2010年9月アーカイブ

今日は、9月の最後の勉強会です。

午後は、キャディアックスについて会社の方が来て説明を受けました。
キャディワックスというワックスを使って、歯にかぶせるものを作る方法について、水柿先生が技工士のSさんと一緒にレクチャーを受けました。
来年は、Sさんに、技工士向けの勉強会に参加してもらい、現在の咬合に関する治療奉仕にに技工士さんの参加の度合いを深めて行く予定です。

夜の勉強会は、北大からの研修医はH本先生が帰り、明日からT先生がやってくるので、いつもより一人少ない参加です。
いつも参加してくれるあいファミリー歯科の水野先生が、皆にお土産にと梅屋のシュークリームを持って来てくれました。いつもありがとうございます。

今日は、林歯科からの症例が2名、札幌の友人の症例が1名。
症例の発表は、米田先生と研修医のE先生。
治療担当は、米田先生の症例はそのまま本人が、E先生の症例は水柿先生に担当してもらう事になりました。

時間があれば、テキストの抄読を水柿先生にやってもらう予定でしたが、時間が足りなくなり、レジュメの配布のみで終わりました。

皆の矯正の実力がどんどんアップして行くので、院長も追いつかれないようにさらに研鑽を積み新しい知識を伝えられるようにとがんばっています。
明日は、少し早く診療を終えて、北大学術交流会館での矯正の講習会に参加後、補綴の教授になった同期の横山先生にもお会いしてくる予定です。

10月の旭川市・林歯科医院の休診日は、
11日月曜日(体育の日)
です。
皆様にご迷惑をおかけいたしますが、ご承知置きください。


院長が診療をお休みするのは
10日(日)
11日(祭)
17日(日)
23日(土)講習受講
24日(日)講習受講
の5日間です。
なお、院長ご希望の方はご承知置きください。
林歯科の勤務医はローテーション制をとっていますし、既婚者が多く、お弁当を持参する人や近くの自宅に帰って食事をする人がいるので、滅多に皆で一緒にお昼をとる事はありません。

DSC00481.jpg

今日は、北大のH本先生が帰る日という事で、米田先生の提案で、お休みの浦田先生も出て来て、皆で近くのおそば屋さんで昼食会をして来たそうです。

長いようで短い林歯科での臨床研修もおしまいです。
今朝の朝礼で院長に言われた「もっと積極的に」という言葉も心に留めて、後半の研修もしっかりがんばってくださいね。


今年の研修医、北大から5ヶ月半来ていたH本先生の研修が終了しました。

9月末までですが、10/1の北大での研修スタートに間に合うように転居するため、29日、30日はお休みを取っています。

DSC00470.jpg
午前中は、最後の見学をしています。そろそろ髪を切った方がいい時期のようです。

今日のお昼は、勤務医の先生方とお食事の予定です。
短い間でしたが、お疲れさまでした。
月曜日、9月27日。

お昼と診療終了後にミーティングを行いました。

お昼は、建築現場のお隣、ビクトリアステーションに出かけて昼食をとりながら院長と二人で「決めないと行けない事」をリストアップし話し合いを行い、ようやく建物の名前を決めました。

今回の建物のテーマは「自然と人の共生」。建物の中に森を潜ませたいと思って作っています。そんな事も含めて、二人でいろいろ考えた末に

「杜のビル」
という名前を付けました。

新林歯科の住所は、
071-8131 北海道旭川市末広一条7丁目1番31号杜のビル内
で、決定です。


夜のミーティングの参加者は、院長、私、事務長、勤務医代表で米田先生、スタッフからはチーフ、メンテナンスチーフ、受付チーフ。
7人で

  • ユニフォーム
  • 診療時の細かいオペレーション
  • 開業のご案内
  • 広告
  • 人員募集
などについて話し合い、それぞれの担当者と期限を決めました。

今回から、決まった事を全員にメールで流し、各人の意見を受けられるようにすることにしました。


少しずつ物事が細部に及んで来て、決定事項が多くなりますが、ある程度はやりながらでないと分からない事もあると思います。お互い知恵を絞ってがんばりたいと思います。



去年の春、小樽商科大学の社会人大学院に入って、なんと25年ぶりに「夏休み」が帰ってきました。

とは言っても、普通にお仕事をしているのですが、仕事+大学院が仕事だけになって、提出期限の決まった課題が無くなると、仕事が休みの日は本当に「お休み」なのです。

昨日は、今年の夏休み、8月中旬から9月一杯の最後の日曜日。
院長と一緒に、朝から旭川に新規開店した大型書店「コーチャンフォー」へ行き、その近くのチェーン店ではないハンバーガーショップでお昼ご飯を食べ、家で一休みした後、午後からは映画館へ。

友人が「お金のかかった超B級アクション映画」と評した「バイオハザード4」を見に行き

夜は、旭川市三条5丁目前田ビル1F、ル・ビストロ・メランジェへ。
以前は、買物公園のビルの2階、その後、神居の平屋の建物に移転していたフレンチのお店です。今は、目立たないドアの中の小さなお店で、シェフが一人で切り盛りしていました。

IMG_0258.jpg
ここで、水野先生と院長に、大学院の勉強をがんばってて偉い会を開いてもらい、週末から大学院生に戻ります。
現在、林歯科医院では、ホワイトニングキャンペーンを実施中です。


ホワイトニングキャンペーンポスター.jpg
現在、林歯科のオフィスホワイトニングは、2010年5月に導入した、新しいホワイトニングマシン、GC社のコスモブルーを用いて、通常3回の来院のコースで48,000円(+消費税)で行っています。1回の来院時に1時間ほど時間をかけて、3回光の照射を行ってホワイトニングを行います。

今回、このマシンの漂白を体感していただけるホワイトニングキャンペーンを行う事になりました。

本コースと同様の内容を1回照射15分程度のお時間で、1000円でご体験いただけます。

キャンペーンの参加者の方にはアンケートにご協力いただいておりますが、粗品として下記の歯ブラシ「ルシェロ」を差し上げております。

お時間、人数に限りがございますので、林歯科受付0166-57-6655
にお問い合わせください。


こちらが、粗品に差し上げているルシェロです。
GC社製歯科医院専売の製品です。

DSC00462.jpg

24日 金曜日

今年の春の歯科医師臨床研修終了以来、大学院生として、臨床に、研究に、忙しい日々を送って来た北大のH先生が、はじめての学会発表を終えて、一日休みを取って、林歯科にやってきました。

朝礼のときから皆に声をかけられ、この1年間に林歯科が変わって来たところをいろいろ見てもらい、

DSC01676.jpgDSC01673.jpg












お昼休みには食事の後工事現場の見学に出かけ

DSC00467.jpg

夜は遅くまで勉強会につきあってくれました。
院長も、久しぶりに会うH先生の成長にうれしそうでした。

H先生お疲れさま。
また、いつでも遊びに来てくださいね。
今日は、林歯科の診療はお休みです。

現在、午後2時から、新しい歯科医院の建築現場でミーティング中です。
いろいろ決めないと行けない事があって結構時間がかかります。

写真は、今日の建築現場です。

DSC01670.jpg
私が現場の中を見せてもらったのは今日がはじめてです。

まず、正面入り口から2階フロアへ直接出る階段を上りました。

















DSC01661.jpg
2階にあがると見えるのは、
医院のバックヤードになる部分です。














20100923_2f.jpg
内部の壁の位置が決まって、思ったより広いとか、狭いとか感じる部分がありました。


9月23日は秋分の日のため、休診いたしております。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご容赦くださいませ。

なお、お休みの日にお困りの際はこちらをご確認ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
旭川歯科医師会の休日診療については、
道北口腔保健センターのホームページをご参照ください。

  ホームページより引用
  <道北口腔保健センター救急診療のお知らせ>


  診療内容は応急処置のみになります。
  保険証、受給者証又は現在服用中のお薬に関する手帳などお手元にあれば
  御持参ください。


  旭川市金星町1丁目1-52(市立旭川病院となり)
  TEL 0166(22)2290
  受付時間 午前9時~午後4時

歯科以外での救急医療体制については、
のサイトが参考になると思います。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なお、翌24日は土曜日のため、受付および診療のお時間が

午前 10:00~12:00(終了13:00)
昼休み13:00~14:00
午後 14:00~16:00 (終了17:00)

と、平日より短くなります。
ご承知置きくださいませ。


先週、懐かしい人からのメールが届きました。
北大から去年半年の研修にやってきたH先生です。

H先生は、これまでの10名近い研修医の中でもずば抜けて歯科全般への好奇心の強い人でした。
「Hさんと話しをすると刺激される」
と院長がよく言っていましたが、何か一つ課題を与えると自分で調べて、さらに課題を見つけてくるような人でした。

研修終了後は、基礎と臨床の両方の講座に籍を置くという離れ業をやってのけて、
昼は臨床、夜は基礎実験というハードワークをこなし、毎日の睡眠時間は数時間。
先日札幌であったときは、
「気がついたら床に倒れて服を着たまま寝ている事もある」
と言っていました。

そんなH先生からのメールは、
9月20-22日の東京での「第52回歯科基礎医学会学術大会・総会」の終了後、
24日の金曜日に林歯科に見学に来たいというものでした。
この1年で林歯科が進歩した事を見てもらおうと院長も楽しみに待っています。
林歯科医院の診療ユニットのポールには、現在このように小さなカードが貼ってあります。
お気づきでしたか?

DSC00453.jpg
林歯科医院のホワイトニングキャンペーンを開始して、まもなく1週間です。

ホワイトニングキャンペーンについてのお知らせを下に貼っておきます。
詳しくご覧になりたい方は、画像をクリックしてご覧ください。

A4ちらしp.jpg

新・林歯科医院の建築は着々と進んでいます。

進行につれて決定しなければならないこともどんどん増えて来て、水曜日の夜の診療後の建築ミーティングでは終了が午前4時くらいになりました。

DSC01571.jpg

写真は、建築現場を見に行った院長です。

建物の外から見る様子はあまり変わっていませんが、中では作業が毎日進んでいます。
林歯科医院の現在の課題は、勤務医全体の矯正治療のレベルアップです。

診断力の強化のために、矯正診断勉強会の担当制を強化し、分析担当者が原則的に担当医となるシステムに移行しています。また、勤務医にもその実力がついて来たと自負しています。

DSC00454.jpg

一方で、臨床のトレーニングのために、手があいているときには院長の診療の見学も行います。写真は研修医と一緒に米田先生が院長のワイヤーベンディングを見学しているところです。

DSC00455.jpg

近くで、プライヤーという器具のあて方、手の指の力の入れ方まで見せながら教える事でようやく伝えられる事があります。

歯科医療は、個人の技量に依存する部分の多い、職人さんの世界です。あくまで師匠ー弟子の徒弟制度でなければ、本当の技術の伝達はできないのではないかと私は考えています。
9月16日から10月末日まで、旭川市林歯科医院ではホワイトニングキャンペーンを実施中です。

 現在林歯科医院に通院中の方が対象で、次のような内容です。
*一日三名限定で、夜間は行っておりません。

10:00-15:30まで受付の方
通常3回照射:1時間×3回来院=48,000-+税のコースを
1回照射:15分=3000円で提供
アンケートにご協力いただきます。


このオフィス・ホワイトニングにつかっているのが、GC社のコスモブルーです。

DSC00447.jpg
オフィスホワイトニングのためのスペースを確保し、すぐ施術を行えるように準備しています。
米田先生が林歯科に研修医としてやってきたのが2006年の歯科医師臨床研修スタートの年でした。

研修終了後、林歯科医院に就職し、現在4年目に入り、往診の統括・後輩研修医の指導と、林歯科医院の勤務医の中心となってがんばってくれています。

DSC00450.jpg
DSC00448.jpg












写真は米田先生が、研修医のE先生を指導しているところです。

今日は、入れ歯の型とりを二段階で行う「筋形成」という方法を行っていました。
これは、その方の歯茎の形や周りの筋肉の動きにあうような入れ歯を作るための方法で、林歯科で研修される研修医には必ずマスターしてもらっています。

最初は、このように指導者が横について、ワンステップずつチェックしながら進めて行きます。

米田先生を初め、勤務医の先生方の成長が、林歯科医院の臨床研修の質を更に向上させていると思います。
旭川市林歯科医院では、2010年5月に新しいホワイトニングマシン、GC社のコスモブルーを導入しました。

この機械を使ったホワイトニングは、通常3回の来院のコースで48,000円(+消費税)で行っています。1回の来院時に1時間ほど時間をかけて、3回光の照射を行ってホワイトニングを行います。

今回、このマシンの漂白を体感していただけるホワイトニングキャンペーンを行う事になりました。本コースと同様の内容を
1回照射15分程度のお時間で、3000円
でご体験いただけます。

診療室用ラミネートカード.jpg

期間は、本日9.16〜10.31まで。
現在林歯科に通院中の方を対象とし、日中のみの実施で、3:30までに受付をお願いしています。

詳しくは受付
0166-57-6655
までお問い合わせください。

11月に事務長が林歯科にやってきてからずっとやってもらいたかった新患アンケートの集計を先月分からスタートしました。

林歯科に全くはじめていらした方のほとんどはお近くの方です。
末広地区が45%、その周辺の市内を合わせると76%となり、地域の方に支持されていることがありがたいことと思われました。
一方では、名寄、留萌等も含め旭川市外からいらした方が全体の1割を占めていることもわかりました。

林歯科をどうして選んだのかをうかがうと、
近い・診療時間が長いという利便性の評価が5割強でした。
また、矯正歯科・ホワイトニングなどを理由に選んだ方は12%です。

どのようにして知ったかは、
インターネットが21%・家族知人の紹介が22%と、
インターネットの普及が進んでいる事がよくわかりました。

開業以来活躍して来た看板ですが、看板を見ていらした方は一人しかいませんでした。
時代の変化を感じます。
今回の移転に際し、看板の設置については大幅に再検討を行う予定です。


集計結果を今後蓄積し、
林歯科が目指している歯科治療の内容を、望んでいる方にお届けする方法
について考えて行きたいと思います。
日本審美歯科学会ではホワイトニングに関与する歯科衛生士の知識と技術の向上を目指し、コーディネーター講習会と認定を行っています。

日本歯科審美学会では、歯科衛生士の「ホワイトニングコーディネーター」の養成プログラムを実施しております。
ホワイトニングの基本的知識を習得し、適切な情報の普及とアドバイスのできる人材の養成を目的に、これまでに5000名を越すコーディネーターが誕生しております。

林歯科医院では、これまでに2名が参加し資格認定を受けましたが、今年の春そのうち一名が退職しました。そこで、今回、SさんとHさんの2名に参加してもらうことにしました。

9月26日に東京での受講となります。

スクリーンショット(2010-09-15 17.05.37).png




旭川市林歯科医院で、2010年6月に顎運動解析装置キャディアックス(ドイツ・ガンマ社製)を導入してから、3ヶ月が過ぎました。

現在は、週に3,4名の患者さんの顎運動の計測を行っています。

DSC00171.jpg

林歯科では、このような新たな機材・新たな治療手法を導入する場合には、一人の担当者を決めて集中的に習熟度を上げてもらう方針をとっています。このような方式で行う事で、飛躍的に個人の技術が向上し、その人が周りの人の教育を行う事で医院全体の技術向上を進める事が可能になりました。

経験量が質を決定するとでもいうのか、担当者の術式の洗練やトラブルシューティングの蓄積が起こり、以前の全員が同じように均一に取り組んでいた時分より導入スピードが上がったように思っています。
このきれいな色の瓶に時計がついているのが見えますか?

DSC01530.jpg
DSC01532.jpg
この瓶に水を入れると、なんと水が電池になって時計が動くのです。


ウォーターバッテリーボトルクロックです。






DSC01526.jpg
よく見ると、中が二つに分かれていて電極が入っているのが見えますね。

水道水のイオンを使った時計です。








涼しげで、いいなと思って揃えて並べてみました。
今年の院長の目標である神奈川歯科大学のポストグラデュエートコースも、今回と11月で終了です。

今月は、これまで学んできた事を、歯にかぶせる冠の作成に応用するワックスアップについても学びました。けれど、この部分は技工士さんと一緒に学ばなければ、毎日の臨床に生かす事ができません。そこで、来年は、この部分を集約したコースを林歯科に併設する技工所のスタッフと一緒に受講したいと考えています。


DSC01538.jpg
左の写真は、技工士さんがデモンストレーションを行っているところです。

ワックスアップは、自分でも行う事が大事ですというお話でした。







関東地方はまだまだ残暑は厳しい時期でしたが、大学の構内には少し秋の気配が感じられました。


DSC01537.jpg
講師を務められる佐藤教授が、神奈川歯科大学の学長に就任されたので、花束の贈呈が行われ、皆でお祝いを申し上げました。

DSC01564.jpg

今日は、北海道地域イノベーションパートナーシップ推進会議(経済産業省北海道経済産業局委託事業)主催のセミナー「経営力アップセミナー2010 in 札幌」に参加して来ました。
この事業は、最新のIT技術の地域の中小企業への導入を支援する事業のようです。

スクリーンショット(2010-09-10 17.33.22).png

今回、OBS小樽商科大学ビジネススクールの先輩が関係されていたために、このセミナーの開催を教えていただいて参加してきたのですが、講習会の最後に他にも様々な行政からのIT導入への支援がなされていることの説明を受けました。

案外知らない事が多く驚きました。

私たちのような小さな事業所にとって、このような制度を活用することは大切な事ではありますが、知りたい情報を上手に入手するのは案外難しいものです。いつもいろんな方向にアンテナをたて、好奇心を持っていなければ、どんどん時代において行かれますね。

がんばりましょう。
旭川市・林歯科医院は、木曜または金曜の診療終了後に、歯科医師有志参加の勉強会をしています。都合が付かない人、分野に関心が無い人については強制はせず、業務ではなく行ってきましたが、ほとんどの人が参加しています。
100909-1.jpg
現在の目標は、勤務医の矯正歯科の分野での診断力を向上させ、矯正歯科を担当医制に移行する事です。事前に、担当予定の歯科医師が検査結果を元に、分析・診断・治療方針・治療計画の用意をし、皆でディスカッションをするスタイルです。

DSC00436.jpg
DSC00439.jpg













ディスカッションの結果を元に、難しい症例は院長の担当、分析担当者の実力と見合ったケースはそのまま担当医として治療をスタートという形にしています。



林歯科医院は、現在ジェネシス社のデントネットDentnetという予約システムを使っています。

これは、ジェネシス社のサーバーにある予約ソフトをインターネットを使って利用するもので、ネットがつながるところであれば、どこででも予約を確認できるのが長所です。ブラウザを使うので、利用するパソコンの種類、OSの種類を問いません。
現在はipadにも対応しています。

今日は、午後3時から、11月の移転・業務拡大に対応するために、ジェニシスの石橋さんにいらしていただき、今後のシステムについてどのように変更していただくかのミーティングを行いました。

電話応対のソフト、アポイントカードなどの説明を受け、現在受け付けスタッフが困っている事についてもいろいろ対応していただきました。
お忙しい中いらしていただきありがとうございました。

今後の林歯科医院にとって、きっと、重要な戦力になるシステムだと思います。

新医院の建設が始まって早くも2ヶ月。あと2ヶ月ほどで完成の予定になりました。
本日、事務長が手続をしてくれて新しい地番が決定しました。


新しい林歯科医院は、
〒071-8131
北海道旭川市末広一条7丁目1番31号

です。
どうぞよろしくお願いいたします。
電話番号はこれまでどおり、0166-57-6655の予定です。

PICT0003.jpg

新しい林歯科医院の工事は順調に進んでいます。
屋根ができて、シートに包まれた中で、雨の日でも当然工事が行われています。

先週の月曜日、8月30日には、こうしてレントゲン室が設置されたばかりでしたが、

CIMG0516.jpg
週末、金曜日の9月3日には、配管やエアコンのダクトの設置が行われ、こんな煩雑な状況になりました。
CIMG0526.jpg

もちろん週が開けて、月曜日の今日も工事は進行中です。
あと、2ヶ月ほどで新医院完成、11月末には移転開業。
楽しみですけど、いろいろやることがあって大変!です。
9月3日、Google Readerで見つけた文部科学省の発表によると、来年度から、私と院長の母校である北海道大学の歯学部の定員が削減されるそうです。

私たちが入学した時期は無歯科医地域の解消を目指し、歯学部の増設・増員が行われた時期で、定員は80名。一緒に入学した人は75名で、紆余曲折をへて一緒に卒業したのが69名。

歯科医師というのはつぶしの効かない職業で、お互いがどこかでつながっていて、特に連絡を取っていなくてもいつまでも消息が分かるものです。26年前、同時に卒業した中で消息が分からない人が3名ほど、今歯科医師をしていないものが専業主婦1名、リタイア1名。
残念ながら亡くなった方が二人います。去年が卒業25周年記念同期会でした。

さて、そんな感慨を持ちながら発表内容のPDFを眺めてみました。

(上記より引用↓)
スクリーンショット(2010-09-03 12.12.23).png
北大歯学部の定員は7名削減され、長く続いていた60名体制から53名に変更になります。
定員が少なくなると、数十年後、その年齢層の歯科医師が少なくなります。その影響は静かにゆっくりと起こりますが、もし、足りないとなったとき、回復するためにはまた数十年がかかることでしょう。その際、若い人を指導する人材が不足する事は想像に難くありません。

日本の保健医療を支える財源に限界がある事も見えていますので、その頃にはおそらく混合診療が解禁されているのではないかと思います。その時代の歯科の需要の程度によっては、少ない歯科医師の寡占状態により、保険外治療費の高騰が起きないとも限りませんね。
それとも、歯科の需要が少なくなり、それなりの均衡状態に達するのでしょうか。

いずれにせよ、私の見届ける事が難しい未来の話かなと思いますが。

林歯科医院が毎月発行している今月の「ここが違う」を、私から事務長に引き継いでだいたい半年が過ぎました。

2010年9月の「ここが違う」は、新しい医院への移転に備えた人材採用について、新しい測定装置の導入について等の話題です。
画像をクリックして拡大してご覧ください。
ここが違う9月.jpg

しばらくぶりに来院された患者さんがおっしゃいました。
「入れ歯は考えられないね」

旭川市・林歯科医院で数年前にインプラントを入れられた方です。
何かお困りの事は無いかうかがったところ、
「何でも食べられるよ、珍味も食べている。カンカイとかも」

img07511106.jpg
*カンカイは、北海道ではポピュラーな珍味で、
差し歯では怖くて食べられないという方もいらっしゃいます。

試してみたい方はこちらへ→楽天市場






そしておっしゃったのが
「入れ歯は考えられないね、いつもはインプラントだなんて忘れているよ
というお話でした。

このようにおっしゃっていただくと、インプラント治療をお勧めした私たちも
うれしくなってしまいます。

ーーーーーーーーーーーー

もちろん、一人ひとり、口の中の状態はちがいますので、
誰にとってもインプラントがベストの選択とは限りません。
林歯科医院では、その方にとってのベストな治療方法を選んでいただけるよう
しっかりご希望を伺い、よく相談した上で治療方針の決定をしたいと思っています。

歯が抜けてしまったとき、抜かなければならなくなったとき。
まず、ご相談ください。
ご一緒に、あなたにとっての最前の治療方法を考えましょう。

今日は、昼休みから設計事務所の方が見えて、担当部署ごとに時間をずらして
ミーティングを行っています。
私は1:00からでした。

建築現場の方は、いよいよ2階の床ができました。
写真は、コンクリートを打っているところだそうです。
事務長が撮影してきてくれました。

CIMG0521.jpg

思っていた以上に広くて見えてびっくりします。

100904.jpg

林歯科が開業して、もうすぐ21年。

DSC00431.jpg
写真の青い置き看板も修理を繰り返して、そろそろ21年。今回の移転で一応リタイヤを予定しています。

DSC00431_2.jpg


この、看板にも、車にも使っている
DenDenDentalのカタツムリマーク。

『これは、何ですか?』
とたまに聞かれる事があります。




実は、これは、林歯科医院の設計図をイラストにしたものです。
google mapの航空写真で見ると、ほら、この通りです。

林歯科航空写真.png
この、建物とも、この11月で一度はお別れです。
院長は、また、この建物を活用する!と言っていますので、楽しみにしていてください。
今日から9月に入り、夏休みのシーズンも終わりました。

林歯科医院が旭川で開業をしてまもなく21年になります。
小学生位から通っていらしていた方が成人され、お子さんを連れて見える事も多くなってきました。

今日の朝礼では、大学への進学、就職、結婚等で旭川を離れた方が夏の帰省に合わせてメンテナンスや定期検診に来院される事を、スタッフが話してくれました。

生活の場が変わったら、そちらで定期的に見ていただける場所を探していただいた方が
よいのではないかとも思うのですが、『これまでの自分を分かってくれている林歯科へ』と
貴重な帰省の時間を使って来院していただいている事を、とてもありがたく感じました。

これは、スタッフの一人ひとりと、来院される方との間に、
しっかりしたコミュニケーションが成立していればこそです。

このようなことが、私たちが仕事を続けて行く大きな支えになっていると思います。



このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja