SAM咬合器の使用の本格化

1月から、院長が神奈川歯科大学のポストグラディエートコースに通い始めました。

習った事は、すぐ勤務医の先生に伝えて診療システムとして定着させるのが院長のやり方です。
早速、今日は金城先生と米田先生にSAM咬合器での噛み合わせの確認方法フェイスボー・トランスファーを行ってもらいました。

DSC09073.jpgすでに、この方法での噛み合わせの確認は、矯正の症例分析にも応用しています。

今日の勉強会でも使用しました。

これまでと違う観点での考察が得られるのではないかと楽しみです。




トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: SAM咬合器の使用の本格化

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/2195

コメントする

このブログ記事について

このページは、はやしが2010年1月23日 00:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インプラント・カンファレンス」です。

次のブログ記事は「大学研修医の見学」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja