2010年4月アーカイブ

4月17・18日、札幌で顕微鏡歯科治療の講習会があり、旭川市林歯科医院からは水柿先生・浦田先生・それからアルバイトで北大からみえているW先生が参加しました。二日間の日程で、浦田先生は両方とも参加しました。

現在、実習を伴うコースに水柿先生か浦田先生、いずれかに参加していただくことを考え、選考のためのレポート提出をお願いしています。

DSC09608.jpg
写真は、浦田先生が医院のマニー社の顕微鏡を使って根管治療を行っているところです。

時間や手間がかかる治療で保険診療での導入は採算がとれないのですが、通常の治療では治らない方を対象とする導入を考えています。

旭川には、大手の歯科材料会社のショールームはありませんので、何か大きな買い物をするときには歯科材料展覧会に足を運ぶか、札幌へ出かけてショールームを拝見するか、いずれかになります。

今日は、2010年11月に予定している移転開業に必要な機材の選定の参考のために、札幌のヨシダのショールームに歯科用ユニットチェア、CT、デジタルレントゲンの説明を受けに行ってきました。

昭和の日のお休みですが、事務長と、スタッフを代表してチーフのKさんが札幌まで同行してくれました。朝10時、医院の前に集合して車で札幌へ。12時頃に札幌に着き、ヨシダと材料代理店の方と一緒に昼食をとり、1時からショールームで説明を受けました。たくさんの方がGWの休日にも関わらず私達のために出社されていて申し訳ない思いでした。

4290043.JPG4290045.JPG


4290040.JPG4290054.JPG


やはり実際に患者さんの立場で座ってみ、また、術者のチェアに座って動かしてみなければ分からない事も多く、出かけて来て本当に良かったと思います。


CTに関しては、10月にファインキューブの説明のために旭川にいらして下さったヨシダ・インプラント部の木戸さんが同席して下さり、前回の説明から更に進化した部分を説明していただけました。木戸さんの操作がスマートなので、自分たちにできるのかどうかという新たな不安も生じましたが、導入時にはレクチャーを受ける事ができるとうかがい、安心しました。

10時に出発し、旭川に戻ったのは夕方6時近くなり、同行してくれた二人には休日にも関わらず忙しい一日になってしまいました。今日も一日ありがとうございました。






訪問診療の口腔ケアに林歯科の歯科衛生士が使用していた車が古くなってしまったので新しくすることになりました。

DSC09605.jpg


やってきたのが、この水色の車です。

お隣にもう一台ケア用のグレーの車両が停まっています。





今回は院長のアイディアで桜模様の柄を入れたロゴマークです。

DSC09602.jpg
この車で、旭川の町を走り回って、ご自身でのケアが困難で、歯科医院に通うことも難しい方のお役に立ちたいと思います。
先週末、米田先生が西村政仁先生の理論を学ぶ講習会に再度参加してきました。

前回の講習会のあと新たに購入した咬合器に院長の顎模型を装着し、セファロ写真:頭部レントゲン規格写真と一緒に持参し、西村先生に見ていただいたところ、「難しい症例だね」とお答えになったということです。

今回、3月に二日、4月に二日、合計4日間の講習会を受講し、さらに詳しく勉強したいという米田先生の意向で、続けて埼玉にある西村先生のオフィスで行われる実習コースを受講することになりました。

急遽、5月上旬から通うことになったため、残念ながら今年の新人歓迎会は、米田先生抜きで行うことになってしまいました。

このコースは、診療室に伺って実際の患者さんの治療を見学しながら学ぶもので、一回に二名ずつ限定して行われています。これを3回続けて通う予定です。休日をつぶして通う米田先生にとっても、米田先生のお休みの分をフォローする院長初め他の歯科医師にとってもハードな日程になりますが、学んだことを皆に伝えたいと本人もはりきっていますのでがんばりたいと思います。
4月24日土曜日。
2010年度歯科医師臨床研修で、林歯科医院での研修を受けられる北大からの研修医のT先生と医療大からの研修医のE先生が見学にみえました。同じ日に、今年6年生の北大歯学部のSさんも来院され、3人一緒に林歯科の臨床を見学していただきました。

二人の方がJRで札幌からいらっしゃるということで9:10の到着に合わせて駅に向かいました。「わかるかなあ」と心配だったのですが、すぐお会いすることができました。

9:45からの朝礼に出席してもらい皆に紹介した後、宿舎の見学、臨床研修の概要の説明を行い、後は当日出勤の勤務医から診療の見学と研修内容の説明、各種検査の体験を行ってもらいました。

DSC09600.jpg
土曜日は昼休みが短いので、終了後夕食をともにして歓談をし、様々な説明もいたしました。休みの日の夕方に参加してくれた金城先生、水柿先生、当日夕方札幌に帰る予定だったのに残って説明してくれた研修医H先生、ありがとうございました。林歯科の雰囲気を味わってもらえたかと思います。

DSC09601.jpg
最後にお店の前で記念写真を撮って、駅まで送り夜8:30のJRになんとか間に合いました。
長い一日の見学、お疲れさまでした。
それから、Sさん、みんなにお土産をありがとうございました。

歯の痛みには、関連通というものがあり、本当の痛みの原因とは違う部分の痛みを訴える方がいらっしゃいます。

今日、たまたま次のような記事をみかけました。

歯痛の謎:「脳は場所を特定できない」WIRED VISION

たいていの場合、人間は痛みを見事に認知する。人さし指に刺さったトゲと、親指を紙で切った傷口を、脳は即座に区別してみせる。しかし、口の中では事態はより難しいようだ。歯痛の患者は痛みの場所をうまく特定できないことがよく知られているが、その理由の説明に貢献する研究結果が発表された。

続きはこちら→クリック

つまり、脳の痛みを感じる領域は「上下の歯の痛みに対して、いずれも大きな違い」を示さないということの様です。昔から言われていたことですが、現在詳細な研究がなされているようで、今後は、どの歯が痛いか識別できる場合との違いを見ていくとのことでした。
昨日は、林歯科恒例の夜の勉強会でした。
私は、小樽商科大学の社会人大学院OBSで吉村仁先生の「事業再生とリーダーシップ」というタイトルの講義を受講し、その後の懇親会に参加するためお休みしました。

昨日の参加者は、院長、水野先生、米田先生、金城先生、水柿先生、浦田先生、そして研修医のH先生、アルバイトのW先生、それからスカイプで友人が参加して合計9名です。
100423.gif
先週から導入したCOREⅢを用いた新しい資料を使って、分析をした内容を発表してもらいました。

今週の月曜日から旭川・林歯科での研修をスタートしたH先生の現在の課題は、模型を使った歯を削るトレーニングです。
まず、手にもって模型を削る練習から。

DSC09592.jpg

終わった模型は、院長が拡大鏡で見てチェックします。


今日までで、一応、手でもって行う形成は終了しました。

来週からは、ファントムという頭部のモデルに歯並びの模型をセットしたものを使ってのトレーニングに入ります。


下の写真は形成を終了した模型の歯です。



DSC09591.jpg

今年も、旭川市林歯科医院は、旭川歯科学院の衛生士科の生徒さんの臨床実習を受け入れています。

今日実習で気づいたこと、わからなかったことは、翌日までにレポートにまとめて提出することになっているのですが、今日のレポートに興味深いところがあったので残しておこうと思います。
DSC09588.jpg
この実習生は、顎関節症に悩んで何箇所の歯科医院を受診したようですが、どうも思わしくなかった様子です。林歯科の顎関節症治療のシステムの綿密さ、特に噛み合わせを調べるためにシリコン樹脂を利用していることに感動してもらったようです。
また、症状に応じて二種類のマウスピースを使い分けていることにも関心を持ったようです。

顎関節症に悩んでいくつかの診療機関で相談された方でないとわからないことかもしれませんが、林歯科医院では独自の診療システムで顎関節の不調和を詳細に調べた上で治療を開始しています。非常にデリケートで治療が難しい症状だからです。
私たちのシステムであれば、誰でも必ず治すとは申しませんが、今わかる限り、今できる限りの最善を尽くして治療にあたっています。

どうぞ、ご気軽にご相談ください。

昨日は、H先生の研修三日目でした。

昨日の目標は、自分自身の症例としての資料集めです。
模型用の印象、ナソヘキサを行い、今日はフェースボートランスファーと咬合器装着を行います。模型を技工士さんに渡して、夜間の歯ぎしりの状態を調べるブラックスチェッカーも作ってもらっています。

午前中は学校検診、午後は資料採得。
その後、院長の診療見学です。

今年から取り入れた院長の視点で診療内容を見ることができるモニターで見学をしてもらいました。

左の写真がモニターを見ているところです。右の写真で院長の拡大鏡についているCCDカメラの動画がモニターに映っています。
DSC09585.jpgDSC09584.jpg


動画のためあまり鮮明ではありませんが、モニターにはこのように映っています。
上顎の大臼歯の根の治療をしているところですが、術者以外が、この視点で見ることは通常不可能です。歯の治療のイメージをつかむのにとてもよい方法だと思います。

DSC09586.jpg

今日は、久しぶりに北見から来院された方がいました。

以前、旭川市・林歯科のご近所にお住まいだった方です。
今日一日しかお時間がいただけないということで、その範囲でできることをと思って、対応させていただきました。

こうして信頼していただけるのはありがたいことと、励みにしたいと思います。
先週の月曜日から昨日まで、金城先生はハワイ!に新婚旅行に行ってきました。
ヨーロッパにしておかなくて本当によかったですね。
4/14のアイスランドの火山噴火の影響で帰ってこられないところでした。

先生は、ハワイ土産にいろいろなお菓子と一緒に、院長に、とミントを買ってきてくれました。今まで見たことがない、かわいらしいパッケージです。

DSC00448.jpg

ちなみに、金城先生は行きの便でキャビンアテンダントさんから英語で話しかけられちゃったそうです。この前は、札幌のマクドナルドでもそんなことがあったという噂です。
みんなの期待通り!というところでしょうか。
いよいよ、今日から今年の歯科医師臨床研修のスタートです。

今日から北大のH先生がスタート、ゴールデンウィークあけには北海道医療大からE先生がやってきます。

DSC00445.jpg
今日のH先生は、まず2階でナソヘキサの検査を見学し、午前中は見学実習となります。
今週は、見学と模型実習を予定しています。

DSC00443.jpgDSC00442.jpg


昼食は、米田先生、金城先生もご一緒に、歓迎昼食会をプチハウスで。
研修の開始前に知っていてほしいことをいろいろお話ししました。
以前もお話しした、旭川市林歯科医院の矯正治療のアシスタントマニュアル

SさんとTさんの努力で、日々充実してきています。

DSC09533.jpgDSC09534.jpg


このようにかなり厚い冊子のマニュアルになりました。

マニュアルを作る事で、指導するスタッフの指導技術を標準化する事。
習う人の習熟スピードを速くする事。
この2つがマニュアルの目的です。

とてもいいマニュアルができたので、研修医の指導にも使って行く予定です。


金曜日。4月16日。昼休みの時間に、業者の方にいらしていただき、ターミナルケアの口腔ケアに関する講習を受けました。
DSC09537.jpgDSC09539.jpg使用する機材の説明も行われました。



毎週金曜日の昼休みは、
事務長・米田先生・口腔ケア班
本院の訪問診療担当衛生士
が参加して行っているミーティングの時間です。


訪問診療と口腔ケアの連携を深め、技術の標準化を図って行こうと皆頑張っています。

旭川市林歯科医院では、矯正治療前に、矯正治療後の横顔の状態を予測できる様に、新たに診断システムCOREⅢを導入しました。

DSC09530.jpg
DSC09531.jpg


4月15日 木曜夜。
東京からロッキーマウンテンモリタ社の方と開発者のKapperwareの環貫さんがいらしてくださり、ソフトのインストールと、浦田先生・水柿先生へのレクチャーを行っていただきました。

DSC09526.jpgこのシステムによって、

  • 矯正治療
  • 咬合治療
の対象患者さんの資料を
一つのコンピュータで一元的に管理するように
する予定です。




日曜日の講習会で教えていただいた、CO2レーザーを使うプチホワイトニングの機材がそろいました。

DSC09524.jpg
まず、トレーニングから開始しようと思います。
試供品を取り寄せたDMXシートも今日から始動です。

いろいろ新しいことを試しながら、林歯科にあっているものを残していきたいと考えています。
昨日から雪が降り、強風が続いています。先週の木曜日から5日間続いた札幌行きですが、今日は出かける予定がなかったのが何よりです。昨日も列車の遅延もなく、帰ってくることができました。

4月の中程とは思えない吹雪で、あっという間に真っ白になった林歯科の駐車場です。
DSC09523.jpg
DSC09522.jpgDSC09521.jpg


こんな日にも予約時間どおりに来院してくださる患者さんたち、ありがたいと思います。

昨日のCO2レーザーの講習会で学んだことの中で、院長が実行したいことがいくつかありました。

今日は、そのうちから、歯周病の歯石を取った後のCO2レーザー使用方法と、これはレーザーではないのですが口腔内乾燥症の方への対処方法を、朝礼で皆に伝えました。

レーザーの使用方法については、口頭で伝えただけではわからないので、誰かに担当になってもらって準備の方法からのマニュアルを作ってもらうつもりです。

口腔ケアに訪問している方には、口腔内乾燥症のため入れ歯がすれていたかったり、家族の
方が口臭に悩んでいたりするケースがあります。 

 

 今回教えていただいたものは松風とロート製薬のDMXシートですが、すぐサンプルをとりよせて試してもらうことにしました。(商品の詳しい説明はこちら→クリック
これは、午前中のうちに事務長が対処してくれてました。

学んだことをすぐ始めるのはなかなか難しいことですが、できるだけ早く当たり前にできることにしたいと思います。
4月11日日曜日は院長の休みの日でした。

久しぶりに、二人で一緒に講習会を受講してきました。パナソニックデンタル主催のユーザー対象の講習会、講師は田村仁志先生です。

スクリーンショット(2010-04-11 21.00.04).png
DSC09516.jpg
DSC09517.jpg


実際の診療の場で先生がどのようにレーザーを活用されているか、簡単なホワイトニングの方法について、またレーザー以外のトピックスについても具体的で明日からすぐ使えるようなたくさんのアイディアをいただいてきました。

さっそく明日からの診療に使っていこうと思います。

講習会の後は、新しい医院の設計について伊達計画所の伊達さんと打ち合わせをして先ほど帰宅しました。
金曜日の夜。
今日も、旭川市・林歯科医院では診療終了後に勉強会を行いました。

今日は、林歯科の新患分析が1症例、札幌の友人から新患分析が1症例と経過症例が1症例。計3症例です。

参加者は、院長、米田先生、金城先生、浦田先生、水柿先生、そしてあいファミリーの水野先生。

DSC09513.jpgDSC09512.jpg


DSC09514.jpg
DSC09515.jpg



右下の写真は、スカイプで参加している札幌の友人の画像です。
4月1日に浦田先生が勤務を開始されたのを受けて、新しい勤務医2名のための歯周外科実習を行いました。次は7月と12月くらいに研修医のために行います。

今回の参加者は、院長、米田先生、金城先生、水柿先生、浦田先生。さらに、金曜日アルバイトにくる北大のW先生が一日早く、夜9時に間に合うようにやってきました。もう一人、金城先生の学生時代の後輩のS先生も札幌から参加です。

DSC09495.jpg
DSC09496.jpg


合計7人。

Dr.ルームがすっかり手狭になっています。
DSC09498.jpg
DSC09501.jpg DSC09502.jpg


DSC09511.jpg
事務長が用意してくれた各人用にファイルしたシラバスを見ながら取り組みました。










今回は、全員基本的な縫合、フラップ、GTR法のトレーニングを行いました。

DSC09506.jpg

米田先生、金城先生にとっては、年に何回かの復習になります。
今後研修医にもこれを使ってもらう予定です。


今日も夜は矯正の勉強会です。。
私は、昨日、今日と大学院のため、W先生、S先生とはすれ違いで札幌行きです。
みんながんばっています
昨日、4月7日水曜日に、北海道医療大学からの臨床研修医E先生に決定しました。
これで、旭川市・林歯科医院が本年度受け入れる臨床研修医は、北大から5ヶ月ずつ2名、医療大から1名の計3人になりました。ここ数年、北大からの後半の研修医が来ていませんでしたので、久しぶりです。旭川の冬はハードですが、がんばってもらいたいと思います。

一昨日、火曜日の夜に医療大からの研修医E先生に、大学での研修終了後いらしていただき、林歯科の研修について説明し診療の様子を見学していただきました。北大病院からの研修医T先生は今まで林歯科にいらしたことがないので24日土曜日に見学にいらしていただく予定です。

今年の研修もいよいよ19日月曜日に開始します。
研修の主体は研修医であり、我々はサポーターであると考えています。彼らがなりたい歯科医師になることを支えていきたいと思います。
新しく入ってくる方のためのアシスタントマニュアルが完成しました。

DSC09482.jpg
作ってくれたのは矯正班のSさんとTさんの二人です。
とてもきれいに、わかりやすく作ってくれました。

DSC09483.jpg
DSC09484.jpg   DSC09485.jpg


矯正治療のアシスタントの方法、治療の方法が簡単にしかもわかりやすく写真入りで説明されています。新人のスタッフだけではなく、研修医や新人歯科医師にとってもためになる内容になっています。

これは、二人が今年の目標にあげて、自主的に取り組んでくれたことです。
きっと林歯科の財産になると思います。

二人とも、ありがとう!
4月3日土曜日。
金曜日アルバイトに来たW先生がそのまま残って、3月の新人水柿先生と一緒に、症例の資料の整理を行ってくれました。同時にナソヘキサの相互実習を行いました。

資料の整理は、そしゃくかみしめレコーダーの測定結果の入力、セファログラムの分析、SAMの咬合器の検討です。

DSC09462.jpg
写真は、二人でそしゃくかみしめレコーダーのデータをコンピュータに取り込んでいるところです。

そしゃくかみしめレコーダーとは→クリック
測定結果については      →クリック



もう、DELLの販売サイトのこのエラーメッセージを見飽きたので、他のダイレクト販売のコンピュータを購入しました。

スクリーンショット(2010-04-07 7.38.47).png

4月で混んでいるのかな?
3日もやりなおしたので、もう飽き飽きしました。
問い合わせメールにも全然お返事こないし。

4月から浦田先生が着任され、新人歯科医師が2名になりました。

相互実習ができるようになったので、今日は米田先生からナソヘキサのトレーニングを行ってもらいます。二人でしっかり練習を繰り返して、4/19の研修医着任後には指導ができるようになってもらいたいと思います。

また、院長が現在1年間の予定で通っている神奈川歯科大学のポストグラデュエートコースの中で学んでいる概念を、ナソヘキサでも応用できるように研究中です。

これらの技術の習熟が、患者さんの治療に還元されるように皆でがんばっていきたいと思います。

DSC09465.jpg
4月からのカレンダーが、


届きました。










DSC09464.jpg
一見、
かわいらしい写真が続く
なんの変哲もないカレンダー
ですが、



よく見ると、

DSC09464-2.jpg
全ての写真に院長の名前がSHUNSUKE HAYASHIと入っているではありませんか!

やられました。
やるなあトクヤマ!

うれしいなぁ。
これは、ちょっと捨てられないプレゼントですね。
先週の金曜日は、4月の最初の勉強会でした。

4月1日から浦田先生が勤務を開始し、勉強会参加者が増えてDr.ルームもすっかり手狭になりました。
昨日の参加者は、院長、私、水野先生、米田先生、金城先生、水柿先生、浦田先生、W先生。そして札幌の友人。9人です。

勉強会の前に、ホットモットのお弁当でごはん。

それから、今日の発表者をじゃんけんで決めてスタートです。

DSC09459.jpgDSC09456.jpg


DSC00309.jpgDSC00310.jpg


来週は木曜日に浦田先生・水柿先生の歯周外科実習を行い、金曜日には矯正の勉強会を行います。

19日には、新しく北大からの研修医のH先生が参加し、ますますにぎやかになる林歯科医院です。


昨夜は、札幌パークホテルで大学の1年先輩の木下憲治先生の教授就任のお祝いの会に出席してきました。まだ、大学のホームページには掲載されていなくて書いていいのかどうか悩みましたが、北海道医療大学のある学部です。

若い頃、同じ時期に医局にいた中まで集まって内輪のお祝いの会を持とうという有志からの連絡をもらって、全道から、20数名の古い仲間が集まりました。一番若い人でも40代半ばという、平均年齢の高いグループで、気の置けない集まりでした。

現在、私が所属していた北海道大学の小児歯科学講座は、口腔機能学講座小児・障害者歯科学教室という長い名前に変わり、2年下の学年の八若先生が教授になられています。大変教育熱心で、学生からの評価制度でも高いスコアをもらっているそうです。

年度末から年度始めにかけての忙しい時期で、八若教授が他の会合に出てからの出席になったため、挨拶の順番も大変カジュアルに進み、教授が到着した頃には、皆もうずいぶん出来上がっていました。どのくらいカジュアルで気楽な集まりであったかというと、最後の乾杯をするときになって、主賓の木下先生のご挨拶が行われていないことに気がついたくらいです。

先生は、いつまでも若々しく、髪も黒く髪型も眼鏡の形も数十年前と変わらず、タイムスリップしたような不思議な気持ちでした。

旭川市・林歯科医院では、金曜日は毎週勉強会を行うので、勤務医は全員出勤です。

米田先生と、新人の勤務医一名が訪問診療を行い、アルバイトの北大のW先生を含め、院長、私、勤務医の金城先生ともう一人の勤務医で、5名の歯科医師で院内診療を行います。

今週の金曜日。

DSC09446.jpg



DSC09447.jpg


金城先生は裏側から行うリンガル矯正の患者さんを担当していました。
もちろんリンガル矯正の勉強にも余念はありません。

DSC09455.jpg

その傍ら、4月から勤務開始した浦田先生のアシスタントについて指導を行います。












DSC09442.jpg
DSC09445.jpg


W先生は、院長の指示に従って診療すると同時に、一方では勤務医の水柿先生のアシスタントと指導を行っています。


これまでは院長が勤務医と研修医を指導する体制でしたが、育ってきた勤務医が新しい勤務医、研修医の指導ができる体制になってきたと思います。

それぞれが学び、次の世代に教え、また新たに学ぶ。そんなサイクルを作っていこうと考えています。




今日は、水柿先生が人口歯の排列から取り組んだ総義歯

DSC09387.jpg

の完成・セットの日でした。

DSC09450.jpg


上下の総義歯を、林歯科医院が一昨年から取り入れている阿部晴彦先生の方式で作ってもらったところ、歯茎がほとんど無くなっている下顎の入れ歯もぴったり吸い付くような仕上がりで出来上がってきました。下顎の入れ歯を外そうとすると、口が閉じてきてしまうようなフィットの良さです。入れ歯をフィットさせていくと、粘膜との間からの空気が抜けるぷちぷち言うような感覚がします。

水柿先生にとっては、この手法で総義歯を担当する初めての症例でしたが、患者さんにとってもご満足いただける素晴らしい仕上がりだったと思います。
先生本人も感激していたようです。

現在、林歯科医院では保険診療でこの方式の入れ歯を作っていますが、阿部晴彦先生は保険外で行っています。いずれは、保険外診療に移行する可能性もありますのでご承知置きください。

先日、一通のおしかりのメールを頂きました。
入室までの待ち時間、診療室での待ち時間、受付の応対などについてのものでした。

メールを受けて、朝の全体ミーティングでも話し合いを行い、特に受付班の4名は個別のミーティングを行い、対応を考え、報告を出してくれました。

診療での待ち時間短縮のためには、院長は院長にしかできない事に専念できるような体制作りを考えています。

DSC00305.jpg今日は、診療終了後、事務長、チーフ、訪問診療の受付・事務を担当しているHさんも加わり、7名での自主的なミーティングを行い、今後のオペレーションについて考えてくれています。
今後も、定期的なミーティングを行うとの提案も受けています。

一つのメールを受けて、今後の対応をよりよいものにできる機会にできればと思います。

今日の朝礼は、新人3人の自己紹介からスタートしました。

九州大学の歯学部を卒業して、北大病院で歯科医師臨床研修を終え、続けて1年間の後期研修を受けてきた浦田先生。

それから、それぞれ商業高校を卒業したばかりのNさんとKさん。

年齢もキャリアも違いますが、今日から林歯科医院の新人スタッフとしてスタートを切りました。労務関係の手続きは事務長が行ってくれるようになったので、私も受付事務スタッフもずいぶん楽になりました。

16日には、新卒の歯科衛生士のTさんの勤務が開始し、19日には北大病院の研修医のH先生がやってきて、まだ決定ではありませんが5月には北海道医療大学の研修医もやってきて、にぎやかになります。

このアーカイブについて

このページには、2010年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja