週行い、今日の昼休みに支払の手続きをすませました。融資していただいた、一生に一度くらいの多額のお金が一瞬通り過ぎていきました。

大急ぎで昼食を済ませて車で金融機関に出向いてきましたが、手続きはあっけなくて寂しいくらいです。あまり、実感がありません。

金融機関の支店長さんが、実はうちの患者さんなのですが、
手続きの間の雑談で、
「いつも、林歯科の職員の方は、やさしくて親身に話をされるので感心します。」
とおっしゃって下さいました。

今日、一番うれしいことでした。
移転後の林歯科医院では、患者さんの見えるところに消毒・滅菌ブースを設置し、私たちの取組をご覧頂ける様にいたしました。

このブースに「再生の杜」という名前をつけ、これを象徴するようなものをおきたいと言ったところ、今回設計段階からシンボルなどのデザインを担当して下さっている有限会社リーグの堀さんがこのようなすてきなオブジェを探して来てくれました。

DSC00896.jpg

新しい林歯科のあちこちにある、下の二枚の写真のような目印になるアイテムは全て堀さんのデザインです。

DSC00891.jpg
DSC00884.jpg














DSC00893.jpg
左の写真が、
今回の新林歯科の細部のデザイン、
パンフレットの作成、
様々なオブジェについて担当して下さった
堀さんです。

---------------------------------
 浩輝  hori hiroki
L   E   E   G   inc.
http://leeg-design.com
---------------------------------


出会ったときから院長の断片的なイメージの言葉を拾って、一つ一つイメージ通りに具現化して下さって、本当に感謝に堪えません。

ご苦労をおかけいたしました。

旭川市林歯科医院は、2011年1月に移転開業し、業務を拡大いたします。

他の歯科医院と比べれば多くの歯科衛生士がスタッフとして参加している林歯科ですが、
今回の移転による業務拡大のため、さらなる優秀な歯科衛生士にいらしていただきたいと考えています。

DSC00869.jpg

来年新卒の歯科衛生士、既卒者の転職での常勤勤務
また、既婚者・子育て中の方のパートタイムでの復帰
いずれも募集中です。
画像をクリックしてご覧下さい。

詳しくは
0166-57-6655までご連絡下さい。
7月にKさんが退職してしまってから、旭川市・林歯科医院のホワイトニングコーディネーターは、ホワイトニングチームのチーフのTさんだけになってしまいました。

そこで、この秋、二人のメンバーが東京での講習を受講し、コーディネーター資格試験を受けてきました。今日、認定証が届きましたので、さっそく記念撮影をしました。

DSC00860.jpg
DSC00861.jpg

こちらが、その認定証です。

ホワイトニングコーディネーターは、歯科衛生士を対象に、
日本歯科審美学会がホワイトニングの基本的知識を習得し、
適切な情報の普及とアドバイスのできる人材の養成を目的に講習会と認定試験を行っている資格です。

ホワイトニングに関心のある方には、コーディネーターが詳しいご説明をさしあげます。どうぞお気軽におっしゃってください。
林歯科医院では、ネットからのご予約はメールでお受けいたしております。

予約メールフォームはこちらから→クリック



現在、新しいご予約は、希望の曜日・お時間によりますが
早くて一週間後、場合によっては二週間後になることもございます。

痛みが強いなどでお困りの場合は、受付へ直接お電話でご相談いただければ
善処させていただきます。ただ、大変予約が多くなっておりますので、
急患来院の際のお待ち時間が長くなる事はあらかじめご承知置き下さい。

林歯科・受付は 0166-57-6655 です。
昨日、日曜診療の終了後、コーチャンフォー旭川店へ行って、懸案だった大きな大きなととろのぬいぐるみを買いました。

まだ、テナントの入っていない部分に飾るためなのですが、思ったより大きくてお店の人が二人掛かりで車のところまで運んでくれました。しかし、うっかり小さな車で出かけたので、なんとトトロが助手席に収まりきれないのです。背中を倒してトトロを寝かせて載せましたが、助手席一杯にトトロです。

DSC02243.jpg
今日、ディスプレイが完了したのがこちらの写真です。
両側に青いクリスマスツリーを置いて、外から、こんな風に見えるようにしてみました。

DSC02246-2.jpg
アップにするとこんな感じです。
うーん、ちょっとたぬきのおきものみたいですね。
旭川市林歯科医院の移転を考え始めてから何年経ったでしょう。
いよいよ、この年末で旧医院とはさよならです。ちょっと寂しい気持ちもしますが、何しろ準備が大変で、それどころではありません。

まず、来週末の内覧会の準備。
そして、年始の休み明け3日で移転を行うための、前準備。
移転先での機材の配置。
最後に、一番大変な移転後のオペレーション。

私たちも、事務長も、そしてスタッフの皆も、ハラハラドキドキの毎日です。

昨日の研修会のあとで、いちばんうれしかったことは、皆が当事者として真剣にミーティングをして対策を考えてくれたことです。皆の物事を掘り下げて具体的にイメージして考える力には、感動しました。林歯科の一番の財産は最新の設備ではなく、人材の力だと思います。

皆が昨日話し合った事は、事務長が掌握して、週明けから具体化して進めて行きます。


旭川市・林歯科医院の休日は、祝祭日と医院の定めた休診日のみ。
通常、土日も診療しています。

昨日は、院内研修会のため休診し、忘年会を終えて帰って来て、ネットで予約簿を確認したところ、今日の日曜日のご予約が35名、急患連絡が5名、全部で40名の予定と分かりました。
一日お休みをいただいたためか、いつもより7~8名多くなっているのです。
思わず、「明日、大丈夫かな」と言ってしまいました。

すると、院長が「じゃあ、明日出勤するよ」と今朝はいつも通りに医院に向かいました。
今年に入ってから勤務医の成長によって、だいたい月一回の日曜出勤に調整できたのですが、皆がセミナーに行ったり、有休を取ったりすると、医院に出かけてしまいますので、結局のところ、祭日と合わせても一ヶ月に2-3日休みがとれているかどうかというところです。

「一番大切なのは、患者さんをお待たせせず、辛い思いをさせず、少しでも楽になって『来てよかった』と思って帰っていただく事」という院長の気持ちは重々わかるのですが、『もう少し皆に任せられるようにならなければ...』とも思います。
旭川市・林歯科医院の今年の忘年会は、
3条8丁目にできたばかりの「イタリアンバール・ピッカンテ」
http://www.hotpepper.jp/strJ000861189/
スタッフが皆で選んでくれたお店です。

DSC02215.jpg
17:00に勉強会を終えて、
一旦解散して
おしゃれをし直して繁華街に集合し

18:00過ぎ、院長の乾杯でスタート。








2時間、飲んで、食べて、笑って、話して、過ごしました。
enkai.jpg
最後にお店の前で解散して、若い人たちは二次会へ。

午後の部は、前半、院長の発表が30分。

今年一年、神奈川歯科大学で学び、少しずつ導入して来たシーケンシャル咬合の考え方と治療方法の全体像を俯瞰してもらいました。

写真は発表中の院長です。

DSC02207.jpg
難しい事はともかく、「今、やっていることが何につながるか」を理解するのが目的です。

後半は、長めの時間をとって、今回の移転のためのお引っ越しに関する話し合いです。

DSC02209.jpg
皆、部署ごと、部署横断のグループごとの2クールのミーティングを行い、最後に部署ごとに提案書を作って事務長に提出しました。

最後に、今年後半の個人目標達成の表彰を行って、今日の勉強会兼ミーティングを終了しました。
今日は、新医院の会議室で朝から勉強会です。

まず、今日一日ペアで勉強する二人組で、「共通点探し」からスタートです。

続けて、勤務医の先生方の発表を行いました。
今年1年学んで来た事、取り組んで来た事を一人持ち時間15分で発表してもらいました。

米田先生からは1年間の口腔ケアグループの取り組みについて。
水柿先生からは自分自身の訪問診療の取り組み。
金城先生は、レジン充填のレイヤリングテクニックとPRGF(plasma rich in growth factor)に関する報告と林歯科への導入。
最後に勤務医のT先生から、症例としての自分自身の分析と診断です。


IMG_0350.jpg
現在は、お互いの達成度について語り合っているところです。

この後午前中は、各人の今年の目標達成度についてペアのパートナーから発表してもらい
スタッフの受講した講習会の報告を4題行いました。

DSC00843.jpg
DSC00842.jpg













写真の様に、レジュメを用意した充実した発表が行われ、活発な質疑をかわして午前の部を終了しました。
2010年12月4日は、院内研修会のため休診いたします。

半年に一度、全スタッフ参加で林歯科のレベルアップのために行っている研修です。
皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦ください。

明日、12.5 日曜日は、平常通り10時より診療開始です。
今日は、月に一回の研修医とのミーティングです。

先月の個人目標達成度とカリキュラム達成度との報告を受け、チェックして、来月の各人の目標設定を行います。

林歯科の臨床研修の目標は、
  • 技術と知識の向上
  • その習得方法を知る
  • 自分で目標を持って行う
の3段階です。

研修開始時は、私たちの与えたカリキュラムを元に技術と知識を向上させ、さらに自分でそれを習得するための方法や工夫を身につけさせ、最終的には自分の個人目標を設定させ、それを達成するための方法を自分で考えられるようにします。

歯科医師は、大きな組織の中に所属する事は稀です。
大学に残るにせよ、勤務医になるにせよ、自分がどうなりたいかは自分で決めて
そのための知識や技術は自分で身に付けるものです。
学生ではないのですから、誰かが与えてくれるカリキュラムをこなしていては向上はありません。

林歯科医院は、昨日と違う今日、今日と違う明日を目指す歯科医院です。
林歯科で研修を受ける若い歯科医師には、自分を向上させるためのスキルも身につけてもらいます。
2010年も12月に入りました。

今日は、院長の代理で、事務長にあちこちにご挨拶に出向いてもらいました。
本来、院長がうかがうべきところですが、林歯科は今でも院長が不在になると回らない歯科医院です。なかなか平日休みを取って挨拶に出かける事ができません。

そこで、失礼とは分かっているのですが、夏と冬の二回、いつも訪問診療などでお世話になっている外部の方へのご挨拶を代理に行ってもらっています。
同時に、訪問先で、「失礼な事がないか、何かご不満な点やご相談が無いか」聞き取ってくるのも大切な仕事の一つです。

今日、明日の二日間、忙しく旭川市内を歩き回ってもらいます。
今回は28箇所へのご挨拶です。
雪で道も悪いのですが、事務長にはがんばってもらっています。
旭川市末広1-7 ダイイチスーパーとステーキビクトリアの間に「杜のビル」が完成しました。
まだ、少し、内部の工事が残っているところがありますが、来週末には完全完成し内覧会を行う事にいたしました。

CIMG0661.jpg
CIMG0659.jpg














事務長にお願いして、新医院の窓ガラスに、内覧会のご案内を貼っています。
12/11(土)12(日)の両日、10:00~16:00 どなたにもご覧いただけます。
普段はお目にかける事の無い消毒室や技工室などのバックヤードも公開いたします。

ご来院の方にはささやかなお土産ですが、エコバッグをご用意いたしました。
どうぞお気軽にいらしてください。
12/4土曜日、旭川市・林歯科医院は休診して職員の全体勉強会を行います。
皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦ください。

勉強会では、前回の6月の勉強会以降に、スタッフや勤務医が参加した講習会の内容や林歯科での導入状況の報告の他、研修医が毎年行っている自分自身の症例分析、さらにこの1年間の院長の取り組みの説明を行います。

今年はスタッフから4演題、勤務医から3演題を予定しています。
スタッフは、一緒に参加した講習会の内容を、整理して、発表用のスライドを準備します。


ローテーションで仕事をしているので、時々は林歯科医院の方向性を全員に分かってもらうための時間を取る必要があります。それぞれが学んだ事を全体に伝えることで、組織としての力も高めて行きたいと思います。

出産で1,2年ほど職場を離れたスタッフが戻ってくると、使用機材もシステムも「前と変わっている!」と言って必死に勉強しないとついてこられないほど林歯科は毎年変化していきます。今年も新しくスタートした事がたくさんありますので、再確認をしてもらい、移転に備えたいと思います。



このアーカイブについて

このページには、2010年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年11月です。

次のアーカイブは2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja